1542481 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

石川誠壱の「こちら熟女捜索隊」

2015.02.17
XML
カテゴリ:新録かきおろし
ayumbnail-1.jpg 鮎川哲也:著『太鼓叩きはなぜ笑う』徳間書店:トクマノベルス
 #ayumbnail-2.jpg 鮎川哲也:著『太鼓叩きはなぜ笑う』徳間文庫
「春の驟雨」
「新ファントム・レディ」
「白い手黒い手」
「太鼓叩きはなぜ笑う」

ayumbnail-3.jpg 鮎川哲也:著『サムソンの犯罪』徳間書店:トクマノベルス
 #ayumbnail-4.jpg 鮎川哲也:著『サムソンの犯罪』徳間文庫
「中国屏風」
「割れた電球」
「菊香る」
「屍衣を着たドンホァン」
「走れ俊平」
「分身」
「サムソンの犯罪」

ayumbnail-5.jpg 鮎川哲也:著『ブロンズの使者』徳間書店:トクマノベルス
 #ayumbnail-6.jpg 鮎川哲也:著『ブロンズの使者』徳間文庫
「ブロンズの使者」
「夜の冒険」
「百足」
「相似の部屋」
「マーキュリーの靴」
「塔の女」

ayumbnail-7.jpg 鮎川哲也:著『材木座の殺人』双葉社:FUTABA NOVELS
「棄てられた男」
「人を呑む家」
「同期の桜」
「青嵐荘事件」
「停電にご注意」
「材木座の殺人」

ayumbnail-8.jpg 鮎川哲也:著『クイーンの色紙』光文社文庫
「秋色軽井沢」
「X・X」
「クイーンの色紙」
「タウン・ドレスは赤い色」
「鎌倉ミステリーガイド」

ayumbnail-9.jpg 鮎川哲也:著『モーツァルトの子守歌』立風書房
「クライン氏の肖像」
「ジャスミンの匂う部屋」
「写楽昇天」
「人形の館」
「死にゆく者の…」
「風見氏の受難」
「モーツァルトの子守歌」

「昔の80年代の、字が細かい徳間文庫って好きなんですよ。」
「それは分かる。」
「だから徳間文庫に関しては、読み終えても持っていたいんですよ。」
「じゃあ、あと1冊だ。『サムソンの犯罪』を買えばいいんだ。」
「ちなみに70年代のトクマノベルスも大好きなんですよ。」
「あの下品な派手な装幀とか、今から見るとカッコいいよね。」
「徳間文庫の3冊は、同じものをノベルスでも持っていたいんですよ。」
「それはダブっていてもいいんだ?」
「無理になくてもいいんですけど、あるなら、あるに越したことはないです。」
「でも、徳間で揃うのは、その3冊までだよ。」
「分かってます。4冊目が双葉ノベルスなんですよね。」
「5冊目が、もう読んじゃったという光文社文庫。6冊目は単行本。」
「立風書房のハードカバー本は持っていたくないですよね。」
「というか、それは、もう創元推理文庫で読んじゃったんでしょ?」
「そうなんです。だから買う必要はないんです。」
「4冊目の『材木座の殺人』を、どうするかだね。」
「双葉ノベルスには、こだわりは特にはないんですよ。」
「じゃあ、ノベルスでも創元の文庫でも、どっちでもいいんだな。」
「でも、たとえば、トクマノベルス3冊が既に揃っちゃったとするじゃないですか。」
「はあ。」
「そこへ双葉ノベルスが4冊目として入ってきたら、処分しづらいですよね。」
「その心配を今からするんだ?」
「双葉文庫の『材木座の殺人』というのは出ていないわけですから、
 そうなると文庫3冊ノベルス4冊の隣りに、もう1冊置く本は決まってますよね。」
「何だろう?」
「光文社文庫の『クイーンの色紙』をもう一度買うんですよ。」
「また買うの?」
「そうなったアカツキには、ですよ。最終的な究極の理想ですよ。」
「それが分かっているなら、今から先に『クイーンの色紙』を買ってもいいんじゃん。」
「それから先に今から買うのは、もったいない気がしますねえ。」
「勝手にしろよ。」






Last updated  2015.02.17 15:11:40
コメント(0) | コメントを書く
[新録かきおろし] カテゴリの最新記事


PR

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


石川誠壱

Favorite Blog

Headline News

Freepage List


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.