270591 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

詩誌AVENUE【アヴェニュー】~大通りを歩こう~

創刊に向けて


時代は過渡期です。
ベストセラー倒産、出版不況、・・・いえいえ、それ以前に、
わたし達・・・「詩人」が置かれている状況というのは、とても酷い。
まず出版をきちんと取り扱ってはもらえない。
(自費出版は別、共同、企画の話ですが)
賞をとっても、自費出版。しかも、倉庫代をとられる始末。
悪徳出版社にいたっては、何かにつけて、わたし達にねちねちと、
出版の恩だのにかこつけて、ハイエナ、いいえ、しろ蛆そのもの。
地位や名誉にばかり気をとられて、二足のわらじの現実も、
また、詩のさまざまな創造と破壊にも目がいっていないのが現状だ。
わたし達はこれを、「詩の最前線」と呼ぶか・・・?
もし、そうであるなら、いま、わたしたちが変わらなければいけない。
それが「過渡期」ということになるでしょう。
日本の詩の歴史はたかだか百年ほどにすぎません、
そして多くの堕落した詩人はともかく、わたしの見る限り、
さまざまな「可能性・原石」が埋もれています。
それを「宝島」と取るか、「原始の島」と取るかはあなた次第。
「コラボ詩」も一つの創作の形にすぎません。「詩ネマ」も、
「言葉のボクシング」も、「朗読」も―――
わたしは、そしてizchanさんも含め、
この過渡期におおきく成長しようとしている。
わたし達はホィットマンより鷹のような自由を謳歌できる。
わたし達はボードレールより、残忍で、邪悪で、そして美を知っている。
わたし達はしかし、宮沢賢治ではない、ヴェルレーヌではない、
金子光晴でもない。・・・というよりさまざまな歴史の泡沫の、
ほかの誰でもなく、ただ、優れた詩を目指すところに着眼点を置く。
いいかい、・・・ここからがわたし達の時代だ、
わたし達の時代はボスがいない。君がボスになれ、リーダーになれ、
詩の組織など糞くらえ、一切の詩人を虐殺せよ、だ。
・・・というのは、ノリだ、君、すまん。
出る杭は打たれるので、ほどほどに烈しく、いやしかし縦横無尽に
この日本列島の情報を統括する組織は、まあ無理だろうが、
それでも、君がひとり立ちあがることで、わたし達はよろこぶ。
それは小さな一歩で・・・そして同時に、大きな前進である。
笑え、内向的な詩人よ、
かけめぐる戦車のようにわたし達の旗を掲げよ!



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.