000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

詩誌AVENUE【アヴェニュー】~大通りを歩こう~

pro5 

詩:田中宏輔さん
ツイッター:田中宏輔 @atsusuketanaka

フォト・アート:羊谷知嘉さん
ツイッター:羊谷知嘉 Chika Hitujiya @hail2you_cameo
ツイッター:Engineerism @Engineerism





0ORDINARY WORLD°





「物分かりのいい子ね」とドリーンがニヤリとしたとき、誰かがドアを叩く音がした。

(シルヴィア・プラス『ベル・ジャー』1、青柳祐美子訳)


「どうぞ!」とドニヤ・カルロータはケイトに言った。

(D・H・ロレンス『翼ある蛇』上・10、宮西豊逸訳)


あのときもチャーリイ・クラスナーと灰色の明け方に押しかけたのだった。

(ジャック・ケルアック『地下街の人びと』真崎義博訳)


「グレーゴル? 気分よくないの? なにか必要なものある?」

(カフカ『変身』丘沢静也訳)


老いた膝をぽきぽきと鳴らしながら、スリーンはゆっくりと中腰になって花を見た。

(R・C・ウィルスン『無限記憶』第二部・8、茂木 健訳)


「何をクスクス笑ってるの?」とアリスが洗面台から振りかえって言った。

(パトリシア・ハイスミス『愛の叫び』小倉多加志訳)


「とってもきれいだね」モンドが言った。

(ル・クレジオ『モンド』豊崎光一・佐藤領時訳)


ダニエルは傍聴人たちを見つめた。

(ギ・デ・カール『破戒法廷』II、三輪秀彦訳)


ブラドレーはまばたきした。「なんでしょう?」

(R・A・ハインライン『異星の客』第二部、井上一夫訳)


「シャワーを浴びるのはどう?」エリカが尋ねた。

(カミラ・レックバリ『悪童』富山クラーソン陽子訳)


「たとえば、こんなふうに?」ナタリがたずねた。

(ダン・シモンズ『殺戮のチェスゲーム』第二部・25、柿沼瑛子訳)


「信じられない」とプローコプが考えにふけるようなおももちでつぶやいた。

(グスタフ・マイリンク『ゴーレム』今村 孝訳)


「人間の男の心は暗くて不潔です」グンガ・サムはいった。

(ロバート・シェクリー『人間の負う重荷』宇野利泰訳)


エスターは身震いした。彼女は若者の辛辣なところが嫌いだった。

(フィリス・ゴットリーブ『オー・マスター・キャリバン!』1、藤井かよ訳)


ウサギに見られるのをジャニスは恥ずかしがった。

(ジョン・アップダイク『走れウサギ』上、宮本陽吉訳)


トレーが眼鏡をはずしてわたしを見つめる。その顔は少年のように無防備で、頬には愛する者にしか感じ取れない柔らかさがある。

(ダン・シモンズ『バンコクに死す』嶋田洋一訳)


マキャフリイの容貌は、何百万の人間と同じ。目を離したら、雲の様子を正確に形容できないのと同じように、その容貌も形容できない。

(ジャック・ウォマック『ヒーザーン』2、黒丸 尚訳)


「上には何があるの?」とプティト・クロワは訊ねる

(ル・クレジオ『空の民』豊崎光一・佐藤領時訳)


二階のベッドルームには、いつもスーザンがたくさんいる。みんな、自分が熟してくるとここで待つのだ。

(ケリー・リンク『しばしの沈黙』柴田元幸訳)


この花たちはみんな君のためのものなんだよ、プティト・クロワ。

(ル・クレジオ『空の民』豊崎光一・佐藤領時訳)


それはまちがいよ、エンリコ。人間的な問題に関するときにはいつもあなたはまちがうけれど。

(ピエール・プール『E=mc2』大久保和郎訳)


ダニエルはかつてこれほど多くの白さを見たことはなかった。

(ル・クレジオ『海を見たことがなかった少年』豊崎光一訳)


