000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

詩誌AVENUE【アヴェニュー】~大通りを歩こう~

『ふろいど』のために

【三途の川】


  1


身体をかがめて靴ひもを結び直す
"両膝の震え"が先にあったのさ
・・・こともあった、だんだん小さくなるわしの靴音、
右に左に受話器をうつす難聴のように、タッタッタッ、・・・
一回一回まるで深呼吸でもするように疾走っていた、
いつの日か、そういう日も十年ひと昔―――!
(・・・こともあった、・・・こともあった、

<車道より聞こえくる水の音去れど散りゆきし葉雪のごと消ゆ>

車椅子を押してあげる
お祖父ちゃんはひどくかすれた声で短歌をつぶやく
「駅へ向かう道も、だんだんわしに似てきたのかなあ・・・」
(しかし、似てきたのではない、離れてきたのだ <死>はもう近くにある
1、2、3、4、5―――けいきのいい、掛け声だ
チューヴから押し出された絵の具がお誂え向きの風景をつくりだす、運動会
おいっち、おいっちに、・・・おい、それはラジオ体操
けれど、その声が淡い別の次元の裂け目に吸い込まれる・・・わが身に染む、
寒い、・・・酔いのあとの朝のように、冬枯れした頬に朝露がひかる

<そうだ、ひむがしに見ゆるかぎりの山脈(やまなみ)は
  厳かに白に染まった>

葉が生い茂り、夏でも涼しいケヤキ並木にも、・・・突然の腹痛がある!
銃(つつ)だ―――を覚えて便器に腰掛け、波のように襲ってくるめまいを覚えながら、
どろりとした軟らかい便が、チョコレート状の便がとろとろと体から出ていく
いま、わしの内側のそれを、よかった、と褒めてくれる孫
・・・しらないのか排泄物は煉瓦の道にも、パリの路地裏にも、アントワネットの城にも
<死>のように扱われたに違いない=ワシハ排泄物デハナイ
「(だがもはや、・・・深刻そうに告白する齢じゃあない、利口ぶって損もするだろうしサ、
なあ、孫、いまさらどんな酔っ払いでナイーブ気取れるっていうんだい・・・!)」

<つぎつぎに国際の事件、オオトマテイク、
  砂利(ざり)のまかない、一年(ひととせ)にひとたび>

キーコキーコ、と鈍い音を立てて車椅子が軋んでいる
「(さざ波のような輪の運動に揺られている、宙ぶらりんの我が身に、
もう陸などない、・・・航海だ、それはくらげの航海だ―――)」
それは照り透りたる、汀(なぎさ)辺(べ)に打ち寄せられた秋くらげだ

<砂のへにむらさきの花散れるおもひ死刑囚のあらはれにけり>

きき、と停まると、影は背もたれに沿って輪郭をとりもどしていく
それはぎこちなく左右にゆれる蝙蝠だ・・・「身体(//)」がもう顎についた飯粒にさえ
ほとんどいうことをきかない「認識」と「誤差」
―――それは軽い麻痺、いずれは認知症とよばれる麻痺、「秋くらげ」へのまひまひ
ちいさなてのひらが、ちょん、老人の眼の前に、にゅうとくろい蛇のように差し出され、
ん、とチューインガム、ちがうでしょ、―――ん? 涙が出てきた!
わかっとるよ、ぼうず、お悧巧だ、よしよし、とのせられる五百円玉硬貨
「わーい、うわわーい(ダッダダッ、ダッシュだ、ダダダッ・・・)」
(ダッダダッ、・・・ 僕は金網を攀じ登り、ナマケモノをすてていく
 ダッシュだ、・・・ コーンをいくつか(二粒たべて 飛び越え野原に入る
お爺さん、オアフ島へ行く途中だというような顔をしながら、戦友よ・・・!
占有しとるのはおまえじゃ、とぼけずにつっこむ老人、溜息をつきながら
「―――昨日テレビでちゃんとやってました、110番、あの人が見た!」
ふれれば何かが消えるあなたのしわがれた手は硝子玉遊戯・・・―――
土手の階段 水の笑い すぅぅっ、はぁッ、・・・ スウ、ハァ・・・
「きょうも生きてた/きょうもまだ死ねない」というつぶやき
・・・・・・という、声にならない生命≪いのち≫が見え隠れ

