418527 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

いたち(医達)塾。栄養管理で健康を保つ

PR

全2016件 (2016件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2019.10.23
XML
インスリノーマについてのアクセスがたくさんあります。

 たくさんのページを見ていただけている方がいるようです。
調子がわるいのでしょうか?どんなものでしょうか?


 いまは天気が悪いのでその影響のご連絡もいただきますが
天候の影響もあり、一寸家庭にある素材で工夫をすれば
現況は対応できることがあります。
 ただ、継続して行うことはお勧めいたせませんが。


 インスリノーマに関してはブログで現在200の記事を投稿しています。
同じ事を書いていることもありますので
内容のオリジナルさはもう少し少ないでしょう。


 ​インスリノーマの記事のリスト​はここ


 著書のフェレットの愛し方2にも20ページ余り記載しています。
 小冊子でインスリノーマについて記載していますので
               2万2千文字 2000円

 急ぎまとまった情報が必要ならこのような方法も選択をお勧めします。



 いずれにしても情報が命を助けますので
それぞれの状況で理解を深めてください


 12月7日に関東で勉強会を予定しています
2万円(18000円のサプリメントのセット付き)



 今状態が悪い方が多くいるようですので
皆様少しの工夫をしてみてください。

 お大事に






最終更新日  2019.10.23 10:03:38
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.22
カテゴリ:カテゴリ未分類
2016年7月に20年来の旧友と電話をしました


 と言う記事を書いて、
それが今日アクセスがあったとでてきました。


 2年前ですね。


先日、10年ちょっとの親世代の向こうは友達と言ってくれるので
会ってきました。農業の関係の人ですが
出会ったときには900坪を借りて就農していたと思ったら
1万5千坪の平地を購入し大地主になっていました。

 家も工場も建設できる勢いのある場所に
なぜそんな規模を所有できたのか驚いてしまいますが
柿を作っていました。



 まあ、とても刺激になるお話を聴いてきて楽しかったです。



 先日夜に、10年は行かないまでも久しぶりに電話を長時間しました。
メールは3年前にしたかな?


 ペットの関係者ですね。


 用がないので連絡しなかっただけですが
久しぶりにお話をすると楽しかったです。


 そういえば、別の人にも10年近くぶりに電話して
どうしていますかー?って。
 これも楽しかったです。





 私はベタベタする人間関係は好きではないので
いつも一緒に交流をしていないといけないとは全く思いませんし、
人格が定まっているわけですから
時間を置いても、時間の壁を感じることもなく
話ができる人間関係がとても好きです。


 ちょうど書いていたらその農家さんから
電話がありました。
結構私は広く浅くいろんな情報を持っている物で
「あれってどうなの?」と質問されるわけです。




 嫁さんは嫁さんで、時間が空いた人と
何喰わない状態で話をすることが嫌と言っていました。
それは人それぞれで、交流しなくなっても
疎遠になっても、一時揉めても
人格を受け入れられない人以外は
楽しく話をするのは好みです。



 皆さんはいかがですか?
いつも一緒にいないと不安なタイプですか?
疎遠になると嫌ですか?


 私は接している時に
時間の壁を埋められる人と時間を共有したいモノです。


 さてそんな中、先日長電話をした方なのですが、
すごく久しぶりで、栄養学とか生理学とかを絡めた
専門的な話ができたのですごく面白かったです。


 ベタベタしていない分、時間が空いた分
どんな学びをして、どんな感想を持っているのか


 共感できることも、意見交換できる部分もあり
楽しいですね。


 そんな感じです。


 アクセス履歴に出てきたので書いてみました。



 たまに連絡をすると、子供が大きくなって人間(言葉をしゃべる)になっているし。。。

子供の成長は早いモノです。






最終更新日  2019.10.22 23:09:45
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.21
カテゴリ:ミニブタ日誌
近所で豚コレラに感染したイノシシが死んでいました。


