1170742 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

いわぴいのドラマ日記

January 14, 2006
XML
カテゴリ:ドラマ
 やっと見ることができました、今回のイチオシドラマです!小説版とは全く切り口が違っていましたが、ドラマ化するにはこの方法しかないだろうなあという演出の仕方で、見ている間にぐんぐんと物語に引き込まれていってしまいました。原作のリアリティはほとんどそのままに白昼夢の中をさまよっているような感じで2時間があっという間に過ぎ去ってしまったような気がしました。

 正直、主人公二人の気持ちを思うといたたまれない気持ちになりますよね。まだ、子供のうちに見せ付けられてしまった本当に辛い現実が二人の人生に重くのしかかっているのが本当に辛くなってしまいました。自分の親に生活のために体を売るように強要された雪穂の心はあの時点できっとずたずただったことでしょう。その切り裂かれた心の隙間を埋めてくれた初恋の男の子の父親が自分を傷つけた張本人だと知った時、彼女の希望は完全に失われたといってもよかったのではないでしょうか?

 亮司も耐えられないほどの屈辱と孤独を味わったんでしょうね。初恋の女の子を傷つけたのが自分の父親だったということで、目撃したときのショックは計り知れないものがありました。父親に詰め寄って思わず刺してしまったときの亮司には同情してしまいましたね。自分が同じ状況に立たされたら、きっと同じことをしたんじゃないかと思います。

 貧乏が生んだ悲劇とでも言ったらいいんでしょうか?自分の父親を殺したはずの亮司が雪穂にとっては、救世主として思ってもらえたことだけが唯一の救いだったような気がします。それでも、亮司のおびえを救うために雪穂が「あたしがやったことにする」「もう会わないほうがいいと思う」という言葉を投げかけたときには胸が痛くなりました。すべてを一人で抱え込もうとした彼女の絶望と孤独はこれからの物語全体を包んでいくことになるんでしょうね。

 ただ、雪穂が母親との無理心中で母親に亮司の父親殺しの罪をうまくかぶせようとしたにもかかわらず、笹垣刑事は執拗に事件を調べていました。子供たちに向ける絡みつくような視線は見ているこちらまで凍りつくような感じがしてしまいました。事件が起きた当初から例外なくすべての人を疑ってかかるところなんかはまさに刑事の鏡ということなんでしょうが、どうしてもドラマの中では亮司と雪穂を応援したくなってしまうので、笹垣が悪者のように思えてしまいますね。

 武田鉄矢の演技力もさすがでした。何か疑わしいことがあると表情が鬼のように変わるところやすべての証拠を何気なく見つけて疑いをかけるところなんかはひとつひとつの演技を大切にしている感じがしましたね。領事に向かって毎回のように最後に「またな」と言って去っていく姿は不気味ですらありましたね。僕が亮司の立場だったらすぐに事実を話してしまいそうな得体の知れない恐ろしいオーラが出ていたような気がします。このオーラに雪穂と亮司の二人はどう立ち向かっていくんでしょうか?

 来週は一気に時代が飛んで、二人の高校生時代のエピソードが出てくるようですね。亮司の立場から描かれているので、雪穂がどう絡んでいくのかが焦点になりそうな気がしますが、どういう展開になるんでしょう?小説とは違った楽しみ方が出来そうなので、来週も期待大ですね。それにしても、時代設定もしっかりしていましたね。武田鉄矢との絡みもあって「101回目のプロポーズ」の「僕は死にません!」を子役二人がやっている時はちょっとだけホッとさせられました。

人気blogランキングへ
週刊ブログランキング
TV Drama★Ranking
週刊ブログ王

ブログランキングに登録してみました。よかったらクリックしてください。宜しくお願いします。

ドラマ日記トップへ

<ドラマを見終わって>
 これも子供たちの犯罪がテーマですが、なんだか昨今の世情を反映しているようですよね。このドラマの場合はやむにやまれない事情と言うこともあるので、悲劇と言うことで成り立ってしまいますが、現実世界のほうがよほど恐ろしいのかもしれません。ただ、このドラマを通して犯罪者の犯罪後の辛さなんかを知ることが出来れば、現実の事件も減るかもしれませんね。

新年から本業のブログも立ち上げてみることにしました。まだ駆け出しですが、よかったらご覧になってください。
罰則・法律どっとこむへ






最終更新日  January 14, 2006 11:46:22 PM
コメント(10) | コメントを書く
[ドラマ] カテゴリの最新記事


PR

プロフィール


いわぴい2513

カレンダー

フリーページ

お気に入りブログ

野乃華のノート 野乃華さん
テンプレートとアク… でめらら58さん
●Hokkaido & Travel … wind0625さん
Takara's Wisecrack 10wingsさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.