572435 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

いたち(医達)塾。ナルヘソサプリ 栄養管理で健康を保つ

PR

全2556件 (2556件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

2020.11.14
XML
カテゴリ:ペットの雑学
全てのペットで起こることですが、
健康の問題に有る傾向があると昔から考えています。


 名前を付けるとすれば「JDK」シンドロームと、「ODK]シンドロームです


 すべての動物との関係で起こることですので
お客様とお話をする時にはその2つの症候群を飼い主さんから
取り除く必要があります。



 それが何か。。。ブログでは発信しにくいので
有料冊子をつくってみようと思います

 ご希望者が一人でも現れれば書き始めますので
メールにてご要望願います

 価格は2200円とさせていただきます






最終更新日  2020.11.14 18:54:28
コメント(0) | コメントを書く


2020.11.13
カテゴリ:フェレットの健康
よく話題に上る事ですが、

 早期の避妊去勢で副腎膵臓癌が起こりますか?


 の、質問と言うが逆に意見は

 これは、早期の避妊去勢が直接の原因で癌化はしません。


 このことについて私も1998年からいろんなところで聴いて回りました。
でも、直接の癌化の要因はないんですね。なるという医師、獣医師もいませんでした。


 他の動物でも早期避妊去勢をしてもそんな反応が
ストレートに出てきませんね。

 フェレットだから特別なんだ。。。と言う主張は受け入れにくいです。
どういう仕組みで癌がする流れが有るのでしょう。
 私は無関係とは思いませんが、直接の要因ではないと考えています。
 つまり、予防の可能性があるということです。



 「早期の避妊去勢手術で癌化する」とすれば
癌化を防ぎようもないですよね


 避妊去勢で癌化はしないし、
手術をしないフェレットも副腎・膵臓が癌化しますでしょ。

 
 繰り返しますが、早期避妊手術は癌化の関係は有るが、
直接の要因ではないと考えています。


 ではどうすればいいのか。。。続く。。






最終更新日  2020.11.13 19:46:57
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.12
カテゴリ:ペットサプリ
これはアミノ酸のリジンです。サプリメントの原材料として入手しています




 少し前にトリプトファンを掲載しました
リンクを貼ります。



 先のトリプトファンは、トリプトファンの摂取源として粉ミルクを使っていたのですが
どうしてもおなかを崩してしまう子がいて利用している成分です。
ミルクよりも必要量は少量で満たされます。

 今回ご紹介するリジンは、小麦を代表として制限アミノ酸になっている成分です。
制限アミノ酸と言うのはそれが足らないことでタンパク質の利用効率が悪くなる
と簡単にご理解ください。詳しくは検索してみましょう。



 小麦が体に悪いという人がたくさんでてきて私はすごく不愉快なのですが
それはともかく、小麦はリジンが少ないのでタンパク質の利用効率が悪いです。
 日々小麦だけを食べているわけではないので
食事全体的にアミノ酸スコアー100に近くなればいいんじゃないかな?と
思っています。


 今回お話をしておきたいのは「食品だから安全」と言う安全神話は
根拠がないというお話です。

 どんな食品でも危ないものもあれば、もちろん安心して利用できるものもあります。
当たり前と言ったら当たり前なのですが
「食品だから安全」と言う根拠のないことを言う人多くいます。



 アミノ酸はタンパク質を分解したときに20種類のアミノ酸が産まれます。
要はリジンもトリプトファンもタンパク質を構成するアミノ酸の一つなので
もろ食品の素材(?)です


 でも、これは必ずしも安全ではないんですね。
私も正直どこまでOKなのかよくわかりません。

 アミノ酸にはインバランスと言うアンバランスでは無い反応が起こります。

 特定のアミノ酸を特に与えると病気になるものがあります。
正直細かいところは分かりません。というか判明しきっていません
そういうバランスの悪いことをしてはいけないということです。

 これは大学で教わったことで
アミノ酸単体の利用は注意をしてやらなければならないのです。

 今回はそんなお話です






最終更新日  2020.11.12 21:49:04
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:いたち村
ブログ閲覧履歴で2017年2月の竹林の写真が出てきました。
 2020年冬の現在の状況をお知らせしようと思います


過去記事はリンク​します。

 2017年の写真を先に2枚記載します
下に同じ場所の現在をご紹介します







 下が現在です






 チョッパーの人形が入っていた竹は
3年半経過して写真のようになっています。
もう少しするとポキット根元から折れて抜けていきます。



 上の竹の切れ間と同じような場所の今日の写真です。
全て切り落とし、積み上げて水を抜いていました。
この冬にこれをチップにしてここに苗木を植えられる状態になります。


 写真で見るには散らかっていますが
この冬に手を入れる前は放置していたので草が繁茂していました。
3mほどの草で覆われていてそれを草刈りをして
水の抜けた竹をチップの機械が入るところに
1本1本運んで準備しています。

 3月までには苗を植えられる場所が広がります。
4500坪の敷地のいたち村です






最終更新日  2020.11.12 20:15:48
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.11
カテゴリ:フェレットの健康
​​​ハッキリ書きましょう。


 フェレットの病気の問題は栄養不足が原因になっている事がとても多いです。高栄養とされ、専門製品と言われるフェレットフードを食べていても栄養不足になるのでしょうか?

