1529343 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

石川誠壱の「こちら熟女捜索隊」

全1525件 (1525件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

新録かきおろし

2016.01.17
XML
カテゴリ:新録かきおろし
 サザンオールスターズ『JAZZ MAN』(CD)
「ジャズマン JAZZ MAN」
「ひょうたんからこま」

歌舞伎町の「ジャックの豆の木」じゃなくて、
下落合の「ひとみ寿司」のほうに来ていたジャズマンって、
タモリとダン池田だけだった、ってホント?

konnobin-3.pl.jpeg 今野敏:著『ジャズ水滸伝』講談社【参照】
 #konnobin-1.pl.jpeg 今野敏:著『ハイパー・サイキック・カルテット/超能力セッション走る!』講談社文庫【参照】
 # 今野敏:著『奏者水滸伝 阿羅漢集結』講談社文庫(【参照】

konnobin-21pl.jpeg 今野敏:著『超能力者狩り』講談社ノベルス
 #konnobin-22pl.jpeg 今野敏:著『ハイパー・サイキック・カルテット2/超能力者狩り』講談社文庫
 # 今野敏:著『奏者水滸伝 小さな逃亡者』講談社文庫

konnobin-31pl.jpeg 今野敏:著『妖獣のレクイエム』講談社ノベルス
 #konnobin-32-1.jpg 今野敏:著『ハイパー・サイキック・カルテット3/妖獣のレクイエム』講談社文庫
 # 今野敏:著『奏者水滸伝 古丹、山へ行く』講談社文庫

konnobin-41pl.jpeg 今野敏:著『超人暗殺団』講談社ノベルス
 #konnobin-42-1.jpg 今野敏:著『ハイパー・サイキック・カルテット4/超人暗殺教団』講談社文庫
 # 今野敏:著『奏者水滸伝 白の暗殺教団』講談社文庫

konnobin-51pl.jpeg 今野敏:著『復讐のフェスティバル』講談社ノベルス
 #konnobin-52-1.jpg 今野敏:著『ハイパー・サイキック・カルテット5/復讐のフェスティバル』講談社文庫
 # 今野敏:著『奏者水滸伝 四人、海を渡る』講談社文庫

konnobin-61-1.jpg 今野敏:著『裏切りの追跡者』講談社ノベルス
 # 今野敏:著『奏者水滸伝 追跡者の標的』講談社文庫

konnobin-71pl.jpeg 今野敏:著『怒りの超人戦線』講談社ノベルス
 # 今野敏:著『奏者水滸伝 北の最終決戦』講談社文庫






Last updated  2016.01.28 18:19:36
コメント(0) | コメントを書く


2015.12.25
カテゴリ:新録かきおろし
mizki.jpg
水木しげる:絵と文『水木しげるの妖怪百物語 日本篇』二見WAi-WAi文庫

ところが、『西洋篇』とか『海外篇』とかは無くて、
『日本篇』1冊しか出ていなかったそうです!






Last updated  2015.12.25 10:28:04
コメント(0) | コメントを書く
2015.12.23
カテゴリ:新録かきおろし
そこから今度は中野ブロードウェイ2階へ降りて、
らしんばんの向かいにある古本屋で、
店頭の1冊100円のカゴの中に、
これは珍しいトクマノベルスの『87分署』を見つけた!

『殺意の盲点』。

でも今から「エド・マクベインの徳間の本だけを集める」というプランには、
そうそう簡単には踏み切れなかったので、買いませんでした。

87-1.pl.jpeg エド・マクベイン:著/河合裕:訳『87分署シリーズ/命ある限り』徳間書店:トクマノベルス
 #エド・マクベイン:著/久良岐基一:訳『命果てるまで』ハヤカワ文庫HM【参照】
エド・マクベイン:著/河合裕:訳『魔の拳銃』徳間書店:トクマノベルス
 #エド・マクベイン:著/久良岐基一:訳『拳銃(ガン)』ハヤカワ文庫HM
87-2.pl.jpeg エド・マクベイン:著/松岡和:訳『87分署シリーズ/殺意の盲点』徳間書店:トクマノベルス
 #エド・マクベイン:著/井上一夫:訳『死者の夢』ハヤカワ文庫HM






Last updated  2015.12.23 22:49:42
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:新録かきおろし
中野まんだらけのコミック3冊200円の棚には、
どうして1冊だけ松本清張の小説の文庫本がまぎれ込んでるの?
そして、それをどうしていつまでも誰も買わないの?

