3962849 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ITOYA online☆特撮/映画/演劇/海外国内ドラマ☆主題歌/サントラCD/DVD/本レビュー

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Shopping List

Archives

2021.01
2020.12
2020.11
2020.10
2020.09

Freepage List

Category

Favorite Blog

暴風圏 New! repulsion*さん

手湿疹が治りませ New! doziさん

宿命の対決★「昭和残… モイラ2007さん

「ホットウィール プ… yellowbird1966さん

なんと!祝・12周年 上段タローさん

シナリオで観よう! れいじさんさん
初回限定 べん@さん
BOSSの備忘録。 BOSS2054さん
鉄人28号 白昼の… 素晴らしきヒデさん
HEAVEN'S GATE to SO… pale_riderさん
2013.09.08
XML
劇78『ジャンヌ』世田谷パブリックシアター(G3)2013/9/15(日)13時 聖女ジャンヌの英雄的活躍ではなく、その存在をめぐる周辺の人々の困惑、動揺、詭弁…宗教裁判と死後に比重がある。

もうおなじみジャンヌ・ダルクの物語。
ここ数年の舞台でも、毎年のように登場するジャンヌ。
その英雄的活躍を描くわけではなく、
彼女が周辺を巻き込んで、その登場を利用する者、
活躍に困惑する者、自分の地位を守らんとする者など、
政治、宗教、関わる人々の思惑を描く。

130908_124146

特に宗教裁判で、公正を規そうとする流れと、
片や感情的な攻撃、あくまでも理論的に進めようと
したり、形式的で空虚な結論が見えたりと、
駆け引きが錯綜する部分が興味深い。

これに加えて、火刑の後、夢幻の世界で
各人物が再登場し、本音と愚痴を交し合う。
このシーンは、これまでとは打って変わって、
意図的に陳腐な会話が続く。
作者は、もう絶対に、裁判とこのシーンが
特に描きたかったのであろうということは明白。
観ているこちらも急に突き放されたようで白けてしまう。
そこまで意図されたであろうとおりに。

130908_124125

「『ジャンヌ』 ―ノーベル賞作家が暴く 聖女ジャンヌ・ダルクの真実―」
2013/09/05(木) ~ 2013/09/24(火)
【休演日】9/9,17
会場 世田谷パブリックシアター
出演 笹本玲奈、今井朋彦、伊礼彼方、大沢健、浅野雅博、馬場徹、石母田史朗、金子由之、今村俊一、酒向芳、石田圭祐、新井康弘、小林勝也、中嶋しゅう、村井國夫
脚本 バーナード・ショー
演出 鵜山仁

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへにほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング画像ボタン人気ブログランキングへ
☆↑ランキングに参加してます。↑もし少しでも気に入っていただけましたら、1クリック投票いただけると嬉しいです。m(_ _)m







Last updated  2013.09.22 15:36:49
コメント(0) | コメントを書く
[演劇(観劇レビュー・劇場看板・CD・DVD)] カテゴリの最新記事


Comments

Rakuten Card

Free Space

DMM.com CD&DVDレンタル
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへにほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ 特撮へにほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング画像ボタン人気ブログランキングへ
☆↑ランキングに参加してます。↑もし少しでも気に入っていただけましたら、【1日1クリック】投票いただけると嬉しいです。m(_ _)m


2016:

ウルトラマン50周年2016.jpg



2013:

40


501


Ultra7_45th


45


Z40


Mami_30th


Sin_eva

2012:

Logo_macross30th


Gyaban_30ths

007_50th
2011:
ULTRAQ45th



 

© Rakuten Group, Inc.