毎日、楽しく、祝い酒

サイド自由欄

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード

カテゴリ

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

全て | カテゴリ未分類 | イベント向けの酒ボトル、その他 | 日本酒ボトルでインテリア | 焼酎酒ボトルでインテリア | ウォッカ酒ボトルでインテリア | ジン酒ボトルでインテリア | ラム酒ボトルでインテリア | テキーラ酒ボトルでインテリア | ブランデー酒ボトルでインテリア | ウィスキー・スコッチ酒ボトルでインテリア | ワイン酒ボトルでインテリア | グラッパ酒ボトルでインテリア | リキュール酒ボトルでインテリア | ビール酒ボトルでインテリア | その他の酒のボトル(酒瓶)でインテリア | ネコ雑貨・猫グッズ | おもしろ&微妙~な雑貨とか | オークション | プレゼント | 買い物の感想 | 映画やドラマ、芸能人 | 優雅 | 【健康】美容・ダイエット・便秘など | 日記 | ブランド・ファッション | 楽天企画…セールなど | 旅行・外食

旅行・外食

2015.09.22
XML
カテゴリ:旅行・外食
池袋の東武デパートに行ってきました。
本当は催事場でやっている北海道展が目当てで、会場になにかしら食べるところがあるだろうと思っていたのですが、めちゃくちゃ狭いスペース!

通路は人でいっぱい、通るのも大変なくらいなので、早々にあきらめてレストラン街へ。
しかし、レストラン街は12階以外が改装工事中で、ここもまたひどい人混みでした。

同伴者が移動を嫌がったので、比較的すいているように見えたうなぎを食べることにして、『味乃宮川』へ。

私:牡丹膳、同行者:菊膳を食べました。

はっきり言いますね。
行かなきゃよかったと思います。

理由:混雑に慣れていないのか、接客・食事内容がひどい。

具体的に言うとこんな感じ。


・待つための椅子は置いてあるが、2列になっていてわかりにくい

・途中で名前を呼ぶ方法に切り替えたが、名前を言おうとすると無視する×3回(店員2名とも)

・席は4人席を2人で使えたのはよかったが、隣の席のオーダーをとるときに、なぜか私たちのテープルの空きスペースにお盆を叩きつけるように置かれてビックリ(隣からちょっと文句を言われたらしいけど)

・お重に対して、うなぎが小さい

・うなぎがやわらかすぎ。蒸しすぎ? ふんわりというよりもグズグズに崩れる感じ。
(これは好みの問題かも)

・味が薄い。タレのつけ焼きが甘い 香ばしさもない

・タレの味もぼけた感じでイマイチ

・セットのお刺身がスーパーでもありえないくらいにペラペラの上にまずかったらしい(同行者)

・セットのてんぷらがフニャフニャ。天つゆの味も薄くてぼけている(私)

・セットのひじき煮がさつまあげまで真っ黒。醤油辛い。

・肝吸いのはずが、とろろ昆布のお吸い物になっている。肝、どこ?



まぁまぁだったのが、セットの茶碗蒸しでしょうか。
でも具にコーンを入れているのがマイナスね。
とうもろこしの茶碗蒸しもありなんだろうけど、うなぎのお店だとナシな気がする。

とにかく、最初の接客だけでかなりのマイナス。
同行者が疲れて座り込んでなければ、サッサと違う店に移動したと思います。

北海道展からレストラン街に移動した人はたくさんいて、しかも13~15階が改装工事で思わぬ混雑で客も厨房も店員も殺気立っていたのだろうけど、もう二度と行きたくない。

二人で無言になってしまった鰻屋さんでした。


お酒のブログが他にもたくさん → お酒・ドリンク ブログランキングへ
にほんブログ村 家飲み






最終更新日  2015.09.23 01:17:25
コメント(0) | コメントを書く
2015.08.15
カテゴリ:旅行・外食
シンガポール土産として、カヤジャムを貰ったことがある人も多いのではないでしょうか。
マレーシアやシンガポールで愛されている食べ物みたいで、有名なのはシンガポールのラッフルズホテルのカヤジャムです。

