2129800 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Happybirthday!より愛を込めて

死ぬまでにやりたい10の事(2004,6,4)

一冊の本に出会った。
”死ぬまでにしておきたい10のこと”本を読まずに日記を綴った。後で、これが自分にとって、余生で”せねばならない10の事”だとわかった。
まだやらなくてはならない事と、やりたい楽しみを記してある。人生でつまづいた時ちょっとここに戻ってみよう。今の自分が見えるに違いない。
そしてこれが余命2ヶ月と知らされた二人の子を残す母の話だと言う映画の事も知った。10人の有名な作家達が気楽に綴った読みやすい本だった。 

以下、(2004、6、4の日記より)
>>>
 こんなタイトルの文庫本を買いました。実はまだ読んでいません。いつも何冊かまとめて買うのです。その中の1冊です。今日の日記のタイトルにしました。まったく読んでいないので先入観なしに書けそうです。 
 
 ちなみに10まではすべて1.

 私、今40代前半。夫40代前半。子供が20歳、17歳。両方の両親健在。
現実を考えると、、、"死”なんて考えるの暗くなってしまいますよね。

 では、タイトルをかえて、残りの人生すべきことの10。これも重い。”残りの人生、しておきたい10”のこと、、としよう。
ちなみに10まではすべて1.

1.母として、子供たちが成人して独立できるよう導きたい。あと
  は彼らの人生だから形はどうであれ、本人たちの納得できる人
  生を。

1・のんびり旅行に出たいな。一人でスペインとか長期で滞在したい。もち 
  ろんフラメンコの勉強に。一人という選択にはちょっと年をとったか
  な。

1・終の住処を見つけるにはまだ若いかしら?でも、どこか落ち着
  けるところに”新しい家”で暮らしたい。と、いうより一人でもう一度
  暮らしたい。

1・子として、親をきちんと看送る。親より早くは死にたくない。

1・見られて不味いものは処分しよう。不要品処分もかねられる。
  私の物で喜んでくれる人に
  何かプレゼントをしよう。

1・家の中で楽しめる趣味を持ちたい。たとえばお花を飾るとか。
  おいしいお茶を楽しめるとか。手作りのお菓子とか。

1・年は、とってもこぎれいにしていたい。感性まで年をとらないように。恋
  を忘れない。究極の恋、人生の最後の恋の相手は誰だろう?その人は看
  取ってくれるのか?いや、死ぬ事は告げない。

1・社会に役立てることも、時間があれば考えられるはず。
  無理をせず、その状況で残された時間で何かをやってみたい。

1・おいしいワインに出会いたい。太るのも気にしないなら美味しいものた
  くさん食べたいわ。

そして、10

10.健康で寿命を全うしたい。静かに眠るように死にたい

 生と死について、子供達と向き合うには、年齢的に難しくないと思う。
 子にとって最初の試練となるか、残酷な場面設定だけれど、いつかは
 人は死を迎える。
 自分がどういう人間だったか、恥ずかしくない人生を送りたいと思うが
 ありのままの私を受け取らざるを得ないだろう。
 私は完璧ではない。
 でも、、子どもに対する愛情は、誰にも負けない。幼い頃のかかわりかた
 にも悔いはない。自分の人生に責任を持てるか、子供達に学んで欲しい。
 ”死”は、いなくなる人の問題ではなく、残された人がどう乗り越えてい
 くかと言う問題が大きいと思う。身体は滅びても、その人の魂は、自分と
 かかわった人達の心にきっとどんな形かわからないが残っていくと思う。
 生きているって責任のいる事だとつくづく思う。
 
 明日、何が怒ってもおかしくない時代。
 この日記を子供達は見た事がないと思う。

 母としての日記と言うより、この世に一人の”わたし”の足跡。
 知りたくない部分もあるだろう。。それはそれで受け止めてほしい。

 ひとつ、、、死ぬまでにしておきたいたった一つの事がある。

 これは誰にも告げていない。私の中の奥深い秘密。誰もそれに触れようと
 しない。私は事実を知るべきなのか、知らずにいるべきなのか。知る人 
 も、どのくらいいるのか。。。事実が消えぬ前にしってお
 きたい事だが、あえて知らないほうがいいのか。

 誰にでも触れて欲しくない事実はある。


 さて、、、アガスティアの葉というのがあったわね。私のこれからはどう
 なのかしら?


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.