081582 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

グレート・モノノケ      モノ本自己投資

PR

全2件 (2件中 1-2件目)

1

【代表作】仮面の告白 【著者:三島 由紀夫さん】

2021.09.18
XML
テーマ:お勧めの本(5863)
​仮面の告白 ​​​


​​​三島 由紀夫さんの代表作​​​





女に魅力を感じず、血に塗れた死を憧憬しつつ自らの性的指向に煩悶する少年「私」。
軍靴の響き高まるなか、級友の妹と出会い、愛され、幸福らしきものに酔うが、
彼女と唇を重ねたその瞬間「私には凡てがわかった。一刻も早く逃げなければならぬ」―。
少年が到達した驚異の境地とは?
自らを断頭台にかけた、典雅にしてスキャンダラスな性的自伝。
詳細な注解付。“この告白によって、私は自らを死刑に処す―”初の書き下ろし長編。
のちのすべてが包含された代表作



​三島由紀夫[ミシマユキオ]​
1925‐1970。東京生れ。本名、平岡公威。1947(昭和22)年東大法学部を卒業後、大蔵省に勤務するも9ヶ月で退職、執筆生活に入る。’49年、最初の書き下ろし長編『仮面の告白』を刊行、作家としての地位を確立。主な著書に、’54年『潮騒』(新潮社文学賞)、’56年『金閣寺』(読売文学賞)、’65年『サド侯爵夫人』(芸術祭賞)等。’70年11月25日、『豊饒の海』第四巻「天人五衰」の最終回原稿を書き上げた後、自衛隊市ヶ谷駐屯地で自決。ミシマ文学は諸外国語に翻訳され、全世界で愛読される






Last updated  2021.09.18 14:00:06
コメント(0) | コメントを書く


​仮面の告白 ​​​


​​​三島 由紀夫さんの代表作​​​





女に魅力を感じず、血に塗れた死を憧憬しつつ自らの性的指向に煩悶する少年「私」。
軍靴の響き高まるなか、級友の妹と出会い、愛され、幸福らしきものに酔うが、
彼女と唇を重ねたその瞬間「私には凡てがわかった。一刻も早く逃げなければならぬ」―。
少年が到達した驚異の境地とは?
自らを断頭台にかけた、典雅にしてスキャンダラスな性的自伝。
詳細な注解付。“この告白によって、私は自らを死刑に処す―”初の書き下ろし長編。
のちのすべてが包含された代表作



​三島由紀夫[ミシマユキオ]​
1925‐1970。東京生れ。本名、平岡公威。1947(昭和22)年東大法学部を卒業後、大蔵省に勤務するも9ヶ月で退職、執筆生活に入る。’49年、最初の書き下ろし長編『仮面の告白』を刊行、作家としての地位を確立。主な著書に、’54年『潮騒』(新潮社文学賞)、’56年『金閣寺』(読売文学賞)、’65年『サド侯爵夫人』(芸術祭賞)等。’70年11月25日、『豊饒の海』第四巻「天人五衰」の最終回原稿を書き上げた後、自衛隊市ヶ谷駐屯地で自決。ミシマ文学は諸外国語に翻訳され、全世界で愛読される






Last updated  2021.09.18 08:00:05
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全2件 (2件中 1-2件目)

1


© Rakuten Group, Inc.