430284 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

いたち(医達)塾。ナルヘソサプリ 栄養管理で健康を保つ

PR

全202件 (202件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 21 >

栄養雑学

2019.11.14
XML
カテゴリ:栄養雑学
​マリン様からお店で使う用のミルクのご注文がありましたので
配合して製造をしました。

 10円玉と比較しているので多い量です。



ベビーフェレットに使うということで、とてもたくさんご利用いただいています。
あまりにたくさん製造納品しているので
その配合でいいですか?といつも気にかかっています。

 

 私的にはミルクはおいしい「嗜好品」のイメージを持っています。
牛乳それ単体が栄養補助食品と言う認識は低いです。


 これは、世間の人が牛乳がとてもイイものだと
扱っている気持ちに反発しての割り引いた感覚で、
嗜好品と言っているわけです。

 体温の高い牛の母乳は、体温の低い人間の体内で
脂肪分が固形化するなど悪作用が言われています。
まあ、処理できない量の飲み過ぎの感覚です。

 日本人は牛乳を口にするのは
明治以降ですので150年程度の歴史しかないですね。
何世代でしょうか?


 親世代がたくさん飲んでいるとは思えませんし、
母はヤギを飼っていて、幼い時にはヤギのミルクを飲んでいたような
話も聞いていますが、日本人が一般の食卓に
牛乳が手にできるようになったのは、昭和くらいのことでしょうか?


 NHK朝ドラでは、昭和40年近辺に
北海道からの輸送が可能になって、
牛乳を供給する描写がありましたが
牛乳が一般的な飲み物になったのは
そんなに古くはないでしょうね。



 口は悪いですが、ヨーロッパは食べ物が無いので
牛乳を口にしていたと私は見ています。


 口が悪いですね。
そういうだけの歴史的背景はあります。



 まあ、体が処理できる量をおいしく飲む。


 無理にカルシウム補給のために牛乳を飲み過ぎない。


 そんなところが私の繰り返している私の考えです。


 娘が幼稚園のころ、園長先生に牛乳をたくさん飲ませたくない旨を伝えています。


 そのころ牛乳が良くないという本などたくさんあったような気もします。
私はそのころのブームの情報に影響を受けたのではなく
それまでの研究で培った知識に基づいての考えです。 

 牛乳を多飲する人はちょっと調べてみることをお勧めします。




 まあ、適当な量ならいいんでしょうね。


 さて、牛乳というか粉ミルク。。。は嗜好品、、
動物のサプリにとってはおいしさのベースの素材と言う認識です。
そこに栄養調整をしてサプリメントとする意識です。


 ですから、F/ミルクは フェレットの幼少期からのモノに合わせて調合していますし
もちろん、その時以外も使えます。


 フェレットの乳脂肪に関して、私は著書で触れています。

 それはどこかの本に書かれていたもので、
私が調べているなかでもそんなに目にすることはないレア情報です


 たぶん、私の著書以外でフェレットの乳脂肪分の数値を探そうとしても
出会えない情報だと思います。
フェレット関係の本ではなくて、何かの本で一覧にたまたま乗っていたヤツです。


 この数値がどうってこともないのですが、
その一覧で動物ごとの乳脂肪分を知れます。


 乳脂肪分でその動物のもともといた地域を推測できるという話もありました。
これは事実なのか不明ですが、良い分はコウデス。

 その話をブログなどで以前に書いたこともありますが
寒いところの動物は乳脂肪分が多くなるという意見。


 だから緯度などに反映しているという。


 それも一理あるでしょうが、
同じ牛でも食べ物でも、住んでいる場所でも乳脂肪分は違いが出ます。

 季節によっても違うので、乳脂肪分だけで判断することもできないかとも思います。



 

 ともかく、季節、住んでいる場所、品種などでも牛乳の成分には誤差が生じます。
もちろん、そんなモノですが。

 


 ミルクは私はおいしい味のベースと考えていると繰り返し。。。



 カレーを作るときに、カレー粉を使い、具はなんでもできますでしょ。
そんなカレー味のベースのようなものがミルク


 味噌汁の味噌・・・そんな私は感覚を持っています。


 今は大人も粉ミルクを飲むので、大人用の粉ミルクが製品化されています。
その感覚です。


 粉ミルクはフェレットに理想的な成分ではないですが
そこに調整をすれば、それぞれの求める栄養補給ができると思います。


 問題は乳糖ですが。下痢をしなければ問題はありません。


 続く

 







最終更新日  2019.11.14 22:12:45
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.11
カテゴリ:栄養雑学
​​11月です。めっきり寒くなりました。


 先日、「立冬」。。。を迎えたそうな。寒いですね。


 16時半には暗くて外の作業がなかなかできません。
秋の夜長ってやつですか?もう冬ですか?



