1305882 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

トルコとイスタンブール、ちょっと投資

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


volkan1992

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

Freepage List

Rakuten Ranking

Headline News

2015.09.11
XML
カテゴリ:社会問題
 今日(11日)は、重要なマクロ指標も発表されていますしたが、昨日紹介できなかった2015年7月の経常収支に関する記事を先に紹介します。

 それ以外では、明日(12日)に行われるAKPの臨時党大会に関する記事も出ていました。更に、相変わらず今日もたくさんのテロ関連記事も出ていました。その中でも気になる記事が1つ出ていましたので、こちらを先に紹介します。
 AKPの党大会では、党則の変更の可能性についての噂があります。これまでAKPは民主的な党運営という名目で、3回連続で当選した議員は、次の選挙に出られないこととしていましたが、それが変更になる可能性があるとのことです。11月1日の選挙については、6月7日の選挙は勘定に入れないこととされていますが、経済の調子が悪いことから「困ったときのババジャン(前副首相)頼み」で、次の選挙に立候補できるようにするのではないかという噂がります。もう一つは、党大会で行われる党首とMKYK(中央意思決定委員会)委員の選挙に関して、ユルドゥルム元運輸・海事・通信大臣が本流に対向のリストを作って党大会に参加するのではないかといううわさがありますが、こちらはアタライ副党首兼党スポークスマンが、「1人の(党首)候補と1つの(MKYK)リスト」で党大会が行われるとして、噂を否定しています。大きなうねりとなることは現時点では想像できませんが、それでも、反エルドーアンの動きが表面化するのかどうかが、ポイントとなりそうです。
 もう一つは、イラクとシリアに国境を接しているシュルナク県のジズレ市(PKKにおるテロ頻発遅滞の1つです)のイムレット市長(日本のメディアなら「美しすぎる市長」と言いそうな女性です)は、「武器による反乱を扇動し、テロ組織の政治宣伝を行い、国民間の対立を煽った」罪の疑いで検察庁の取り調べを受けていましたが、内務量の決定で解任されました。「解任」が、捜査期間中だけの「一時的なもの」であればまだ良いのですが、裁判でひっくり返す必要がある「最終的なもの」であれば、暴動が激化する危険性があるように思われます。

 今日のBIST100指数は、一言で言えば「右肩下がり」となりました。寄付は昨日終値から約110ポイント低い、71,950ポイント水準でした。その直後に少し上昇して今日の最高値となりました。そこからは緩やかに下落と上昇を繰り返し、結局、終値が今日の最安値となり、昨日終値から0.69%、約500ポイン低下して71,000ポイント台前半で今週最後の取引を終了しました。


 励みにしていますので、クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


 今日紹介する記事は、上でも言及しましたように、2015年7月の経常収支に関するものです。10日付けのAA(アナトリア通信)の記事です。
 見出しは「経常赤字が増加した」です。
 トルコ共和国中央銀行(TCMB)が発表した7月のトルコの経常赤字は、前年同月と比べて7億6,800万ドル増加して、31億5,400万ドルとなりました。その結果、過去12ヶ月間の経常赤字は450億2,700万ドルとなりました。
 この進展には、国際収支勘定の中の貿易赤字が前年同月と比べて9億6,400万ドル増加して57億5,500万ドルに上昇し、一方、サービス収支の純収入が6,700万ドル減少して30億1,400万ドルに低下したことが影響を与えました。
 一方、第一所得の赤字は2億1,400万ドル減少して5億2,800万ドルに低下しました。
 金融事項ではない金(Gold)項目は、昨年7月には1億4,300万ドルの純輸出となっていましたが、今年7月には6億3,900万ドルの純輸入となりました。サービス収支の詳細項目である観光収支の純収入は、前年同月と比べて、4,400万ドル減少して28億1,300万ドルに低下しました。
 第一所得収支の詳細項目である投資収支項目の純流出は、前年同月と比べて2億2,600万ドル減少して4億4,100万ドルとなりました。
 AAフィナンスの経常収支予測アンケート結果によれば、エコノミストたちの7月の経常赤字の予測は35億7,000万ドルで、今年末の経常赤字の予測の平均は385億7,000万ドルとなっていました。

 いつもどおり最後は市況です。
 今日のBIST100指数は、一言で言えば「右肩下がり」となりました。寄付は昨日終値から約110ポイント低い、71,950ポイント水準でした。その直後に少し上昇して今日の最高値(71,990ポイント水準)となりました。そこからは下落に転じ、午前11時頃に前場の最安値(71,380ポイント水準)を付けました。その後は緩やかな上昇に転じ、午後0時半前まで上昇を続けました。その後は、ゆるやかに下落(午後3時頃底)、上昇(午後4時過ぎ天井)、下落を繰り返し、結局、終値が今日の最安値となり、昨日終値から0.69%、約500ポイン低下して71,000ポイント台前半の、71,351ポイントで今週最後の取引を終了しました。

 今日は、この時間帯の為替はリラ安となっています。(日本時間9月12日午前6時頃)。
  ユーロは1.31%リラ安の、   1ユーロ=3.4545リラ、
  ドルは0.86%リラ安の、     1ドル=3,0477リラ、
となっています。


 なお、2014年11月15日(16日)と12月4日(5日)にお知らせしましたが、私のブログの海賊版(コピー・ブログ)が複数存在しています。「楽天」と「ライブドア」の「トルコとイスタンブール、ちょっと投資」が正規版ですので、こちらへのアクセスを是非ともお願いします。


 トルコリラ等の外貨建ても含めた債券投資に関する情報を発信しています。外債投資に興味のある方は、一度覗いてみてはいかがでしょうか。
社債投資まとめ

 いろいろな投資情報が出ています。投資に興味のある方は、一度覗いてみてはいかがでしょうか。
株初心者向けIPO初値予想

 今日はトルコのガラス製品を紹介します。
 トルコのガラスは産業向け製品、大量生産品もそれなりの品質です。






今日はトルコ・コーヒーも紹介します。

















Last updated  2015.09.13 15:34:02
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.