最初、カヤジャムと聞いたとき、『カヤ』という植物があるのかと思いましたが、ココナッツミルクのジャムのことなんだそうです。


ラッフルズホテル カヤジャム【輸入食品】

ココナッツというと、白いイメージがありますが(ドーナツとかにまぶしてあるの)、カヤジャムは緑というか黄緑色というか、変な色をしたペーストです。

緑色はパンダンリーフというアジアンハーブによる色なんだそうです。
見た目の色はちょっと……と感じる人もいるようですが、ココナッツミルクと卵と砂糖という日本人にも好まれそうなジャムで、特にラッフルズホテルのカヤジャムは人気があるもよう。

ハマる人は、どっぷりはまる味らしいです。

このカヤジャム、シンガポールでは定番の朝食のメニューらしいですね。
薄いトーストにカヤジャム、そしてバターをたっぷり固まりで乗せてサンドするスタイルで。

こんなかんじで。

このバターがダイナミックな大きさで、ものすごーくカロリーが高そうな食べ物です。

せっかくのラッフルズホテルのカヤジャム土産。
おしゃれな感じに食べたいけど、現地流にたっぷりバターで食べるのもオツなもの。
とくに暑い夏は、シンガポールに旅行している気分でがっつり食べてみるのもいいですね。


お酒のブログが他にもたくさん → お酒・ドリンク ブログランキングへ
にほんブログ村 家飲み






最終更新日  2015.08.16 00:54:33
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.24
カテゴリ:旅行・外食
マンションの隣からベランダ越しに、デカイ声で「○○さーん!」と呼び出される。
用事じゃなくって、おしゃべりしたいだけ。
やめて欲しい。

大抵愚痴だし、つかまると面倒なので呼び出しをスルーすると、30分おきぐらいで何度も声をかけてくる。
それも全部無視すると、日付を変えてまた声をかけてくる。

長時間、少なくても30分以上、酷いと数時間付き合わされるので、非常に迷惑。

洗濯物を取り込んだちょっと後とか、音が聞こえたからいると思ってとか、監視されてるみたい。

「この前、掃除機の音がしたからいると思ったのに、出かけてたの?」とか言われるのもすっごいストレス。

外出するとか用事があるとか誤魔化しにくい状況だし、がんばって一度『ちょっと今は…』とごめんなさいしたら、しばらくしてから「もうだいじょうぶ???」って再度呼び出された。空気読んでよ…

それでも近所付き合いと思って、時々相手してた。
(これがいけなかったのかもしれないけど)

でもさ、グチに『はぁ…』と言ったら、「○○さんがこう言ってたのよ」って噂流すな!

さらに調子に乗ったのか、なにか気になるのか知らないけど、給料まで聞いてくるな!

人付き合い苦手だから、うまく逃げられない、流せない私。
さすがに給料については答えなかったけども。

トホホ…………






最終更新日  2015.06.24 21:48:12
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.22
カテゴリ:旅行・外食
お中元で欲しいものは何か。

定番はハム、ビール、そうめん、ゼリー。
缶詰、コーヒー、食用油なども定番かしら?

本当なら冷蔵庫・冷凍庫は不要のものが望ましいんだけど、でも、でも、でも!

今、お中元で贈られてうれしいのは『うなぎ』です!



うなぎ、食べたーい!!!!

なんか食欲魔人になっていますけれども、楽天のショップ・オブ・ザ・イヤーを受賞しているこのお店は、さすがレビューの数も半端ないほどたくさん。

通販のうなぎってどうなんだろう…って気になりますよね。

ショップの画像だけでなく、レビューの写真でも結構大きい。
500mlのペットボトルと比較レビューなんかもありました。

それからリピートする人が多いのも魅力です。

おいしそうだけど、焼くのはちょっと面倒だよねーなんて思うけど、湯煎でふわっとおいしくいただけるようです。

あー、食べたい。
よだれが出てきたー!!!