 さて、動物は脂肪を蓄える時期です。
食欲も増えて、皮下脂肪を蓄える。


 結局、血糖値が下がるのでその分食べるのですが、
​食べ過ぎてしまうので​、余剰分が蓄積されます。​


 この時期この生理作用を利用して、適正体重よりも少し多くの脂肪を蓄える
体にしてみましょう。どのくらい?ぽっちゃりしたぐらいがいいかとも思います。


 思うんですね。いつもと同じドライフードだけで
その時期に適正な体を作れるのだろうか。。。


 そう、疑問に思っています。


  それは自然界では栄養状況が変わるからです。

 かといって、スッパリ判断できることもないので、
どうなんだろうと思いを巡らせています。



 なってほしい体の状態にするために【目的】
いつものドライフードにちょっと追加【行動】

 をするのがいいというのが私の結論です。




 通年、このドライフードだけでいいとか、
一生この製品で良いとか言うメーカーが私にはまったく理解できません。



 その子に合わせたチョイタシをしましょう。
 







最終更新日  2019.11.11 12:01:40
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.07
カテゴリ:栄養雑学
前回は状態を一定に保つ・・・恒常性についてお話をしました。


 体重を一定に保つ目的で生きてはないのですが、
命の仕組みが一定に保つようにできているというイメージを持っていてください。


 多く食べ過ぎたら、次の食事までの時間が長くなる・・・
そんな話を前回してますね。



 肉食動物はそもそもいつも食べられる環境にはないので、
獲物を求めてうろちょろしています。

 ペットのフェレットはいつもご飯が食べられるようにとしていますので
状況は違います。また、食べていないと心配になり
おいしい物を用意して食べさせたり、
強制給餌をすることもありますね。


 それも体に指令を与える要素なのですが、
今回はちょっと違うエネルギー消費が変化することをお話します



 ※インスリノーマも副腎疾患もエネルギー消費に影響を与える病気です。


 ※インスリンホルモンがブドウ糖の消費を促し、血糖値が下がると糖新生や
脂肪をエネルギーに利用しようとします。また、逆の面でインスリンホルモンは
脂肪の合成をする作用があります。ということはエネルギーが余れば太る?そんな作用



 ※性ホルモン。。。特に女性ホルモンはインスリンホルモンを刺激して
体温上昇させますのでエネルギー消費が増えます。


 ※女性が25歳くらいで痩身になっていくのは女性ホルモンがそのころピークになり、
年齢を重ねると痩せにくくなるのは基礎代謝としての
女性ホルモンの影響が下がることでもあります。ざっくりと。


 ※男性はどうか。。。男性ホルモンの影響で筋肉が付く。。。でも
筋肉に負荷をかけなければ付きませんしね。どうなんでしょう。



 ※年齢が進み中年以降性ホルモンの放出量が減ると太りやすくなります。


 ※季節では寒くなると食欲が増し、脂肪を蓄えます。

 ※自然下では冬には寒いけど、食料が無いので
秋に蓄えた脂肪を燃焼させて過ごし、痩せていきます。

 ※一方で飼育下では秋口に寒くなる刺激でしました食欲、
寒いので食欲を感じても食べ物があるので冬にも痩せていきません。
脂肪を蓄えたまま春を迎えます。


 ※暑くなるので初夏に向けて食欲が減ることで痩せていきますが、
5月の突然の暑さに人間も耐えられずに熱中症になりやすいのですが
フェレットにもその傾向があるでしょう。


 いくつか体重の変化に関わる事項を書きだしてきましたが
個別のことを理解する必要はなくてポイントは



 ホルモンノ影響もあるので年齢を重ねると太りやすいという傾向も
いうことはできないのでその子その子の太りやすい、痩せ易い傾向があるかを
理解しないといけないということです。