 全国で11県目の静岡県での発生です。
10km圏内ですので、養豚場の場合は
豚の移動禁止「命令」が出るそうです。


 ペットで1頭飼育なのでどうなるのかわからないということですが
ともかく大人しくしておきます。



 17日に路上で死んでいるイノシシが発見されて、
当日簡易検査で陽性。翌日DNA検査で確定。

 19日に新聞で見たので早速午前中に県庁に電話。
午後に返答の電話をいただき、21日に静岡県で初めての説明会が
あり参加してきました。


 11県目なのですでに経験しているミニブタ愛好家の方もいると思いますが
どんなもんでしょう。私は情報がないので困惑しています。



 とりあえず、ワクチン接種になりまして、
国が管理しているワクチンで簡単に入手できるものではないといいます。


 初めて接種してから2回目を4週間後
6か月以上育てる豚は半年後にも接種
その後は毎年接種といいます。



 抗体ができているか確認するために
血液検査をするようです。


 ワクチンは専門の職員さんがなさるようで
費用は長野県は初回無料の、1回300円と言う事を話題にでていますが
今はまだ詳しくはわかりません。

 手さぐりですが、県職員さんは善処するようです。期待しています。




 これまで岐阜や愛知県で発生していた豚コレラ。
静岡県の西部から入ってくるかと考えられていたそうですが
何を思ったのか静岡県の中央に入ってきました。


 偶然にも人家のある路上にまで出てきて死んでいたので
今回発見できましたが、山のなかで死んでいればなかなかわかりません。
ある意味良かったような気もしています。



 発見カ所から10km圏内は移動禁止になり、
山でいうと私の居住しているところから山の真反対で
直線距離で5km程度です。普通に移動可能な距離です。


 あーコワイですね。しばらく豚は大人しくしておきます。




 追記して行きます。
情報が役に立つ人がいれば幸いです。


 イノシシ用の経口ワクチン(ワクチン入りフード)は
豚には適用外になっています。(法律で適用外というだけです)

 豚ヘのワクチン接種は日本で今現在始まろうとしています。
2019年10月24日頃から福井・岐阜で始まる模様と新聞記事にあり。

 これまでワクチン接種はしてこなかったので新しい動きです。


 ワクチン接種後は県外に移動はできずに
県内のと殺場での処理ということです。

 ミニブタの県外移動の制限はこれから確認します。

 豚コレラも、またアフリカ豚コレラの日本での発生も懸案されているといいます。

 

 思ったことはペットの豚も全てワクチンを打つべきだと思いました。
11県以外のお住まいの方も順番にワクチンを入手して
接種をお勧めします。普通の獣医師はできずに、県の指定獣医が行います


 養豚場へはどうやって広がっているのかわかっていないそうで、
想像ではあるがネズミを介しているではないかと。

 人、物、動物によりウィルスが入ってくるそうです


 靴の裏にウィルスを持ち込まないように
消毒液で靴底を洗浄することを薦められました。
私は容器に消毒液を入れてそこを通過するようにしました




 このところは現在流動的な情報ですので注目して行きます。



 2019/10/22更新






最終更新日  2019.10.22 21:27:06
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:栄養雑学
私の興味の対象は広いですが
動物の健康面に関してはいくつかあります。



 そこでふと思うことは、私が健康管理をお手伝いしている状態を観察していると
同じ種類の病気の時に、ついでに出てくる病気が発症しない。。。
もしくは確率が低いと感じています。


 あまりいうことでも無いと思いますが
たまにいうことがあります。


 ある種類の病気が月日が経過すると出てくる病気を
出さなくさせるのですね。上と同じ説明ですね



 「胸水・腹水・心臓疾患・結石・肝臓病」この病気は
これが最初の病気として現れることもありますが
それぞれの病気に紐づけされて出てくる病気でもあります。



 なんで病気が現れるのかですが
それはこれまで説明してきたところにヒントがあります。



 フクスイカンから「胸水・腹水・心臓疾患・結石・肝臓病」この病気は
病気の進行とともに出てくることがありますが
それを予防することもできると考えています。


 というのもそれらの不調の発生する仕組みを理解しているので
あらかじめ発生しないように調整をするからです。


 完璧に予防できればいいですが
そこまでは言わないまでも
病気が増えないなーと感じます。


 できれば病気が増えない方がいいですよね



 それを調整しながら実現しています。


 病気をしなければ、病気を予防できているかも感じないのでしょうが
それはあまりいうことなく、病気を増やさないように
できればと私は考えています。


胸水・腹水・心臓疾患・結石・肝臓病・・・


 これらの病気を予防しましょう!


