2175590 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

Infoseek ニュースチームブログ

2006.01.18
XML
 東京、埼玉で1988年~89年、幼女4人が殺害された連続幼女誘拐殺人事件。当時、まだ子どもだった私にも強烈な事件として印象に残っています。この事件に17日、最高裁が死刑判決を下しました。

 事件は、幼女の誘拐、殺人などの罪に問われ、1,2審で死刑判決を受けた宮崎勤被告(43)の上告審。1審の初公判から16年、事件発生からは17年5ヶ月近くを経て、最高裁の判断となります。

 最高裁は「犯行を重ねるたびに計画性を強め、殺害の態様は冷酷かつ残忍で、刑事責任は極めて重大」と被告を指弾しました。宮崎被告の精神鑑定が不透明な中、法廷での宮崎被告の不可解な供述を退けた判決となります。

 「判決は何かの間違い」。3度目の死刑判決を受けた宮崎勤被告は判決後、東京拘置所で面会した大学教授にそう語ったそうです。「凶悪な犯行が社会に与えた衝撃は甚大」と最高裁判決で指摘された宮崎被告は、謝罪や反省の言葉を発することはありませんでした。

 この事件は17年目にして一応の結末を迎えたことになります。が、事件によって様々な影響を受け、今も遺族に残る傷跡や、宮崎被告の母親が遺族に対し、慰謝の一部として送金し続けているということについて思うと「終わった」といえないような気もします。また、こうした子どもを狙った悪質な事件は今日も多発していることを考えると、宮崎事件を教訓に事件の歯止めをかけることができなかったのか。そんな思いもこみあげます。

宮崎事件に関する、皆さんの思いをお伝えください。

幼女4人誘拐殺人、宮崎被告の上告棄却…死刑確定へ (読売新聞)

<連続幼女誘拐殺人>宮崎被告の「不可解な心」解けず (毎日新聞)

死刑判決「何かの間違い」…宮崎被告、謝罪なく幕 (読売新聞)






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2006.01.18 16:18:53

PR

ニューストピックス

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

2017.03
2017.02
2017.01
2016.12
2016.11
2016.10
2016.09
2016.08
2016.07
2016.06

キーワードサーチ

▼キーワード検索

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.