 同じように食べていても、太ることもあれば痩せることもあります。


 それは上記で触れた事象の影響が出てくるのかもしれません。



 大切なのは理由はともかく、適正体重から増えてくれば
対応を始める必要があるということです。


 そのまま放置して20%30%適正体重から増加させてしまうには
それだけの期間を要するのでやはり飼い主さんの対応の怠慢と言う事となるかと思います。


 いろんな要素はありますが、ともかく飼い主さんが
このくらいの体重で居てほしいとする数値にはまるように管理をしてください。


 続く






最終更新日  2019.11.07 23:15:34
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.06
カテゴリ:栄養雑学
朝、体重の変化のことを書こうかと始めましたが
別の枠にすることにします。


 一日ニンニクを植えつけてもあまり進みませんでした。



 さて、寒くなってきて、食べ物も変化してきました。
自然の中でも食材は変わってきていますね。


 私が生態調査に出かけた模様を投稿するのは
その自然界での餌。。。栄養環境が変わってくることを示すものです。


 アユも、卵を持ち落ち鮎と言われおいしくなりますね。



 水温が下がり、気温も下がるのは皮下脂肪をつけます。
自然界は栄養価が上昇します。ドライフードのパッケージでいえば
成分比率が上昇するってことなのでしょうね




 生き物が太る痩せるは起こりますが
たいていは一時的に体重は増えることがあっても
増え続けることなく、ある程度の幅で一定を維持するものです


 これは生命の恒常性です。


恒常性(こうじょうせい)ないしはホメオスタシス(希: ὅμοιοστάσις、英: homeostasis)とは、生物および鉱物において、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向のことである。



 これは、食べたらすぐに太る、食べなければすぐに痩せると
極端な変化があるのではなく、ある程度一定を
体は作るのですね。


 

 大学で学ばせていただいている時に
Y教授に私が指摘されたのでハットしたのは

 「食べて体重の変化がなければ。。。」という指摘

 以前にも記載したと思いますが、
私ん射かけている認識を教えていただいたのです。




 つまり、食べても恒常性の作用で
全てを利用して、体に蓄積するのではなく
そのまま排泄して体重を一定にしようと仕組みが働くという
簡単に言うとそんなところです。



 それまでは食べたら食べた分体は使うと思っていたフシがあり
でも、食べても必要ないものは使わずに体を一定にする。


 書いていて説明は難しいのですが



 食べ過ぎたなーと感じれば
次の食欲までの時間が長く、消化時間も長く
おなかの残留間を感じ、次の食事までの感覚が空きますね。


 逆に、足らないなーというときには
すぐにお腹が空いて、供給しようと作用が起こります。
体重を一定に保つために、食べようとします。


 このように食欲を感じる時間差も、
体の恒常性に一役買います。


 眠たくなったので またにします。続く






最終更新日  2019.11.06 22:54:31
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:栄養雑学
同じものを食べていても太るし、痩せる。

 大切なのは結果を見ることかな?


 あとから続きを書きます。


 寒くなりましたね。
豚にワクチンを打つ事ができたので、
久しぶりに畑に行けます。私の畑の8割はイノシシが入ってきます。
防ぐにも非常にお金がかかるので、
税金投入して自己負担失くしても、
その支出に見合える収穫があるとは思っていないので
今は適当にやっています。

 ですから、ウィルスを持ち帰るのが嫌なので行けませんでした。

 ということで、ニンニクを植えつけていきます。
今日は農作業優先です。

 ニンニクは動物にも使えるハーブ・有用作物です。

 国産で無農薬のニンニクは高価で買い集められないので
土づくりから頑張っています。


 本当は9月から植え付けが始まるので、すごく遅れています。






最終更新日  2019.11.06 09:05:31
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.04
カテゴリ:栄養雑学
​よく、毛の状態がいいですねーと言うのがある。


 よくツヤツヤ輝いていい状態なのは
見るからにわかりますね。



 それはある年齢まではそれでいいかもしれませんが
年齢を重ねてきたら少しはくすんでいる方がいいのかもしれません。
毛の状態を良くするために努力すると体を壊すかもしれませんよ

