850098 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

こごとむすひ

PR

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Favorite Blog

観えてきた「扇(奥… 【 たまのを 】さん

びいばのぶっちゃけ… びいばさん
新月の願い 紗々美さん
■電子の小箱 ple-plusさん
゚・*:.。.sarigenaku.。… 。。。 和 花 。。。さん

Profile


ホワイトターラ

全228件 (228件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >

神社

2017.12.19
XML
カテゴリ:神社
2017年12月23日(土)第二回 巫女作法講座「座礼」@麹町を行います。
13時〜15時 3500円

この講座は、本来、玉澤会という 巫女舞を奉納する、
巫女として神社奉仕をする会員対象者の講座なのですが、

会員以外の方でも、参加したいというご希望があった為、
一般の方も「2名様」「女性のみ」の席をご用意させていただきました。

講座では基本の作法を丁寧に行いますが、
初心者の方に丁寧に教える類のものではありません。

巫女さん達と共に、同じ事を一緒に学びます。
正直、はっきりとわからないということもあるかもしれませんが、
神社は「見て学ぶ事が大事な場所」ですから、全く問題ありません。
また深めていけばよいのですから。

ただ神社の中での実際に使われる作法を形だけではなくリアルに体験することができます。
今回の講座は、形だけではなく、気持ちを込めて行う作法を学びます。
ご希望の方は​​こちらのHPのメッセージ​​にてお申し込み下さい。先着順になります。

第二回の12月23日は「座礼」のお作法になります。

座礼は、立礼よりも難しいのですが、正式な神事ほど座礼のことも多いです。
この講座内容は、本を読んでもなかなか理解できないところですから、
ぜひみなさんに講師から直接学んでいただきたいです。

内容は
坐礼で、立つ、座る、回転、
円坐への付き方、
円坐での立ち方、
玉串奉奠 坐礼バージョン

神社奉仕をする際に必要なお作法です。
 

 

また今回は、装束の都合で(装束で作法がかわります)「女性のみ参加の講座」とさせていただいております。

 

内容によっては、男性も参加できる講座も次回以降あると思いますので、またご案内させていただきます。

 

玉澤会

 







Last updated  2017.12.19 12:48:41
コメント(0) | コメントを書く
2015.09.07
カテゴリ:神社
メルマガに書いたものですが、
「知りたい人も入ると思うよ?」という家族のアドバイスにより ブログにも転載します。

///////////////////////////////////////////

いまだからこそ お伝えしたかったことがあります。

それは「先祖供養」に関してです。

「先祖供養をしないと、幸せになれないよ!!!」なんていうことをお伝えしたいわけでは決してないのです。

でも、、、

先日 母に会った時

「あなたにはね、感謝しているのよ。先祖供養してくれて〜」って第一声で言われました。

母!!なぜ、一日前に 先祖供養の申し込みしたの知ってるの?!と驚きましたー(笑)しかも第一声(笑)

ああ、なんだかばれてマス(笑)そして先祖供養に関する情報をお伝えするようなサインきた!!

いつも、神社仏閣参拝のときに、「これ♪」と思うものがあれば
気軽に ご先祖様のご供養を申し込みしていますが、やはり
タイミングを狙うと より 気持ちが届くような気がしています☆


 ◇   ◇   ◇   ◇   ◇    ◇   ◇


というわけで、お彼岸直前「オススメ先祖供養」情報です♪♪


いままで、沢山の神社仏閣に参拝して(神社の方が確実に多いのですが)

ここの先祖供養はいいなあ〜と思ったところ、トップ3は☆☆☆

○春日大社の先祖祭

○出羽三山の霊祭殿での先祖供養

○三十三間堂の先祖供養

です♪♪


そして 噂によると

「春日大社の先祖供養」と「浅草寺の先祖供養」は凄いらしいです☆
浅草寺はカルマにもいいといっていたような。ネット検索すると
その意味がなんとなーく分かると思いますよ。

