434234 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

いたち(医達)塾。ナルヘソサプリ 栄養管理で健康を保つ

PR

2019.10.21
XML
カテゴリ:ミニブタ日誌
近所で豚コレラに感染したイノシシが死んでいました。


 全国で11県目の静岡県での発生です。
10km圏内ですので、養豚場の場合は
豚の移動禁止「命令」が出るそうです。


 ペットで1頭飼育なのでどうなるのかわからないということですが
ともかく大人しくしておきます。



 17日に路上で死んでいるイノシシが発見されて、
当日簡易検査で陽性。翌日DNA検査で確定。

 19日に新聞で見たので早速午前中に県庁に電話。
午後に返答の電話をいただき、21日に静岡県で初めての説明会が
あり参加してきました。


 11県目なのですでに経験しているミニブタ愛好家の方もいると思いますが
どんなもんでしょう。私は情報がないので困惑しています。



 とりあえず、ワクチン接種になりまして、
国が管理しているワクチンで簡単に入手できるものではないといいます。


 初めて接種してから2回目を4週間後
6か月以上育てる豚は半年後にも接種
その後は毎年接種といいます。



 抗体ができているか確認するために
血液検査をするようです。


 ワクチンは専門の職員さんがなさるようで
費用は長野県は初回無料の、1回300円と言う事を話題にでていますが
今はまだ詳しくはわかりません。

 手さぐりですが、県職員さんは善処するようです。期待しています。




 これまで岐阜や愛知県で発生していた豚コレラ。
静岡県の西部から入ってくるかと考えられていたそうですが
何を思ったのか静岡県の中央に入ってきました。


 偶然にも人家のある路上にまで出てきて死んでいたので
今回発見できましたが、山のなかで死んでいればなかなかわかりません。
ある意味良かったような気もしています。



 発見カ所から10km圏内は移動禁止になり、
山でいうと私の居住しているところから山の真反対で
直線距離で5km程度です。普通に移動可能な距離です。


 あーコワイですね。しばらく豚は大人しくしておきます。




 追記して行きます。
情報が役に立つ人がいれば幸いです。


 イノシシ用の経口ワクチン(ワクチン入りフード)は
豚には適用外になっています。(法律で適用外というだけです)

 豚ヘのワクチン接種は日本で今現在始まろうとしています。
2019年10月24日頃から福井・岐阜で始まる模様と新聞記事にあり。

 これまでワクチン接種はしてこなかったので新しい動きです。


 ワクチン接種後は県外に移動はできずに
県内のと殺場での処理ということです。

 ミニブタの県外移動の制限はこれから確認します。

 豚コレラも、またアフリカ豚コレラの日本での発生も懸案されているといいます。

 

 思ったことはペットの豚も全てワクチンを打つべきだと思いました。
11県以外のお住まいの方も順番にワクチンを入手して
接種をお勧めします。普通の獣医師はできずに、県の指定獣医が行います


 養豚場へはどうやって広がっているのかわかっていないそうで、
想像ではあるがネズミを介しているではないかと。

 人、物、動物によりウィルスが入ってくるそうです


 靴の裏にウィルスを持ち込まないように
消毒液で靴底を洗浄することを薦められました。
私は容器に消毒液を入れてそこを通過するようにしました




 このところは現在流動的な情報ですので注目して行きます。



 2019/10/22更新






最終更新日  2019.10.22 21:27:06
コメント(0) | コメントを書く
[ミニブタ日誌] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.