846093 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

こごとむすひ

PR

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Favorite Blog

「富士山」から伊豆… 【 たまのを 】さん

びいばのぶっちゃけ… びいばさん
新月の願い 紗々美さん
■電子の小箱 ple-plusさん
゚・*:.。.sarigenaku.。… 。。。 和 花 。。。さん

Profile


ホワイトターラ

全61件 (61件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

2014.01.07
XML
カテゴリ:
昨年夏にナチュラルスピリッ名著『ハトホルの書』の大改訂版
ハトホル・サウンドの新CD付!

今までの『ハトホルの書 改訂版』を大幅に見直し加筆・修正。
付属のCDも旧版とは異なり、新しくなっています。

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・

わたしたちは、この惑星で進化を遂げつつある人類をとても長いあいだ見守ってきました

シリウスの扉を超えてやってた愛と音のマスター「集合意識ハトホル」
古代エジプトから現代へ甦る!

新たに、秘法「意識の超次元的トレーニング」を一挙公開!


目次
私の旅―ハトホルに出会うまで― トム・ケニオン
第I部 アセンションした文明からのメッセージ
第II部 意識の幾何学(意識の超次元的トレーニング)
第III部 ハトホルが語る宇宙と人類の諸相
(付録)光の薬:放射線被爆、神経毒、最近やウイルスから身を守るには。
心臓をとおしたエクスタシーのワーク

トの社長さんから聞いていて、
ずっと待っていた ハトホルの書の改訂版♪
付録CDも新しくなって、おすすめです☆






【送料無料】新・ハトホルの書 [ トム・ケニオン ]






Last updated  2014.01.07 21:34:52
コメント(0) | コメントを書く
2009.07.12
カテゴリ:
前に出版された瀬織津姫物語につづき、


瀬織津姫物語

七夕に 「瀬織津姫秘話 縄文の女神とともに」が 発売となりました。

瀬織津姫秘話

あまり 書くと ネタばれしちゃうので かきません(笑)

今回の本は 「えー、そんなこと かいちゃっていいの!」的なことが
書いてあって。。。 たとえばどんなことかというと 具体的な神社名+イニシャルだけど
誰だかわかってしまいそうな神主さんとの会話。

ご本人がよければ ぜんぜん問題ないけれど、知らないんだったら ええええ~っ
 それ 神主さん書かれていいんだあーてな 感じのことです。
 でも 読んでいる側として それが 面白くあったりもする♪

すごく 読みやすい本です。

ただ、 この方は 正直に神道には 前は興味がなくって 知識がないということを
本に書かれていますが、

ちょっと 神道系の知識がある人にとっては

はあ~と ため息が つきたくなってしまう記述が 多々あったり・・・・

でも それも ある意味 面白いっていったら 面白い。
ツッコミどころ 満載だもの。


軽く読めて 面白い という人と 軽すぎると思う人と 両極端に分かれる本だなと
思いました。でも それが まさに「本」ですよね☆

スピ系初心者には お勧めです。

個人的には 前作の方が 面白かったかな。

ただ、やっぱり お役目があって この本が書かれているのだと 私は感じます。
タイミングも素敵☆






Last updated  2009.07.12 20:27:45
コメント(5) | コメントを書く
2009.06.10
カテゴリ:
こういう本が 世に出回るということが 私にとっては
嬉しかったデス♪ 漫画?で書いてあるから わかりやすいし♪


天皇論


宮中祭祀を減らすことは 天皇によって 日本のために、日本国民のために
平和のために 祈っている 祈りの力が↓ということ。

それが どんな影響を与えるのか 無くなってみなければ

わからないでは おそすぎる。。。。

最近 宮司さんの定年退職のこととか、
供物をなぜ神前に上げるのかなど
諸々を 質問されました。

こういう質問をうけて 私は頭が???でした。え?知らない??という感じで。

でも この質問が嬉しかったです。
神道に興味があるってことですものね♪

宮司さんによっては 定年退職の人もいるし
そうでない人もいる。(いろいろ都合が・・・)