 ということ。




 結論はそれで終わりなのですが、
見栄えを気にする人は歳を取っている子にも
若い時と同じような毛艶を求める人がいます。


 求める気持ちは良いですが、
努力をしては体に負担をかけますよってこと。




 どういうことか



 毛の材料はタンパク質です。脂質も艶に関係してきますが
毛の骨格はタンパク質で作られます。

 ですから、材料のタンパク質が足らなくなると
毛の状態が見る感じで良くなくなります。


 インスリノーマをはじめとしてタンパク質の消費を高める病気もありますが
いくら消費量が増えても、不足しなければ毛艶は良好になるのです。


 問題なのはタンパク質の処理です。


 タンパク質は窒素を含む成分で、窒素は必ず体外に出さないといけない成分で
このタンパク質量が多いと、処理量が増えて、臓器が痛みます。

 肝臓や腎臓がタンパク質が多すぎると痛む臓器です。

 少ないと心臓を始め不具合が出ます。


 


 年齢を重ねるとタンパク質の合成能力が低下しますので
同じ量を摂取していても、利用される確率が下がるので
同じような結果が出ません。

 同じ結果を出すには、確率が下がっている分
余計に多くのタンパク質が必要になります。


 結果、廃棄する処理に必要なタンパク質が増えるので
時には肝臓と腎臓が悲鳴を上げることになるかもしれません。


 実際、猫が腎臓病が多いのは、猫本来の腎臓の弱さもありますが
​腎臓で処理できる以上のタンパク質を摂取​(与えている)していることによると考えています。コーゲンが野性では消化吸収できないのをペットフードでは考慮しているのか疑問です。



 だから、若い時と同じようにタンパク質摂取をしていても、
利用効率が下がるので、同じ量は体は使えない。

 そこで、毛の状態を良くすることを求めて
タンパク質を多くすると、やりすぎたら肝臓を腎臓が悲鳴を上げる。


 こんな流れがあります。



 歳を取ればそれなりの毛の状態の方が体にとっては
楽に過ごせるかと思います。




 もう一つタンパク質の節約と言うことも頭に入れておくことがいいと思います。


 タンパク質はレゴブロックのように、タンパク質を食べて、
ブロックに分解されたアミノ酸をタンパク質に合成して利用。


 そしてそのタンパク質を分解して血中にブロック(アミノ酸)として供給し
再度タンパク質合成に利用する。リサイクルする栄養素です。


 そこでタンパク質の再利用を効率良くする方法、
無駄に排泄される量を抑制する節約の方法があります。




 アミノ酸のバランスが悪いタンパク質を摂取すると
排泄する時間が早まりますので
食べ物は全体としてバランスの良くするアミノ酸補給が必要です。


 ただ、アミノ酸スコアー100を超えていると言っても、
必要以上に含有しているアミノ酸があれば
それも排泄されるのでスコアー100が大切と言うよりも、
バランスが大切なのです。​



 アミノ酸スコアーが100だから。。。良いではなくて
摂り過ぎは行けません。とればとるほど排泄される量が増え、
臓器の負担につながります。






最終更新日  2019.11.05 09:04:34
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.03
カテゴリ:栄養雑学
栄養管理をする場合いろんなやり方があります。


 その状態に合わせて選択します。



 健康状態を崩した時に影響管理をする場合は、



 ※少量から始める方法。徐々に量を増やしていく

 ※最初から規定量の2倍3倍を与えて、2週間後目途に徐々に減らしていく

 ※規定量を続ける





 ※1日1回
 

 ※1日複数回




 ※1度の与える時に時間差で与える

 
 ※与えるモノ同士で時間差を作る


 と、このようにいくつかの方法があります。
もっと細かくイロイロありますが、
製品ごとに細かい記載指示をすると法律に抵触しそうですので
大ぴらにはしてはいけませんが、このようにやり方に差があり
それぞれメリットがあります。



 いずれにしても、その子の状況に合わせて選択肢が変わるので
うちの子にはどういう方法がいいでしょうか?と
尋ねていただいた方がよろしいとは思います。




 ということで、製品を持っていても
そのやり方では結果が出ないですよ。と言う方法を選択しないように
考慮してみてください。


 難しいですけど。与え方もポイントがあります。






最終更新日  2019.11.04 08:36:16
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:栄養雑学
​​ ここのところ【サプリ】で始まるタイトルは
ネット上で見ていて思う人の意識についてチクっとしようと始めました。