こちらのお店です。

うなぎ蒲焼き専門工場 川口水産

お酒もすすみそうですね。

お酒のブログが他にもたくさん → お酒・ドリンク ブログランキングへ
にほんブログ村 家飲み







最終更新日  2015.06.22 22:44:42
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.14
カテゴリ:旅行・外食
ここのところ、はとバス旅行記を長々と続けていたんだけど。

私は直接はとバスに申し込んだんだけど。
今日、気付きましたよ。

はとバスって、楽天でも予約できるって!!!

割引クーポンが使えるって!!!

→こちらで確認どうぞ

ポイントも使えるし、500円割引クーポンも使えるし、結構お安く申し込めるんじゃないかな。

割引クーポンは、6月30日までに予約が必要。
9月末までの旅行に使えます。

私がはとバスツアーに申し込んだのは5月。
もしかして5月にも割引クーポンがあったのだろうか?

うぬぬぬぬ。
どこかにもう1回、はとバスで遊びに行ってこようかしら?

個人的に遊びに行きにくい、夜遊びコースとか?
はとバス名物、夜の宴らしいですよ。

『ニューハーフがお伴します。六本木香和(かぐわ)の夜』

『お江戸花魁(おいらん)道中と高級寿司食べ放題』


なかなか敷居、高いデス。


お酒のブログが他にもたくさん → お酒・ドリンク ブログランキングへ
にほんブログ村 家飲み






最終更新日  2015.06.14 20:46:52
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.13
カテゴリ:旅行・外食
ダラダラと続いた、はとバスツアー旅行記、最終回です。
日帰り旅行でこんなにたくさんブログにするなんて、私ってやるじゃん♪

旅行記
出発編バス詳細編バス移動編ランドマークタワー編横浜中華街編 ⇒ 八景島シーパラダイス編

おまけ
昼食:重慶飯店別館

横浜中華街を出たら、バスガイドさんに八景島シーパラダイスのパンフレットを配ってもらい、メインの目的地へと向かいます。

が、周りを見渡すと寝ている人、たくさん。
ガイドさんがちょっと困ったように、パンフレットをそっと網の荷物入れにはさんでいたのが可愛かったです。

シーパラダイスでバスを降りるのは、サーフコースター近くの団体バス発着所。
そこからテクテクと歩いて、アクアミュージアムまで向かいます。

お手洗いに行きたい人は、団体バス発着所のトイレ(和式のみ)で済ませて時間短縮するのも良し。
ゆっくり歩いているのでちょっと急げば合流できます。

集合場所が団体バス発着所なので、ダラダラと長ーく列になりながら歩き、所々でバスガイドさんが帰りの目印になるポイントを教えてくれますので、聞いておいたほうがいいかも。

同行者は良く聞いていなかったからか、『来るときはこんな道通ってない!』と言ってましたので。
通ったってば。

アクアミュージアム前では、バスツアー恒例の記念写真。
その後、チケットを受け取ったら自由行動になります。

まずは、ドルフィンファンタジー。
よく紹介されているイルカのドーム型水槽は10mぐらいかな?
ここのイルカは普通のイルカ。シロイルカはいませんでした。

そこを通り抜けると、円柱の水槽があって、ぐるりと周ることができます。
マンボウはいるが、イルカはいない。

その2つだけ。
あまりに狭いので、どこかに階段とか廊下があるのかと思って円柱水槽を2周しちゃいました。

そして、アクアミュージアムへ。

アクアミュージアムは、結構な人ごみ。
こちらは広い水族館でした。

なぜか1匹のアザラシが、水槽の角で逆立ちしてて、ピクリとも動かなかったんですけど。
寝ていたのかしら?

