2127009 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Happybirthday!より愛を込めて

子宮筋腫摘出手術

 子宮筋腫か、肉腫かと告げられた。

 H17、8月2日 水曜日
女性の身体というのは臓器が一つ二つ多い分複雑だ。なんといってもここに生命が宿るのだからその役割ってすごい。でもその目的が無くなったら。。。??
男性より臓器が多い分その分トラブルも多いと思う。

私も小学校6年生のとき初潮を迎え毎月、“生理”というものにつきあってかれこれ30年以上たつわけだわ。結構周期はほぼ乱れることなくやってきた。
 その間 独身時代は、子宮内膜症に悩まされ,時には吐くほど苦しんだり冷や汗をかいたり、それも出産後軽減したと思う。たまにおなかが痛くて半日薬を飲めばおさまる程度で苦しむくらいかな。

22歳で結婚。24歳3月長男を出産。28歳9月次男を出産。二人ともなんとか母乳で育てる。

 ”子宮内膜症は”むすめ”の苦しみです。”出産後の女性にあるのは本来おかしいと婦人科の先生が仰っていた。今は,有害化学物質が多い分、皮膚から入ったものは特に肝臓で解毒されずに子宮等にされるときいていた。いろんな女性のトラブルの原因になっている事がまだ、世間一般にしらされていない。それを知ったのも2年前。

 30代になってこれで病院へかかっても、ピルや、鼻からのホルモン剤で一時的に生理をとめる。そんな事嫌だったので死に至る病気ではないので我慢していた。

(平成14年)初めて3CMくらいの筋腫があるといわれた。..聞き流したと言っていいかも(この時の先生のピアスの数個の穴が気になったし、このドクターに今後関わりたくないと思ったから)
子宮筋腫は30歳以上の方3人に一人は持っていますから。。といわれてたかを括っていたかも。あ、、私もおばさんの仲間入りか、、と自覚したわけ。

 気がつけば毎月 排卵の時かすかな出血があった。次の生理まで続く事も。
でも検査を受けても(癌)問題なし。
または仕事の環境が変わって 疲労や緊張がたまるとこういう症状があった。
今年の7月にこのような症状があり、3年前の筋腫もどうなったかしら?と
病院へかかってみようと思った。本当にたまたま偶然。

そこでの見立ては、”随分大きな子宮ですね?と、いわれませんか?”
なんと失礼な医者。
どうやら思った事は口にするタイプのよう(この情報は、あとで役にたったけど)
通常5~7CMくらいが10CM以上はあり、形もいびつだと。MRIをとって検査をしましょうと。

翌日検査となる。8月3日 木曜日

MRI検査のみ。診察はなし。

8月9日 木曜日

体癌検査異常なし腫瘍マーカー異常なし
  ただ,ドクターがMRIの読影の依頼を放射線科のドクターに頼むのを忘れていて結果は25日(これが癌だったら、、、、!!)

わずか一週間だったけど生きたここちがしなかった。癌だったら。。。って。

でもまだMRIの所見も出ていないので。ドクターもまだ言い足りない様子だった。悪性のものはないといいけど、、、みたいな。

8月25日木曜日。

放射線科からの所見そのまま書きます(()は、私が調べました)

 ”骨盤腔をするような14×12×8cmのsoft tissue massを認めます。子宮自体の腫大であり、筋層全体に境界不明瞭で不均一なmass(腫瘍)で置換されています。腹水は認めません。junctional zoneは保たれています。内膜はやや肥厚いしています。junctional zoneが保たれている点からはadenomyosis(子宮筋腫)とも断定できません。通常のmyoma(筋腫)ではなくleiomyosarcoma等を含めた悪性の可能性も考慮して下さい。”

saracoma(非上皮性細胞からなる肉腫、間質細胞支技組織を結成する細胞)

。。。肉腫って癌よりたちの悪い。転移は早く、化学療法も効かない。。。

8月29日月曜日

セカンドオピニオンと思い旭市の病院へ(婦人科部長産宛ての紹介状)

いきなり、、

どうやって聞いています?
(@@@@@@@上記のような事を一通り説明してから、)
いきなり手術はいつしますか?夏休みはちょっといっぱいでね。今すぐというわけにいかないのですよ。

