356339 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

磯部らん 日記

PR

全722件 (722件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 73 >

2019年06月24日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
日常的には、取材して記事にする仕事をしています。京都の老舗の金平糖を取材した記事がアップされました。日本の古き良きものを書くことで発信していけたらと思っています!

https://www.rarenippon.jp/2019/06/05/9852/



https://www.rarenippon.jp/2019/06/17/9972/


ちょっと生活を豊かにしてくれるようなモノにまつわるエッセイ 。




ビジネス誌に人を取材した記事など。


私の文章を読んだ方が何らかのプラスとなり、人の背中を押すような文章を紡いでいきたいと思っています。






最終更新日  2019年06月24日 23時31分07秒
2019年04月22日
カテゴリ:カテゴリ未分類
この度の経験、貴重な時間をたくさんの方からいただき、挑戦してまいりましたが、当選には至りませんでした。お力添えいただきました皆様、申し訳ございません。ありがとうございました。449票という、おひとり、おひとりが、「磯部らん」という名前を書いて下さったことを重く受け止め、この経験を次に活かしてまいります!もし、当選したら、やりたかったことがたくさんありました。
・辻立ちで聞いた、子育てしているパパやママの「困りごと」を区政に丁寧に届けて改善していくこと。
・地域福祉バス、風ぐるまの本数を増やして、港区のちぃばすや(できれば中央区とも)共同運航して乗り入れて、近くて遠い六本木や、地域の年配の方が良く行かれている日本橋三越に買い物に行くときにも便利にしたかった…。
・オリンピックもあるので、靖国神社に友人がいるという伝統工芸を広めている知り合いの方がいたので、日本の中心地から、日本の伝統工芸や文化、それに携わっている若者を応援するようなイベントもしたかった。
・ペットの仕事をしている友人もたくさんいるので、いつもリードで繋がれて散歩しているワンちゃんばかりなので、もっとペットフレンドリーな場所も作りたかったし、もちろん、きっかけとなった、子どもの遊び場も、子ども達が目を輝かせながら、想像力を発揮できるような、自然の遊び場を建築関係の友人も巻き込んで設計したかった!
・人口増加のわりにスーパーが少なく、生鮮食品を買うことができる、自転車もちゃんと止められるスーパーを誘致したかった。ちょうど日本中でスーパーを経営している番町にお住まいの経営の神様ともつながりになったところでしたので…。色々、やりたいこともありましたが、議員バッチをつけなくてもできるものだよ、というバッチを付けていない政治家の方からの言葉をいただきましたので、やりたいと思っていました地域のお年寄りや子育て世代の多世代交流のボランティア活動をしていきます!この度は、全く知名度のない「磯部らん」、連日の選挙カーの騒音などなど、お騒がせいたしました。この活動で、素敵なご縁をたくさんいただきました!そのご縁を大切にして、いただいた票の重さをかみしめつつ、今回の経験を今後の人生に活かしてまいります。特別な政党カラーなどはなく、まっさらな、ただ地域の方の声を区政に届けたいとの思いからの今回の政治活動でしたので、今まで通り、お付き合い下さい😊










最終更新日  2019年04月24日 19時31分20秒
2019年04月15日
カテゴリ:カテゴリ未分類

千代田区議会議員選挙、はじまりました!
早朝から事務所に27人もの友人やお世話になっている方々が集まってくれました。有り難い、感謝してもしきれません…😭
また選挙カーに、手を振ってくれた方やお声がけ下さった方々、ありがとうございます🙏
子ども達から、すごい公園のアイデアが!子どもの発想って柔軟で楽しい^ ^
選挙カー、騒音ですよね…すみません。選挙に出てみて、選挙のあり方を変えたいとも思いました!ですが、まずは週末までの一週間、走り抜けます!

神田地区でも、人口増加なのにスーパーの少なさを感じます。

都市回帰から多くのマンションが建設された結果、平成12年に3万9千人程度であった人口は、平成29 年には、6 万人を超え、約1.5倍に!
3人に1人は、平成12年以降に転居してきた人ということになるのに、生活の台所(スーパー)が足りません。区をあげて、誘致に取り組むべきです🍴

#磯部らん #千代田区議会議員選挙 #スーパー難民 #生活の台所 #スーパーが少なくて不便









最終更新日  2019年04月15日 06時31分49秒
2019年04月10日
カテゴリ:カテゴリ未分類

シニア、子育て世代、子ども達…多世代交流ができたらという思いがあります。そこで、シルバー世代のイベントに参加してきました。「ご意見を聞かせてください!」と。

まず多世代の交流に関しては、ただ集まるだけではなく、「いったいそこで何をするの?」といったテーマが必要なことも痛感しました。「ただお茶をするだけなら、同じ世代で固まってしまいがちだそう。そこに交流を起こさせるモノ・テーマが重要とのこと。「そのテーマがシニア世代にまず受け入れられるもの。さらにそれが、母親世代にも受け入れらるものでないとね…」とも。さらにある女性は「60~65歳が一番、若い世代と交流しやすいと思うの。70歳になった今と、60代のときとは、少し考え方も変わってきたのよ」と。人それぞれ、感覚も違うと思いますが、ただシニアというもので、ひとくくりにもできない問題だと思いました。私も、まだ息子が小さい頃には、自分の子育てで精一杯でしたが、お子さんが小さくても、「ママのわ」や「ちよママ」など、ママの会を主宰されている方はたくさんいます。
テーマは、20代から70代までの方々が交流してとても楽しい場だった「ちよとも」の活動も参考になりそうだと感じました。
また月に1、2回だとだんだん来なくなってしまうので、週に1回以上など、ある程度定期的なものがいいという90代の男性の意見も。




