1842405 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

トルコとイスタンブール、ちょっと投資

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


volkan1992

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

Freepage List

Headline News

2021.02.12
XML
カテゴリ:経済問題

 今日(11)は、トルコ経済関係に関する重要と思われる記事が1つと、社会面でも重要と思われる記事が1つ出ていました。

 経済関係では2020年のトルコへの外国直接投資に関する記事を紹介します。それ以外では、トルコの25日時点での外貨準備高に関する記事が出ていました。前週と比べて、外貨は99,900万ドル増加して5436,600万ドルになりましたが、金(Gold)を含めた総合外貨準備は1,700万ドル減少して9551,900万ドルとなりました。また、靴の輸出に関する記事も出ていました。日本では不況になるとワイシャツや靴下の売上が落ちるといわれていますが、トルコでは靴の売上が落ちるといわれているそうです(いずれも、最初に支出が切られる項目)。そそのため、2020年は輸出に力を入れようとしたそうですが、結局、2019年の93,100万ドルから、2020年には7億ドルに減少したそうです。不況で靴を買わないのは、世界中同じということのようです、、、、

 社会面では、先日紹介しましたベルベルオール氏に関する裁判所から国会議長に宛てた裁判概要(決議案)が国会で読み上げられたという記事が出ていましたので、今日はこちらを紹介します。それ以外では、イズミル県で地震があったという記事が出ていました。最近頻繁に起こっていたイズミル湾内ではなく、イズミル県ディキリ郡(最北郡)沖、ギリシャのレスボス島(ミディッリ島)とトルコの間と思われる海域でマグニチュード4.0の地震が11:45に発生しました。また、つい先日まで、トルコでマイナス20度以下になったという話を紹介していましたが、全体としては今年1月には、統計が存在する過去51年間で2番目に温かい1(平均気温)となったとのことです。トルコの1月の平均気温は2.7度ですが、今年は5.4度となったとのことです。

 今日、紹介するアナトリア通信(AA)に出ていた主な記事の見出しは下のとおりです。(今日は1と2の記事を紹介します。)

1 昨年、トルコに最も多くの投資を選択した外国人はイタリア人であった

2 エニス・ベルベルオール氏は国会議員資格を再び獲得した

3 中央銀行の外貨準備高は9551,900万ドルとなった

4 トルコ靴製造業者は、2020年に輸出から7億ドルを獲得した

5 エーゲ海でマグニチュード4.0の地震が発生

6 先月、トルコでは過去51年間で2番目に温かい1月となった

 211(最初の患者確認から338日目)付け「トルコの日々のコロナウイルス統計」から新型コロナウイルス(KOVID-19)の感染状況を紹介します(なお、保健省から発表される統計には、明確な矛盾が明らかになっているため、必要最小限度の紹介にとどめています)

今日の検査件数:        13313

今日の感染者数:        7,590

今日の死者数:          94

今日の完治者数:        7,811

今日までの累計完治者数: 2453,096

今日までの累計検査件数: 3,1159,676

今日までの累計感染者数: 2564.427

今日までの累計死者数:   27,187

重症患者数:            1,256

 今日は、検査数が約5千件以上減少しましたが、感染者数も千人強減少したという状況です。なお、今日から医療従事者への2回目の接種と70歳以上の高齢者への1回目の接種が開始された、金曜日(12日?)からは65歳以上の人への接種が始まる、とのニュースが出ていました。一方で、コジャ保健大臣は「(昨日もワクチンが到着したが、公表していない)今後はトルコに到着したワクチンの数は公表しない」と述べました。感染者数が増加した去年729日と全く同じで、「野党などからの攻撃を避けるために、本当の情報は公表しない」という対応方法は全く変わっていないようです。

 

 励みにしていますので、クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

にほんブログ村  

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トルコ|トルコタイル|トルコ陶器|トルコ雑貨|鍋敷き|なべしき|鍋しき|鍋布き|トリベット Trivet|花型タイル【大】73
価格:1890円(税込、送料別) (2020/9/12時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
トルコ土産/トルコ雑貨/クッションカバー/クッション/トルコクッションカバー/トルコ/イスタンブール/トルコ絨毯/アラジン/オスマン帝国/オスマン帝国外伝/誕生日プレゼント/クリスマスプレゼント/パッチワークデザインクッションカバー04
価格:2300円(税込、送料別) (2020/9/12時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SV天然ターコイズ(トルコ石)ネックレス大ぶりトップ付き【12月誕生石】【ハンドメイド】【レディース,激安,特価,通販】
価格:8190円(税込、送料無料) (2020/9/12時点)

 