宮司が高齢で 体に悪いからって お祭りに参加しないでもらうって
あるかもしれないけれど、

ようは 本人のやる気なんだと思うんですよねー。

宮司さんが 定年で 体にも悪いから 神職をやめさせたらいいって
簡単にいうのは

天皇も 高齢で 体に悪いから お祭り減らしたらいいっていう人たちと

おんなじ考えだと思うんですよね。

目的意識をきちんともっている人が
祝詞読むのと 読まないじゃ ぜんぜんちがうし。

自分が 交通安全とか 受験合格とか
祈祷を受けるとき やる気のある神主さんに担当して
もらいたいと思うのは 誰でも当たり前のことですよね・・・


確かに 天皇にはお健やかでいていただきたいけれど
いろいろなことを知っていて、この考えにいきつくのと いきつかないのでは
大きな差があると思うんですよね。

だから この天皇論を 沢山の人に読んでもらいたいなーと思います。
そして いろんなことを考えてもらいたい。


最後の 最後の女系天皇 or notのところだけ ???とおもったけれど
あとは わかりやすくとっても書いてあって。

皇室バッシングのこととか(私も知っていたけれど)

権威を持っている人たちがめちゃくちゃ言ってはるのを
きちんと 小林さんは 説明してくれています。

マスコミを鵜呑みにしては いかんのです。

中庸タイプの私が あんまり こういうこと書くのは
苦手なんですが

今は 日本のためにも この天皇論を 読んで
日本のこと 皇室のことに 興味を持ってもらいたいです。

小林よしのりさんが 言っていることが事実なのかも 調べてもらいたいな♪


天皇論






Last updated  2009.06.10 21:34:46
コメント(5) | コメントを書く
2009.04.08
カテゴリ:
高田祟史さんの新しいシリーズ「カンナ」

キリシタンの聖地に行く前に

手に取った



天草四郎が なんで四郎って名前なのか・・・

とか

天草ローマ字とか

知らないでしょ?

この人の本は フィクションだけれど 歴史的事実がかなり入っていて
神社仏閣好きにはたまらないです(今回 教会好きもくわわったかな♪)


主人公は神主さんだし♪

このほかに 飛鳥




吉野(これが一番最新版♪)



いま櫻が綺麗でしょうねー 吉野。

この話には金とか 水銀とか 朱砂とかでてくるんだけれど、
(役行者は どんな存在だったかが 色々書かれていて面白いです)

朱砂は すさって よむんですが、

へええ~ スサノオは朱砂

アマテラスは 金そのもの?

じゃあ ツキヨミ(ツクヨミ)は なんだろなー 水銀?

なんて 色々考えちゃって面白かった。

高田さんの本は QEDシリーズででていますが、

旅行に行く前に 読んでおくとすごく勉強になって
楽しいです。

QED~ventus~熊野の残照 とかね。
QED~ventus~熊野の残照












Last updated  2009.04.08 22:11:37
コメント(0) | コメントを書く
2009.03.28
カテゴリ:
沢山国内旅行をしているわたしがお勧めする、

ピカイチきらきらのガイドブック


それは 一人歩きシリーズ!!

ひとり歩きの伊勢志摩南紀!!!!!

ひとり歩きの九州

ひとり歩きの京都

などなど色々あります。

いまは もう古本でしかうってないかもしれないけれど、すごく使えて
面白いし 細かい情報が載っています。

国内旅行が好きな人は 見つけたら 即買いでしょ!!

歴史も交通ものっているけれど なんといっても 神社仏閣が沢山のっているのが
たまらない!!プランニングのヒントとかもあるし、これを一度使ったら
普通の ガイドブックなんて つかえません。

でもね、最近 素敵なガイドブックを見つけたの。



ことりっぷ 特に伊勢志摩編は 初心者で2泊3日でいくなら これが 
最適☆

いろんな場所のがでていて 写真付きだから わかりやすいです。

楽しい春の旅行さくらをお楽しみくださいね。






Last updated  2009.03.28 19:03:35
コメント(3) | コメントを書く
2009.03.01
カテゴリ:
舞踏の中でも「聖なるもの」を想起させる踊りや動き。