ジンベエザメの大きさに「おぉぉぉ」となりながら、ショーが行われるアクアスタジアムへ。

アクアスタジアムは結構高い位置にあり、海風が気持ちよいところ。
すぐそばのアクアライドに乗っている人たちがキャーキャー言っている姿を楽しんでいました。

ショーは、水槽の前でパフォーマンスを行うことが多く、席に座っていると良く見えなかったので、結局後ろの通り道の立ち見席で見てました。

皆座ってたけど、ちゃんと見えたのかしら???

その後、シーボート付近にあるベンチでまったり。
シーボートは、プカプカと浮かべているとイルカが寄ってきて挨拶してくれるので、乗ってみると楽しいかも。

チケットは、アクアミュージアム・ドルフィンファンタジーのほかに、ふれあいラグーンやうみファームも入れるもの。

もともとアトラクションに乗る気はなかったし、子どもがいるわけでもないのでふれあいラグーンやうみファームは行かなくてもいいかな…と思っていたけど、ベンチでのんびりできたのは20分ほど。

アクアミュージアムとふれあいラグーンの位置は離れているので、20分じゃ移動だけで終わっちゃいます。

ショーの前の待ち時間を入れても30分程度だと、ふれあいラグーンのパフォーマンスは見れないだろうし、全部を周るにはちょっと時間が短いかなーという感じですね。

若い人たちが「ウッシャー! 行くぜ行くぜ!」と元気良く見て周るなら150分でも十分なのかしら?


以上、はとバスツアーでした。
帰り道は結構空いていて、30分も早く東京駅に到着。

遅くなると思っていたのに意外でした。


お酒のブログが他にもたくさん → お酒・ドリンク ブログランキングへ
にほんブログ村 家飲み






最終更新日  2015.06.13 23:19:46
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.10
カテゴリ:旅行・外食
だらだらと続いている、私的はとバスツアー詳細。
横浜中華街編です。

出発編 バス詳細編 バス移動編 ランドマークタワー編

ランドマークタワーを出発して、赤レンガ倉庫の脇を通って中華街へ。
もちろん、バスガイドさんがいろいろ説明してくれます。


<駐車場>
横浜中華街の駐車場は、『貿易ビル駐車場』です。
昼食・自由時間の後に直接駐車場で集合します。

中華街だと『横浜中華街パーキング』に停めることが多いと思いますが、この『2階建バスで行く横浜・八景島』のコースでは貿易ビル駐車場のもよう。

貿易ビル駐車場は、アスファルトの青空駐車場です。
駐車中はエアコンも切るため、ランドマークタワーで赤い靴チョコとか高温に弱いものを購入していたら、持って降りたほうがいいでしょう。季節にもよりますが。

あんまり早く戻ってもバスが冷えていないので、早くても集合時間10分ぐらい前にしたほうがいいとのこと。

またトイレは1ヶ所しかないので、昼食会場とか別のところですませるようにという注意がありました。
たしかに小さい駐車場で、プレハブ小屋みたいな建物しかなかったです。

バスを降りたら、ガイドさんと一緒に昼食の場所、重慶飯店別館に向かいます。

この貿易ビル駐車場は、中華街からちょっとだけはずれていて、中華街に向かうのはいいのですが、戻るときはまるで迷路のようにどの道に入ったらいいのかわからなくなってしまう…らしいです。

そのため、重慶飯店別館まで向かう途中、要所要所でバスガイドさんがキッチリ何度も説明してくれます。


<重慶飯店別館>
なかなか高級なインテリアですが、団体客が来た時点で台無し(笑)
ホテルのフロントのような売店の前を通り、一般のテーブルの間を通って奥の席に向かいます。

個室もあるようですが、私たちのツアーでは2、3人の少人数ばかりだからか皆相席で座りました。

ここで食事をして、食べ終わった人から自由時間。
さっさと食べて観光に行っても良し、ここでのんびりお酒を飲んでも良し。

重慶飯店別館の感想は、こちらですでにブログにしています。
興味がある方はどうぞ。

→横浜中華街での食事、重慶飯店。はとバスツアーにて

<中華街観光>
11時半頃食べ始めて、集合は1時。
食事後、1時間ほどの自由時間がありました。

すぐ隣の中華街のシンボル、関帝廟を見て、そのままぐるりと周ってきました。

関帝廟通りにある山下町公園は憩いの場所。
ベンチもあって、ここで豚まんとかを食べている人も。

バスのなかで配られた『東京・横浜ぶらりマップ』によると、山下町公園の近くにある『横濱媽祖廟(よこはままそびょう)』は、縁結びのパワースポットらしいので、お一人様はお参りしてみてはいかがでしょうか。