 松本清張:著『殺意 松本清張短編全集 04』光文社文庫
「殺意」
「白い闇」
「蓆」
「箱根心中」
「疵」
「通訳」
「柳生一族」
「笛壺」

それが気になっていながらオレも、
やっぱり買いませんでした。

買わないで、代わりに1冊108円で、ひさうちみちおを買った。

Pkid.jpeg ひさうちみちお:著『アポクリファ』ブロンズ社
「パースペクティブキッド/男爵の執意のおこり」(「ガロ」1976.08『パースペクティブキッド』)
「パースペクティブキッド/膝蓋腱反射」(「ガロ」1977.01&02『パースペクティブキッド2』)
「パースペクティブキッド/ラパンナジールの愛の冒険」(「ガロ」1978.05)
「パースペクティブキッド/鬼の秋」(「JUNE」1978.12)
「パースペクティブキッド/心中」(「JUNE」1979.02)
「ベルサイユの薔薇族」
「無法松の一生」
「チョコレートのしあわせ」
「断絶の家」
「オシッコの愛のくらし」
「ヨセフ」
解説「キッドのズボンにシワがよるのはカレが生きているからだろう」橋本治

ああっ、橋本治の解説が目当てで
唐突に『アポクリファ』だけ買ってしまったら、
『パースペクティブキッド』のシリーズが揃わない!

もう2冊を買わないと揃えて読めない!

Pkid-1.pl.jpeg ひさうちみちお:著『ラビリンス ひさうちみちお第一作品集』ブロンズ社
「帽子屋と迷路」
「パースペクティブキッド/ラパンナジールの愛の夢」(「JUNE」1979.04)
「パースペクティブキッド/病院の午後」(「JUNE」1979.05)
「パースペクティブキッド/パルメランの孤独」(「JUNE」1979.06)
「パースペクティブキッド/突き棒を蹴って棘を得る」(「JUNE」1979.07)
「パースペクティブキッド/温室の中の秘事」(「JUNE」1979.08)
「嘆きの天使」
「愛妻記」
「家庭教師」
「悪魔が夜来る」
解説「神聖遊戯及至は妄想の未来」小谷哲

Pkid-2.pl.jpeg ひさうちみちお:著『100万人のマスチゲン』青林堂
「離婚さん、いらっしゃい(ある離婚の風景)」
「ノーパン喫茶で恥をかかない方法」
「名もなく貧しく恥ずかしく」
「街にふる雨」
「穏便日記」
「ニッポンのクリスマス」
「KEEP OUR TOWN CLEAN」
「神聖にして犯すべからざる遊戯」
「書の道」
「パースペクティブキッド/ヒツジカイ」(「コミックJUN」1978.10)
「ゴリアテ」
「桃娘の仕合わせ」
「100万人のマスチゲンとは?」

そのために『パースペクティブキッド』の完全版があるのに!
というか、あったのに!

Pkid.pl.jpeg ひさうちみちお:著『パースペクティブキッド』青林堂
「男爵の執意のおこり」
「膝蓋腱反射」
「ラパンナジールの愛の冒険」
「ヒツジカイ」
「鬼の秋」
「心中」
「ラパンナジールの愛の夢」
「病院の午後」
「パルメランの孤独」
「突き棒を蹴って棘を得る」
「温室の中の秘事」

でも『アポクリファ』に載っていたノンシリーズ作品
『オシッコの愛のくらし』に、
所ジョージのオールナイトニッポン
(あるいは坂崎幸之助のオールナイトニッポン)の
「桜井の父」コーナーが引用されていたから、それでいいや。
というか、それがいいや!

