930216 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

はなはな日記

2011年02月22日
XML
カテゴリ:健康

さて、今回は前々回につぶやいた「母の通院」 その後です。

ご心配おかけしたり、励ましのお言葉をいただいたり、皆様にはいろいろとありがとうございました。(ペコリ)
超高齢化社会に向かっていく日本、誰もが無関係でも無関心でもいられない話題だと思いますので、また続きをやりますね。
固い話題でスミマセン雫雫雫

本日、次の(脳の)血流検査の結果と介護認定の更新の通知が来ましたので、そのご報告をいたします。

検査の結果、やはり前頭葉と側頭葉が同年代の方に比べてはっきりと異常があるものの、記憶力にはほとんど異常が見られない。
前回、かもしれないと言っていた水頭症は、歩行障害を伴うらしく、歩き方からして腰痛、膝痛からくるものと考えられる。
アルツハイマーのような進行性の認知症でもないらしい。
つまり、皆さんが普通に考えるような「ぼけ」とはちょっと違う・・・

「前頭側頭型認知症」

                の症状だろう、との診断でした。

※下の画像はただの脳の断面図です。ご参考まで。


?
認知症には色々な症状があって、母の場合は社会性や自発性がなくなったり、妙にこだわりが強くなって、少しの事でも怒り出したり、というような症状がでています。
確かに、事例の症例を見るとフムフム、なるほど、と思ってしまいました。

社会性が無いので家族以外の他人を受け入れられず、普通のお付き合いが難しくなったり、自発性が無いので何でも他人(家族)まかせになっていって、少しでもそこから外れると怒り出したりします。

まあ、主な被害はほとんど、一緒に住んでいる父なのですが(笑)

私はとにかく「良い娘」のイメージだし、旦那さんは「会いたくてもなかなか会えない婿殿」といったところで、とにかく大事にしたいと思ってくれているようです。(ありがたいけど、なかなか困ることもある)

 そんなわけで、結局懸念していた手術や治療はなくなりました。
現段階では投薬もありません。
自然な老化現象なら進行を抑える治療法はないのです。

 「ま、もともとそういう人だしね、お母さんは。」
 「そうだなあ、あんまり変わんないといえば変わんないかもな。」
 「お父さんは人が良すぎて騙されやすいタイプだし、お母さんが
 ついててちょうどいいのかもね。」 ← 何気にひどい
雫

父娘は待合室でそう、安心したような、がっかりしたような気持ちで言い合いました。

 「お母さん、さっき、先生におかしなこと言わなかったかなああっかんべー?」

その隣で、検査の質問を気にしている子供のような母を見て、大丈夫、大丈夫と頭をなでなでするしかありません。

そして、先日受けた介護保険の認定調査の結果が届きました。

 「介護度3」 炎ええっ・・・・雫

これ、うちの施設でも結構すごい人たちですよっ・・・・・
よほど、調査員に切々と訴えたんだねえ、お父さん・・・・・
                  車椅子

 四つ葉認知症や介護保険のことをお知りになりたい方は

  右矢印「健康長寿ネット」

 をご覧ください。四つ葉

 







最終更新日  2011年02月22日 23時19分27秒
コメント(8) | コメントを書く
[健康] カテゴリの最新記事

PR

プロフィール


lhmplus

お気に入りブログ

仕事帰りに美容院へ… New! himekyonさん

付近でも紅葉の始まり New! ヒメスミレさん

☆11/5 敷島公園ばら… すわんのマーチさん

11/6(水)-2 前日… ひろ840さん

山歩き しーちゃん9458さん

フリーページ

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.