2162402 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Happybirthday!より愛を込めて

危険な食品添加物2

甘味料
サッカリン、、、一度は使用禁止になったものの,安価(砂糖の数百分の一),甘さは砂糖の500倍。
ダイエットフードなどに使われている。弊害は、染色体異常,子宮癌ぼうこうガン(ラットでの実験)

アスパルテーム、、、ファミレスなどでさとうの代替え品として使われている。砂糖の200倍の甘さを持つ。中高年者に嫌われもののサッカリンの代用品として日本に入ってきた。脳腫瘍,うさぎでは骨格以上がみられたという。

ステビア、キシリトール、、いろいろな説もある。疑わしきは、、、、??


酸化防止剤、BHA,BHT,パーム油

BHT,BHA,, 市販食品には原材料、パーム油と書かれている。
遺伝毒性,発ガン性、ラットの実験,体重1キログラムあたる2グラムのえさにまぜた。48時間以内に半数が死亡。魚介類の冷凍,乾物,塩蔵品には表示がいらない。バラ売りされているのも同じだ。消費者が気をつけねば。。


防カビ剤OPP,TBZ

私が食べる事を控えている食品に輸入品のかんきつ類

食欲をそそるグレープフルーツ,オレンジ,バナナ,レモン
特に果肉に浸透、残留する毒性の恐さ。

輸入穀物による日本猿の奇形を御存じだろうか?
さるだけの話だろうか??

40年前には使われなかった食品添加物。40年前に子供時代を過ごさなかった人たちにアトピー,アレルギー性鼻炎は,少ないという。わかるような気がする
生まれたのが1950年代前のかたがた?

検疫を通る際,輸入果物野菜。。。現在はどういう扱いを受けているのだろうか?

増粘剤 カラギナン

アイスクリーム,クリーム,などに入っている。粘り気をだすためのもの。
発ガン性,発ガン促進物質
マーガリン派ですか?
バター派ですか?
考えて下さい,植物油というのは本来液体。冷蔵庫に入っているのは、、
液体ですか?

発色剤 亜硝酸ナトリウム
添加物の代表格といえる,亜硝酸ナトリウム。
たらこ、いくら、すじこの鮮やかな色。
その昔は食肉にも。
ハム、ベーコンのギラギラ光る色

これ自体は,害ではない。ところが。タンパク質と出会うと強い
ニトロソアミンという有害発がん物質に変わる。
アメリカではベビー食品には一切使用禁止。
全面的に使用禁止にする未込み。
人間が多量に摂取した場合、吐き気、血球の崩壊,神経麻痺,血圧降下,死亡似つながる中毒症状を引き起こす。遺伝毒性。催奇形性、発ガン性、アレルギー性も確認されている。

最近発色剤を使用しないハムなどが売られているが,けっこう他の添加物は入っているのよね。


以上、、授業で教える避けたい食品添加物9種類


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.