隣では、わたしの少年の愛人であるセヴェリアンが、若者らしい気楽な寝息を立てて眠っていた。

(ジーン・ウルフ『調停者の鉤爪』18、岡部宏之訳)


小人は片腕をあげるとパリダに向かって伸ばす。

(フエンテス『脱皮』第三部、内田吉彦訳)


「ねえエレーン、ぼくらはいま、いくつくらいなんだろう」

(F・M・バズビイ『ここがウィネトカなら、きみはジュディ』室住信子訳)


クリスティーンはいま、自分が予想のつきやすい女だと思われているのではないか、と不安を覚えていた。

(アン・ビーティ『アマルフィにて』亀井よし子訳)


「すてきな名前ね」ジェーンはいった。「どうしてその名前に決めたの?」

(フリーマントル『フリーマントルの恐怖劇場』第2話、山田順子訳)


ジョナサンとルーシーは、ある日、地下鉄の中で知りあったのだった。たまたま、とんでもない奴が、ただ退屈だという理由で、催涙弾を電車の中で放った。

(ベルナール・ウェルベル『蟻』第1部、小中陽太郎・森山 隆訳)


「行かなきゃ」とアリスが言った。

(コニー・ウィリス『リメイク』大森 望訳)


「なにもそんなに急ぐことはなかろう」とマークハイムはやり返した。

(ロバート・ルイス・スティーヴンソン『マークハイム』龍口直太郎訳)


「菓子パンをもう一つお食べよ」クラウドがアリスに言った。

(ジョン・クロウリー『リトル、ビッグ』I・[2]・III、鈴木克昌訳)

翌日は、アブナー・マーシュにとって人生でもっとも長い一日だった。

(ジョージ・R・R・マーティン『フィーヴァードリーム』11、増田まもる訳)


「ああ、だがほんの一瞬だった」カドフェルは慎重に答えた。

(エリス・ピーターズ『悪魔の見習い修道士』2、大出 健訳)


ドライズデールは美しい女性と一緒のところを人に見られるのが好きだった。

(P・D・ジェイムズ『正義』第一部・10、青木久恵訳)


人間がつき合わなければいけない相手の大半は変人なんだよ、とグランディソンは言い切っていた。

(トマス・M・ディッシュ『歌の翼に』6、友枝康子訳)


「まあ、あなた」とマグダレンは溜息をついた。

(エリス・ピーターズ『死者の身代金』8、岡本浜江訳)


グルローズは、わたしの知った最も複雑な人間の一人だった。なぜなら、彼は単純になろうと努力している複雑な人だったから。

(ジーン・ウルフ『拷問者の影』7、岡部宏之訳)


レサマが話をする、するとその話を聞いていた者は、好むと好まざるにかかわらず、すっかり人が変わってしまった。

(レイナルド・アレナス『夜になるまえに』レサマ=リマ、安藤哲行訳)


「クレティアン伯は過去の君とは別れたよ」ロレーヌが言った。「現在の君とももうじき別れる。そして今は未来の君の寸前で踏みとどまっている」

(ヴォンダ・N・マッキンタイア『太陽の王と月の妖獣』上・12、幹 遙子訳)


ヴァージニアがゆっくりといった。「古い諺があるのよ。当たり前の人間は友人を選ぶが、天才は敵を選ぶ」

(グレゴリイ・ベンフォード&デイヴィッド・ブリン『彗星の核へ』上・第一部、山高 昭訳)


ぼくは幸福だ。わかるだろう、ガーニイ? ナムリ? 人生に謎などまったくないんだ。

(フランク・ハーバート『デューン 砂丘の子供たち』第2巻、矢野 徹訳)


「生き方を知る人間は、ただ生きるもんだよ、ニコバー。知らん人間が定義したがるのさ」

(マイク・レズニック『ソウルイーターを追え』7、黒丸 尚訳)


人生を使うんだ、ハロルド。人生中毒になれ。

(ハーヴェイ・ジェイコブズ『グラッグの卵』浅倉久志訳)


「まず生きていくことさ」シャープはそっけなく言った。

(フィリップ・K・ディック『想起装置』友枝康子訳)




Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.