2453368 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ね~さん流

PR

X

プロフィール


いずみね〜

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009年11月22日
XML
蒲原宿を出まして、由比宿に突入。13時過ぎ。

由比宿の入口は「枡形」と言って、道が曲がっておりますれば。

これは、むかし城中で敵やくせ者が侵入するのを防ぐために用いられた構造で、宿の入口に応用されたモノです。

 ひらめき由比宿だよ、お松っちゃんっ

そろそろお腹も空いてきたので、由比本陣(!)由比名物「さくらえび」の入った焼きそばとおビールをチャージ。13時半過ぎ。

ここを過ぎると、東海一の難所「薩多(さった)峠」がありますからね。力を付けておかないとー。

cinema  
 由比本陣公園      やきそば     由比駅前のアーケード

その後は、真っ直ぐに伸びた旧街道をただひたすら歩き、茶屋跡望嶽亭を過ぎ、一里塚前よりいよいよ登り。峠越えでござんす。

  
望嶽亭      登りの始まり      みかん畑

のどかなみかん畑の中をずんずん登り、振り返ればそれはそれは素晴らしい富士山の眺め。うっとり~きらきらきらきら


富士山が雲に隠れる前に広重画「由井(薩多嶺)」を抑えたい、しかも時間は15時を過ぎ、ちょっと焦りもありましてね。

若干のハイペースで登っておりましたら脚を痛めちゃったんだからもー。がっでむ。

   特に左の股関節がぁ・・・泣き笑い

まぁ、その甲斐もあり、無事画を抑えることに成功。しかし、いつまでも眺めていたいですな。


由比:薩多嶺


実はこの風景、一番見たかった風景であり、憧れでもあり、そしてきっかけでもあり。感無量でござんすよ。


ここまでくれば後は下り。下りは得意なんですブレンディ。

あっという間に降りましたが、最後の出口(?)は墓地から抜け出ましたのん雫


それにしても、箱根越えよりも薩多越えの方がキツかったかもぉショック

 さすが、東海一の難所「薩多峠」、恐るべし。






最終更新日  2009年11月26日 16時32分02秒
コメント(0) | コメントを書く
[東海道五十三次:往路] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.