<引き剥がせない! 動きのない風にさらされ、風景の息、存在の域>

  (そして、おもむろにポケットに手を突っ込むと、冷たく硬い感触
  (先ほどやったのは百円玉か、・・・百円玉だったか、と気付く

      ―――動作の痕跡たちとともに、水音が流れ、<死>に向かって
走り続けている しかし、空は静まり返っている。しかし、偶然の所産
そうら、みろ、これが「空中に浮かんでいる絵」だ

<青いキリンをさがしているのだ、ペンキでも、議論でも、品種改良でも・・・
ない!ない!とアメリカ人が怒ったのだ(赤いキリンは首が折れて死んだ>

ノラ猫たちが、あるいは蛙や蛇たちが、子孫繁栄にいそしんでいるころ
火花が散った/ある時代の精神というものが表層にあらわれてくるシンボル
911、ハリケーンのカトリーナ、スマトラ島沖地震
・・・森の向こうにビルがたくさん突き出ているのが見えたか、そうだ、あのバスローブ
のような陽炎の買える街、湯気も、、靄も、、、泡も売り物、、、、
みな、大量に録画しているビデオにも、まとめて消す日がやってくる
その時、人間がまねごとをしていることに気付く、すべて偽物だ、偽造だ
(決定的な役割とは、何?―――監視者の怠慢/冬眠
みな、夢のなかでだけ犀になり、はじめから角が生えていることを、自然のこわさ、
きびしさを、わしのように思い知って、でこぼこした角がとれている
動物のにおいもとれている、毛皮のために毟り取られている
「・・・むむっ、こりゃかなり敷居が高い」と引っ越しを決意したか、
・・・透明な輪郭のなかに、散らされつつある暗闇がシャギーで切り刻まれ
ほこり臭い、なまぐさいものが消えていった
「(スーパーマーケットもない、ここいら一帯は田んぼ・・・!)」
いい子だね。・・・あざやかなグリンの色彩が留守だ/でも、ごらん、
刻々と移りかわる、目を大きく見開いた顔の波紋のような奇跡を
さながら波の底からセイレーンが

  (現れる 竪琴(rira)の音は霊妙でうつくしく
  (それは晶系の化身、耀(あかる)き美の熱火の使者  

      ―――モノクロの粗い粒子、それはビニールや紙屑の落ちている路地。
みんな問いたかった(机の前でさえ、天を昇り降りする瞳をもつ者ならば
おみ足を洗い、聖なる地の泉でしかみれぬときく、深遠な思想を・・・

<本能にいまか落ちゐむメガネ拭き曇りのなかにて晝(ひる)逝(い)ぬ吠えた>

・・・スヌーピーのTシャツに半ズボン姿の孫
お世辞にもいえない、・・・上手とはいえない、音痴(おんぢ)、だが大したものだ
同病相憐れむことをしらない、しわがれ声のおじいさんをつかまえて不届き者
「訛りがつまって咽喉がかれて、ほとんど声が聞きとれない」という七十歳の声を、
ウンチだという、きみはまどみちおかね・・・、(と、わしは額のロウ眼をおろす
爪の手入れは仕事上けして欠かせなかったのに、―――
(ぬるぬる光る粘液に包まれている、・・・蝉の小便にまじる汗にする
ああ、煙草と酒は生涯切れるまいと思っていたのに、ポケットに氷砂糖、
肉食と讃えられた大飯ぐらいの、なんたる悲惨、・・・なんたる生命活動の微弱なサイン
この身にうすくまとっている死出の衣よ・・・エエテルよ、オオラよ、神よ
愛を下さい、―――愛を下さい、、

<一人で死ぬのはかんたんだと知りながら、
  ひとりで生きることのむずかしさ>

犬猫のようにわし達はトイレや躾を必要とする、薬を必要とする、そして・・・
無視されること、爪弾きにされること、死ぬことを恐れる
(口の内側の粘膜が、ペェチャ・・・ペィチャ・・・ くっつき合う音
そこに夜中までうるさく鳴き立てる蝉の音
性欲や狂気を否認し または回避しようとするまさにその時に死神 
(がりがりがり・・・ がりがり・・・ がり・・・ 近頃のソーダー色のアイス棒の夢
ガリガリ君だ―――お誂え向きの比喩だ、
・・・・・・もう全身を齧られてしまった