 手術しないと良性とも悪性ともいえないと。かといって何ヶ月先というのはよくないと。僕は直接オペはしませんよ。他の誰かがやりますけどいいですか?(このかた婦人科部長さんだったのね。一番腕がいいと思っていたの)。。

(確かに、、切らないとわからない。。。か。)

子宮全部摘出、卵管切除。

子宮ない女性ってたくさんいるよね。

 それより、筋腫ではないだろうという事.癌ではないという事。堅い腫瘍ではないという事。当てはまる要因は多い。早めの決断をするべきか迷っている。


8月30日火曜日。
 同じ友人のすすめで成田市イオンのクリニックへ。昨日の様子を聞いて自分の事のように落胆してくれた。
(最初にかかった病院で4年前婦人科をみていた先生、専門は内科)
 
 とても話を聞いて下さる先生と評判の事。専門は違うが、私が最初にかかった病院に勤務していらした。施設や技量、先生の様子などの実情をわかっていらっしゃる。

 1時間半クリニックにいました。それも診察で。
時間がかかりそうなので(時間を費やして下さるので)あとからの患者さんを先に診てじっくりエコーで調べてくれた。

 先の放射線科の先生のコメントをどう解釈するか。ということと、実際エコーで診たら。(婦人科も経験がある先生)。おなかの触診もしてくれたし、何より、”身体にメスはいれるべきではない”というお考え。

 MRIでは、おへその上まで子宮が肥大している。
でも”実際はへその下”ですよ。
、、と。
やや前屈していて左側にこぶのように出っ張っている。
そこが3CMくらい。
10CMくらいの大きさの子宮。




とにかく、MRIで診るよりは大きくないと。小さくなったのかな3週間くらいで。

元々子宮が大きいという事も考えられると。
(昔いきなり内診されて妊娠しています。といわれたことが。。。。)
細胞診をできる病院を紹介してくれた。

 とにかくこんなに話を聞いてくれるドクターははじめてだった。
今週土曜日に紹介状をとりに行き、日本医科大学の、北総病院を紹介していただく。
たまたま うちのクリニックに調子が悪く来院エコーで診たら子宮の肥大に気がついたから紹介されたという形で。。。

 そこで無垢な状態でセカンドオピニオンとするといいと...アドバイスをうけた。クリニックの先生のお見立てでは、肉腫。。。。から少し遠ざかった。

10%の可能性があるなら切除するべき。
1%の可能性でじっくり考えてもいいと。

ちょっといいのかな...気分的に。
9月は少し学校を休む事になるが自分の身体だから。。

ここに来なかったら即子宮全部摘出。卵管摘出をしていた。
だって今日入院したら使えそう。。。と前開きワンピ型ネグリジェを500円でゲット。
大きなばばパンツまで買おうと思ったもの。


9月4日。紹介状を取りにいく、これで宜しいですか?と読ませてくださった(こんなの始めて)コピーも持たせてくださった。
誤字脱字があったら笑ってくださいと。。。。

 紹介先医療器官 日本医科大学千葉北総病院
         女性診療科
          @@@@先生御侍史

 省略

 疾病名  #1 筋腫様子宮   #2 子宮平骨筋肉腫の疑い
      #3 子宮内膜症(子宮線筋症)の疑い

 紹介目的 平素より大変御世話になります。この度は上記患者様、#1につき御精査お願い申し上げたく紹介頂きます。

症状経過
  患者様は平成17年8月初旬、近医にて婦人科がん検診をお受けになった際上記#1を指摘され、さらにMRIにて#2の可能性を強く示唆されました。
 3年程前にも#1については私的をお受けになったとのことですが、この度は、診断、特に#2の説明に関して、画像診断のリポートを読み上げるだけで”摘出してみなければわからない”という、患者様にとっては、些か不満の残る説明であったようです。
 確かに、Leiomyosarcomaの術前診断は、難しいとぞんじますし、実際、経腹壁に超音波で拝見しても、小骨盤腔を占拠する11cmほどの大きな筋腫様子宮です。
 手術適応であると考えますが、何よりも現在患者様にとって腫瘤の存在自体は、QOLを低下させるものではないようです。
 手術を受ける受けないと言うことが患者様の生命予後を大きく左右する可能性が高いものであるならば、それに相応しい丁寧な説明がなされるべきであると考えます。(44歳2回経産であっても、です。)
当院は内科診療所で、患者様にとって十分なsecond opinion を提供できません。
 ぜひ先生に御高診を仰ぎたく、ここに御紹介申し上げる次第です。

