272631 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

詩誌AVENUE【アヴェニュー】~大通りを歩こう~

pro3 花のやうに


  愁いにみちた人のこころに、

  花のをとめをうたひては香をそなえ、

  時間の水底のやわらかな、

  夢誘う帽にいろどられ、

  町にきらきらした上等のドレス、

  白い花や梅雨あがりの君を想ふ。


                灌木類。

             糸の切れた凧。

           その輪郭鋭かりし。


  やま越ゆ、ゆき越ゆ。

  曇りのないかゞやき、

  いつまでもつゞくひかり、

  染め出した、

  つぎからつぎへと咒文のちからそのまゝに、

  おだやかな繁栄、清潔な礼拝、

  きのうゆき過ぐ、天體の燃ゆる、

  されど尚も雨だれ、樹液、チェホフの墓、

  牧草地を甘やかに強くむんと濡らせば、

  君を慕ふ。


          夢ぬの たえなる 花

          夢ぬの たえなる 詩 


      ソレデモ、」 ヲ 仔細 シテ 

      ソレデモ、」 ヲ 世俗 シテ 

       
        (打消/接続/打消/接続)


             ウチケシ シテ 

             セツゾク シテ    



  花もをはり、日がのぼる。

  あゝキリギリスはかの重荷を、

  わけても鮮明に、病者の赫亦たる眼に、

  地球の自転のペースをあわせ、

  さめざめ、ざんざめ、

  雨と泣きぬ。


  
  「君はいつも泣いてばかりいるようだ。」


        ―――撃ち落とされた光・・

           花のような美しさと、

                  脆さ、

          そのまゝに凋んで――


  野ぐちにおきゐて寸刻みにとろけた鉛のやうな、
    
  心に寝る。

  目を覚ましたばかりの君、

  花をとめ、あはれやぬばたま比喩のやうに、

  剥がれおちはじめる、君を恋ふ。


          いたずら少女のやうな、

                  手を、

           差し伸べた――い・・




     あゝ 永久なる 君 ぬばたま

     あゝ 永久なる 君 ぬばたま



     (光のシンバル、眩惑のエネルギイ!)


  あどけのない笑みして、地上をのぞきおろし、

  ちかちかと瞬く星々は充血した魚の眼のやうに、

  なん世紀ものあいだ動いてゐる時計の振り子、

  あやもわかぬ須臾に咲きゐ。



    「吾が 雨の情に はなをとめ
 
    昂となれ たまなれ君」
  

  (非もなく是もなし、まみづの彌澄み渡るごと――

  花そのこゑはなめらかな砂のうへをはしる・・)


    天ふる きよらの はな
 
    天ふる きよらの うた ……


          夢ぬの たえなる 花

          夢ぬの たえなる 詩 


      ソレデモ、」 ヲ 仔細 シテ 

      ソレデモ、」 ヲ 世俗 シテ 

       
        (打消/接続/打消/接続)


             ウチケシ シテ 

             セツゾク シテ    




Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.