もろに中国! って感じのところで、中華街からちょっと離れているからか観光客は少ないそうで、どちらかというと中国人の方のほうが多いスポットだそうです。

私はすっかり寄るのを忘れてしまいました。

だって、今回の目的は月餅買い集め!
バスの中で人気のお土産を紹介してくれましたが、眼中にナシ!

重慶飯店で買った
伍仁月餅


道なりに、頂好食品→紅棉→華正楼→(江戸清)→翠香園→同發→重慶飯店と巡りました。
おみやげに買った月餅・中華菓子は、計20個。

ここで時間切れ。
あと萬珍樓→大珍楼→聚楽に行きたかったのに、残念!

1時間もあるから大丈夫だと思ってのんびりしすぎました。
でも、時間があったとしても、買いすぎでかなり重たくなっていたので限界だったかも。

そのうち、月餅食べ比べをUPする予定です!

肉まんは華正楼と江戸清で購入してので、こちらもUPしたいと思っています。
あー、肉まん食べ比べ&買いまわりもいつかやりたいなー。

では、ツアーの目玉、八景島シーパラダイスへGO!


お酒のブログが他にもたくさん → お酒・ドリンク ブログランキングへ
にほんブログ村 家飲み






最終更新日  2015.06.10 23:17:26
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.08
カテゴリ:旅行・外食
遅々としてなかなか進まない、私的はとバスツアー詳細です(笑)
今日は、最初の目的地、ランドマークタワーです。

出発編 バス詳細編 バス移動編

添乗員さんの細やかなガイドを耳にしながら、横浜に到着。
ランドマークタワーのすぐ脇の道にバスを止めて降車しました。

バスは駐車場(地下3階にあるそうな)に向かい、人は徒歩でランドマークタワーに入って、細道を抜けてエスカレーターへ。

湾曲したエスカレーターに乗って、3階の「風の灯台」というモニュメントの前に到着。

この風の灯台付近が集合場所だということと、集合時間の説明を受けました。

スカイガーデンからの下りエスカレーターは5階で、風の灯台の反対側だとか、カーブしたエスカレーターの前だとか、バスガイドさんが何度もしっかりと説明してくれます。

その後、スカイガーデンに登るエレベーターに。
45人のツアーだったのですが、2組に分かれて乗りました。

日本最高速のエレベーターだそうで、エレベーターボーイのおじさ…お兄さんが速度とかの説明をしてくれます。

確かにメチャクチャ早いエレベーター。40秒ほどで到着するそうで、速度も表示されています。
そして、耳がキーンとつまるので注意。

スカイツリーにも行ったけど、ランドマークタワーの高低差による気圧の変化は全然違う。

耳づまりのひどさは異常!
なかなか回復しないので困りました。

耳抜きが苦手なアナタは、ツバを飲み込むとか、飴をなめたりガムを噛んだりするとか、あくびをしてみるとか、対策を覚えておきましょう。意外とクシャミも効果あるみたいですよ。

エレベーターを降りたら自由行動です。

スカイガーデンにはショップもあって、横浜のお土産やランドマークタワーウォーター、赤い靴チョコやグッズ、豪華客船飛鳥2でしか売ってないらしいお菓子とかを買うことができます。
横浜みやげとして大人気
赤い靴グッズ