  (呑み込んだ モナリザ、アントワネット、のit’sスマイル
  (呑み込んで、全身わななく/ときに耀いたはずなの・・・

      ―――どうして舌は言葉をうしなったように、ミミズしてるの?
どうして母の胸ふかくエーテルの窮鳥よ、言葉が曇り、ひび割れるの
わたしは霊との声が途絶えるのを恐れ、しかし口ごもることも

</ああ、それ、内部の突起。・・・四肢の躍動! 
   おごそかな夕つひのしずまり>

勢いあまって、あたり一面にかすかな硝子の首飾りをちぎったように
ましろき破片が伝う・・・そしてそれは、フレームに入らない映像なのだ
ああ、うんうんと・・・薄目を開けながら頷いてよろよろ立とうとする「者」よ
すばやく拾ってまた捨てる缶とくず箱のような「物」よ
/どんな微細な音でも、葉からおちるひと雫でも、
風になぶられた瞬間に壊れてもう元に戻らなくなる・・・ 再生はだからできない、
うろ覚えに垂れてゆく・・・ずう、と引き伸ばされてゆくスローモーションが
あらたな面をつくり、いかに空気を切り裂き、土のうえを跳ねる動きを伝えたか
空気が抜けたように、まだ、少しやわらかいボールのように

  (皇帝よ、蹈んづけたまへ、拳骨をかたくにぎる子供たちを
  (皇帝よ、雷≪いかづち≫の鬱積、哀訴、ああ、すべて夜明けの光を蹈め

      ―――ネットで情報収集をすすめればわたしの住んでいるエリアーには、
わたしのように孤独な者がいる 老人ホーム (それさえも、差別的だと思うが
そらみろ、「空中に浮かんでいる絵」を・・・!

<誰か憶えているかい、ああ/ああ? いつも君だけ、なかの君だけ>

シルバーカードを受け取る時のよこがほにも似た
誰も知らぬわれの空間、・・・婆さんが死んでからは、かるくよそったご飯茶わんに、
タラコ、あるいはめかぶ、塩辛、うひひ、そんな風に楽しく過ごした (・・・ものだ
(・・・視線の中心にとらへられる君 (・・・たばこをふかしてねそべつているぼくに
(・・・すこし淫らな手つきで、きのふの夜もえた、まだぬれているなま足をみせながら
―――老人にだって、いろいろある、それが「婆さん」なのか、
いやもはや隣の「坂田さん」なのか、介護の「大原さん」なのかわからない
(ながい袖をひるがへせば、はだいろがかへる、ごむまりのやふなむねが
(はてしもしらず、いりみだれた恋と欲情、薔薇とバナナ・・・

<BABY BLUE 君に恋をしていた (。。。それは
 「people」のなかに、ああ「purple」―――>

はなせなくても心がつうじあえるってすてきだ
眸の中で、なんどでもよみがえる恋の思い出ってうつくしい
(でも・・・転調する、allegroする「ぼく」は「わし」になつて―――
赤インキの咳、トマトジュースの咳となにかわるものかとグガアと酒を呷り
いい齢こいて玄関先でいびきをかいてねむる (「わたしがいないと・・・」
いいえ・・・奥様、あなたはいりません (みだれてゆく、ぼくとわしの声―――
(「おまえ・・・」とふりかへれば、思ひも及ばず、本音がはみだすだろう
(ほんとふのところは、不安でした/でもみんな、引き取られるか、逃げるかして、
(ぼくは・・・ぐうちよきぱあ、―――じやんけんをしている
Happy Birthday/Christmas/Happy New Year ・・・スタコラサッサとチクショオ、
八つ当たりする、政治家を矯め直す力なんてありゃしねえ、
工事はつづく、税金引上げ裏工作もつづく、・・・鞭打つなら若い男や、若い女にしろや
それでおまえは奴隷を手に入れろや、うんざりだ、総理大臣! 大統領! 
(服をハンガーにかけて、部屋のあつちこつちに吊るしておきました
(魚を網で焼いて、消防車がやつてきて、一緒にジユウスで乾杯をしておきました
(ああ、「愚癡(ぐち)」がたまつている、アンモニヤ臭がする、口のなかに、
(宮沢賢治がねむつている、硫黄がふきあがつている、尿がたまつて我慢している