□◇◇◇浅草寺◇◇◇□

この春日大社と浅草寺2つの先祖供養は凄いご利益あるらしいです。
浅草寺は観音様をお祭りしているから余計にいいのでしょう♪

浅草寺については、お彼岸期間はもちろんご供養してくださいます。

観音様の御縁日が18日ですので、9月18日にご供養されることもいいでしょう。
(申し込みして当日ご供養なのか、翌日なのかは御自身で確認してくださいね)

あともちろん秋分の日である中日もいいでしょう!!オススメです。初日や最終日もいいですね。
というか、しないより、するのがいいにきまっている☆
そして 形だけより 気持ちが伴っているのがいいにきまっている!!ですね。

だいたい3000円でしてくださるようです。

ちなみに 7月10日も とってもオススメ☆
この日にお参りをすると「4万6000日お参りしたほどのご利益が得られる」といわれている日だから。

参拝するだけでもいいし、ご先祖様のご供養にもいい☆☆

□◇◇◇春日大社◇◇◇□

春日大社では ご先祖様が冥界で幸せに暮らしてもらえるよう日々祖先祭をされています。

参拝した時には お賽銭箱の横にある 霊札に必要事項を
記入してお申し込みになられると良いと思います。気軽にお申し込みできます。

そして 春分、秋分のお彼岸には

とくにいま時期は 秋季祖先祭が ありまして、千円から お申し込みできます。

わたしは、前回 春日大社に参拝した際に 祖先祭にお申し込みしたので、

神社から お知らせが来たので、申し込みしました!!!!!!!!!!!!!!


みなさんにお伝えしたいのは、たぶん、「いまなら」神社に問い合わせると、「いまなら」申し込み用紙を送ってくださると
思いますので、ご希望のかたはすぐにお問い合わせするといいです。郵送で申し込みできるのです☆

霊験奇瑞を集録した鎌倉時代の「春日權現験記」には、

冥界において春日明神が御神威を発揮されている説話が多く納められていて、

「春日明神を信仰した者はこの地獄に堕ちても第三殿 御祭神 天児屋根命が地蔵菩薩に姿を変えて救ってくださる」
「孝行を尽くす者はけして地獄には堕ちないと云う春日様の御神託」等等載せられているそうです。


□◇◇◇出羽三山◇◇◇□

出羽三山は往古より先祖の御霊の鎮まり給う霊場のお山としても深い信仰をあつめており、
羽黒山では三神合祭殿へお参りの後、霊祭殿でご先祖や所縁の御霊のご供養をする習わしがあるそうです。

出羽三山は月山神社と羽黒神社、湯殿山神社の3つからなっていますが、
どこでも ご供養ができます。ただし、月山神社は山開きをしている間だけ参拝可能。

わたしは月山の登って参拝したことと、羽黒神社、湯殿山神社でご供養をしたことがあります。

羽黒神社では、本殿横にある 霊祭殿で先祖供養がお申し込みできます。
先祖や亡くなった身内、親しい知人友人、供養してあげたい人の御霊を塔婆をあげて、
神職に御霊なごめの祝詞を奏上して頂きます。

ちょうどお彼岸の中日に 羽黒神社でご供養をしたのですが、
一緒に行った方は、、、

申し込みするあたりからイライラしはじめ、ご供養が始まると、グラグラ揺れ始め、終わったら「すっきりしたー!」って(笑)
その方とは前日にも 湯殿山神社でご供養を一緒にしたので、中日のエネルギーの強さにびっくりした記憶があります。

(それと 湯殿山+羽黒の両方での先祖供養が良かった気がします。なんといっても、先祖供養の意識がない
海外の血が入っている方だったから)