 今日、最初に紹介するAA記事の見出しは、「昨年、トルコに最も多くの投資を選択した外国人はイタリア人であった」で、今日(11)付の記事です。抜粋して紹介します。

 昨年1~11月の期間で、トルコに最も多くの直接投資を行った外国は97,000万ドルのイタリアでした。同期に国際投資を行った国が最も選好した業種は「情報・コミュニケーション」でした。

 AA記者がトルコ中央銀行と工業・技術省の統計から導き出した情報によれば、2020年1~11月に海外居住者のトルコへの外国直接投資の合計額は464,200万ドルとなりました。トルコへの外国直接投資の地域別の投資額を見た場合、ヨーロッパは328,500万ドルで1位となりました。ヨーロッパからの投資はトルコに対する外国直接投資の70.8%を占めました。ヨーロッパの次は78,300万ドルのアメリカでした。

 同時期の外国直接投資の国別の数字を見た場合、1位は97,000万ドルのイタリアでした。アメリカのトルコへの外国直接投資は76,900万ドルで、オランダは49,100万ドルでした。イギリスは46,000万ドル、ルクセンブルクは42,800万ドル、ドイツは26,400万ドル、アイルランドは16,700万ドル、香港は15,700万ドル、フランスは14,400万ドル、日本は11,300万ドルでした。

 また、2019年のトップ5ヶ国は、116,900万ドルのオランダ、87,400万ドルのイギリス、57,000万ドルのカタール、56,600万ドルのアゼルバイジャン、46,700万ドルのドイツでした。

 

 今日、2つ目に紹介するAA記事の見出しは、「エニス・ベルベルオール氏は国会議員資格を再び獲得した」です。これも今日付の記事です。

 イスタンブル第14重罪裁判所のエニス・ベルベルオール氏に関して下した「再審の開始と刑の執行停止」の決定と関連省庁の決議案(裁判概要)TBMM(トルコ大国民会議、トルコ国会)総会で読み上げられました。決定読上げの後、ベルベルオール氏は国会議員資格を再び獲得しました。

 ニメトゥッラフ・エルドームシュ国会副議長が議長を務めた総会で、議長事務所から国会への連絡で、イスタンブル第14重罪裁判所のエニス・ベルベルオールCHPイスタンブル選挙区選出国会議員に関する決定に関する議長事務所決議案が読み上げられました。同裁判所がベルベルオール議員に関して下した「再審の開始と刑の執行停止」の決定の情報を総会に提供しました。

 決議案が読み上げられた後、「MIT(国家諜報庁)長距離トラック訴訟(管理者注:MITに関する情報を漏洩したとする事件)」に関連して確定した有罪判決を受けたことにより、202064日に国会議員資格をはく奪されたベルベルオール議員は、再び国会議員として復権しました。

 ここからは一言解説・雑感です。国会議員は逮捕されないという特権があるために、任期中は国会議員でいられますが、MIT長距離トラック訴訟では有罪が確定しているという事実には変化がなく、「今だけの自由」ということになります。

 

 

​​​ トルコ・リラ等の外貨建ても含めた債券投資に関する情報を発信しています。外債投資に興味のある方は、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

社債投資まとめ

 いろいろな投資情報が出ています。投資に興味のある方は、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

株初心者向けIPO初値予想

今日はトルコ石のストラップを紹介します。


トルコ石ではありませんが、、、


ココからはブレスレッドです。















Last updated  2021.02.14 11:50:07
コメント(5) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


オリンピック(02/12)   ドカン→コツコツ さん
おお揉めしています
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210213/k10012863691000.html

あれはもう8年前(2013年)
イスタンブルと開催地を争そって東京にきまった
その後
2016年にクーデター未遂があって
そのときは東京でよかったな
と思ったが

今振り返れば(歴史にIFはないが)
もしイスタンブルになっていたら
昨年3月ころには(延期が決まったころ)
トルコは感染なし
と言っていたから
当然開催しただろう
そのために新イスタンブル新空港を急いだわけだから

そうするとイスタンブル発オリンピック選手での大流行パンデミック
なんや
今そんなことを思っている (2021.02.13 08:18:44)

Re:オリンピック(02/12)   volkan1992 さん
ドカン→コツコツさんへ

 全くその通りの展開になったものと思います。
 オリンピックの開催国であったのなら、初めての患者発見は4月にずれ込んでいたかもしれません。
 また、公式発表と拡大経緯を見てみると、5月中旬には既に緩和を始め、7月24日にはアヤソフィアの再モスク化式典があり、8月上旬には犠牲際の休暇でリゾート地は大賑わいでしたので、当然、トルコとしては「オリンピックは7下旬に開催する」と言っていたでしょう。ただし、IOCや選手会がどう言っていたかは分かりませんが、、、
 一方で、「トルコ発世界への感染輸出」ではなく、「オリンピックを開催したことにより、輸入コロナが一気に増えたから、今、トルコがこのような惨状になった=輸入によるトルコでの感染爆発」ということにされていたものと考えます(責任転嫁)。