 どういう仕組みかはこれまでのブログを参考にしてください






最終更新日  2019.10.21 00:26:43
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.20
カテゴリ:カテゴリ未分類
本を読んだ方がいいです。


 それは身の助けになるからです。


 多くの人は自身で問題があると感じた時に
その情報を得ようとしますが、それはそれでいいと思います。


 知っておけば防げることは防いでほしいと
いろんなことで思います。




 さて、なんのことでもいいのですが、
この本をご紹介します。


 ​​頭の良くなる栄養事典​



 これは子供を育てる時に知っておくとイイ情報が詰まっています。


 子供の問題はこんな食事の関係で起こるんだなーと知ることができる
わかりやすい本です。イロイロ本を読むのはいいと思います。

 この本は安価で2001年で16版という昔の本ですが
読んでおくといい本です。


 子供が生まれて問題行動を発症する前に
行動の問題点を正すことができると思います。


 それやると問題が生まれるよーと、正せば予防もできるでしょう。
 それがあなたの問題を作っているよー辞めれば治る事もあるでしょう。


 612円の本ですが、リンクを貼った本は110円です。



 本は中古でいいです。いい本は昔の本でも変わりはありません。

 親として知識がなくて子供に異常を作るのは
やはり親の責任でしょうね・・・



 知識は身を助けます!






最終更新日  2019.10.20 12:50:29
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.19
カテゴリ:【業務連絡】
動画配信したいなーと思いつつゆっくり準備をしています。

 このたびマスクを買いました。

 ちょっと、フェレットに似ているかと思いまして。



  どうですか?


 さらすような顔ではないですし、
目立ってペットショップに遊びに行けなくなるのが嫌なので
動画を出しても顔は伏したかったので探していました。


 ハンドメイドで売られていたものなので
もう少し落ち着いた感じで加工をしてもいいかもしれません。
でも、私にはセンスはないのですが^^



 さて動画、勉強会のような内容と
過去の作成動画と
撮って出しの品質を意識しないで公開するものとと
最近ユーチューブで多く見られる撮って出し、無編集の動画を
出したいなーと思っています。


 というのも、若い人は文章を読みませんよね。
たぶん、読んでも理解できないのかもしれません。


 そこで5分ぐらいの動画で、断定的に
わかりやすく言い切った動画がいいのかなーと考えています。


 あと、撮って出しはともかく、
深い内容は限定公開の有料情報に考えています。


 ともかく、試しに作ってみたいと思います。
その時は期間限定で公開すると思います。

 いつになるのかわかりませんが。


 情報は命を支える価値のあるモノです。
命を助ける情報を手軽に入手できるとは思わない方がいいと思います


 命を救うことと、天秤にかかる情報の価値は
それぞれご理解ください。






最終更新日  2019.10.19 10:13:31
コメント(1) | コメントを書く
2019.10.18
カテゴリ:フェレットの健康
​リンパ腫についてのご質問をメールで受けました。


 治療に関してではないのですが、リンパ腫について



 私のリンパ腫についての基本にしている情報はこの本です。


 悪性リンパ腫の基礎と臨床


 参考までにご質問者様にお知らせをしようとしたところ
822円という。私は5000円で新刊本を買いました。
15年以上前のことでしょうか。まあ、いいです。


 ともかく、良い本?なのかわかりませんが、
専門書が安く出ていましたので
ご興味が有る方はお求めしてはいかがでしょうか?​






最終更新日  2019.10.18 16:45:16
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.14
カテゴリ:【業務連絡】
こんなことを言ったら(命を)消されますが^^


