000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

グレート・モノノケ      モノ本自己投資

PR

全1件 (1件中 1-1件目)

1

◆潮騒 ◆【著者:三島 由紀夫さん】

2021.09.19
XML
​​
​​​潮騒
​​
​日本の事を真剣に考えた男の作品



​​​

古代の伝説が息づく伊勢湾の小島で、逞しく日焼けした海の若者新治は、
目もとの涼しげな少女初江に出会う。にわかに騒ぎだす新治の心。星明りの浜、
匂う潮の香、触れ合う唇。嵐の日、島の廃墟で二人きりになるのだが、
みずみずしい肉体と恋の行方は―。困難も不安も、眩しい太陽と海のきらめきに溶けこませ、
恩寵的な世界を描いた三島文学の澄明な結晶。その火を飛び越して来い。
永遠の青春がここに―。その名を不動のものとした、29歳の作品




​三島由紀夫[ミシマユキオ]​
1925‐1970。東京生れ。本名、平岡公威。1947(昭和22)年東大法学部を卒業後、大蔵省に勤務するも9ヶ月で退職、執筆生活に入る。’49年、最初の書き下ろし長編『仮面の告白』を刊行、作家としての地位を確立。主な著書に、’54年『潮騒』(新潮社文学賞)、’56年『金閣寺』(読売文学賞)、’65年『サド侯爵夫人』(芸術祭賞)等。’70年11月25日、『豊饒の海』第四巻「天人五衰」の最終回原稿を書き上げた後、自衛隊市ヶ谷駐屯地で自決。ミシマ文学は諸外国語に翻訳され、全世界で愛読される
​​






Last updated  2021.09.19 16:22:54
コメント(0) | コメントを書く


このブログでよく読まれている記事

全1件 (1件中 1-1件目)

1


© Rakuten Group, Inc.