  (こめかみを蔽い隠す冥いヴェールのように、海岸を逃れて高潮を見た・・・!
  (なぜ言ってはいけないの、太陽のくちづけ、ない―――刹那―――無

      ―――おごそかにわたしのなかの魔術師がいう/花に唇をふれよ
何故何故? ―――野の花も、花屋の花も、瞳の中の花も同一(おなじ)である
そしてその時、魔術師ははにかみながら“あなたの夢がほほえましい”と

<“あなたの夢がほほえましい”・・・
   うすっぺらで、よわくて、はかない、わすれないでね>

そらみろ、「空中に浮かんでいる絵」を・・・!
すり抜けて、もう滑り出している、・・・いや、崩れ出している表情
心臓の辺りが、ぐじゅぐじゅして、海に滑っておちたわしのように、
さざ波が(しかしそれは身体を運ぶだけの力をもちながら
複雑な弧はゴムのように、その幅の間から引き摺りだされてゆく
ああ、二度とふたたびない、このひかりとともに、わしの意識も・・・―――
一緒にいられるわずかな時間、からだを硬くして
/ああ、病院へいくとドクターストップ (酒のみすぎとのレッドカード退場
早口のきゅうかんちょう (どうせマニュアルでつくられた脳味噌だ
・・・も癇にさわったが、閻魔帳のごとく罪状をあげつらふ
(悲しいわれらのフォークロア! 年功序列うしなはれます―――
うまれました、上から見下ろすクリーンな意見が、
死亡診断書のようなひびきをともなひ“駄目人間”という烙印をおす
/リストラのようにハンコをおすだけの薄っぺらい紙
かちん、ときた、ガッチン、とルービック・キュービックした
「なんだとヒヨっこ! いうにことにかいてなんつー言い草
(な、なんですか、急に―――ガキめ、喧嘩慣れしていない、われ、増長する
若造がきいたくちを聞くんじゃあねえ、と言ってんだ、このやろー
(オヤジの説教、病院の先輩のからみ酒でもおもいだしたのだろう、眉間に皺がよる
わしがなに食おうが、なに飲もうが、てめえみてえなカルテ野郎に何がわかる・・・!
このばかやろー、おまえみてーなやつはなー・・・―――」
胸倉をつかんで、どすん(ほれ、ここにやられた! ボクシング部かとおもった
重かった、そして速かった/AMの事件はPMに処理され、
問題にしないでほしいと病院に金一封つつまれるが/ばかにするな、わしだって同じだ
で、通院をやめた、・・・そして世間体が悪いからと息子夫婦がわしを引き取った
「おとうさん、・・・そろそろボケるわよ」
きのふ、襖越しからきこえた、地獄耳のわしに・・・―――
(キィーコ・・・キーコォ・・・ と、車椅子を押す音

  (遠くなる 竪琴(ri ra)の音は霊妙でうつくしく
  (それは晶系の化身、耀(あかる)き美の熱火の使者  

      ―――看護師さん、といってアタフタさせてやるくらいよいだろう
いろんなものをなくしてやろう、リモコン、朝刊、電卓、・・・そのうちに、
わしも死ぬだろう/ひどいお義父(とう)さんでした、と思われて死ぬのだろう