 私は獣医さんが正しい治療、知識を持ち得ていないのが
フェレットを、他の動物でもですが命の問題を作っていると
考えています。


 それは、命というものは、健やかに生きられるように
備わって産まれてきています。


 健やかに生きるためには
食べて、食べた成分を活用して過ごしているのです。


 私は中学のころにプラモデルに車のラジコンのモーターなどを
組み込んで自作した船を作って遊んでいました。

 中学のプールに夜中に忍び込んで、走らせていたのです。


 家の池では浮かべるほどの大きさでしかなく、
70cmはある船が走るには広い場所が必要でした。


 そこで、明るい時刻に走らせるには
大きな池に行くしかない!と思うも、
途中で電池が切れたらどうしよう・・・と思って
私は永久機関に興味を持ちました。

 行った大学は原子力発電施設がある大学で
電気電子を学びに行ったわけです。



 ラジコンが動く仕組みがあるように
それ以上に繊細に仕組みが動物にはなっていって
すごく興味を持って調べていきました。


 飽きることなく20年超。フェレットも飽きることなく25年です。


 元々獣医さんの知識は正しい・・・と思って始めたことですが
いつしか獣医さんの知識は怪しいぞってなったわけです。



 でも、そんなことを言ったりしたら攻撃されるので
言わずにいました。若かったし。


 でも、私もいい年齢になってきました。
25年フェレットといるんですもの。
1996年からフェレットの輸入卸業をしていたんですもの。


 そろそろ思うことを言ってもいいかなと思って発信をしています。



 獣医さん個人ですが、みんながみんな
知識が充分あるわけではありません。



 頼ってはならない人もいます。


 だからこそ、私の情報発信は原理原則メカニズムを
書くようにしてきました。


 だから、、、



 仕組みを書くことで獣医の知識と
意見をぶつけられるからなんですね。



 獣医さんの言う通り・・・こんなことはないんです。





 その正しくないところを明らかにするには
再現性のある科学の情報で判断をするしかないと思います。


 獣医さんがいうことが正しいのではなくて、
獣医さんが言う科学的事情が正しければ
獣医さんのいうことは正しいのです。



 だから私はなるべく科学的事象を調べています。

 すべてが正解とも思いませんし、
年月が経過すると情報も変わってくることもありますが、


 ペットの命を守る・・・この目線では
情報を集めていくしかないのですね。



 ですから、このブログで記載していることも
本で文章化していることも、情報を積み重ねていっているのです。


 難しいこともわかります。


 理解しやすく記すことも大切なのですが
なかなか獣医師の誤りを指摘するには
きちんと情報を抑えないといけないと思います。


 私の発信する情報が正しくないと思えば指摘いただいて
修正することもあるでしょう。


 私は獣医さんの行動のなかに
たくさんの間違えがあると考えています。


 ともかく大切なのは
ペットの命を守るには、
きちんとした情報で


 獣医さんを盲目的に信仰することではありません。


 また、私の主張を鵜呑みにすることでもありません。


 何が正しいか考えるのは各々みなさんです。


 もちろん私も正しいと思って情報を発信しています。





 根本にあることは、命が健やかに過ごすために
必要な栄養素を過不足なく与えましょう。


 こんなところです。


 植物の薬効成分の効果などは二の次です。


 まずは、体の材料を過不足無く与える。



 でも、獣医さんはその材料不足をそのままにしている


 この一点が命を蝕んでいることになんで気が付かないのか不思議です。


 獣医さんの診断を正確に理解しましょう!





 小さな革命始めます。



 私はこの一つのことをやれればいいかな?と思っています。


 いや、こんなことを書くと敵を増やすなー

 別にいいや、皆さんの自分の子が健やかにいきられるように
強めの情報発信をします!






最終更新日  2019.10.14 23:22:20
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:栄養雑学
今朝、眠った頭の状態でテレビから飛び出してきたニュース


 空腹時においしく感じられる仕組みを解明したという。

 空腹時に味覚が変わることも同意らしいけど、
眠った状態での頭にはあまり理解できませんでした。


 ​愛知県岡崎市にある生理学研究所



    ​研究記事はこれかな?


 

 考えられる頭が動き出せば考察しますが
こうして世界では一つ一つ体の仕組みが明らかにされていっています。


 以下コピペ

空腹に伴い味覚を調節する神経ネットワークの発見

2019年10月 8日 プレスリリース

概要

摂食行動は、動物にとって最も重要な本能行動の1つです。なかでも味覚は、食物の価値判断に大きな影響を与えます。しかし、味の感じ方や好みは常に一定ではなく、空腹のときは普段とは異なることが知られています。しかし、この違いがなぜ生じるのかはわかっていませんでした。今回、生理学研究所の中島健一朗准教授・傅欧研究員は、同研究所の吉村由美子教授の研究グループ、東京大学大学院農学生命科学研究科の三坂巧准教授の研究グループ、同研究科東原和成教授の研究グループとの共同研究により、マウスにおいて空腹に伴い味覚を調節する神経ネットワークを発見しました。本研究結果は、Nature Communications誌(日本時間2019年10月8日午後6時解禁)に掲載されました。
 