 成るんです。

 それは簡単な話で、栄養管理をして健康に戻す例が多く、逆に病気の予防もできることから栄養が足らないと理解できるのです。(これ以外ももちろんあります)


 今回は手短に書こうと決めたので、言い切れない物もあえてズバリ記します。100%の正解ではないですが、理解しやすいようにまとめてみます。


 専用フードがもともと栄養が足らないかと言う問題ではなく、フェレットは年齢や健康状態、気候に応じても必要な栄養素の量は変化して、時に食事量で不足することが在ります。その足らない状態が続くといろんな不調に繋がります。

 フェレットでよくある病気は副腎疾患と膵臓疾患(インスリノーマ)です。これはともにホルモン生産過剰から様々な症状を起こします。病名の診断が着く前からそれらのホルモンの製造量が多くなっています。特に副腎では性ホルモンの製造命令が生殖器を切除することで副腎に強く作用すると考えられ、生産量が増えていくと考えています。普段よりも多く副腎でホルモンを作ることは、活性酸素の発生を増やし、時に対応ができなくなると副腎の細胞の異常(癌化)して行きます。癌化していくとより多くの性ホルモンを作ることになっていきます。性ホルモンはインスリンホルモンも放出するように影響を与えます。フェレットは人間よりも高い体温を示しますが、体温が高いということはそれだけ細胞で燃焼反応が起こっていることで、それは細胞にエネルギーを送り込むインスリンホルモンが働いていると意味しています。ホルモンの問題と言うのは、栄養消費をする成分であるというところです。このところが栄養不足の原因になっていきます。
 ですから設定されたどんな専門フードでも栄養需要を賄えない状態になることが在るのです。

 そこで栄養が不足しないように管理するには、不調があれば、不調を戻すために必要な栄養素の種類と量を見極めて補完して健康に居続ける方法を探っていきます。それが健康を続けることと、健康に戻ることでとても大切なポイントです。

 フェレットには健康に生きていくためのつ用生命力をきちんと持って生まれてきています。
​​​






最終更新日  2020.11.11 22:46:35
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:フェレットの健康
そういえばフクシンセットを継続利用されているお客様で
前立腺の問題を言ってくる人はいないなーと思っています。

 逆に新規のお客様や、フクシンセットを利用されていないお客様では
前立腺というか排尿トラブルの相談は有ります。


 前立腺のトラブルは
男の子がおしっこをする時に
いろんな不都合を示しますが

 その対応方法は2004年には見つけていまして
試しながら難しく感じることも無く対応ができる健康問題です。

 やる方法は3段ありますが、第一段目の方法で異常行動は消えますので
それほど悩む症状ではないと感じています。


 副腎疾患の男の子の時には全体の管理のなかで行うことは
この前立腺の問題の解決、予防にも関係する事をしているので
新規のお客様で問題が有っても、良くなりますし、
逆にフクシンセットをしている時に
「前立腺のおしっこの話をしてこられる方は
いらっしゃらないよなー」
と考えてみるとないのです。

 おしっこの不具合は注意くださいとお伝えしていますし
不都合が有っても対応をして上手く行けばいいのですが
連絡が入ってこないのはもしかすると高い確率で
前立腺疾患の予防ができているのかなーと思った次第です


 追跡調査をして行きますので
おしっこの行動異常が見られればお早めにご連絡をお願いいたします






最終更新日  2020.11.11 22:24:23
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:フェレットの健康
余り美しくはないのですが
器が小さくて原材料が分けて表示できませんでした。

 やり直しができないのでそのまま公開


 漢方ミックスは複数の漢方薬の原材料の生薬を配合したアイテムです。

 できるまでに当方で12品種程度配合します。
写真では30ケ分の配合になっています。






 これはナルヘソ「プラスC」です
一番多い原料の下に入り込んでいる物もありますが
レシピ通りの原料を配合して丁寧に製造をしています


 みんなに良い結果に繋がるといいと思います






最終更新日  2020.11.11 21:18:36
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.08
カテゴリ:人の健康
救急車を最近は簡単に呼ぶ人がいるので
注意喚起がテレビでされますね。


