381478 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

磯部らん 日記

PR

X

全724件 (724件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 73 >

2020年08月19日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
経営誌に掲載された取材記事

夢を書き出すということは、

経営においてもビジョンを明確にすること(プライベートにおいても目標を設定すること)は

大事だと改めて感じさせてくれた取材でした。

チアダンに入っていた子達は、卒業してからもそれぞれの人生において、

夢を書き出し、実現させているそうです!

https://www.rinen-mg.co.jp/web-rinentokeiei/entry-4547.html?fbclid=IwAR0EAPtZ0HTWeG7pbeHNt17RUGWt48uUbHrHbLqAll9oIjB8bmQTwlCY6iY















最終更新日  2020年08月19日 16時27分05秒


2020年07月29日
カテゴリ:カテゴリ未分類

「デリバリー家族」




 たまたまテレビでデリバリーを特集していた。最近のメディアは偏っていて、国民の気持ちを不安に駆り立てるかのように煽って報道しているところに嫌気が差すのであまりテレビは見ないことにしているが、ある家族に目にとまった。日に何十件も配達をこなすベテランの出前館のお兄さんを追いながら、どんな家族がデリバリーをとっているのかを家庭まで追っかけて特集にしていた。

 ほとんどの家庭が小さなお子さんがいる家族だった。そして、決まって頼んでいたのが、ファミレスのハンバーグなどだった。「疲れて作るのが大変だったから」「共働きで家事をするのが億劫だったから」「旦那がいないので、店屋ものをとる事にした」「時間がない」などが理由で、まだ幼稚園児と思われる子にファミレスの料理をプラスチックの容器ごと机の上に並べて食べさせていた。番組スタッフの「美味しいですか?」という言葉にその子らは「おいちい」と答えていた。舌がおかしくなってしまわないかと思う。そんなに小さいうちから、ファミレスばかり食べさせられていて……とわたしは思った。

 家庭の味というものがなくなってきていると思う。大手飲食店のデリバリー、デパ地下のお惣菜、コンビニは「お母さん食堂シリーズ」として、煮付けなどのモノを家庭の食卓に並べている幸せ家族のコマーシャルを流している。それは、本当に幸せなことだろうか。チンするのではなく、野菜を洗い、切って、煮る。家族の好きな味付けにする。お父さんは、お酒のつまみになるようにちょっと塩味を聞かせて、子供には甘めに味付けをする、おじいちゃんは高血圧だから塩分は控えめにしましょう、とか家族の好みや体調を考えて調理をする。人は食べるものでできている。自分では味の再現が難しいものをデパ地下で買ったりするのは、たまには良いと思う。最近、名店もデリバリーを始めたので、小さな子供がいるとなかなか食べに行くことは難しい。そういったためにデリバリーを利用するのはいいだろう。だが、作るのがめんどくさい、共働きで家事が大変だから、といった理由で週に何回もデリバリーやコンビニ食で済ませる家族はいかがなものなのだろうか。

 「塩梅」という言葉があるが、それは自分で料理しながら味付けの感覚を調整しながら料理していくことだと思う。だが、今は○○ソースの素、絡めるだけで出来上がり!などの調味料も多く見かける。これも家庭の味が無くなってしまう気がして悲しい。母の豚バラとジャガイモのこっくり煮、胡椒がすごく効いていた父が作ってくれたコーンを炒めたもの、など食べるとその人を思い出す味がある。そういった家庭の味を大手メーカーの調味料が潰してしまっているような気がする。もちろん、素を使えば、おいしくなるだろう。でも、その味は、日本全国同じ味なのである。なんだか、怖いことのように感じるのはわたしだけだろうか。

 みんな忙しい、共働きをしないと子供を育てていくのが家計的にも厳しいだろう。でも、ちょっとテレビの時間や携帯電話を覗く時間を減らせば、おかずの一品くらい作れるのではないだろうか。炊き立てのご飯は炊飯器が用意してくれる。だったら、お味噌汁を作るだけでいいのではないだろうか。野菜をたっぷり入れた具たくさんのお味噌汁。15分だってかからない。お出汁の効いたほっとする味噌汁、ただそれだけで、十分だと思う。まだ小さなうちからファミレスなどの料理は子供の舌の教育や健康に対しても、よくないと思う。プラスチックの容器からプラスチックのスプーンを使って食べる料理は味気ないし、第一エコでもない。わたしはデパ地下で購入したとしても、そのプラスチックの器が器のような雰囲気を模したものであったとしても、必ず家の陶器などの入れ物に入れ替えて、きれいに盛り付けてから、食卓に出す。決して、プラスチックの容器を食卓の上に出すことはあってはならないと思う(これはわたしが親からそう言われて育ったからに由来するだけなのだけど・・・)。美的感覚を養うためには、絶対大事だと思う。洗う食器が増えてしまうから、という人もいるが、その食器を一枚洗うのに何分かかるというのだろうか(これも若い頃にわたしが親から言われた言葉)。