「桜井の父はザブトンでツルがおれる」!
「桜井の父は動く」!






Last updated  2015.12.23 22:33:47
コメント(0) | コメントを書く
2015.12.22
カテゴリ:新録かきおろし
う〜ん、井口泰子か…。

それは難関だ。

ウッカン難関。

guide-1.jpg 角川書店:編『ミステリーガイド鎌倉』角川書店:カドカワノベルズ
「海から来た行商人」大沢在昌
「死体泥棒」宗田理
「しんだんじん」石井竜生・井原まなみ
「朝に散る」日下圭介
「砂浜と少年」戸板康二
「鎌倉ミステリーガイド」鮎川哲也(【参照】)(【参照】)(【参照】
「風と波と殺人と」胡桃沢耕史
「この気持ちのいい朝に」笹沢左保
「毒魚復活祭」中薗英助

guide-2.jpg 角川書店:編『ミステリーガイド小京都』角川書店:カドカワノベルズ
「誰知らぬ殺意」夏樹静子
「星を持つ女」井口泰子
「太宰府天満宮殺人事件」石沢英太郎
「平家谷殺人行」山村正夫
「花嫁は六月に泣く」山浦弘靖
「探偵の素行」梓林太郎
「雪の絶唱」森村誠一(【参照】)(【参照】)(【参照】
「角館にて」泡坂妻夫
「弘前に散った桜と義眼の話」辻真先






Last updated  2015.12.22 00:17:42
コメント(0) | コメントを書く
2015.12.20
カテゴリ:新録かきおろし






Last updated  2015.12.20 18:40:45
コメント(0) | コメントを書く
2015.12.16
カテゴリ:新録かきおろし
「目玉の耐用年数は、およそ50年。

 歯の耐用年数は、
 乳歯が生えかわったところから数えて、およそ40年。

 チンポの耐用年数は、およそ60年なので、
 まだまだ大丈夫ですが、
 50年目ぐらいから仮性包茎が真性包茎に戻ります!」

ホントかい!

96neko-7.pl.jpeg 西村寿行:著『黒猫の眸のほめき』双葉社
 #96neko-3.pl.jpeg 西村寿行:著『黒猫の眸のほめき』光文社:カッパノベルス
 #96neko-4.pl.jpeg 西村寿行:著『黒猫の眸のほめき』双葉文庫
 #96neko-6.pl.jpeg 西村寿行:著『黒猫の眸のほめき』角川文庫
 #96neko-2.pl.jpeg 西村寿行:著『黒猫の眸のほめき』徳間書店:西村寿行選集(99)【参照】

hikigeil.pl.jpeg 西村寿行:著『珍らしや蟾蜍吐息す』双葉社
 #hikigeil-1.pl.jpeg 西村寿行:著『珍らしや蟾蜍吐息す』徳間書店:西村寿行選集(78)【参照】
 #hikigeil-5.pl.jpeg 西村寿行:著『珍らしや蟾蜍、吐息す』双葉文庫
 #hkgel.jpg 西村寿行:著『珍らしや蟾蜍、吐息す』角川文庫【参照】






Last updated  2016.03.03 07:22:45
コメント(0) | コメントを書く
2015.12.14
カテゴリ:新録かきおろし






Last updated  2015.12.15 06:12:46
コメント(0) | コメントを書く
2015.12.10
カテゴリ:新録かきおろし
NOSAKA.pl.jpeg 野坂昭如:著『俺はNOSAKAだ』文藝春秋
「俺はNOSAKAだ」勉誠出版『コレクション私小説の冒険(2) 虚実の戯れ』収録
「夏わかば」集英社文庫『純愛小説名作選』【参照】)(【参照】)収録
「母陰呪縛譚」
「展望塔」
「わが偽りの時」
「ぼくの葬式」