 摂食行動はヒトを含む動物にとって最も重要な行動の1つです。このうち、味覚(注1)は、その基本的な役割として、栄養豊富な好ましい食物を積極的に摂取し、有害な成分を忌避するなど、食物の価値決定に関与します。
 しかし、この判断基準は常に一定ではなく、空腹のときには味の感じ方や好みが普段とは異なることが知られています。興味深いことに、このような現象はヒトに限らず、マウスやショウジョウバエなど異なる種の生物でも観察されます。しかし、その原因はよくわかっていませんでした。
 近年、多くの研究により、脳基底部の視床下部弓状核(注2)に存在するアグーチ関連ペプチド産生神経(AgRPニューロン)が空腹時に活性化することで食欲が生み出されることが明らかになってきました。また、このニューロンは様々な脳部位とネットワークを形成しており、これらの部位の活動を抑制することが知られています。
 そこで、本研究ではマウスをモデルに、AgRPニューロンが空腹時の味覚の変化に寄与するかを検証しました。
 まず、空腹にしたマウスの味覚をリック評価試験(注3)により測定したところ、通常飼育時と比べて、比較的低濃度の甘味溶液でもリック(舐める)回数が増大しました。一方で苦味溶液については、通常はリック回数が大きく低下する濃度でもリック回数が高い状態が維持されました。この結果から甘味など好ましい味はより嗜好するのに対し、苦味や酸味など不快な味に鈍くなることが分かりました(図1)。
 そこで、オプトジェネティクス(注4)により、AgRPニューロンを活性化させマウスの脳内を人工的に空腹状態にして評価したところ、興味深いことにマウスを絶食させた時と同様の味覚の変化が生じました。また、この変化は、外側視床下部に接続する(投射する)AgRPニューロンを活性化した場合にのみ生じ、他の脳部位に投射するAgRPニューロンでは誘導されませんでした(図2)。
 次に、外側視床下部のニューロンは興奮性と抑制性の2つに大別されることから、どちらのニューロンが味覚を調節するかを調べました。AgRPニューロンが投射先のニューロンの活動を抑制することに注目し、DREADD法(注5)を用いて、両グループの活動を人工的に抑制して味覚を評価したところ、興奮性ニューロンの活動が低下すると空腹時と同じように甘味や苦味の嗜好性に変化が起こりました。対照的に抑制性ニューロンにはこのような効果はありませんでした。
 最後に、外側視床下部の興奮性ニューロンもAgRPニューロンと同様、様々な脳部位に投射していることに注目し、各投射経路の活動をDREADDにより1つずつ人為的に抑制することで味覚調節部位をさらに調べました。その結果、不安中枢の1つである外側中隔核へ投射するニューロンを抑制すると、空腹時と同様に甘味への嗜好性が高まりましたが、苦味に関してはリック行動に変化がありませんでした。一方、嫌悪情報の応答部位である外側手綱核に投射するニューロンを抑制すると、苦味に対して感度が低下しましたが、甘味に関してはリック行動に大きな変化がありませんでした。(図3)。これらの結果から、甘味と苦味は別々の経路で、それぞれの情報が伝えられていることが明らかになりました。実際、外側中隔核の活動は甘味摂取により抑制されますが、空腹時に甘味を摂取すると、その抑制がさらに強まります。一方、外側手綱核は苦味摂取により活性化しますが、空腹時に苦味を摂取した場合には活性化の程度が抑えられることも判明しました。
 以上、一連の結果から、空腹に伴って生じる味覚の変化は視床下部AgRPニューロンを起点とした神経ネットワークにより調節されることがわかりました。また、外側視床下部の興奮性神経が中継点として働き、好きな味と嫌いな味とで別経路を介して制御されることがわかりました(図4)。
 視床下部AgRPニューロンを起点とした味覚調節システムの元来の役割は、飢餓が身近な野生環境において、糖など栄養価の高い食物を普段以上に好むように嗜好を変化させ、多少悪くなった食物でも妥協して食べるようにすることと思われます。このような味覚の調節は、少しでも効率的にエネルギーを摂取して生き延びるために存在していると推定されます。
 また、この神経ネットワークが不安・嫌悪など感情に関わる脳部位の活動を制御することを考慮すると、摂食時の生理状態(空腹・満腹など)により味の感じ方(美味しさ・まずさ)が変化するという現象の神経基盤であると考えられます。

用語説明

注1)味覚: ヒトでは甘味・うま味・酸味・塩味・苦味の基本5味から構成される。マウスなど、げっ歯類もこれらの味を識別することが出来る。
注2)視床下部弓状核: 摂食を調節する脳部位。食欲を高めるニューロン(AgRPニューロン)とその反対に抑制するニューロンの2種類から構成される。
注3)リック評価試験: マウスに味のついた溶液を提示し、そのリック(舐める)回数を測定することで、味に対する好き・嫌いを判断する方法。
注4)オプトジェネティクス: 光応答性のイオンチャネルを用いる事で神経細胞の活動を光刺激によってコントロールする手法。
注5) DREADD法: 人工薬剤にのみ反応する受容体を用い神経細胞の活動をコントロールする手法。神経活動を興奮させるタイプと抑制させるタイプの2種類が存在する。