 とある区の区議会議員をやっている女性は、区議になる前に、魚グリルを洗うのが嫌だから魚料理は一切家ではしないの、と赤ちゃんを抱っこしながら笑って言っていた。その彼女は、子育てについて政策を語る。何か、おかしいと思う。魚をどう食べるかは、その家庭によるが、魚の匂いやグリルの洗い物が嫌だから作らないと言うのは、おかしいと思う。だって、それもひっくるめて家事だと思うから。家事は「家しごと」、家族の健康を守ったり、安全で快適な暮らしを整えるのが家事だと思う。(もちろん、わたしだってやりたくない家事はあるし、苦手なこともある)赤ちゃんがいれば、尚更、安全な環境を作るのも親の役目である。家事が苦手でできないという女性がいる。家庭がある、ないに関わらず「自分の生活を整える」のが家事とも言えるのだと、わたしは思うんだけどな、こんな考えはもう古いのかもしれない。もちろん、お金に余裕があれば家政婦さんを雇うのもありだと思う。現在放送中のテレビドラマや、そのドラマの最中に流れるコマーシャルでも、第三者の手を借りて生活のリズムを整えるのは、家族にとっても精神的に楽だろうと思わせられる。でも、それとデリバリーをとることで、時短と称して食事を疎かにすることはあってはならないとわたしは思う。

 食って大事。だって、「自分を作っているもの」だから、もっと口から入るものを大切にすべきだし、「食」との関わり方を見直してみたり、もう少し時間をかけるのも大事なことだとわたしは思う。

ただ、思ったことを書きづつってみました)







最終更新日  2020年07月29日 21時21分14秒
2019年06月24日
カテゴリ:カテゴリ未分類
日常的には、取材して記事にする仕事をしています。京都の老舗の金平糖を取材した記事がアップされました。日本の古き良きものを書くことで発信していけたらと思っています!

https://www.rarenippon.jp/2019/06/05/9852/



https://www.rarenippon.jp/2019/06/17/9972/


ちょっと生活を豊かにしてくれるようなモノにまつわるエッセイ 。




ビジネス誌に人を取材した記事など。


私の文章を読んだ方が何らかのプラスとなり、人の背中を押すような文章を紡いでいきたいと思っています。






最終更新日  2019年06月24日 23時31分07秒
2019年04月22日
カテゴリ:カテゴリ未分類
この度の経験、貴重な時間をたくさんの方からいただき、挑戦してまいりましたが、当選には至りませんでした。お力添えいただきました皆様、申し訳ございません。ありがとうございました。449票という、おひとり、おひとりが、「磯部らん」という名前を書いて下さったことを重く受け止め、この経験を次に活かしてまいります!もし、当選したら、やりたかったことがたくさんありました。
・辻立ちで聞いた、子育てしているパパやママの「困りごと」を区政に丁寧に届けて改善していくこと。
・地域福祉バス、風ぐるまの本数を増やして、港区のちぃばすや(できれば中央区とも)共同運航して乗り入れて、近くて遠い六本木や、地域の年配の方が良く行かれている日本橋三越に買い物に行くときにも便利にしたかった…。
・オリンピックもあるので、靖国神社に友人がいるという伝統工芸を広めている知り合いの方がいたので、日本の中心地から、日本の伝統工芸や文化、それに携わっている若者を応援するようなイベントもしたかった。
・ペットの仕事をしている友人もたくさんいるので、いつもリードで繋がれて散歩しているワンちゃんばかりなので、もっとペットフレンドリーな場所も作りたかったし、もちろん、きっかけとなった、子どもの遊び場も、子ども達が目を輝かせながら、想像力を発揮できるような、自然の遊び場を建築関係の友人も巻き込んで設計したかった!
・人口増加のわりにスーパーが少なく、生鮮食品を買うことができる、自転車もちゃんと止められるスーパーを誘致したかった。ちょうど日本中でスーパーを経営している番町にお住まいの経営の神様ともつながりになったところでしたので…。色々、やりたいこともありましたが、議員バッチをつけなくてもできるものだよ、というバッチを付けていない政治家の方からの言葉をいただきましたので、やりたいと思っていました地域のお年寄りや子育て世代の多世代交流のボランティア活動をしていきます!この度は、全く知名度のない「磯部らん」、連日の選挙カーの騒音などなど、お騒がせいたしました。この活動で、素敵なご縁をたくさんいただきました!そのご縁を大切にして、いただいた票の重さをかみしめつつ、今回の経験を今後の人生に活かしてまいります。特別な政党カラーなどはなく、まっさらな、ただ地域の方の声を区政に届けたいとの思いからの今回の政治活動でしたので、今まで通り、お付き合い下さい😊