 風邪で呼んだり、タクシー代わりで呼ぶ人もいるようで
テレビで目にします。


 先日私の父が脳梗塞になりました。

 私が知ったのは朝の11時くらいに
満足に立てないというので、酔っぱらっているのかな?
くらいの最初の認識で、どうやら詰まったかな?と
思ったわけです。

 そこで選択肢は2つ。

 救急車を呼ぶか、かかりつけの脳外科に行くかです。


 

 今回のブログは私の経験から
「救急車を呼ぶ?呼ばない?」
 判断の一助にしていただければと思います。


 


 結局、数日前に当初入院をした病院から
リハビリ専門病院に転院し、
この病気の最長入院日数の5か月入院と言う話になりました。
 だから、簡単な状態ではないということです。


 で、詰まったというのがわかってどういう判断かわからないので
掛かりつけの脳外科に診察券を出して診断か救急車がいいか
尋ねに行ったのです。


 午前の診療が延びて1時半からの午後の部で
一番に診るから連れてくるようにという事で
行くことに。


 4時くらいに診療が終わり、翌日に総合病院に行くようにと
紹介状を書かれたわけです。で、治療は何もせず。


 病院に行くにも立てないのでオンブして連れていくことになっていたので
このまま連れ帰っても看病が大変なので、病院を出たまますぐに
総合病院の救急に。。。


 血栓が飛んで大事になったら困るからと
連れて行ったわけです。


 そうすると、紹介状が有るが明日ってことなのに
「なんできたの?」って救急の医師に言われたわけです。



 それでスったもんだが有って
脳梗塞のときに一番に使える薬は
発症からすでに時間が経過していて使えないという・・・
11時に救急車で連れてくれば使えたの?
 
 細い血管が詰まったのでカテーテルは使えない

 と、やれる選択は狭まって、
なんだかイロイロ言っていました。

 脳梗塞については調べていたことが在ったので
私の持っている知識で総合病院の医師のいうことに
おかしなことは何もなくて、その通りだよなーと
私の持っている知識と照らし合わせても
 そうだよなーと言う流れです。



 で、尋ねたのです。
救急車を呼ぶべきか呼ばないべきか
どういう選択が最善だったのかと

 医師や、看護師に聴いてみました。


 救急車を呼んだ方が良かったそうです。



 こんなもん、一日置いて総合病院に朝から並んで診療を待っている場合ではないわけです。

 さらに丸一日要するんです。



 私はこの最初の脳外の病院が判断したのか未だに不明です。


 窓口で詰まったのようですがと聴いたら


 救急車を呼んで総合病院に行くように指示していただいたら良かったと思うんですね。



 もしくは医師の診療時に詰まって、
前日までは何不自由がない暮らしがあったのと
大きく違い、立てないし、左半身付随なわけだから
翌日に行く様に言うのも良くわからないし、


 さっぱりわかりません。



 妹の旦那が駅員をやっていまして、
過去に救急隊員に救急車を呼ぶタイミングを聴いてみたそうで
その場合、「呼んでくれ、判断は救急隊が行う」

 そういう回答だったと言います。

 判断は素人にはできないので
責任問題にも成るのでドンドン呼んでほしいというのです。



 今回の父の件は出血があるわけでもないし
意識が無いわけでもなく
立てなく、半身不随で命の危険性があるとは一見つきませんでした。
 自分で病院に連れていけなくもない状態で
だから病院に尋ねに行ったんですけど、


 病院の言うなりに翌日になっていたらとっても良くなかったでしょう。



 その、11時に異常があるときには、
10年前に脳出血をやっているので、身体不自由であることは有るのですが
自分の事は自分でやり、良く散歩もして意思の疎通もできていました。

 11時の段階で意思の疎通はそんなに悪くはなくて
午後病院に行って、17時に総合病院に行って診断が終わることには
意識が少しおかしくて、酔っぱらっているような状態にも
見えるのですね。ちょっとおかしいの。


 ですから段階的に悪化して行ったのでしょう。


 医師からもしばらく悪化して、
1週間で病態は落ち着くという話でした



 詰まったところが左半身の運動系と言うのですが
思考にも影響を出してきてもいるのでしょうか?