タイミングって大事ですよね。

私は 湯殿山神社でのご供養がオススメです。でもね、ここでのことは他言無用なのがセオリー☆
出羽三山は そういう場所です。

湯殿山は

 「古来より出羽三山の総奥之院とされ、他言禁制の最神秘の霊場として、三山の中

 でも別格な霊場とされていた。」そうですよ☆

そして 元々神仏習合ですので、周りには 素敵な寺社が沢山あります。
時間がなくて 私はまわっておらずご紹介できませんが、
きっと 素晴らしいご供養してくださるお寺もあるにちがいません。

□◇◇◇三十三間堂◇◇◇□

観音様が千一体いらっしゃるのだから、先祖供養にはぴったり☆☆

たしかにそうなんですが、こちらは 受付くださるお坊さんの対応が
心をうちます。毎回違うひとが 受付なんですが、
「きちんと お経をあげてくださる!」と確信が持てるような対応なのです。
たしか申し込みした日か1週間お経をあげてくださると思います。
(確認要。いつでもご供養してくださいます。値段は千円。お彼岸は6日間ぐらいかも。)

修学旅行生など沢山くるような場所ですが、ある一定のきちんとした節度をもって
ご供養をしてくださる、そんな感じがする場所です。


□◇◇◇深川不動尊 ◇◇◇□

こちら東京下町の 深川不動。 こちらの内仏殿4階に 小さな卒塔婆が置いてあり、
そこに 記入して、500円でご供養をしていただけます。

お彼岸の彼岸大法会は「古来お彼岸の中日は、亡き方々の追善菩提を祈る大切な日とされ、供養法要が営まれてきました。ご先祖様や水子のお塔婆を建立しご回向します。法要後には、回向碑と御香をお渡しいたします。
年に2回、3月および9月の中日
5千円以上、8千円以上、1万円以上」だそうです。

  ◇   ◇   ◇   ◇   ◇    ◇   ◇

その2につづく。。。






Last updated  2015.09.07 19:10:11
コメント(0) | コメントを書く
2014.06.11
カテゴリ:神社



2014年6月8日

三峯神社さんには前日入りする予定でしたが豪雨で電車が運休&遅延したため、
朝一の電車で 神社へ。

雨が降っていましたが、奉納中は雨がやむという不思議な時間でした。
(奉納が終わると雨が降ってきました)

霧が立ちこめ、さらに荘厳さと 緑のかぐわしさで 満たされる三峯神社の境内。
素晴らしかったです。

奉納が終わった後に、神社の信者さんから
「また (巫女舞奉納を)してね。またきてね」と言われたのがとても印象的な今回の奉納でした。

三峯神社さんは とても素晴らしい気が、木がありますので 休日は信者さんもひっきりなしに
いらっしゃいますが、(それでも 静寂さを感じられる素晴らしい境内です)
そんななか 神社の神職の皆様、ホテルのみなさま、関係者の皆様には
大変お世話になり 感謝しております。
ありがとうございました。






Last updated  2014.06.11 22:09:11
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.30
カテゴリ:神社
Still0504_00002-300x168.jpg

5月1日 江東区亀戸・亀戸天神社 藤祭りにて

巫女舞奉納をします☆ 1130~1230

何種類かの舞を舞います。

今年の藤はさかりを超えて 散り始めているようですが
遅咲きの藤も美しいです☆

藤の甘い香りにつつまれた境内☆

ぜひご参拝ください。







Last updated  2013.05.01 03:50:31
コメント(0) | コメントを書く
2012.12.27
カテゴリ:神社
伊勢神宮の内宮のお守りを お土産に9体いただいてきました。

お守りは 一つ二つと数えずに 一体二体と数えます。


久しぶりに参拝することができた伊勢神宮。

通常の三色の他に ピンク色の袋に入ったお守りがありました☆
でも、外宮は 三色だけでした。

内宮は 袋状 外宮は 勾玉の形の袋をしています。
(他にもお守りありますが)

