000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

詩誌AVENUE【アヴェニュー】~大通りを歩こう~

No.1

[AV-PP10]





か す か な の ど の

い た み

ギ ュ ッ て に ぎ っ て

わ た し 、 な ま え も し ら な い

と う そ を つ く 

き っ と 、 ゆ る せ な い ひ と

で も 、 じ ょ う ろ

よ る が き れ い な ほ し で

さ く ら ん ぼ の た ね を と る















[AV-PP11]





      ローズ

    ローズ

  女の胸の襞、奇しきばらの花
















[AV-PP17]





キノウ、     気ガツイタ、コンナ日ハイツモ、綾取リミタイダッタ
ナ  と、


 a ya


             to  ri


  くちびるはうそをかたるのかしら

   たいよう を


夜、バラヲ     買ッタノハ、ソノ色ガ

  皮ヲ剥イダ腿ノヨウダッタカラ。


あ や と り ・ ・ ・ T R I P 

 あ や あ や 、 こ と ば の

  A YA















[AV-PP18]





      とおいきおくがあって

    いいとおもうの

どんなばしょにも


   いずれわかるときがくる

      ぬけだせなくなるメイロの


いりぐちにはいつも

      ギタイがあって。

       インセイがあって。

        わ た  しが い

                  て















[AV-PP19]





 わたしはあなたにふれた

鳥のくちばし 魚の  ように

くうきの、おふるえ


   ふれるだけでいい の ?

ええ、ふれるだけで

かがみはくだけてしまう


  くだけてしまう

   くだけてしま う

    キスをもういちど















[AV-PP20]





一雨ごとに、落ち着きのないように見える

 浅葱のいろ―――いつせいにひらき


  ず 、黙祷をささげた

   ZU ZU ZU・・・、

   うまれたころから いろんなものを

    す 、きになる。

すきってなんだ

 あいするってなんだ

   ZU ZU ZU・・・、

その瞬間を め く り た

 い プレアデスやアンドロメダ

  雲翳 よ うつくしい 起伏 よ


   かぎられた時の中 で Sをかさねた
















[AV-PP21]





みんな飯を喰っている

飯を食って肥ろうとしている

肥ることよりも笑顔がうまれることに

人らしくつつましい喜びがあって

痩せて飯が食えなくなって、はずかしいって

人並みに生きられない

人並みに笑えないことを

問題にしない、そんな人もいて

ほんとうに飯を食ってるか

おまえ、生きようとしているか

そんな食べ方をする人もいる















[AV-PP22]





           空にだって草が生えていりゃ

           人が通れない

           なるほどなるほど



           鳥だってあれは

           歩いているんだなあ

           あ?

           落し物さがしてるよ
















[AV-PP23]





気持ちのいい隣人がいるとして・・・

僕は考える

その人はどんな風に

珈琲を飲むのかなって―――
















[AV-PP24]





Boys.be ambitious!

好きな船は

砂浜に佇んでいる
















[AV-PP25]





罪をおかしている
モノローグめいた時間
風はいつここへ来て いつここを去っていくのだろう

   不器用な問いは孤独に拒絶される
    たたかわない民衆
          の噴火は

いつもきれいなものにむけられ
いつも自分が沈黙する

   おそれるものは 救いのない春
   不毛の国の嫌悪のひとつひとつ

      ・・・ただ、花を咲かせよう
      ・・・ただ、花を咲かせよう
      ・・・ただ、花を咲かせよう















[AV-PP26]





露にだって流れの岸がある

  一枚の布だって

      吸い取り続ければ

          蝶のように死ぬ

  とけてきえてゆくものが

      咽喉にすべりおちてゆくとき

           欲しいものは一つ















[AV-PP27]





   はじめてあの人が笑った

   その瞬間だけの 幸せも・・・

   夕暮れは歳月をかさねるごとに

   さびしくなっていき、せめて月並みに人の幸せを願う

   あわただしい喧騒と、屈折する光のように

   声をうしなって、魂がひと目遇いたい面影を

   思い出すことに、時間だけ

   過ぎてゆかないように・・・・・・















[AV-PP28]





  現在進行中の活動を優先順位で並べたリスト
  実践すべき行動指針
   画家・写真家・デザイナーなどが自分の作品を整理
    してまとめたもの


イメージ的ポートフォリオ
















[AV-PP29]





どうしてみたい?















[AV-PP32]





  花弁が散るたびに

     愛と呼んではいけませんか?

 花弁の落ちる音が聴こえるようになり
  花弁の         花弁の
















[AV-PP37]





みんながそれを

“まにきゅあ”だといったので

それは“ほしのすな”だよ

   というわれもおり―――















[AV-PP38]





どうしてぼくにはなくて

きみにはあるんだろう

そうして街の中・・・

と け こ ん で















Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.