  2


き み の わ る い 、 

ふ し ぎ と な ま あ た た か い 森 で 、

沼 。 で 、 窓。 を 、 覗 く

( 距 離 が 気 に な る 、 質 量 が 

角 度 が 、 仲 間 外 れ の 虫 を 

あ ぶ り だ す ・ ・ ・


  * * *


/介護はされる身にならなければわからないのだ、まことの福祉とは、
福音の福、幸福の福だと気付かないのが老いなのだ。


  * * *


み な 、 そ れ な り に 

幸 せ だ と 思 っ て い る 。 で も 、

マ ン デ イ 、 蚊 の 音 が 気 に な る

チ ュ ー ズ デ イ ! 鼠 だ

君 の キ ス の 求 愛 を も と め る

( 「 そ う か 、 も う 君 は い な い の か」

ウ ェ ン ズ デ イ 、 吐 き そ う だ 骨 を た た く 音

(む せ そ う だ 、 え び な り の い い な り だ 、

サ ー ズ デ イ 、 あ ら た な 伝 染 病 だ

フ ラ イ デ イ 、 こ の お か ず 嫌 い / 食 べ る な

(で も 言 わ な い 世 間 体 が あ る か ら

サ タ デ イ 、 む し が と ん で る お と が す る

サ ン デ イ 、 む し が と ん で る

そ し て も う 、 お せ っ か い に は 

う ん ざ り し た の だ 、 セ ブ ン デ イ ズ 

ひ と り で 死 に た い ・ ・ ・

ひ と り で 死 に た い ・ ・ ・


  * * *


・・・婆さんがいたころはなア、独裁者のごときわしの誕生日ケーキは火事になるほど、
ロウソクが燃えたもんだ。そらみろ、「空中に浮かんでいる絵」を・・・!
そらみろ、「空中に浮かんでいる絵」を・・・! ははは、尽(じん)十方(じっぽう)無碍(むげ)の光明にして
三十二相(さんじゅうにそう)・八十随形(はちじゅうずいぎょう)好(こう)。棺をつくるときすなわち死
死・死・死体をつくらなくてはいけない。
吸い寄せられる (吸い寄せられてしまえば、数メートル先を行進する
見知らぬ人がうらやましい、あんな時間、自分にはなかったと思う
寄せ集め、かき集めのシアターでは、みんなきょうもいい顔をしている
しかし見える/メス探しだ、縄張り争いだのノラ猫たち
だが、去勢されてしまう/運が悪ければ、殺されてしまう・・・―――

  (わし達は働いた、・・・七人の敵がいる、
  (口ごたえをすれば妻や子供とて叩いた、・・・わしのなかに敵がいる

      ―――涙目で何も言わぬ妻を見ながら良心が痛まなかったわけではない
唯、そう教えられた 覚りを開くとは聡しい里をひらくこと
そう教えられて育った・・・ 育ったんだ、わしは・・・・・・。


  * * *


調 子 が 悪 い 日 は 、 そ れ だ け で 鬱 だ

鏡 を 見 な い 日 も つ づ く

/ 女 と も な れ ば こ と さ ら だ ろ う

ブ ラ イ ン ド さ れ た 自 分

店 じ ま い 何 故 だ ! シ ャ ッ タ ー

魂 が 死 ん で ゆ く

飯 の 話 を し た く な い 、

高 尚 で あ り た い 、 優 し く あ り た い

た め 息 が で て こ な く な る 、

い ろ ん な こ と に 満 足 し て も う 、

成 長 で は な く 死 、 死 、 死 だ け が

あ き ら め を う ん で い る


  * * *


わしに、ダンスをしろ、NO-それは違う男に頼めばいい
/めくらめっぽうわからぬ旅行をさせてくれ
それは無理だ・・・ 夫は金を稼いでくる生き物、妻は家を守る生き物
「おまえたちで好きなところへ行け・・・」と突き放すように何度も言った
(くら闇で舌を出した、妻を抱きながら、こどもの頭を撫でながら、
(えものとして存在している自分、でも外敵から身をまもらねばならない自分
いきづまる緊張、くずれそうな足下・・・ 結婚、子育て、老後・・・
(ひとつひとつクリア―していくつもりだった/弱音は吐けなかった
だが還暦をむかえた時におとずれた妻の入院/しんそこ堪えた、酸素ボンベの彼女に、
額に触れた時の、あのカッと燃えるようなおどろきは何だったのだろう
とりどりの花を並べたアパート・・・ (ああ、すこし・・・わしの意識が不明瞭になり、
私ニ従イテクレバ妊娠サセテアゲマス。喰ベ散ラカシタ魚の骨ノ様ニ、
馬鹿ナ女、笑顔ニ騙サレテ被虐ノ契リ。浣腸プレエ肛門ノ歪ミ如来ノ御恩
鞭ノ痕キレエ蚯蚓腫(みみずば)レスルマデ。猿轡(さるぐつわ)シテ汚イモノヲ銜エコマセ、失神スルマデ排泄
裸デ縛リアゲ路上プレエニニシケコム 「私ハ神様デアル、・・・何ヲシテモヨイ、
オ前ハ可愛イ玩具デアル・・・、」―――アア、途方ニ昏レテバカリノ毎日デス
縄ノ切レル次ノ時代マデ、―――妻 が そ う 囁 や く

  (深夜の田舎、祭りに人が押しよせる釈尊! ・・・aa・・CHANSON!
  (心が清らかな僧侶が一斉にぶっ打擲(たた)く 法具は凶器である

      ―――頭髪はスキンヘッドと化す、 法衣は闇の中の迷彩色と化す
「肉が喰いたい・・・女が喰いたい・・ 子供を殺したい・」
しかしそれも種々の応化 赭い泥の苦行にでかける 聖人磔刑!