非ドゥオニュソス的でありがながら単なるアポロン的なものでもない踊り。

典雅で規則性を持ちながら、現世を越えた全体を感じさせる踊り。陶酔ではない恍惚。

深々として将にそこに「神」が臨在しているような踊り。

神聖舞踏を通して、我々は高貴なスピリチュアリティへと昇ってゆくことができるかも
しれない。

日常の喧騒の中で見失われてしまった何物かを。

ここでは 世界にある聖なる踊りー神聖舞踏ーを紹介し、

読者に一時的でも違った感覚を持っていただけたら幸いである

(BY 今井哲稀 ナチュラルスピリット社長)



今回 このスターピープルフォーアセンション 28号に

神聖舞踏として 「神道の巫女舞」が 紹介されています。

先日 神社で奉納した写真も掲載されています。

巫女舞のほかに

トルコのスーフィー
グルジェフ・ムーブメンツ
インドのカタックダンス
ネパールのチャリア舞踊
バリダンス
ハワイの古典フラ
ケルトの聖なる踊り
ブラジルのサント・ダイミ

が紹介されています。
他の舞踊の写真、、、スゴイ!!! 本物だーっと感じるものが沢山。
そして 各記事に 共通する何かを 感じました。

個人的には メブラーナのスーフィーの記事が載っているのが
とっても 嬉しかったです。

この記事の取材は メブラーナの命日(記念日)にされているそうでしたが、
私がトルコに行ったとき しかもメブラーナの博物館に行ったとき、
メブラーナの記念日で 彩雲を 見たり♪ 博物館で すごいエネルギーを
感じたりしたんです。そこは 昔 スーフィーが舞われていた場所でした。

なお 井澤宮として スターピープルに取材を受けたのは二回目



表紙のトップがどちらも 「金」で。

なぜだか 嬉しいです(笑)


一番うえの トップにあった

「神聖舞踏を通して、我々は高貴なスピリチュアリティへと昇ってゆくことができるかも
しれない。」


とありましたが、

わたしは「YES」だと思います。
常に 身近に 神聖さが あること。 自分で神聖さに近づいていくこと。
これは 神聖舞踏を 通してすると 割合 難しくないのではと思います。

「真剣であること。100%いまここにいること」というのは 
「神聖さを生み出し、引き寄せること」とも 私は思っているので
 神聖舞踏ではなくても
もちろん スピリチュアリティを 高めていくと思っていて、

食事をつくること、物をつくること、サービスをすることも 真剣であればあるほと
神聖さがただよっているのだと思います。

「おくりびと」みたいに♪

ただ  神聖舞踏は スピリチュアリティを 高めるための「特別なツール」であると
思っています。

よかったら ぜひ 読んでみてくださいね♪






Last updated  2009.03.01 15:47:49
コメント(0) | コメントを書く
2009.02.23
カテゴリ:
つぶつぶについて 説明されている本です。

つぶつぶとは、人間のまわりを取り巻く目には

見えない「気」とか「オーラ」と呼ばれる部分を指しますBY作者

わたしは このことを 高校生のときの化学の先生から学びました。

「分子がぶんぶんぶん」

先生は そう説明したんですが、

この 分子がぶんぶんぶん が 私にすごい影響を与えたんですね。

「分子がぶんぶんぶん。 そっか。 すべては 振動しているんだ」と
ホントウにわかったんですね。

それと 元監察医の 上野正彦先生に 解剖を習ったことでも
この 波動というか ミクロとマクロのみかた。

すべては繋がっているということを 学びました。

この二人の先生から わたしは つぶの法則を 教えてもらいました。

さて、この本。すんごく わかりやすく書いてあります。

波動とはなんだろう。 波動の説明をする立場にあるひとは
これを 読むと説明がすごいしやすいと思います。






こちらは つぶの法則第二弾。

日本の 波動のいいところが紹介されていますよ。

読んだら 日本がもっと好きになるかも♪









Last updated  2009.02.23 20:15:53
コメント(0) | コメントを書く
2009.02.04
カテゴリ:
体力が低下しているとき、

インフルエンザとかウィルス系の病気のときとか
免疫がていかしているときなど、
病院でブドウ糖の点滴をうってもらいますよね?

江戸時代では 夏に体力が低下してくると 甘酒を飲んだそうです。
で、体力を回復させたそうです。

その甘酒とブドウ糖の点滴 成分が一緒だそう!