 一方、去年での判断が正しかったかどうかは分かりませんが、一つだけはっきりしていることは、「今の日本は、去年より悪い状況」ということだろうと思います。また、日本及び世界でのワクチン接種がどのくらいになるかも、また、日本及び世界で変異株の影響がどのようになるのかも不明ですので、「開催には極めて高いリスクがある」のではないかと思います。
 「2回目の接種後、1ヶ月以上(あるいは、製薬会社の発表よりやや長めの期間)経過していること」を外国人の入国条件とし、また、「選手は例外を認める(ただし、未接種の選手にはそれなりの対応をする)」ことで、対応できるのかもしれませんが、そういうリスクを冒す必要があるのかは、真剣に考える必要があると思います。 (2021.02.14 02:37:43)

Re[1]:オリンピック(02/12)   ドカン→コツコツ さん
volkan1992さんへ

貴重なお考えをありがとうございます

開催したい気もちにはやる日本では
そういう参加国からの見かたはなかなか出にくいものです
まあそういう見方が主流になった時点で中止ですから
それは言えないという雰囲気ではあります

米国立アレルギー感染症研究所長も同じことを言われています
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021021300370&g=int
表現は違えど
感染リスクをもっと考えて行動指針のガイドラインを示して
参加アスリートや各国に問えというものでしょうか

>選手村のような閉鎖区域では「1人が感染すれば、極めて容易に他の選手に広がり得る」と語り
ここまで言われて強行して
それが起きると
それみたことかと世界から大パッシングをくらうこととなります

ボランティアで選手村の生活空間を除菌してくれる人も
女性蔑視発言で減っています
医療従事者でさえ感染を恐れて忌避しているのに

>「日本が接種の優先順位をどう考えるかによる」と指摘
なるほどね
大会関係者へのワクチン接種を急げという示唆ではあります
しかし
混迷中の組織委員会にそんなことを発信できるキャパはありません

さらに追い打ち地震が
https://www.sankei.com/world/news/210214/wor2102140001-n1.html

あきらめ論(中止)が出てくるですかね (2021.02.14 04:18:18)

Re[2]:オリンピック(02/12)   volkan1992 さん
ドカン→コツコツさんへ

 医療とは全く無関係ですので、あくまでインターネットの情報に基づいた意見です。ワクチンにある程度の効果がある(中国以外は90%以上、中国製で50%でしょうか)という前提です。
 一方で、オリンピック開催自体を考えれば、「選手の気持ち」というのはあると思いますが、1年ずれただけでも、「損をした人、得をした人」は必ず出ると思います。それでもあえて「可能な限りの平等」と「東京オリンピックの実施」を考えるのであれば、「東京オリンピックを来年まで、合計2年ずらし、パリ・オリンピックも1年ずらして、今後2回は4年に1度実施する」というのが、日本の立場から見た可能な限りの平等かもしれません。(「東京を2年ずらし、パリはそのまま」もありとは思います)

 一方で、東京では「経済的利権」があると思いますし、政治もあると思いますので、「来年に再延期」、あるいは「完全に中止」というのはできるのか、管理者には分かりません。選手からすれば、「5年後よりは2年後」の方が、まだマシ(少なくとも回数は減らない)ではないかと、スポーツと無関係な一般人は思います。(日本全体としてみた場合は、「プラスの経済効果はもう夢で、どこまで損を抑えることができるか」という状態だとは思いますが、,,,,) (2021.02.14 05:39:13)

Re[3]:オリンピック(02/12)   ドカン→コツコツ さん
volkan1992さんへ

全豪オープンテニスで
飛行機での同乗者の感染が確認されただけで
選手が隔離されました
https://www.asahi.com/articles/ASP1L31M9P1LUHBI007.html

そして大会が始まってからも
ホテルで陽性者が出たことで
https://www.afpbb.com/articles/-/3329984

さらには
途中で無観客という事態に
https://www.afpbb.com/articles/-/3331537?cx_part=top_topstory&cx_position=5

たった一つの協議大会かつメルボルンという限定された開催地区でさえ
こういう事態となりました
しかもコート上という選手同士の接触がない競技

オリンピックでは競技によっては選手同士での接触もあります
https://sports.nhk.or.jp/olympic/sports/

こうなってくると
そうした事態が生じたときの
世界的大パッシングの方が怖いです
呪われたTOKYOと語り継がれます


ただ
あくまでも開催国以外では中止を言えない
すくなくとも日本を傷つけたくない
そんな局面なのでしょう

武漢説に強硬論をもっている
豪首脳より菅首相にもう無理だよと
サジェスチョンをあげてほしいなあ
つまり
豪からは選手団を派遣することはやめたい
くらいの発言 (2021.02.14 07:21:08)


© Rakuten Group, Inc.