9体のお守りを それぞれの方の元に送る際、

その方に 合う色を選んできました。

袋詰めのときも 確認をしたのですが、

やはり 伊勢神宮のお守りって 効果すごいと思います。


綺麗な綺麗なピンク色のお守り。

ぜひ 伊勢神宮外宮&内宮とお陰様参りして 確認してみてくださいね♪

写真でみるのと 実物では やはり 全然違いますから♪







Last updated  2012.12.27 14:25:59
コメント(0) | コメントを書く
2012.09.11
カテゴリ:神社

恩頼のふゆを かがふりまつりて さしのぼる みたま BY 宮

 石巻海岸奉納みたまなごめ.jpg

2012年9月9日早朝。

石巻の海岸で、みたまなごめ舞と浦安の舞。

石巻の例祭。

重陽の節句のお祭り。 と 舞を奉納させていただきました。

沢山の人や存在に支えられて 奉納できたことを 実感した奉納でした。 


色々な不思議な体験もしました。

・・・そして 逆に石巻からパワーをいただきました。

石巻の人たちは いろいろなご苦労もあると思うのですが

ぱあああ~きらきらと 周りが明るくなるような笑顔をされます。

東京ではなかなか 見れなくなった笑顔。

震災で大変なのは石巻なのに、東京の人たちの方が元気がないぐらいです。

もちろん 石巻の人たちが 元気な人ばかりではないのは事実ですが

でも 輝く笑顔や 希望や光があるのも事実です。


海での奉納では 舞人としては 風が強くて 装束もすごいことになって
大変ではあったのですが、、、そのときの写真をいただいて、
舞っている本人がいうのも なんですが とても 素敵な写真だと感じ、

舞が みたまや 神様や 石巻の大自然に

届いているような気がして とても嬉しかったです。

浦安を舞った時。

目の前で 魚が大きく飛びあがり熱帯魚

舞が終わると また さらに大きく飛び上がり熱帯魚上向き矢印

お腹がキラキラきらきらと銀色に光ったのを覚えています。

とても不思議なタイミングでした・・・

 

宮司先生からは 来年の3月11日に・・・と 巫女舞のお話がありましたので

機会がありましたら 皆様 ぜひ 一緒に 奉納に行きましょう♪

 

本当に有難い体験をさせていただきました。

みなさま ありがとうございますm(__)m







Last updated  2012.09.11 15:58:29
コメント(0) | コメントを書く
2012.08.30
カテゴリ:神社

9月9日の石巻奉納を目前にして 出羽三山へ行ってまいりました。

羽黒山。月山。湯殿山の三山で 出羽三山。
(月山頂上の月山神社、羽黒山頂上の出羽神社、湯殿山中腹の湯殿山神社)

石巻の神社さんは、羽黒神社さんというお名前のこともあり

タイミングもあって 参拝登山をすることができたのですが、


出羽三山は 、「行の山」「浄めの山」であり
死者供養・祖霊信仰の山でもあったのです。

参拝すると 震災犠牲者の冥福と被災地の1日も早い復興を祈っている様子が

何度も伺えました。

鎮魂のための舞を奉納する直前という
 とてもいいタイミングで 参拝させていただけました。


一度 月山を一人で登山したことがありますが

今回は 月山→湯殿山へ抜けることもあったので 二人で行きました。

鎖場のなんと・・・一人でだったら 不安が大きいと思います・・・

 


結果・・・修行目的以外の方で 月山→湯殿山へ行かれる方は ほとんど
いません。

一人での湯殿山登山は お勧めできません。

月山から湯殿山へいく山道に入ったら 誰ともスレ違いませんでした・・・ 



もし 羽黒→月山→湯殿山と参拝登山したい方は

ぜひ 先達さんと共に行かれてください☆

大自然と本格的な修行が待ってます☆

8月31日が締切の 女性だけの修行が 出羽三山であるそうですよ☆彡
(安易な気持ちでは 参加はおすすめできません。厳しいと思います)







Last updated  2012.08.30 19:20:09
コメント(0) | コメントを書く
2012.05.17
カテゴリ:神社
私たちのお仲間のうち 初めての巫女舞奉納の模様です。(私は舞っていません)

初めて神前で 舞ったメンバーなのですが 音楽でトラブルが!