昔の人の智恵って すごいですね。

元春日大社宮司 葉室頼昭  神道シリーズより

たぶん↓の本に書いてあったと思います。
優れた医師としての 葉室氏の視点もちりばめられていて
面白いです。









Last updated  2009.02.04 21:47:28
コメント(0) | コメントを書く
2009.02.02
カテゴリ:
ものすっごく沢山本を読んでいます。


あの世はどこにあるのか

もりけんさんの本です。「外応」って言葉ができてきます。
サイキックの人たちがまわりに沢山いるのですが、どうも私は ほかの人と能力が
違うなーと 思っているんですが、どうも この「外応」が得意みたいです。
シャーマンは 外応が できて ナンボ なのかもしれません。

祝詞読んでいても 神社参拝していても 「あの音(あの話)聞こえましたか?」なんて
昔っから よく言ってます。

道教の修行の話で 香港の高いビルの窓をあけて 騒音がうるさいなか 瞑想するという
話がでてきます。すると 外の音が自分の内側に聞こえてきて 内包するような・・・と
説明がありますが 巫女舞のときの感覚がそれに近いです。一番近かったのは トムケニオンの ハトホルのチャネリングの時がそうでした。あのときは すごかったなー。
また クリスタルボールと音のチャネリング 聞きたいなー。私は 彼の人柄も好き赤ハート


平成の皇室

天皇陛下のお側にいらっしゃった元侍従長さんの本です。
大変読みやすいし、天皇陛下がどんなに
国民ひとりひとりのことを かんがえていらっしゃるのか。 どんなに天皇陛下が
すばらしい方なのかが わかります。日本人なら知ってていいと思います。

たとえば、天皇関係の御陵と思われる場所が 何十年も前に発見されたそうで、
天皇がいらっしゃったときに 「車が穴に落ちて 発見されました」といったら
「怪我をしたひとは いませんでしたか?」と天皇陛下はいわれたそうです。

何十年の出来事なのに、怪我人がでたかどうかを心配される・・・国民を愛してないと
でない質問ですよね。



超スピリチュアル次元ドリ-ムタイムからのさとし

ウィリアム・レーネンさんと私は じつは 関係があって、昔一緒にお仕事をさせて
いただきました。

英語が苦手だった私ですが、当時の上司から「二人だけでミーティングしなさい」と
いわれ、一生懸命 英語で 資料を作り 質疑応答対策もできるだけやって、
いざ、二人きりで ミーティングぅー(笑)

ウィリアム以外にも 外国人の方と 仕事をしたことがあったんですが、
外国人の人、特にサイキックとのやりとりって コツがあるんです。

そして 聖なる流れにのっているひとほど 決断は慎重です。
慎重というのは自分の中で「YES」を感じないと 答えを出さない。
すぐに YESが でればいいけれど 出ないと 大変(笑)

あとは これは外国人だからなんだろうけれど 自分の聞きたいことはガツンガツン
質問してきます。自分で調べたり、たぶん こうだろうなあ~っていうことはナイ。
(まあ 人によると思うのですが)

察して当たり前の日本人とは訳がちがいます。
だから ドキドキしながら ウィリアムとミーティングしたんですが、

「うん、わかったよー」って 一言のウィリアム。

「えーっ。詳しくいうと、こことか、これは こういう意味で、
 これは ここで こうやって」とか
私のほうが ガツンガツン説明を加えてました(笑)

彼のおかげで 外国人のひとと お茶してぼーっとしたり、会話したりするのが
平気になったんです。 今思うと 彼は サイキックつかっていたと思うけれど(笑)

一時期 足が悪かったから もう日本にはこれないかも・・だったのに なんだか年々
パワフルで やさしくなっている ウィリアム。
そんな彼の最新作。「なんか 私に必要な本~どこ?」なんて 本屋を歩いていたら
目の前に 五冊ドンと 置いてあった(これから 本棚に入れるところだったみたい)
ちょっと買うのを考えていたら 母から 「買って」と翌日メール。
これ、外応でしょ?