  * * *


み な 、 愛 さ れ た か っ た 

た だ そ れ を 甘 え だ と 、 自 分 は 違 う か ら と

コ ン プ レ ッ ク ス だ と 、 成 長 を 拒 む か ら と

・ ・ ・ さ い ご の さ い ご で

ぜ ん ぶ 、 く ず れ た じ ぶ ん が い る


  * * *


/わしの六十年は何だったのだろう、・・・おまえの六十年は何だったのだろう?
・・・あなた優しくなったわという妻は、甲斐甲斐しく世話をするであろう夫(つま)を
(それはトンネルをぬければ「雪国」がみえる、ファースト・コンタクト
(ブラックホール/暗あいい口に吸い込まれようとしているところ
あたらしい出口、あたらしい出発、あたらしい未来、―――
―――しかし「行ってしまう」から生まれてくる、こんな苦い思慕(おもひ)
ついぞ看取ることなく呆気なく、・・・やさしい人が逝ったのだ
(うす黄いろいほほえみと、くちなしのかおりが、垢のように我が身にのこつた
なぜ、薔薇の一輪、―――あの時に妻を打った、 (手に残る感触
(短針と長針が重なり合う午前零時を、すこしまわつた時刻に
(わしは、いや、わたしは、・・・さとった

  (くるおしく奔流してゆく 嚏の青・黄・赤・白・黒
  (唾 の 乙 女 に 抱 か れ

      ―――香 液 の し た た り 。 受 粉 す る A B C
酔漢やペテン師や銀行員、百姓 「この国はデモすべき・・・
ストラするべき・・・」 生きている限り金の是非を求む


  * * *


混 乱 、 そ し て 虚 無 ・ ・ ・

え た い の し れ な い 不 安 を ご ま か す 

の が わ た し の 仕 事

か が や く 季 節 の 裏 で う し な わ れ 

瞼 の 裏 に 何 を 呪 え ば い い か

あ あ 、 こ の い た み 、 こ の 悲 し み 、

お ま え の 肌 の ぬ く も り 、

(う ば う た め に 縛 り 続 け て き た こ と ば

い っ ぺ ん に 嫌 に な っ た

愛 さ れ た く な い と 思 っ た

み な 愛 に 傷 つ い て い る か ら

そ れ な ら い っ そ 、 す べ て か ら

と お く 、 た だ と お く

は な れ て し ま え れ ば と


  * * *


/求人広告にサラリイがとぶ  信心も鯱(しゃちほこ)の僻(ひが)み言
「死ねば官軍! 如来は大将!」―――わしは混乱している、朦朧としてきている、
(制御できない無数の力のせめぎあっている
・・・そうだ、わしは年金をもらった、ひとり生かすくらいのタンス貯金を
居宅介護支援サーヴィスとやらも始まった、・・・だが、時代は毒をはなち、
それを差し出せという、牙でやさしく噛み殺そうと、あの手この手をつかってくる
あまい誘い文句で。ああ、その痛みはみずいろの空、
わしの眸(め)にうつる空。一枚の見えないカレンダーがはためいている、
わしの死期が記され、しかしそれは用途のわからないものの常として、
山のふかい谷や、またこの野原の隅っこに、不法投棄される

  (背後から<死>がやってくる、馬が騎手をふりおとしたその上にも、
  (しかも、・・・まだ騎手のところにも、・・・―――

      ―――「同窓会なんていうものは悲惨なものだ」
ひとり・・・またひとり消えていく「あーどう言えばいいんだっけ? 
それがなにかはわかっとるんだが、なんも口から出てこん。・・・」


  * * *


な に を 話 し て も 伝 わ ら な い 、

そ の く る し さ 、 生 き な が ら に し て

死 ん で い る よ う な こ の さ み し さ

・ ・ ・ 長 い 別 れ 、 知 り 合 い の 表 面 上 

の 会 話 、 か ら だ と こ こ ろ が

バ ラ バ ラ に な る は げ し い 

あ あ く っ き り と 影 を お と す

愛 の な い き ま り の わ る い 人 生 よ !