<助成金など>
 本研究は文部科学省科学研究費補助金、内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)次世代農林水産業創造技術「次世代機能性農林水産物・食品の開発」、ロッテ財団「ロッテ重光学術賞」、ERATO東原化学感覚プロジェクトの補助を受けて行われました。

今回の発見

1.空腹によって味の感じ方が変化することがわかりました。
2.この変化は、視床下部を起点として、好きな味と嫌いな味とで別々の神経ネットワークを介してコントロールされることがわかりました。

図1 空腹は甘味・苦味いずれの味の感じ方も変化させる

20191008nakajima-1.png

通常飼育時と空腹時のマウスの味覚嗜好性を10秒間の味溶液のリック(舐める)数を測定して評価しました。空腹時には甘味溶液(ショ糖)への嗜好性が高まり、通常飼育時と比べて低濃度の甘味溶液でもリック回数が増大します。対照的に苦味溶液については、空腹状態のマウスは感度が低下し、通常はリック回数が大きく低下する濃度でも比較的リック回数が高い状態が維持されます。

図2 AgRP神経は甘味・苦味の感じ方を調節する

20191008nakajima-2.png

AgRP神経を光応答性チャネルにより活性化したところ、絶食時のマウスで見られたのと同様の味覚の変化が観察されました。興味深いことに、この変化は外側視床下部に投射するAgRP神経を光刺激で活性化した時のみ観察され、他の部位に投射する神経を活性化してもそのような変化は見られませんでした。

図3 外側視床下部の興奮性神経は外側中隔核と外側手綱核を介して甘味・苦味の感じ方を調節する

20191008nakajima-3.png

DREADDを用いて外側視床下部の興奮性神経の活動を投射経路ごとに抑制したところ、外側中隔核に投射する神経が甘味の調節をするのに対し、外側手綱核に投射する神経が苦味の調節をすることがわかりました。

図4 本研究のまとめ

20191008nakajima-4.png

視床下部の摂食促進神経てあるAgRP神経を起点とした神経ネットワークにより空腹時に味覚が調節されることがわかりました。

この研究の社会的意義

肥満になると、甘いものの嗜好が高まる一方、苦味など他の味に対する好みは変わらないことが知られています。しかし、その原因はよくわかっていません。今回発見した視床下部を起点とした神経ネットワークに肥満が及ぼす影響を調べることで、その原因が明らかになる可能性があります。
 







最終更新日  2019.10.14 09:23:11
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.12
カテゴリ:栄養雑学
台風が大きくて驚きます。

 近所の一級河川は10年に数回ほどの増水の模様を見せています。
市内ではすでに河川が増水をして住宅街を水浸しにしています。


 皆さんのお住まいの地域ではどんな状態でしょうか?

 大きな被害が無いといいですね。





 さて、前回に引き続きサプリメントの選択に関してお話をします。


 正直勉強をしていないと人でも動物でも
その命に必要な物をきちんと選べないと思います。

 これは人間も動物に対してもです。
大枠で方向性は選べても
ピシーっと焦点を合わせた選択は、
きちんと勉強をしないと難しいものです。


 そのためにお手伝いする人が必要ですし
私も人間用のサプリメントアドバイザーの勉強をしたわけです。

 費用もですが、時間もたくさん使って知識を培っています。
そういう面で勉強をしないで正解を自分で掴める。。。
そんな甘いものではありません。


 ではなぜ選べないのかと言えば
需要の変化をとらえるのが難しいからともいえます。


 需要と言うのは栄養素だけでも刻一刻と変化して

それを充分賄えるだけの選択は難しいです
特に健康を崩している時には。



 毎度のことですが、サプリメントは栄養素と非栄養素に分かれて考えます。
まずは栄養素・・・体の材料を揃えることをお話します。


 前回「一病一薬」という状態ごとにアイテムを選ぶ事ですが
それをやるとドンドンアイテムを増やしてしまうことになります。

 それが負担になります。口にする量が増えるからです。



 風がひどくなったので帰りますのでここまで  続く






最終更新日  2019.10.12 16:35:19
コメント(0) | コメントを書く

全2016件 (2016件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.