最終更新日  2019年04月24日 19時31分20秒
2019年04月15日
カテゴリ:カテゴリ未分類

千代田区議会議員選挙、はじまりました!
早朝から事務所に27人もの友人やお世話になっている方々が集まってくれました。有り難い、感謝してもしきれません…😭
また選挙カーに、手を振ってくれた方やお声がけ下さった方々、ありがとうございます🙏
子ども達から、すごい公園のアイデアが!子どもの発想って柔軟で楽しい^ ^
選挙カー、騒音ですよね…すみません。選挙に出てみて、選挙のあり方を変えたいとも思いました!ですが、まずは週末までの一週間、走り抜けます!

神田地区でも、人口増加なのにスーパーの少なさを感じます。

都市回帰から多くのマンションが建設された結果、平成12年に3万9千人程度であった人口は、平成29 年には、6 万人を超え、約1.5倍に!
3人に1人は、平成12年以降に転居してきた人ということになるのに、生活の台所(スーパー)が足りません。区をあげて、誘致に取り組むべきです🍴

#磯部らん #千代田区議会議員選挙 #スーパー難民 #生活の台所 #スーパーが少なくて不便









最終更新日  2019年04月15日 06時31分49秒
2019年04月10日
カテゴリ:カテゴリ未分類

シニア、子育て世代、子ども達…多世代交流ができたらという思いがあります。そこで、シルバー世代のイベントに参加してきました。「ご意見を聞かせてください!」と。

まず多世代の交流に関しては、ただ集まるだけではなく、「いったいそこで何をするの?」といったテーマが必要なことも痛感しました。「ただお茶をするだけなら、同じ世代で固まってしまいがちだそう。そこに交流を起こさせるモノ・テーマが重要とのこと。「そのテーマがシニア世代にまず受け入れられるもの。さらにそれが、母親世代にも受け入れらるものでないとね…」とも。さらにある女性は「60~65歳が一番、若い世代と交流しやすいと思うの。70歳になった今と、60代のときとは、少し考え方も変わってきたのよ」と。人それぞれ、感覚も違うと思いますが、ただシニアというもので、ひとくくりにもできない問題だと思いました。私も、まだ息子が小さい頃には、自分の子育てで精一杯でしたが、お子さんが小さくても、「ママのわ」や「ちよママ」など、ママの会を主宰されている方はたくさんいます。
テーマは、20代から70代までの方々が交流してとても楽しい場だった「ちよとも」の活動も参考になりそうだと感じました。
また月に1、2回だとだんだん来なくなってしまうので、週に1回以上など、ある程度定期的なものがいいという90代の男性の意見も。




多世代交流を活性化させたいと思ったきっかけは私自身、孤独な「弧育て」経験から。1日10時間以上、母子ふたりきりで過ごすという産後3ヵ月までの母親は、実に60%。そのうち約3割は、16時間以上もふたりで過ごしているという調査結果があります。「昨日は誰ともしゃべらなかった…」という話はママ友との間でよくした会話。

高齢者の孤立化の問題もあります、独居老人や孤食など。

高齢者の課題と、子育て世代の課題の同じ部分の両者を結びつけて助け合いや交流の輪を育み、地域の活性化へつなげていこう…という取り組みは全国のさまざまな自治体でされています。今、関わっていたり、知り合いになったコミュニティ主催者の方と一緒に、シニア世代の集まりと子育て世代の集まりを毎回でなくとも、まずは時々、交流させてみたいと思います。 



現在、一人っ子が増えていることから、『斜めの関係』というのが消えかけているといいます。

一人っ子同士が結婚した子どもには、いとこがいません。叔父や叔母がいないということ。「子どもにとってほどよい距離感のいわゆる『斜めの関係』の人がいない」ということになってしまっているそう。
かくいう私も一人っ子!

子育てで悩んだときに、ママ同志だとどうしても解決しない問題も出てきます。そいうときに「悩まなくって大丈夫よ」「子育てってそういうものよ」というアドバイスを受けることができたら、どんなに心が軽くなっただろうかと思います。人生の先輩からアドバイスを受ける機会が減ってきてしまっている家族構成。これからの子どもたちにとって、それを地域が肩代わりすることができるコミュニティづくりができたらと思います。

私の知り合いで、最近、時々テレビでもお見掛けするようになった時代を読むのが鋭いコンサルタントの男性曰く、今後は『縁側』がキーワードになってくると思うとのこと。シェアリングのビジネスが世の中にたくさん出てきていますが、昔に良くみられた、ちょっと軒先でお話する…といった誰でも!いつでも!集うことのできる場である『縁側』的なコミュニティや場づくりができたらと思います。