 いずれにしてもここでお伝えして
参考にしていただきたいのは


 「迷ったら救急車を呼ぼう!」だと思います


 こんなので呼ぶなと怒られたら怒られたらで良しとしましょう。
  そんな教訓にしていただければ幸いです






最終更新日  2020.11.08 09:53:32
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.07
カテゴリ:フェレットの健康
ここ7回ほど、最近お客様に電話相談の後に
お話をしたことを文章化したものを公開しました。

 ほぼお手紙です。


 口が滑るままに流してお話をしていたことを
強調して記録に残していただこうという想いで始めました。
 毎回行うことではありません

 電話相談の後にご注文をいただくと
過去作っていた資料を印字してお送りするので
それで十分な場合が多くあります。

 著書のテキストもありますので
私のPCにはたくさんのフェレットの情報があふれています。




 また、後日お客様のメールを公開許可いただいたので
ご紹介しようと思いますが、

 そのなかではこういうことを送ってくださいました。


 「心とこの子達の支えです。」




 これは私の事業上の狙いの大切な部分です。



 生まれ出た命はどうしても最後があります。
そういうものです。


 そのなかでより良い「「生」」を感じてほしいと願っています。



 私が理屈をお伝えしているのは、
学問を解きたいわけではないんですね
 


 それは、根底に獣医師の医療に不信があり
人間の医療では当たり前が全く行われていないことを気が着いて欲しいのです


 本当にフェレットへの獣医医療はお粗末です。

 イロイロ言い訳をしてきますが、そんなこと知ったことじゃありません。

   大切な家族をきちんと治してから偉そうな顔をしろってんだって思っています。


  

 獣医医療はちょっと変なんです。そのおかしなことに気が付かない限り
フェレットと幸せに暮らせないと私は思います


   はやく気が付いて!


 理屈をお伝えするのは、獣医医療のおかしさを気が付き
獣医の言う限界を越える可能性を知ってほしい面もあります。

 イロイロ有るのでおいおい語ることにしましょう。





  時に電話口の向こうで涙ぐまれるんですよ。



 本当にフェレットを大切にされているのだろうと思うのです。

 

 しかし「もう、遅いです。」回復限界点を超えている場合もあります。


 それでも、穏やかな結末を迎えられるようにアドバイスをしますが
お話を聴いていると、通われている動物病院での限界は理解できるものの
私の経験では、フェレットにはその問題を乗り越える可能性は
キチンとあることを知っていますし、過去乗り越えた実績のある物だと
何とか健康状態を引き上げたくもなるものです。

 それでも、動物病院ができないことを簡単に達成できることばかりでもなく
時には数日考えることもありますが
ある程度上手く行っています



 初めて翌日から変化が見えることもあれば、半月後、
3か月後ってこともあるのですが


 ここ最近も運動時間が延びたとか、毛が生えてきたとか
やっとこの2週間発作が起きなくなったとか
イロイロ改善のお話を寄せていただいています。
 

 フェレットには強い生命力がキチンとあるのです。



 その可能性を理解いただくために理屈を説明しているのです。



 本当は、獣医師がキチンと対応をすれば
飼い主さんは嘆くことはないんですよ。



 残念ですが獣医師がヘナチョこだと治すことはできません
ご注意ください。



 私が指摘できるのは
やれる選択肢をやっていない
治る事を箇条書きでリスト書きしたときに
やっていない項目をまず探していることなんですね。


  獣医治療で何をやっているのかを理解することなのです。



 そうすると

 例えばインスリノーマにステロイドだけ
副腎疾患にリュープリンだけ
肝臓疾患にウルソだけ


 こんな処置は治る事はない方法です。

 どうして?


 これまでも説明してきていますが
治る結果が出ていないので、
検索してネットで事例を集めてみるといいと思います。
治っていませんから。



 健康状態が悪くてうまくいかない場合は
有償健康相談を利用してみてください

 可能性が産まれると思います。






最終更新日  2020.11.07 23:07:28
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.06
カテゴリ:いたち村
私の住んでいる場所は、静岡市の郊外で
中心街からの国道一号線が、国道一号線に合流する場所に住んでいます。

 それはとても交通量の多い場所なのです。


 一日のうち、発送に郵便局に行く行く以外は
畑も近場のところを触ってフィールド管理をしているので
自宅と山の家(事務所)まで歩いて移動しています。



 そうすると、一日郵便局以外が車を使わない生活が結構あります。



 犬のミヤちゃんを連れて移動するとき、
豚のコロを連れて移動するときと、
国道一号線バイパスの下をくぐりながら谷間の逆側へ移動しています。


 先日ミヤちゃんを連れて日暮れに移動をしていると
なんと、一番上の写真にある藻屑カニがいました

 歩道を歩いていたのです。

 左の下のように片側車線というか、合流でもう一車線あるのですが
交通量も多いところに川から離れているところに
川の蟹が歩いているんです。


 ミヤちゃんが見つけたんですけどね。


 こんなところにーーって大笑いしました^^




 藻屑カニは高級な川蟹です。



 一番喜んでくれるお家に届けたら
インゲンマメときうりを帰りに持たせてくれました。
それで先ほど作っている紅茶を届けていただけました。


 広いものが食材に変わるのも面白いです^^



 この地域は住んでいるだけで毎日楽しいです






最終更新日  2020.11.06 20:38:01
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全2556件 (2556件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.