3924140 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ITOYA online☆特撮/映画/演劇/海外国内ドラマ☆主題歌/サントラCD/DVD/本レビュー

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Shopping List

Archives

2020.12
2020.11
2020.10
2020.09
2020.08

Freepage List

Category

Favorite Blog

5/5日に続き松の剪定… New! doziさん

箱車の仕掛けに仰天… New! モイラ2007さん

ふるさと物語 repulsion*さん

少林寺拳法 上段タローさん

ランボルギーニ「ミ… yellowbird1966さん

シナリオで観よう! れいじさんさん
初回限定 べん@さん
BOSSの備忘録。 BOSS2054さん
鉄人28号 白昼の… 素晴らしきヒデさん
HEAVEN'S GATE to SO… pale_riderさん
2021.03.21
XML
カテゴリ:トクサツ(特撮)
2009年10月8日木曜日。
仕事上の義務として毎日読んでいる日経新聞をめくる手が止まりました!!
なんと紙面一面に「ウルトラマン」のデザイン画が。
まさか日経でこれだけ大きく「ウルトラマン」を見る日が来るとは思いませんでした。
もちろん広告ではなく、記事としてです。

タイトルは『成田亨の美しい宇宙人-ウルトラマン誕生秘話』
「日経アートレビュー」のコーナーで美術作品として取り上げられたものでした。

※クリックで拡大:
成田亨の美しい宇宙人
内容は、成田亨氏が円谷プロの金城哲夫氏から『かつてないほど格好よく、美しい宇宙人をつくってくれ』という依頼に基づいてウルトラマンのデザインを引き受けたこと。
ウルトラマンのデザインは、「怪獣がカオス(混沌)ならヒーローはコスモス(秩序)の象徴として、単純化の末に生み出された」そして口元には「アルカイックスマイル」を採用したこと。
成田氏のおいたち、子供のころのけがで手が不自由になったこと、美術学校を経て、ゴジラのミニチュア製作で特撮映画にかかわったこと、そしてウルトラQの怪獣デザインに携わり、ウルトラマン、ウルトラセブンや怪獣たち、制服から乗り物までのデザインを生み出すまでが語られていました。
その文面には、芸術仲間は離れていっても、「子供番組だからこそ手は抜けない」として、「実在の動物の巨大化でなく創造性」「奇形化はしない」「血を流すなど生理的に不快なものは作らない」という3原則を守り、真摯に取り組んだ氏の姿勢が、きっちりと語られていました。

セブン中盤で降板されたので、もちろんその後のウルトラマンのデザインには無関係であるにもかかわらず、後にはラインが追加されたり、角がつけられたりコミカルなCMに出演したり、純粋な芸術家としてはさぞかし不本意だったかと考えさせられます。
そもそも「カラータイマー」もストーリー上の制約からついたものでしょうし、怪獣たちも元のデザインに現場の美術スタッフが急場しのぎで追加・変更したものも多かったと思います。

私思うに、成田氏は芸術作品を生み出した思いでしたが、実際は「商業デザイン」の仕事であったという誤解。
芸術というより「工業製品のデザイン」に近かったのだと。
逆に言えば、「商業デザインにおける創造性・芸術性の地位自体が低く見られている」ことが問題なのだと思うのです。

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへにほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ 特撮へにほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング画像ボタン人気ブログランキングへ


6月下旬発売予定 メタコレ ウルトラマン(シン・ウルトラマン)
​​
【2021年6月】 タカラトミー TAKARA TOMY メタコレ ウルトラマン(シン・ウルトラマン)【発売日以降のお届け】
​​
バンダイ ウルトラアクションフィギュア ウルトラマン (シン・ウルトラマン)(ZF84535)​​
●シン・ウルトラマン ムービーモンスターシリーズ ネロンガ
​​
●シン・ウルトラマン ムービーモンスターシリーズ ガボラ






Last updated  2021.03.27 01:03:57
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


おお、『シン・ウルトラマン』ですか!   snowman さん
ITOYAさん、こんにちは。
先頃、某動画サイトで庵野監督の昔の作品『帰ってきたウルトラマン』を観ました。
そして『シン・ウルトラマン』のコトをアレコレ好き勝手に思い描くファンの楽しみに浸っております。
宇宙ステーションは出るかな、水中シーンはあるかな、組織の本部はパリにあるのかな、主人公はベータ・カプセルのようなアイテムを使うのかな、地球に来る理由や地球のために戦う理由はなにかな、まさか『シン・ゴジラ』の後篇という意味合いじゃないだろうな、『ウルトラセブン』の「ノンマルトの使者」みたいに悪い敵をスカッとやっつけるお話じゃないかもしれない…このようなコトを無責任に妄想するのは楽しいものです。
いつごろに封切りかはアナウンスされておりませんがITOYAさんの記事を拝見したり先頃『エヴァンゲリオン新劇場版:||』を観て気分が盛り上がってきているところです。(^-^)/ (2021.03.21 15:55:11)

Re:おお、『シン・ウルトラマン』ですか!(03/21)   ITOYA さん
snowmanさんこんばんは。私は先日やっと庵野版「帰マン」をやっと見ました。ベータカプセルや地球のために残る理由などはそれらしいヒントが公式HP・公式特報でちらほら出始めてますね。そろそろブログに書こうと思ってるところですが…もうすぐ公開予定の「初夏」です。庵野さんのことなのでまたきっと驚きのネタ満載のことと期待大です!昔よく言っていた「マイティジャック」のリメイクもぜひやってほしい!(「シン・マイティジャック」!?)でも、シンエヴァではないですが、もうそろそろ大人になってしまって、マジメな実写に移行してしまわないか心配です。 (2021.03.22 23:41:07)

Comments

Rakuten Card

Free Space

DMM.com CD&DVDレンタル
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへにほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ 特撮へにほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング画像ボタン人気ブログランキングへ
☆↑ランキングに参加してます。↑もし少しでも気に入っていただけましたら、【1日1クリック】投票いただけると嬉しいです。m(_ _)m


2016:

ウルトラマン50周年2016.jpg



2013:

40


501


Ultra7_45th


45


Z40


Mami_30th


Sin_eva

2012:

Logo_macross30th


Gyaban_30ths

007_50th
2011:
ULTRAQ45th



 

© Rakuten Group, Inc.