1186439 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

いわぴいのドラマ日記

January 5, 2006
XML
カテゴリ:ドラマ
 本当に美しく、そして悲しい終焉でした。やっぱり美女には悲しく切ない物語が似合ってしまうんでしょうか?真犯人を確信したときの古畑任三郎の苦しげな表情は事実を信じたくない人間的な心と事実を見つめなければならない刑事としての使命とのせめぎ合いから生まれたものだったんでしょう。

 脚光を浴び続ける妹と影でひっそりとした存在のおとなしい姉。美しい双子の姉妹に隠されていたのは嫉妬の心でした。そしてそれが形になったとき、殺人という狂気が生まれてしまったんですね。脚本家として二人一組で大成功していながらも、やっぱり人の心にはそれ以上のものを求めてしまうところがあるということを嫌というほど感じさせられたような気がしました。

 今回もいたるところに伏線が敷かれていましたね。特に入れ替わったシーンは、入れ替わったことを台詞の端からは感じ取ることが出来たんですが、キャラクターまで完全に入れ替わっていたので、台詞自体が間違っていたのかと思ってしまいました。おとなしいお姉さんが一瞬だけ派手な妹に変身することはできても、妹がお姉さんの暗い雰囲気を出すことはないと思っていたので、あそこで僕は完全にはめられてしまいました。

 カフェでの二度目の待ち合わせでもみじが怪訝そうな顔をしたのも伏線だったんですよね。「本当に着ちゃったの?」と思っただけかと、またもや目を凝らしてみていたにもかかわらず引っかかってしまいました。やっぱり三谷幸喜の脚本は秀逸です。僕の注意力がないだけなんでしょうか・・・?

 古畑任三郎の推理も見事なものでしたね。音に反応する人形しかり、静脈認証のトリックを見破ったこともしかり、ひとつひとつの状況証拠に無駄がないつくりになっていたような気がします。化粧道具を隠すところまで手の込んだ行動をとっていながら、それを逆手にとって犯人を追い込んでいくところなんかは本当に見ごたえ十分でした。熱帯魚の水槽に写ったもみじは自分の犯行がばれたときにはホッとしたんでしょうか?

 正直、いくつかの手がかりだけでなく、そこからいくつもの枝葉が出てくる秀逸な推理ドラマってなかなかないですよね。犯人がわかっていてもそれ以上に深まる謎が次々に現れてくるだけに最後まで飽きることのないドラマでした。しかも、「ラストダンス」はすごくおしゃれな演出でしたし。これで最後かと思うと残念でなりません。次回作はないんでしょうか?できれば復活版としてさらに続けていってほしいなと思ってしまいました。

人気blogランキングへ
週刊ブログランキング
TV Drama★Ranking
週刊ブログ王

ブログランキングに登録してみました。よかったらクリックしてください。宜しくお願いします。

ドラマ日記トップへ

<ドラマを見終わって>
 ブログを二つ作るって意外に大変なものですね。両方の運営をきちんとやっていこうとするとかなりの労力を使うものだということがなんとなくわかってきました。ドラマ日記は息抜きというか生活の一部なのでこれからも続けていきますが、これからの仕事のことも考えていかなければならないので、出来るだけ早くペースをつかんでいきたいと思っています。読んでくださる皆さん、これからもよろしくお願いいたします。

新年から本業のブログも立ち上げてみることにしました。まだ駆け出しですが、よかったらご覧になってください。
罰則・法律どっとこむへ






最終更新日  January 6, 2006 12:02:27 AM
コメント(10) | コメントを書く
[ドラマ] カテゴリの最新記事


PR

プロフィール


いわぴい2513

カレンダー

フリーページ

お気に入りブログ

野乃華のノート 野乃華さん
テンプレートとアク… でめらら58さん
●Hokkaido & Travel … wind0625さん
Takara's Wisecrack 10wingsさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.