けれど 動揺せずに舞えていたと思います。

練習はもっと必要ですが、そこは 頑張っていたなあ(‐^▽^‐)と 思います♪♪

また皆で精進して 奉納ができるように頑張りたいです。









Last updated  2012.05.17 19:25:16
コメント(0) | コメントを書く
2011.10.31
カテゴリ:神社
先日と同じ内容の浄化&神社参拝 @ハロウィン も無事終了。



前回の温泉DE浄化後に 彩雲に導かれ 神社の本殿前でおまいりしようとすると

「東日本震災復興祈願祭」が行われるという流れで、

ひしひしと 感じていた予感どおり



今日ハロウィンのツアーも「特別」だったようです。


やはり、温泉DE浄化後、神社に参拝し、「祈願祭にご参列ですか?どうぞ」と神主さんに

導かれるままに・・・・


すると 典儀さんが おっしゃいました。

「ただ今より 東日本震災復興特別祈願をおこないます」と。


ん?いま 特別とおっしゃった?

確かに、神主さんが 二人いて 今回は 典儀さんが いるけれど・・・

典儀さんによって 儀式が進行していくのです。進行役です。
(あ、正しくは 典儀さんが 祭主も兼ねていたけれど)

すると 大きな太鼓が鳴りました。

そして 舞が始まったのです!!!

本当に 特別祈願祭でした。

最後に 「みなさまの思いは 神様に必ず伝わります!!!」と神主さん。


あああ、なんだか 神主さんを通して 神様からお言葉いただいたなあと感じました。


何かあると感じていて、神社参拝ツアーの方と食事のときに
復興の意図をもって(汗を出して浄化した後に、ただただ普通に復興を祈ることの意味。)
 参拝することの話を伝えておいてよかったと一安心♪♪♪


神社参拝後は 何人かでお茶をしたんですが、

まるで ガールズトークのように  心の平安や目に見えないことの
話をして、おなか抱えて 爆笑してました大笑い

・・・・想像しにくいでしょ?(笑)


そういうことで 爆笑できるって なんて幸せなことなのでしょうウィンク

ハートの中心にいることの話をしていると 話しているそばから お隣で

瞑想のような 静かな状態になったり、それが 周りに伝わっていったり。

でも ぜんぜん 不自然ではなくて 穏やかで 笑いがあってね。

しかも 自分たちの話題。人の噂話とかではなくてね。

自分がどう感じるかという話。誰も 否定しない。ただ聞いている。受容の姿勢。

でも 宗教ぽくない。 感覚の話だし、下手するとしゃべってない。

ジェスチャーしている(笑)


一度 この模様をみてみたいひとは ぜひ 神社参拝に参加してみてください。
きっと あなたも 笑うでしょうウィンク


神主さんの祝詞を聞いていたとき

「涙がでそうになった!!!で ここが・・・」とハートを触りつつお話してくれた方がいてを、


「そうそう!! 涙が出そうになって ここがこんなかんじで!!! で こうなって!!!」と うなずきながら と同意する。


つまり 神主さんの祝詞がよくって 感動した!!という感じに近いけれど、

それだけじゃない 目にみえない何かを 祝詞を聞いていて感じていて、

それが ハートのあたりから 湧き上がってきて 体も前屈になってきて・・・

泣きそうになちゃって がんばって 耐えたー みたいな(笑)


ちなみに 私はそのときそう感じなかったです。
・・・でも 土曜日の祈願祭で おんなじこと
体験していた(笑)