ラウンジもあるので、景色を見ながらコーヒーやお茶を飲むのも良し、サッサと降りて買い物するのもよし。

そして、注意点!
ランドマークタワースカイガーデンのエレベーターですが、空いていてもすぐに乗れない可能性があります。

私が行ったときは、3機中1機しか稼動していませんでした。

また、降りる人の列が並んでいても、昇ってくる人がいないと動かさないみたい。
実際にかかる時間は40秒でも、昇りの客待ちで随分待たされました。

はとバスのツアー客でもこのワナにひっかかって、集合時間に遅れるグループがありました。
団体行動なので、こういった思いもよらないところで時間がかかってしまうと遅れた側、待つ側双方にストレスになりますね。

集合場所では、集まったグループはバスガイドさんに報告し、スカイガーデンのチケットを受け取ります。
このあたり、空いている観光地だからかスムーズな流れでした。

全員集まったらガイドさんがバスを呼び、ランドマークタワー脇の道からバスに乗って中華街に向かいます。

集合場所とバスまでは最短距離という感じで、長々と歩くことなく、待たされることもなかったので、良く考えられていると思います。

ランドマークタワーでは45分ほどの観光時間。
最初は短いなーと思ったけど、スカイガーデン自体があんまり広くないし、ランドマークで買い物するわけでもないし、十分でした。

ところで、スカイラウンジのエスカレーターですが、昇りはネクタイがなくちょっとラフな紺スーツ姿のおじさ…おにいさん。待っているあいだに居たのはオレンジのスーツに帽子姿のおねえさん。いわゆるエレベーターガールですね。

そして私たちが降りるときにはエレベーターガールと交代して乗ったのは、事務服みたいな制服のお姉さんでした。

なんでしょうね、この統一性がないまとまりのなさは。

そして、次は中華街編につづくのです。


お酒のブログが他にもたくさん → お酒・ドリンク ブログランキングへ
にほんブログ村 家飲み







最終更新日  2015.06.08 21:35:34
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.07
カテゴリ:旅行・外食
はとバスツアーの私的くわしいレポートです。
第3弾です。

その1 その2

はとバスといえば、都内観光。
でも、横浜方面のツアーだと移動中は寝てればいいのかな、と思ってました。

東京駅から高速使って横浜方面へ。

2階建バスは、一番前から座席になっていて見晴らしがいいのが特徴。
階段は真ん中あたりのちょっと後ろです。

ミニカーもあるよ。


よくあるバスガイドさんは、一番前に立って、座席方向を向いて案内するし、2階建てバスではただの移動だけでガイドは現地についてからなんだと思っていました。

ところがぎっちょん! (古い…)
さすが、はとバス。移動中もちゃんと観光案内してくれるんです。

階段のところからチョコっと顔をだして。
だた、前方の席の人にあわせているらしく、後ろの席のだとあんまり見えないかも。

「皆様、後ろから失礼します」(いや、前だし…)

「右側斜め後ろをごらんください」(後ろ、窓じゃないから見えないし…)

みたいな。

階段の位置からタイミングよく案内するのは難しいんでしょうね。
半分ほどは見えないか、一瞬で通りすぎてしまう状態でした。残念。

観光バスは、後ろが窓になっているタイプもありますが、はとバスの2階建てバス『エアロキング』はふさがれていてまったく何も見えない状態なんですよね。

観光案内は、出発してすぐから、都内、横浜市内、帰りも皇居や銀座などまで、かなり丁寧に説明してくれました。

さすが、はとバスです!


お酒のブログが他にもたくさん → お酒・ドリンク ブログランキングへ
にほんブログ村 家飲み






最終更新日  2015.06.07 22:49:13
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.05
カテゴリ:旅行・外食
昨日に引き続き、はとバスツアーの私的くわしいレポートです。
てか、まだバスに乗り込んでもいない(笑)

バスガイドさんからチケットを受け取ったら、そのままバスに乗り込みます。

<バスについて>
1日お世話になるバスは、三菱ふそうの2階建てバス『エアロキング』。
はとバスサイトによると、定員は49-64人で、環境性能はA/AAなんだとか。