将来、シニアになった私の夢は、小さなギャラリーを開いて、伝統工芸などに携わる若手の作家さんを応援する場をもうけること。そこで、お客さんや作家さんなど、お店を通して仲良くなった方と、夜に日本酒などを呑みながら語り合ったりするというもの。名古屋にあった、大好きだったクロスギャラリーが私の原点です。人と人とが「クロス」する場だった素敵なギャラリー。

人と人とが、お互いに良い刺激をうけることができるような場づくりをしていきたいです。

富士見区民間は、トーストマスターズクラブという長年勉強しているスピーチクラブで使用したことがあります。日中、友人から会議室探しがなかなか大変と聞くので、区民だけでなく、区民館なので区民の利用を優先しつつも、会議室が空いているのだったら、千代田区に会社のある企業などに区民利用よりも少し割高でシェアするシステムがあれば、空き会議室の有効活用だし、千代田区にとっても本来遊ばせていた空間で収入ができるので、いいのでは?とふと、便利な場所なのに空いている会議室を見て思いました。これこそ、シェアリングエコノミー!











最終更新日  2019年04月10日 19時56分56秒
2019年03月29日
カテゴリ:カテゴリ未分類
毎日、眠い目をこすりつつ、朝。
まだ肌寒い風に指先が冷たくなる夜。
辻立ちをしています。

見られているけど、私も結構人間観察をしながらなので、
意外と飽きずに、あっという間に時間は過ぎていきます。

そして、まだまだ大きな声は出せませんが、

「おはようございます!いってらっしゃい」
「こんばんは、お疲れさまです!」

という言葉は、気持ちを込めて、

「今日もよい一日でありますように…」
「今日もお仕事お疲れさまでした!」

と、気持ちを込めてお声がけしています。

保育園前では、慌ただしく子供を預けて職場に向かう
ママやパパ、仕事と子育てがもっと両立しやすくできたらと
本当に感じます。

私も、子どもをシッターさんに預けて辻立ちすることもあり、
息子にさみしい思いをさせていないかな・・・など、
色々考えてしまうこともあり、今の政治活動の在り方にも、
ちょっと疑問を感じたりしています。

「10連休、私はサービス業なので、仕事を休めず、子どもの
 預け先がなくて、本当に困っています…」というママの声。
 
「風ぐるま(巡回バス)が、値上げしちゃったのよ!
 困ってしまうわ」というスーパー前での、年配者の声。

辻立ちしていると、色々な方の想いを耳にします。
取材するのを長く仕事にしてきましたので、地域の人の声を
すくい上げることには長けていると思います。

あと、行動力もあると思う! だって、誕生日には、まさか
私が辻立ちするとは思ってもみなかったから・・・。
(私の誕生日は、1月28日!)





話題の工藤校長は、いつか取材したい! 書籍も拝読しました!



三徳は、買い物しやすい~!! 近くにもできて欲しい!



一番、好きなココスナカムラ!







最終更新日  2019年03月29日 00時45分26秒
2019年03月19日
カテゴリ:カテゴリ未分類
少しずつ慣れてきました。まだ大きな声では話しかけられず…「よっ、よろしかったら受け取って下さい…」と。出会った方、すれ違った方が、本日、よい一日でありますように…と実は心で念力を送っています!











最終更新日  2019年03月19日 20時33分14秒
2019年03月14日
カテゴリ:カテゴリ未分類
アナログすぎる私……。

SNSやメールもいいけど、
やっぱり気持ちを伝えるのは、
手書きに勝るものはありません。

もちろん会うことがいちばん!

もっとスピード感を持って一度に多くの人に…
と、ネットに詳しい専門家はいうけれど、
戦略的には何かが間違っているのかも
しれないけど…

私なりにできることを!
私なりに、相手に対して、したいことを!












最終更新日  2019年03月14日 09時36分20秒
2019年03月12日
カテゴリ:カテゴリ未分類
ドキドキして、言えたのは
「おはようございます!」のみ。

あとは、ニッコリして立っていただけ……。
(それじゃあ、ただの待ち合わせか?!)
徐々に、慣れていくと思います。

毎朝、千代田区内のどこかに立っております。

”ウォーリーを探せ”(古い)じゃないですが、
”磯部を探せ”見かけましたら、
温かい言葉、かけてください^^

本人タスキを掛けて、普通にスーパーで
買い物をしていたりするかもしれません。
自転車で子どもを迎えに行ったり、
しているかもしれません…。

普通の人です。ただ、ちょっと自分の時間を
周りの人のために使ってみたいな、と思っただけ。
行動力はあるなぁと自分でも思います・・・^^

長くも短い1ヵ月間、温かく見守って下さい。








最終更新日  2019年03月12日 23時13分06秒

全724件 (724件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 73 >


© Rakuten Group, Inc.