多世代交流を活性化させたいと思ったきっかけは私自身、孤独な「弧育て」経験から。1日10時間以上、母子ふたりきりで過ごすという産後3ヵ月までの母親は、実に60%。そのうち約3割は、16時間以上もふたりで過ごしているという調査結果があります。「昨日は誰ともしゃべらなかった…」という話はママ友との間でよくした会話。

高齢者の孤立化の問題もあります、独居老人や孤食など。

高齢者の課題と、子育て世代の課題の同じ部分の両者を結びつけて助け合いや交流の輪を育み、地域の活性化へつなげていこう…という取り組みは全国のさまざまな自治体でされています。今、関わっていたり、知り合いになったコミュニティ主催者の方と一緒に、シニア世代の集まりと子育て世代の集まりを毎回でなくとも、まずは時々、交流させてみたいと思います。 



現在、一人っ子が増えていることから、『斜めの関係』というのが消えかけているといいます。

一人っ子同士が結婚した子どもには、いとこがいません。叔父や叔母がいないということ。「子どもにとってほどよい距離感のいわゆる『斜めの関係』の人がいない」ということになってしまっているそう。
かくいう私も一人っ子!

子育てで悩んだときに、ママ同志だとどうしても解決しない問題も出てきます。そいうときに「悩まなくって大丈夫よ」「子育てってそういうものよ」というアドバイスを受けることができたら、どんなに心が軽くなっただろうかと思います。人生の先輩からアドバイスを受ける機会が減ってきてしまっている家族構成。これからの子どもたちにとって、それを地域が肩代わりすることができるコミュニティづくりができたらと思います。

私の知り合いで、最近、時々テレビでもお見掛けするようになった時代を読むのが鋭いコンサルタントの男性曰く、今後は『縁側』がキーワードになってくると思うとのこと。シェアリングのビジネスが世の中にたくさん出てきていますが、昔に良くみられた、ちょっと軒先でお話する…といった誰でも!いつでも!集うことのできる場である『縁側』的なコミュニティや場づくりができたらと思います。





将来、シニアになった私の夢は、小さなギャラリーを開いて、伝統工芸などに携わる若手の作家さんを応援する場をもうけること。そこで、お客さんや作家さんなど、お店を通して仲良くなった方と、夜に日本酒などを呑みながら語り合ったりするというもの。名古屋にあった、大好きだったクロスギャラリーが私の原点です。人と人とが「クロス」する場だった素敵なギャラリー。

人と人とが、お互いに良い刺激をうけることができるような場づくりをしていきたいです。

富士見区民間は、トーストマスターズクラブという長年勉強しているスピーチクラブで使用したことがあります。日中、友人から会議室探しがなかなか大変と聞くので、区民だけでなく、区民館なので区民の利用を優先しつつも、会議室が空いているのだったら、千代田区に会社のある企業などに区民利用よりも少し割高でシェアするシステムがあれば、空き会議室の有効活用だし、千代田区にとっても本来遊ばせていた空間で収入ができるので、いいのでは?とふと、便利な場所なのに空いている会議室を見て思いました。これこそ、シェアリングエコノミー!











最終更新日  2019年04月10日 19時56分56秒
2019年03月29日
カテゴリ:カテゴリ未分類
毎日、眠い目をこすりつつ、朝。
まだ肌寒い風に指先が冷たくなる夜。
辻立ちをしています。

見られているけど、私も結構人間観察をしながらなので、
意外と飽きずに、あっという間に時間は過ぎていきます。

そして、まだまだ大きな声は出せませんが、

「おはようございます!いってらっしゃい」
「こんばんは、お疲れさまです!」

という言葉は、気持ちを込めて、

「今日もよい一日でありますように…」
「今日もお仕事お疲れさまでした!」

と、気持ちを込めてお声がけしています。

保育園前では、慌ただしく子供を預けて職場に向かう
ママやパパ、仕事と子育てがもっと両立しやすくできたらと
本当に感じます。

私も、子どもをシッターさんに預けて辻立ちすることもあり、
息子にさみしい思いをさせていないかな・・・など、
色々考えてしまうこともあり、今の政治活動の在り方にも、
ちょっと疑問を感じたりしています。

「10連休、私はサービス業なので、仕事を休めず、子どもの
 預け先がなくて、本当に困っています…」というママの声。
 
「風ぐるま(巡回バス)が、値上げしちゃったのよ!
 困ってしまうわ」というスーパー前での、年配者の声。

辻立ちしていると、色々な方の想いを耳にします。
取材するのを長く仕事にしてきましたので、地域の人の声を
すくい上げることには長けていると思います。

あと、行動力もあると思う! だって、誕生日には、まさか
私が辻立ちするとは思ってもみなかったから・・・。
(私の誕生日は、1月28日!)