エアロキング.jpg

環境性能がA/AAなのは、エアロキングにもいくつか種類があって、バスによってAだったりAAだったりとランクが違うのかもしれませんね。

2階建てバスですが、乗客は全員2階に乗ります。
1階は添乗員さんと荷物置き場。

はとバス荷物置き場.jpg

遠方からの旅行で、少々荷物が大きくても大丈夫そうです。


<昇降口>
昇降口はバス中ほど、ちょっと後よりにありました。
バス自体の車高が高いからか、入口も高め。

添乗員さんがステップを置いてくれるときと、無いときがあり、私はどっちでもいいのですが、母にとっては大問題。

足元が弱い人がいる場合は、バスガイドさんに毎回置くようにお願いしておいたほうが良さそうです。

特に、乗るときはいいけど、降りるときは要注意。

ガイドさんは昇降口ではなく、降車後の集合目印としてちょっと離れた場所にいました。ドライバーさんは運転席だし、最後に降りてステップがなかったら出してもらおうと思っても無理な様子です。


<階段>
バスという限られたスペースだから仕方がないのですが、すっごい狭いです。
螺旋を描くように階段があります。

手摺りはあるけど、一段一段が高い!
そして、ちょっと暗い。

乗るときはいいけど、降りるときは前後から人が集まるので譲り合いが必要。
が、結構気にせず片側からだけどんどん降りちゃう状態になりがちでした。

でも全員降りたのを確認してからガイドさんが動くので、気にする必要はないと思います。


<座席>
運転席は1階だし、バスステップも後のほうなので、最前列だと眺めが良さそうです。
私は後ろのほうだったので、最前列の景色はまったくみれませんでした。残念。

席はなんだか派手なシートです。
どことなくチャイナっぽい色とデザインなのは、横浜方面の観光だからかしら?

2階建てバス座席.jpg

2階建てバスは、通常バスにある網棚はありません。
バッグやおみやげなどの荷物は膝の上。

一応前の座席の背には、編みタイプのドリンクホルダー、小さなネットタイプの荷物入れ、荷物をかけるフックがありました。

ドリンクホルダーのネットはオシャレとは程遠く、いつの時代よ…みたいな気分になりますが、ちゃんと500mlのペットボトルを置くことができます。

座席は前後の幅が結構広いので、ちょっとした荷物は足元に置いてもいいかもしれません。(床に置くのを気にしないなら)

それから、私たちの席はリクライニングはできませんでした。
他の席もみんな背もたれの位置が揃っていたので、リクライニングはできない仕様にしているのかも。


<シート数・席順>
はとバスのサイトによると、定員は49-64人ということですが、どういう数え方なんだろう?
意外に席は簡単にずらせるのか、補助席まで入れているのか、はたまたバスによって席数を変えているのかもしれません。

私が乗った二階建てバスは、前方から1列目、左側からABCDという4席が並ぶ席順になっていました。
最後尾は14ABCD。途中に階段があるので、左側AB席は飛び数があるのかもしれません。

AB席とCD席は横に並んでいるわけではなく、ちょっとずれてCD席が下がったかたちで配置されていました。

階段右側の席は空いていて、後で配るため? のパンフレット等が投げ出すように無造作に置いてありました。バスの振動で揃えておいてもずれちゃうからかしら?

階段脇の席は、乗り降り等、動きが激しい場所なので、予約の際に一番最後になるのかなーと想像。

3人での申し込みは、前後席になる場合と、横並びになる場合と、横並びにならない場合があるようです。
私たちの近くの席では、こんな感じで分かれていました。

○○
●●

▲▲
□○
□□

離れた人に気を使っておしゃべりしにくいのでしょうか、○グループも□グループも、移動中は寝ているようで静かだったのが印象的です。

そんなこんなのバス内の様子でした。
まだ発車もしてないよー(笑)


お酒のブログが他にもたくさん → お酒・ドリンク ブログランキングへ
にほんブログ村 家飲み






最終更新日  2015.06.07 21:16:58
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

PR

日記/記事の投稿

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.