1) 患者様が投影されたMRIは、0、2のopentypeで、解像度の面でややお 
  とります。
2)患者様にはendometiosisの既往歴がございます。



以上。。。ハートのある説明と紹介状だと思いました。
これをもって水曜か木曜に行ってまいります。

 先生のお見立てでは、線筋症と筋腫の合併ではないかということです。
でも、この先生にであっていなければ、いちかばちかの子宮全摘出、卵管摘出を行なっていました。
恐ろしいことです。


9月7日 日本医科大学へ

 4時間待って@@分の診察というのを聞いていたが、とても良く話をしてくれた。確かに4時間待った。
紹介状の効果かな!!イオンの先生も前日、faxを入れてくれたおかげで受付で門前払いされるところを逃れた(紹介された助教授先生、看護学校の授業でお出かけされるとこだった)

 初診で、あなたを見たら間違いなく手術をすすめますよ。

ところが私の気持ちを察してくれたのか、紹介状にも書いてくれたせいか、命に関わらなかったら、切らないでいられる方法もあるけど。。。
手術をしない事を勧めないいくつかの理由を説明してくれた。

足がむくむ→ 血管を塞ぐ→ 最悪の場合エコノミー症候群と同じ症状。

おなかが飛び出たまま。

更年期までまだありそうだから体力のあるうちに。。

 体癌の危険が残る。

肉腫の疑いは捨てきれない→30日MRIで検査。
なんとかMRIでもわかることもあるという。
疑わしきは切除した方がいい。

患者を怖がらせるような事は仰らない。

12時にお出かけになる先生が、1時半まで診察をして下さった。おまけにフラメンコの話までつきあってくださった。ご自身もインターネットで教室を探しているんですよと。社交辞令かわからないけど。
血栓を防ぐため足を使う運動はいいそう。、、、そうなんだ。

確かにグレープフルーツくらいのかたまりこれが良性か悪性かわからないけど先生は、
悪性じゃないような気がする。と仰ってくれた。信じたいな。

でもまだわからない。

でもこの先生なら、手術をお願いしてもいいかなとおもった。
病院もホテルの様に奇麗で立派。
看護士さん達もよく教育されて暖かい。

ドクターもナースもすごくハートがあるとおもった。
第1印象はとてもよい。
ここの病院ならいいかも、、、と思ったのは始めて。


9月30日MRI検査のみ。
30分の検査。片道2時間はきついな。。秋空の一日

10月1日  検査結果

先生の第一声。
切るしかないでしょ。(以前の笑顔はなかった)

これだけ大きいのですから。

おそらく子宮の外に飛び出した”筋腫”だから、(悪性かわからない)。ミッキーマウスの耳を想像してもらえばわかる。
所謂子宮筋腫の症状が出なかったのでしょう。
だからここまで大きくなったのでしょう。
とにかく血管を塞いだりなどのアクシデントが起きない前にとった方がいいですよ。