(だ れ も 欲 し が ら な か っ た

裕 福 な く ら し に よ っ て こ こ ろ が

す り へ っ て 、 夢 や じ ぶ ん の

こ と し か 語 ら な い 毎 日 を ・ ・ ・


  * * *


頭のネジまでゆるんでおっとりとして、仏の顔になったかとおもうと、
娘と一緒にきているのに気付く ・・・ボケている (治療のため、だという
―――このズレはどうだ、この押し合いへし合いはどうだ
そして枯れ葉のにぎわいボソボソとやる 病院はどこだときいては共犯者にする、
また・・・ 持病はなにかときく (すごーい運が良かったから、生きてられるのよ
宗教かぶれに、片足柩につっこんだような同級生がなにかエラそうなことをぶつ
同窓会の手紙を破り捨てるようになったのは、はて、いつの時か・・・―――
ハハハ、笑いが止まらんね、 あさましい人の口を塞ぎ、極楽浄土とはね
死ね死ね・・・ 祈?しながら狂い死ね。積乱雲は神の穴、雨が降り出す肛門境
母も死ね、父も死ね、その倅も娘も死ね、 『善い』ことは乃ち悪しきこと
死ね死ね、火宅無常のうちに煩悩の具足 。飽食で痩せろ、ぐはは、あさましく死ね
佯りの戲れごと、死ね死ね、 念仏となえて三千地獄、 『善い』ことは死ね、
跳梁跋扈せよ、 悪人よ、オオ、世にはばかれ

  (遠く、遠くなる 竪琴(ri ra)の音は霊妙でうつくしく
  (それは晶系の化身、耀≪あかる≫き美の熱火の使者  

      ―――動こうとすれば、背中じゅうの筋肉に鋭い痛みがツツーッと走る
痙(ひ)き攣(つ)りだ。アンメルツ、バンテリン・・・挙げ句が、あわせ技だ
どこもかしこも、ボロボロになった・・・・・・。


  * * *


な ぜ 人 の 心 は こ う も つ か み に く く 

変 わ り 続 け る の だ ろ う

ひ び が は い っ た 焼 け 石 よ 、

(か と 思 え ば 氷 の 結 晶 、 

水 に な る も の よ 、 部 屋 を 変 え

目 標 を 変 え 、 生 き 方 を 変 え 、

人 づ き あ い も 変 え ・ ・ ・

し か し 最 後 ま で 残 っ た 妻 よ

み に く い 虫 が 薔 薇 に と ま っ た と

苦 笑 さ せ た あ の 時 の 腫 れ あ が っ た

あ か い 空 、 も う 一 度

お と ず れ て ほ し い ・ ・ ・


  * * *


短く切られなければみえない、
葉の茂みから鳥の巣がみえる (身体を折り曲げることさえ難しいのだ
中国人たちの老後のように、むちゃくちゃな生活が祟った、
アーメン・・・! しかしソーメンくいたい 人混みや、満員電車で肩や腰をぶつけて、
イテテ、乱暴なやつめとおもったが。杖をつく人たちにとって、
心どころか、魂にまでぶつかっていたことを (樹は発火して薄荷する
いまさらながら気付く (「老いというのは、そういうものだ」が口癖になる
行ってしまう。―――でも、いい加減流されるのはやめにして、
押しつぶされてもいいからと立ち止まらねば
わしの手にそっと不安そうに、・・・さっきまで、はしゃぎまわっていた孫が、
「どうしたの・・・?」と心配そうになるまで、わしは川を眺めてる
もうすぐそれは、三途の川になる、ボーイ・ソプラノのカナリアよ
感覚を教へてくれ、首だけ切ったようにとぶ愉快な鼻唄よ
「ひとりで、バリアフリーもさみしい人生とおもう・・・―――」
川がわしに似てきた、並木みちがわしに似てきた
そして<死>はわしの皮膚の内側から腐敗臭をさせる
(水 の 音。水 の  音 。音    音―――









Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.