 サプリって、要は「足らないモノヲ補う」だけの意味で
そこに付随してイロイロありますが、

 この製品をやれば必ず結果が出るモノではないのですね。


 思い違いをしている人が比率はどうかわかりませんが
多く見受けられます。ですから、この製品を使ったけど結果が出ないという感想。


 これって、病気の時に獣医に言って薬が効けば治りますでしょ
結果が出ますでしょ。でも。通院が重なっていつまでも治らない病気ありますでしょ。


 診断を受けて薬を処方されて治らないんですよ。



  そちらの方がおかしいと思うけどな。


 そちらの方が、どこどこの病院に通っているけど治らない。
   と言うことじゃないかな?


 まず、栄養素を補給して管理するのは
過不足なく…種類と量を整えて体の機能を発揮できる条件を揃えることをします。



 ですから、規定されている量を与えたところで、
その子の需要に満たされないと結果は出ないのは

​ あたりまえ​

  なのです。



 こんなのは私がサプリメントを開発したとき、
分子栄養学を研究始めた20年超前からわかっていた
最初のハードルなのです。


 それは、体重も違いますでしょ
健康状態も違いますでしょ。
季節も違いますでしょ。
年齢も性別もそれぞれで栄養消費を左右する条件が複雑に絡み合っています。

 それをあることを踏まえて規定量を定めますが
これは全部の命に対して対応できる充分量を満たしているわけではないのです。


 必要量が多い子に合わせて規定量を定めて
記載をすると多すぎる子も出てきます。

 それが時には問題を起こします。肥満とか・・・




 そこで安全性の高い設定量を定めるのが普通です。
攻めて危険性のある量まで記載はしません。


 また不足する子には規定量よりも多く与える、
多く与えても安全域の幅を持たせた量の設定が
いろんな製品を見ていて普通の事象です。



 だから、規定量を与えたところで​足らなければ​
                結果なんか出るわけがないのです。



 必要な材料、必要の量を揃えて初めて次に進みます。



 材料があったところで健康に戻らない。
  戻るときには健康になるだけの力が備わっている時です。



 その力が無い時もあります。その時には薬効成分を使います。

特定の酵素を働かないようにしたり、機能を更新させる成分。
体内でできる成分を、外から補給するなど体が元に戻る手伝いをします。



 それが健康になる道の大切な所かな?



 ともかく、固有の製品で良くなればラッキーと思った方がいいです。
そこが上手くいかなくても文句を言う前に、
その子に合わせた調整をしましょう。文句の前に調整です。






最終更新日  2019.11.03 15:22:08
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:栄養雑学
​フェレットのことをわからないというのが問題よりも、


 飼い主さんがフェレットのことを理解していないのが病気を産んでいます。


​ 病気ってある種の飼育の失敗です。


   もちろんそれ以外もありますけど



 あまりたくさんのことを説明しても仕方がないのでいつも同じことを
何度も記しますが、本当にこのことを理解できていない人が多いです。

 仕方がないとも言えますが
逆にそこを理解できればもっと幸せになると思います



 さて、いわゆる風邪薬を飲むと、風邪は治りにくくなる。
長期化することは理解していますか?


なんで?と思います?



 思う人はそのくらいの理解度
もちろんと言う人はその段階を越えている人です。


 あなたの立ち位置はどこですか?




 風邪で苦しいから薬を飲みます。


 症状は楽になりますが、風邪が治りにくくなります。




   なんでだ?



 この願っていることと、結果がそぐわないことは良く起こります。




   ステロイドもそう。​ 



理解していますか?

 その理解度が動物の命に関わります。
甘えは許されません。


 いろんな薬、治療があります。それらは私たちの想いと結果を同じくしてくれるものでしょうか?