話題の工藤校長は、いつか取材したい! 書籍も拝読しました!



三徳は、買い物しやすい~!! 近くにもできて欲しい!



一番、好きなココスナカムラ!







最終更新日  2019年03月29日 00時45分26秒
2019年03月19日
カテゴリ:カテゴリ未分類
少しずつ慣れてきました。まだ大きな声では話しかけられず…「よっ、よろしかったら受け取って下さい…」と。出会った方、すれ違った方が、本日、よい一日でありますように…と実は心で念力を送っています!











最終更新日  2019年03月19日 20時33分14秒
2019年03月14日
カテゴリ:カテゴリ未分類
アナログすぎる私……。

SNSやメールもいいけど、
やっぱり気持ちを伝えるのは、
手書きに勝るものはありません。

もちろん会うことがいちばん!

もっとスピード感を持って一度に多くの人に…
と、ネットに詳しい専門家はいうけれど、
戦略的には何かが間違っているのかも
しれないけど…

私なりにできることを!
私なりに、相手に対して、したいことを!












最終更新日  2019年03月14日 09時36分20秒
2019年03月12日
カテゴリ:カテゴリ未分類
ドキドキして、言えたのは
「おはようございます!」のみ。

あとは、ニッコリして立っていただけ……。
(それじゃあ、ただの待ち合わせか?!)
徐々に、慣れていくと思います。

毎朝、千代田区内のどこかに立っております。

”ウォーリーを探せ”(古い)じゃないですが、
”磯部を探せ”見かけましたら、
温かい言葉、かけてください^^

本人タスキを掛けて、普通にスーパーで
買い物をしていたりするかもしれません。
自転車で子どもを迎えに行ったり、
しているかもしれません…。

普通の人です。ただ、ちょっと自分の時間を
周りの人のために使ってみたいな、と思っただけ。
行動力はあるなぁと自分でも思います・・・^^

長くも短い1ヵ月間、温かく見守って下さい。








最終更新日  2019年03月12日 23時13分06秒
カテゴリ:カテゴリ未分類
ジバン・カンバン・カバン…と言いますが、

カバンの中身も限られていますので、

手作り感満載で!




ゴミ捨て場から拾ってきたビールの段ボール!





さてさて、駅に立ちます!






最終更新日  2019年03月12日 12時51分10秒
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨年の夏、たまたま何かに誘われて家の近所のカフェで
現在住んでいる地域に高い建物が建つことを知りました。
「え、聞いてないですよ!」
私の家は、その建物のほんの数メートル先のマンション。
日陰になってしまうことは、もちろん、目の前に大きな
ビルが建つなんて……。そんな計画すら聞いていない!
「どうして、地域の住民の方は知らされていないの?」
という疑問。

近所の公園の工事も、少し離れている(と言っても、徒歩5分)
ので、全く知らされておらず。
近隣や、一番近い小学校では、説明会もあったようですが、
「公園に行ったら閉まってた……」「いつ再開するの?」
「今、どんな状況なの?」「そもそも、どんな計画なの?」
「え、樹を伐採してしまうの?」(老木という理由はあるそう)
地域の住民が署名運動もしている話を聞いたり……。

もう少し、住民の意見が取り入れられたりする場があったら
いいのにな、(すでに協議会もありますが…)という素朴な
疑問もあり、区民の声と行政とを橋渡しするような役割が
女性や子育てしている母親の目線から、何かしらお手伝いが
できたらいいな、と思ったのが、きっかけ。

実際に利用している母親や子どもの目線で・・・。

私の母は、84歳。
私はひとりっ子…、親の面倒をどうみたらいいのだろう…
介護や福祉のことも、感心があり、
切実な問題を抱えている世代です。
親の生活を見ていると地域のコミュニティがいかに大事か、
また心の支えになっていることも感じます。

高層ビルが近くにできるという状況の良しあしは、
身をもって知っています。

なぜなら、かつて、ミッドタウンの近くに住み、
赤坂サカスを通りながら、通っていた保育園や幼稚園。

子どもが歩けないくらいのビル風。
近隣の住人以外の多くの方々が集まる広場…。

恩恵もあります。再開発された地域は、
ベビーカーでも移動しやすく、
バリアフリーが徹底された施設や環境であり、
段差や階段で立ち止まって困ったことはありませんでした。

全員の意見を取り入れることは、難しいかもしれないけど、
お年寄りや小さな子育て世代にやさしく、暮らしやすく、
それでいて、上に伸ばすだけの建物ではなく、
既存の地域の雰囲気に調和がとれた再開発…。

現在近所に建っている白いお豆腐みたいな、
建物を見るたびに、周りとあまりにも調和していないので、
ちょっと違和感を感じるのは、
私だけではないはずですが・・・。






最終更新日  2019年03月12日 12時47分13秒

全722件 (722件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 73 >

フリーページ

プロフィール


磯部らん

カレンダー

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.