「すごい胸に響く祝詞でしたー。って神主さんに伝えればよかったのに☆
きっと うれしかったと思うよ。」なんて
話が続いたりしてね。


・・・復興のための特別な祈願で、みんなの祈りの気持ちや その祝詞を作った神主さんたちの
気持ち、言霊、舞などが 震災地だけではなく 参列して 祈りをする 私たちにも

通じるものがあった ということだと思うのです。


その場にいた人が 同じように 「ここがー」と 指をさして 表現する様が

 かわいらしくて♪ 素直で♪ おかしくって♪


浄化をするための温泉をプラスした神社参拝ツアーだったり

大自然をプラスした神社参拝ツアーを 最近集中して 行っていますが、

本当に いまは みんな 目覚めのときで。

本来日本人のもっていた 感覚。芸術。思いやり。などを 思い出すタイミングが

きているのだと リアルに感じます。


そして その感覚を呼び覚ますことが いまを生きやすくするのだと

そう感じます。


日本人として 日本に生まれたたこと。

いま 日本にすんでいることに とても 感謝するとともに、


もっと たくさんの人が 日本人であることや 日本人のもつ心・大和魂を 

誇りに(DNAを超えて 大和魂をもつ外国の人も含めて)思ってもらいたいと思います。






Last updated  2011.10.31 21:28:08
コメント(0) | コメントを書く
2011.10.30
カテゴリ:神社

超浄化(源泉100%温泉)&神社参拝ツアーをしてきました。

前回の巨大クリスタル風呂とは また違う魅力の温泉で

みんなでキャーキャーさくら

体も心もマインドも、スッキリ☆さっぱり☆ツルツル☆になってきました。

温泉をでて 神社に向かっていると

彩雲がきらきら

しかも 神社のある場所の上にでていました。

「これは 何かのお知らせかしら♪♪」と神社へと向かい、

手水舎により 摂社末社に参拝し、本殿前に到着し

さあこれから お参りしよう みんなで一列にならんでいたら・・・

神主さんが こちらにいらして 

「これから 東日本震災復興祈願祭を行います。ご自由にご参列ください」

とおっしゃる。

あまりのタイミングのよさからして・・・これは!!と思い、

皆で 復興を祈り 参列させていただだいた。

 

じつは温泉には 約5時間ぐらい滞在していて

汗をだしまくった。

のちほど報告があったけれど その場所の食事は種類が豊富で沢山たべたのに

家に帰ったら1.5KG痩せたそうだ。

そのぐらい 沢山浄化した状態で、神社参拝へ。

そこへの祈願祭への参列・・・

人は祈る前に どれだけ浄化潔斎が必要なのだろう?

潔斎食までは 食べていないけれど、どれだけ 岩盤浴で浄化したことか!!

どれだけ サウナや源泉かけ流しに入ったことか!!

 

巫女舞奉納前や 巫女としての御奉仕するときは 食事からも 潔斎食にし

潔斎にはいるけれど、

いまや 一参列者としても 祈りの前は それだけのレベルを求められているのかと

驚いた!!

 

もう、神主さんだからとか なんとか関係なく

その場に居合わせた誰もが 神主さんと同じように

祈りを捧げるお役目だったのだな と感じたし、

きっと誰もが 今後もそういうことが 増えてくるだろう・・・と感じた。

 

 

とても素晴らしい温泉で約五時間、汗を出しまくって 頭も心もマインドも

浄化したレベルで 初めて 神と向き合う、祈りを捧げるのに

ちょうど良いレベルということを 優しく教えてもらったと感じたし、

祈らせていただける程度まで 浄化できたというお印をいただいたような。

 

神様は優しく導いてくれたけれど・・・求められていることは 現実的に厳しい。

とってもリアルでした。

 

そして、いい状態だから 神様と通じやすかったのかもしれません。

200円の御神籤と 100円の御神籤を引いて 内容は全くの同じでありました(笑)

あはは♪♪♪







Last updated  2011.10.30 17:24:44
コメント(0) | コメントを書く

全228件 (228件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.