000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

不動産投資マイスター

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ishiwatari28083

カレンダー

カテゴリ

フリーページ

ニューストピックス

2020年09月21日
XML
カテゴリ:不動産投資


今回のテーマの2回目。
前回は、不動産投資をする上で(いたずらに)規模を大きくすることへの警鐘を鳴らしたところで終わりましたので、今回は、その続きです。

まず、これは不動産投資に限ったことではありませんが、何をするにも自己責任だと言うことを再認識して欲しいのです。
何か、想定外の問題が発生したとして、その責任を取るのは、飽くまでも自分なのです。

こんなことを言っている私も、一時期、規模を意識した、いや「し過ぎた」時期がありました。
幸か不幸か、私の場合、そうなると(規模を意識し始めると)直ぐに自分の周辺に何らかのトラブルが起き、それどころではなくなってしまうのです。
でも、今思い返すと、それに因って助けられていたのです。

※そう言えば、先日、タイムリーなニュースが流れましたね。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d53fedd56f5d6344a2f084578fc353123482c3ec

さて、個別相談に話を戻します。

〇コロナ禍の中、どの様な物件を狙うべきなのか?
A:今までの様な「東京都心至上主義」的な物件選定は、当面、避けるべきでしょう。
東京都心の力が(コロナによって)いきなり削ぎ落とされるとは思えませんが、東京都心に「住まなくてはならない、通わなくてはならない」必然性が薄らいてしまった以上は、今後の動き(コロナ禍によって変化してしまった生活様式、志向)を見据えて判断しなければなりません。
但し、急な換金売り等で大きく価格が下がるのであれば検討するべきです。

先日も、このブログで書きましたが、私自身は、東京都下の八王子市、立川市、町田市、西東京市近辺に注目しています。

地方都市では、今回のコロナ禍の影響以前から言っていることですが、都市中心部を中心に生活インフラを維持し続けられるエリアが良いでしょう。

〇やはりRCに拘るべきか?
A:新築、築浅であれば木造や軽鉄も検討して良いでしょう。
理由は、今まで何度も書いてきましたので、皆さんも良く分かっていると思います。
また、年齢等を理由として、長期のローンを組めない方、組みたくない方は「重鉄造」を中心に選定しても良いですね。

RCの場合、余り個性的、意匠的な物件は狙わない方が良いです(維持に費用が掛かる)。

〇私はどの様な種類を買ったら良いですか?
どの様な大家さんになりたいか?なるべきか?によっても、狙うべき物件は異なりますので、一般論では伝え辛いです。

ビギナーさんで奥様の協力や理解を得辛い方は「併用住宅」から検討するのも良いですね。
但し、その場合、感性価値よりも機能価値を優先してください。

これ以外にもお話するべきことは色々とありますが、その辺りをお聞きになりたい方は、是非、個別相談に参加してみてください(費用は掛かりません。余計なセールスや勧誘はありません)。







最終更新日  2020年09月21日 18時23分40秒
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.