月経が上がるまで早い人はあなたの年齢からなら5年。
長い人で10年。この状態でいる方が危険です。

そして、顕微鏡で検査をして、悪性か良性かはっきりさせた方が今後のためにもいいでしょう。と

膀胱の上に子宮があり、前屈状態。骨盤腔の中の背骨の前が殆ど筋腫で覆われている状態。
検査の結果の癌の疑いはなし。
ただし、肉腫はべつもの。

前のMRIを車に置きっぱなしでどのくらい大きさが変化したかわからない。

1月17日手術日決定。


先生がホルモン剤を飲んで小さくすると手術が楽と仰ったけど、3ヶ月じゃ期待で来そうもないからやめようと。。

   心の何処かでとらなきゃ駄目なの?と往生際の悪い私。

もう子供は生まないけど、二人の子が宿った古巣を捨てるのは哀しい。

子宮をとった人ってみんな生き生きしてるわよ。。って慰められるけど。
どうなんだろう。。
ないからよけい生き生きふるまっているのでは?とも思ったり。

病院、先生への不信感は一切なし。
子供も大きいし心配はない。
ただ、今ひとつ心に引っかかることがある。


10月2日記

9月25日リハーサルのあと出血。そのあと、少し、
昨日から出血あり。(先生に言わなかった)いいものなのか、とめるべきなのか判断できないけど。

他にトラブルはない。出血が続くのは嫌だけど。
昨日の検査では貧血も癌検査も問題なし。もちろんホルモンも。

生理はおくれて来た。

10月9日発表会
10月21日食事会の後から、、体調不良22日年休
23日から風邪の症状、24日○。市販薬にたよる。3咳がひどく31日病院へ
11月4日
不快な症状なんて忘れていたのに昨日子宮を支える筋肉?両側がしくしく痛む。エストロゲンと関係ある?風邪の症状が2週間つづく。(咳)
生理終わって一週間4日軽く出血。関係あるのかな。
4、5日前から貧血症状ある。まっすぐ歩くのが辛かったり頭がふらふらしたり、これは貧血症状?
どうしよう。。。
下腹部が気になる。

時間を見つけて病院へ行こうか。と 真剣に思う。

手術が早まるのでは?と 思う。
どうしよう。

12 月、校長にオペの話しを相談する。委員会に相談して休みをもらえるか確認して下さる。12日間の療養休暇をいただける事、年休を使って休みをとる事など 身体が大事だと仰ってくれた。ありがたい。

父の癌のこともあるので(来3月まで持つか、、、と言われた)だから、自分の身体をリセットする事を決心。

手術を早めてもらおうと思ったが空きがないらしい。

以下、カテゴリー/健康医療介護の項目から見て下さい。またはカレンダーで検索。

1月14日から入院日記。
1月17日手術当日。 手術当日
27日退院。
31日夜中再入院
再入院体重、、47、5キロ(多すぎた)→43、5キロ
女性ホルモンの不思議
2月10日退院体重44キロ
職場復帰(せざるえなかった)まで記録。

入院、手術費用約30万円。
再入院時8万円
生命保険の戻り手術費用10万女性特約入院一日8000円。退院祝い1回25000円、2回目の入院は女性疾患とみなされず一日5000円。全部で315000円戻る。
高額医療変換請求で5ケ月後に7、8万返却予定

術後2ケ月の記憶
ドクターに術後6週間から2ケ月は自宅療養が望ましいと言われていた。術後1ケ月で職場復帰する事に反対。
胃炎を起こし職場復帰は実際6週間たった→職場ではぽーーーっとしていた。

実際1ケ月と2週間で職場復帰した。
職場に戻って2週間。。やっと普通に動けるかなって思った。
きつい仕事ではない。駐車場から坂道を上るのがつらく敷地内に車を入れる許可をもらう。
ただ、和式のトイレがつらく、寒い時期だったので身体がつらかった。椅子から立ち上がるのが痛い。
くしゃみと咳が痛い。
風邪の季節だったから極力風邪の人との接触を避けた。

3月にはいって、風邪をひく。
風邪の元の人と6人くらいで食事会(密室)でおこなった。私だけが免疫力がなかったのだろう。。しっかり風邪を頂き一日休んだ。
まだフラメンコは復帰していない。
買い物も1時間程歩くと腰が痛い。

3月20日。
椅子から立ち上がる時腹筋を使うのか、子宮のあった所が痛い。
まだまだ、、、術後の傷みは残る。腹筋が弱まっている分腰が痛い。
膀胱周辺に違和感。
たぶん腸も宜しくない。腸が細くなっている部分があるような気がする。癒着?
傷跡はしっかりケロイド状態。赤くなっている。先が辛い。

次の検診は5月。

手術して良かったと思うけど、今後が不安。

子宮体癌の可能性はゼロだが、子宮頚癌の検査は必要とのこと。卵巣の片方が残っているのでホルモンは姑くは働くそう。こちらも 卵巣の病気に注意。

輸血//2ケ月後の検査、
B型肝炎、C型肝炎。HIV異常なし。その他 アレルギー症状感染症異常なし

その間、乳房の張りと痛みがある。ホルモンは分泌されている証拠

10月術後8ヶ月
特に異常なし。ホルモン系の自覚症状もない。傷跡はまだ赤く見にくい状態。2ヶ月に1度形成外科でチェック。次回の検診はh18年1月6日。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.