000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

FEEL GOOD ! BUSINESS

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


アイビー1013

Calendar

Favorite Blog

シンクロニシティを… 渡邊 愛子さん
安らぎのクレヨン画 安らぎのクレヨン画家さん
みんなで美人になる… ぱんそりさん
マイマイちゃんの日… M'sキッチンさん
幸せな食生活のつく… alloraalloraさん

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:「こんなステージ見たことない!!」(05/16) cialis daily pricescialis 5 mg al giorn…
http://eddrugsgeneric.com/@ Re:「こんなステージ見たことない!!」(05/16) buy cialis 10mg onlinecialis 5mg infarm…
乗らない騎手@ ちょっとは木馬隠せw あのー、三 角 木 馬が家にあるってどん…
ドライブ好き@ 風呂入るのメンドクサイ! http://feti.findeath.net/rx1kghb/ 今日…
リナ@ 今日は苺ぱんちゅ http://kuri.backblack.net/37uxjpp/ 今…

Freepage List

Archives

2022.01
2021.12
2021.11
2021.10
2021.09

Category

2007.04.17
XML
カテゴリ:FEEL GOOD! BUSINESS
近ごろ、子ども向けビジネスがヒートアップしてきていますね。
少子化に伴って「シックス・ポケット」現象とでもいうのか。
今まで大人向けでしか存在しなかったもののターゲットを見直し、
子どもにシフトさせると、いろいろな可能性が生まれてくるようです。

まず2月16日付け日経MJに掲載されていたNYでの子供向け高級デリの記事を見てみると、
そこには将来の展開がとても楽しみになる種があるようで、
読んでいてウキウキしてきました。

NYの高級住宅街のアッパーイーストで今年1月にオープンした「kidfresh」は
健康志向が高まるニューヨーカーのママたちの心をワシ掴みにしたようです。

NYには「DEAN & DELUCA」のような大人向けの高級デリがあるのに、
どうして子ども向けデリがないのか??
というところから生まれたんだそうです。

食材はすべて自然食品、オーガニックで、完全無添加。
顔型や動物型したクッキーやパン。
小児栄養士が作ったメニューで年齢によって適量を出してくれる。
店内はカラフルで子どもが主役になれる環境が整っている。
中にはイートインがあり、その場で注文したものを親子で食べられる。

子どもたちにちゃんとした栄養のある食事を与えるには
どうしたらいいか分からないという
都会っ子の若いママたちも、ここに来れば何も心配せず、
おいしくて正しい食事が与えられるということで、
大人気になっています。

この記事を読んで浮かんだのは
こういう店をただのデリ・カフェにしておくにはもったいない!
という考えです。
子ども連れのシックスポケッツのお客様が集う場では、
別の商品やサービスも合わせて提供できそうですよね。

そう思ってkidfreshのウェブサイトを覗いてみると、
やはり、ありました!子供向け料理教室が。
でもそれだけ。
あとはサイト上で栄養士に子どもの食に関する相談ができるくらいでした。

ここでは子どもと食を結びつけるというコンセプトがあるようですが、
もう少し広げて、保育室や遊具のあるプレイランド、子育て教室、絵本や玩具販売、子供向けイベントなど、親と子が集まる「場」を利用すれば、いろいろな企業と協力して何かを仕掛けることができるかもしれません。

そして4月2日付け日経MJ紙を広げてみると、
日本ですでにこのようなアイデアを実践している店が紹介されていました!
カフェレストラン「キッズパーラー」です。
ここでは子ども連れのお客様は入場料を払って食事をします。
子どもを併設された遊び場で安全に遊ばせておいて、母親たちはゆっくりと
おしゃべりを楽しめます。
子供向け市場を狙う企業からすれば、
ここはかっこうのマーケティング、広告、サンプリング実施の場所ですよね。
例えばベネッセコーポレーションは赤ちゃん向けのイベント
「あそびケーション」を定期的に開催しているそう。

これからの動きとして注目されるのは、
いろいろな企業がキッズパーラーに行商をしに来ることかもしれません。
現在は子供向け携帯電話の販売が始まっており、
今後は幼児向け英語教育との提携が検討されています。

小さな子どもを連れてあちこち街を歩き回って買い物をする母親の負担を考えると、
こういう場所にさえ行けば、食事はもちろんのこと
親同士の交流ができ、
ワン・ストップ・ショッピングができ、
子どもも楽しめるというのなら、
大助かりかもしれませんね。

そうなるとキッズパーラーのような店舗は飲食店というよりは、
今後は「単に場を提供するもの」という位置づけになっていくのではないでしょうか。

大人向けと考えられていたものを子供向けにシフトする。
すると、どんどん面白そうなアイデアが生まれてきそうですね。
ますます目が離せないマーケットです。







Last updated  2007.04.17 19:32:38
コメント(6) | コメントを書く
[FEEL GOOD! BUSINESS] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.