800.pl.jpeg 野坂昭如:著『フレンチ・コネクション八百』講談社(【参照】
「フレンチ・コネクション八百」
「オンリー・サイトシーイング」
「万引千摺り百十番」集英社文庫『素敵な活字中毒者』【参照】)(【参照】)(【参照】)(【参照】)収録
「MY流連漂泊」
「夢譚色法事」

この2冊は文庫になっていないので、
単行本を見つけたら買っておかないと。

*

と、思ったら、
『俺はNOSAKAだ』のほうは収録作みんなバラバラになって、
文庫化されていたんですな。

nzwkb.pl.jpeg 野坂昭如:著『夏わかば』文春文庫
「夏わかば」
「ぼくのお葬式」
「水の縁し」
「わが偽りの時」
「トテチテタ!」
「旅の終り」
「これはこの世の物語」
「俺はNOSAKAだ」

MMNR-1.pl.jpeg 野坂昭如:著『マリリン・モンロー・ノー・リターン』文春文庫
 # 野坂昭如:著『野坂昭如ルネサンス(3) マリリン・モンロー・ノー・リターン』岩波現代文庫
「マリリン・モンロー・ノー・リターン」
「娼婦三代」
「母陰呪縛譚」
「死の器」
「不能の姦」

sjbtj-3.pl.jpeg 野坂昭如:著『心中弁天島』新潮文庫
「銀座のタイコ」(【参照】
「殺さないで」(【参照】
「心中弁天島」
「くらい片隅」
「展望塔」
「呪われ児」
「万婦如夜叉」

どうして『俺はNOSAKAだ』と、
『マリリン・モンロー・ノー・リターン』を文庫にする際に、
こうまでバラバラにする必要があったんだろうなあ。

必要は必要で、当時にはあったんだろうけど、
今となってみると面倒くさいだけだなあ。

M-M-N-R.jpg 野坂昭如:著『マリリン・モンロー・ノー・リターン』文藝春秋
「マリリン・モンロー・ノー・リターン」
「水の縁し」
「旅の終り」
「トテチテタ!」
「万婦如夜叉」
「不能の姦」

4-utw-2.pl.jpeg 野坂昭如:著『死の器』読売新聞社
 #4-utw.pl.jpeg 野坂昭如:著『死の器』徳間文庫
「娼婦三代」
「辻占の宿」
「上海帰りのリル」
「エストリールの夏」
「チチキトク」
「死の器」
「待つ」

impo.pl.jpeg 野坂昭如:著『インポテンツ』講談社
「インポテンツ」
「あゝ鈍角四包茎」
「酎友無双」(【参照】
「おっぱんぱん」(【参照】)(【参照】
「死にても吾子」
「呪われ児」
「羅府の月」
「くらい片隅」
「弱気眼鏡」(【参照】
「荒神山は怖かった」

 野坂昭如:著『野坂昭如コレクション(3) エストリールの夏』国書刊行会
「紅あかり」
「娼婦三代」
「姦」
「エストリールの夏」
「砂絵呪縛後日怪談」
「母紅梅」
「至福三秒」
「恋車蓮華地獄」
「童女入水」
「本朝淫学事始」
「姦ながらの道」
「死の器」
「執念夫婦の添い節」
「MY ROSEBUD」
「素股のオロチ」
「処女の時間」
「衆魂の地」
「サムボディ・インサイド」
「東京小説 純愛編」
「東京小説 友情編」






Last updated  2015.12.11 06:29:05
コメント(0) | コメントを書く
2015.03.18
カテゴリ:新録かきおろし
新宿御苑前の古本屋で、小林信彦の『監禁』を買った話だけで
『東京足フェチ新聞』の連載まるまる1回分を埋めちゃったこともあったっけ。

kaneko10.jpg 小林信彦:著『虚栄の市』角川文庫(【参照】)(【参照】
kaneko11.jpg 小林信彦:著『冬の神話』角川文庫
kaneko12.jpg 小林信彦:著『監禁』角川文庫(【参照】






Last updated  2015.03.18 15:24:49
コメント(0) | コメントを書く

全1525件 (1525件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.