最終更新日  2019.11.03 15:21:44
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:栄養雑学
​​ 良く身の回りの人に「あなたの言うことは5年早いねーと」言われます。

 それは、私が5年前に言っていたことが世の中で普通に聞こえてくるねという
事柄が多数あるからそう思うようです。



 いろんな講座や展示会や情報を入手しているので
私に届くのがどのタイミングかは別にして

「こんなことあったよ」とお話していると
そのなかには5年後に一般事象になっているってことかな?



 国内で最大の健康の展示会である健康博覧会には
20年あまり通っていますが、そこでブースが多数出ていたり
回数が重なるるごとに増えているカテゴリーは

 業者さん用の展示会ですので、
皆さんお仕事に頑張ってしばらくすると市場に出てきて
同じようなものがあふれてきます。

 そうしてブームとして目にすることになるのでしょう。


 展示会の前の段階の情報は、研究者の発表があります。
これを元にメーカーが展示会に投入するなどの商業行為につながります。


 なので、私は動かない人よりは情報を早く持っていますし、
年月が重なるとガセであった情報も持っているわけです。



 そのなかでもいい情報は、動物にも使えるようにして投入しています。

   かなり私が一つの源泉になっている情報はあります。



 それはともかく、お伝えしたいのは情報にも年代があるということです。


 この時に情報ができてきた。。。昨日記したグルテンの例のように
「世界初!」こんなことがわかりました。と言うのは出てきます。


 大きな「世界初の情報」は、他の研究に影響を大きく与えて
新しい知見がボコボコ生まれることもあります。



 そうすると何年から何年にこういう見解が生まれて
それまでの見識が覆った


 こんな現象は数々起こっています。


 と言うのも、ビタミン自体の歴史も100年ちょっと、
ミネラルも70年程度の研究でしかないのです。



 それは研究者やその場に携わっている人にすれば
まだまだ分からないことが有るから勤勉に接していますが
一般の人の認識は、耳に入ってきていることが
事実だと強めに認識をしてしまうんですね。

 いろんな人がいますので慎重な人もいますが
事実では無いことを受け入れてしまう人が非常に多いです。


 受け入れてしまうんですね。確認もせず。


 それが一概に悪いこととも思いませんが
そういう人が多いという現実をお話をしたいと思います。





 ですから情報をどの年代で取り入れたかで
認識の違いを生み出していますし、
過去の情報に縛られたままの人もいれば
最新と言われる情報を持って居たり、
最新の偽科学にひかかっている人もいます


 私的には自分と動物が健康である情報であればいいので
自分なりに取捨選択しています。

 皆さんはいかがですか?



 ネットを見ていても、本を見ていても
動物の健康にとって「?」という情報も多く見かけます。
 

 私も「?」の情報を出していないとも言えませんので


 気になることがあれば教えていただいて
訂正できれば良いと思っています。


 栄養学はそうした情報発展を繰り返してきた学問で
しかもごく最近。人の一生分でめまぐるしく変化してきました


 その傾向を知るにはこの本をお勧めします。

 その名前はそのまんま
「栄養学の歴史」​です





 さてそんな中で一例にしたいのは
カロリー信仰についてです。



 むかーしはカロリーを意識し過ぎていた時代がありました。
今は変化してきていますが、その当時はカロリーの数値が非常に重要視されていました。


 でもこのカロリーの数値は一部を現しているだけで
その数値だけでは判断しきれないことが有るのです。



 例えば糖尿病。。。昔はカロリーの数値で云々言われ提案したが
いまは高カロリーのステーキは食べてもイインデス


​ カロリーがそのまま糖尿病に影響を与えないからです。


 

  ただ、カロリー数値が低いから安全だ。。。なんてこともないし、
比率が少ないから安全だーということでも無いです。


 安全ってなに?ですが、体に悪影響を与えないかです





 言いたいのは​一面性ではそのすべてを判断することはできない!
ということです。




 その食品の個性はいくつかの数値で判断します。


簡単なことではないので今回伝えたいのは
学びの少ない人の身勝手なイメージは危険を産みますよーってことの理解でいいでしょう。


 これって、学んできてこの意見に反論をする人は、
学びが少ないとご理解した方がいいです。


 身勝手な理解をしている人多いですよね。

   この認識と、身勝手な理解では問題を起こしますよと言う指摘。間違えていますか?






最終更新日  2019.11.03 10:42:26
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全202件 (202件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 21 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.