元春日大社宮司 葉室氏の本です。沢山本がでていて どれを読んでもとっても
ためになります。1月に旅立たれました・・ご冥福をお祈り申し上げます。

たしかこの本だったと思うのですが、春日大社でお祭りをする(続ける)意味の理屈はない。
というような事が書かれています。している中で 考えなくてもわかってしまうんですよね。
私も理屈がなくても お祭りごとが大事なのはわかっています。春日大社も千年以上の歴史があり祭事が続いています。 いま宮中祭祀を 簡略化するような動きがあるみたいなんですが、そういう風に思う人たちって たぶん理屈で考えてらっしゃるんだろうと思います。
頭で考えるものではなくて 肌で感じるものに近いんだと思うんですよね。

葉室氏の本の中で 天皇の大嘗祭(天皇が即位の礼の後、初めて行う新嘗祭。天照大神と一体になられる)の時に衣紋者(衣装の着せたりする役目)でご奉仕されたそうです。ときに、葉室氏は 中には 入れないので 宮の外でお待ちしていると
天皇が大誉宮にお入りになるときと 出ていらっしゃったときは 威厳のすごさに みんなとても驚いたそうです。「天照大神と一つになるのは本当だなと思いました。
私だけが思ったのではなくて、そこに奉仕した人はみんなそう思ったのです」と書いていらっしゃいました。 こんな貴重なお話を書いてくださる葉室氏。大事な本です。


宮中賢所物語

とうとう買ってしまいました。宮中賢所物語。宮内庁元内掌典 高谷朝子さんが書かれています。初めて公けにされた皇居の“特別なお場所(賢所)”と、平安時代からのしきたり、祭祀…五十七年もの間宮中に勤めた著者が、いまその歳月を語る。 と説明されていますが、
巫女舞に興味ある方、巫女さんに興味ある方は 読むといいと思います。

特に潔斎のところ。次清ところ。 ここまでする必要はないと思うけれど、
意識はもっていただきたいのです。

この本はまだ 読んでいる途中なんですが、

わたしって内掌典になれたら よかったのになーと思います。

でも 昔の巫女さんたちも  内掌典の方々までには及ばずとも 清浄さに対しての
意識はあったと思うんですよね。 

これ 神主さんが読んでもいいと思います。










Last updated  2009.02.02 21:11:47
コメント(7) | コメントを書く
2008.12.19
カテゴリ:
引越しや家を買うときなど
その土地がどんな土地か 気になりますよね?

辛酸なめ子さんという作家さんは

スピ系には辛口なんですが、
前に住んでいた人の残留思念を感じたり
オーラが見えたり(たまに)するそうで、

家を買うとき 土地の因縁、土地との相性を重要にするそうです。

たしかに 私の前の職場が 引越しのとき、
大家さんは「ここに入った方は栄転して出られる」と
いっていたけれど、本当にそのとおりでした♪
(社長と一緒に 軽く?土地チェックをした私です笑)

その土地の因縁リサーチ法が イケてるのでご紹介します。

●グーグルアース
グーグルアースでは古地図もみられるそうなので
昔、その土地になにがあったのかが わかります♪大事☆
それに 駅からの距離や 引越しのイメトレにもなるそうです。

●ネット検索

「地名 殺人」「地名 心霊スポット」「地名 治安」・・・などと
辛酸なめ子さんは いれていくそうです。

追加で 私がお勧めなのは

「犯罪発生マップ」と 「地名 うわさ」です。

●くわえて
運命の物件を見つけるには、

自分の直感を信じること

縁結びに霊験あらたかな神社に行き
「良い不動産とめぐり合えますように」と
神様におねがいしてもよいでしょう。

とご紹介されていました。

辛酸なめ子さんの個人的に相性のわるい場所として

「下北沢」が上げられていました。ボイドにはまったようにトラブルが
起きるそう。

下北沢にはバンドや演劇で夢破れた若者たちの残留思念が
漂っている気がします・・・

神社仏閣があったほうが良いと思います。
・・三十才以上の人にとっては鬼門かもしれません。

とか色々書いてありました。

面白い、辛酸なめ子はん。


片付けられない女は卒業します引越し&マンション購入 そして 部屋が綺麗になったら どうなったかについて
書かれています。エネルギーに敏感さん&観察力がするどいので 書かれていることが面白い☆
 






Last updated  2008.12.19 16:42:26
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全61件 (61件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.