2160398 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Happybirthday!より愛を込めて

不思議体験

 小学校の頃、夢の中で父のお母さんの名前を聞いた。父のお母さんは、父が小2の時に他界されているそう。
ある朝起き他とき、私が、母に”@@ってだれ?”と言ったら
母がそうそう命日だったわ。なんで名前知ってるの?。って。
枕元に長い髪の毛があった事も、、、あれは夢か現実か覚えていない。
ふすまのところに誰か女の人がたっていて私を見ていた。

 幼稚園の頃、父の親しい方が亡くなられ父はお通夜に。母と私は留守番をしていた。玄関で誰かがきた音がして”おかあちゃん@@のおじちゃんがきてるよ!”母は背筋がぞーっとした話。
それで、母は、”驚かせたら駄目だよ@@さん”と優しく言ったそうな。

 小学校4年生の時、親戚の家の前で花火をしていた。
8月夜の8時半頃。建物の陰から空がパーーーッと明るくなった。
なんだろう?ってみんなでかけた。空がまっかになって、その中で一点銀色の大きなものがすーーーと流れ星のように落ちたかと思うとぴたっととまり、またスーーーと消えた。
目撃した人は多数。新聞にも出た。
この時から星が好きだった私は、科学館に電話をしていろいろ取材を受けた。ざるそばをごちそうになったっけ。
以来宇宙人はいる!と確信

怖かった経験。20歳頃。木曽の馬籠の民宿に泊まったとき江戸時代からあるという。
枕元にお侍さんがにらんでいました。座って刀をたてたような感じで。
うなされていたのに隣で寝ていた友人は,,寝言だと思って笑っていたんだって。。こわかったんよ。その晩2回も。。

時は流れて30代。
高熱にうなされる(肝炎を起こしていた)病院に行けないほど高熱だったので2,3日寝ていた。
その時見たもの、色とりどりの映像が次々ミニシアターのようにキラキラ輝くクリスタルとか、スペインのような坂道とか。ヨーロッパのいろんな風景がうとうといると見えるのです。
そうかとおもえば、遊体離脱もこの時です。
私の身体が水平に持ち上がりました。部屋から出て行こうとしているのです。下にもう一人の私がいます。行っちゃいけない!ととっさに思いました。扉が開いているわけじゃないのに私の身体は中に浮いて壁の向こうに連れて行かされそうなのです。心の中で抵抗しました。
多分それを境に熱は下がったような。友人曰く、死ぬところだったんじゃない?
この時見たイメージ(画像)川の土手を先生のような人と学童さんみたいな子供たちが歩いて行きます。桜が咲いていて昔の映画のワンシーンのようでした。奇麗で何となく心が癒されました。私はどこにいたのか?それを眺めている人でした。
なんかこの時見たものは全て私の前世ではないかと思いました。

かけてもいない電話をとりました。夜中に。
何処かの現場で仕事をしている男の方達の声がするのです。会話じゃありません。何をしているのかも想像できたのです。作業服を着てヘルメットをかぶった仕事をしている人たちです。
ひょっとして、住金辺で鹿島港に落ちた方がいた事故と関係あったのでは?と今思うのです。なんせ、、高熱が出てこの3、4,日にいろんな体験をしました。この時夫婦中が良くなかったので私は一人部屋にいました。
意地でも病気だから!と言いたくなかったのです。
本当にクリスタルは奇麗でした。辺一面がきらきらと輝いているのです。
今、イメージが見られるって感じも自分でわかりました。今は全く見る事ができません。

 黄斑変性で父の目の手術の時、父の弟(とてもお世話になったおじさん)が夢に出てきました。すごく恐い顔をして実家にいる私の部屋にドスドスドス!と階段を上がって来たのです.(夢)そして仁王立ちで無言で私をにらんでいるのです。おばちゃんが(今も生きています)お父さん,そんな恐い顔をしたら@@ちゃんおっかないっしょ!!っとおじさんを叱っていました。
この時の手術で父は右目の視力を失いました。私は鷹を括っていたように思えます。大変な事が起きるよと教えてくれたのではと思いました。

 父の癌のときも、本当にいい方向に導いてもらった気がします。ご先祖様に感謝です。

 10年前になるでしょうか。私は3ヶ月入院という大きな交通事故をやっています。この時も、前日友人に”私ね宇宙人に連れて行かれてチップ入れられる夢見たの。みんなで私を取り囲んでカチャカチャやって、明かりがすごくまぶしくて,,,白い服きた人たちが取り囲んでさ,,,変な夢だったよ。だから私はチップ入りなの!”なんて冗談を言っていたらその日事故りました。
今でも,私が顔を洗うと右側の顔泡が立たないのですよ。これ、子供たちにも受けています!!顔半分を境に泡が立たないの。なぜ??
これは、行いが悪かった”私の罰”だと思います。

その時の事故で右の耳たぶに硝子が入っています。今でも小指の先くらいの大きさのものが耳たぶの上にくっついています。ケロイドらしいです.手術でとってもとりきれないそう。マキシモルを塗り始めました。ちょっと柔らかくなったような...気がします。

 今回の筋腫も。偶然?姉の命日に導かれるようにたまたま病院に行き検査を受けました。姉は1歳で他界。あった事はありません。7つくらい違うのかな?それさえも私はわかっていません。癌かと思ってドキドキした1週間は自分や家族をみつめ直す時間だったのでは?と思います。
でも、姉に守ってもらっている気がします。
癌ではなかった。でもここ何年も検査を受けていなかったので良かったです。反省。

渋谷で通りすがりのおばさんに、いい相の顔をしている方ですね。と声をかけられた事があります。”珍しいと。”どうなんだろう?手相も珍しいと言われた事があります。なんだかわからない。

念じれば叶う..そんな気がします。だから毎日,ありがとうとか、気をつけてねという言葉は,ついでで言っていません。心から言っています。

あとは何があったかな。。。

私がおばあちゃんとよんでいるおばさん(母の姉,母は彼女に育てられたから。)クリスチャンです。お葬式の時とった写真。おばあちゃんの頭の上に天使の輪がはっきりありました。雲のような形で天使の輪がありました。大好きなおばあちゃんでした。
今は天国です。

 次男が保育園の時、今日は透明のお友達と遊んだよという事を何度か言っていたので、遊ぶのはいいけどついていっちゃ駄目よと言っておきました。
ふわふわ浮いているからかけっこをすると早いんですって。ヒエーと思いました。

長男も小さい頃、、まま、、ばけがいるよ、、と天井を見て行った事が、、、子供には見えるものがあるのかな。

最初の猫のミーが死んじゃう時、その瞬間わかりました。私の部屋で今行きを引き取ったなって。ミーも悲しませてはだめ!と私が帰ってくるのを、遠回りさせて時間をずらした気がします。部屋をあけて、亡がらを抱きしめた時、すごくあたたかかったです。ミーの思いやりを感じました。

あとは、海岸で波に浮かんでいる人の姿。あ,,ここで亡くなったんだ。。と別に怖くなかったです。

災いのあるものとは無縁と,強く念じています。
これからは、信仰心は無いけれども 御先祖様とかに感謝しながらと思います。不思議な世界ですね。

いろんなパワーを持っている方に出会えるのも偶然ではないなと。ご縁かなと。

ザーーーと書いてみました。

ただ、無の世界の言うのが私は駄目です。雑念がたくさん。いろんな事を考えてしまい心の中が言葉でいっぱいになります。
不思議な世界にはやっぱり無縁かなと。キャッチできても返せない。

あ、、どの人もそうでしょうけど。相手が何を考えているのかだいたいわかります。。。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.