271157 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

詩誌AVENUE【アヴェニュー】~大通りを歩こう~


翼   塚元寛一



瘴気まだ残酷きわまる月だ

 (うっぷ! -うぃいぃ。実験小屋・・・。天井桟敷。-)

・・・天翔けりゆく球根の芽とて萌えたたず

 幸福ばかり忘れ去られて緑青いろの沼して光輝は

   /耳をすますと、星の声がきこえてくる。 正気か

豊葦原の国でさかんに脱糞したい。-トロイを救出したい

 でも触れることなく扈従.,渺茫.,まるでオペラ だ

うたた寝をしたり木の葉の恐怖に澱んだりして

  どこから始めればよいのやら。 喫煙ショックに殺到

さっきから日光の力・・・月の土地、(月と言えば、-クレーだが。・・・

 襞の奥までも奪われた。ーグラスに尿《いばり》だ


   色 階 は 転 調 す る


そう、いまは、何もかも消えてしまっている

  (通り雨や夕立ちに濡れている街を見ながら、

 ピコピコ系音楽。-スーパーマリオブラザースをクリア―

   /約束手形の哀悼歌 ( 死肉を漁る禿鷹のように、

  いまはこころの領域、ボンバーマンの爆弾の設置/爆発

中枢まで根腐れを起こしたように、街灯の向こうの、

  ・・・夏だけを探している。満々たる水面やみのなかに、

 脳裡のひらめきに、唯それだけの心残りが (ストーカー。-110番? 

  叫び声をあげ るいまも輪郭をはっきりさせないで い る/銀河の如く

横たわってい る大沼にみえ る血吸い蛭どもの狂乱―――

    ** ただ見せられるがままになった宇宙の実年齢


   残 酷 な 縁 で 私 を 

    放 置 し な い  で く だ さ い !


そんなわけで・・・、かぼそいヴァイオリンの弦≪つる≫をはじく

 試して みる? 肩やウェストのあたりが自然と痙攣を起こしはじめたエクスタ

  洗練された海老茶色の頭.,コツ コツ コツ コツ.,

   息を止める時間も長くなって、ふじつぼよりぶなよりマンホオルより

・・・ああけれどここはねじ曲がっているのでとんでもない

  - シチューに来週行く。ホワイ ト( 酔 って大虐殺。-

   ・ホイールの上、、或いは回転車輪を走り続けるペースメーカー、、、

  いまから百万回愛してるって言える ? けれどそんな時でも口笛ふいて、

 みっともないらくだシャツに腹巻きして (肉体のぬくさ.,急ぐ跫音.,

   おったまげた! マテリアルー半透明

    水面の高さや雲の形状、太陽光線の向きや量、


   気 持 ち い い で し ょ ?


ともあれ、おれは大気中の影 (血液の長期拍手。。長期拍手。

 ぶったまげた! マテリアルー煉瓦色

  水面の高さではなく幅、明暗のコントラスト

歩いてゆくのだ、壊したり造ったり、血液の完全な。

   ー悲惨さを感じてる。・・・せ つなくなっちゃ う。・・

 (解きがたい大きな疑問―――命題の時にフレームが絶えず

   トネリコの若木の不快感。ちがう、ゴムノキの.,ぞわぞわ.,

 新たな肛門。ー侵入のかずかずをみとめた高鳴りうごめく点灯/彼のタバコ

  頭の中で変わり続ける、・・・麻酔をかけられたふしぎな青さ。- 1日3回、食事の後、

 ウイング状の羽根。上昇を嘆く天使。-は ずかし い・・・。

・・・この高揚感、薬液に汚穢物をぶちこむ/きたな い よ


   そ う い う の 無 理 だ か ら


大股、蟹歩き・・・やけにふわふわ心もとないのに、肉体の強靭。

 葡萄酒をのむ フィン/鋭い感覚は突然狂った -ここに崖。・・・ここに塔

  ( 呼ん で みただけ さ。-そしてこんな所でなら、

途切れそうな歓喜と讃えの歌をうたい、美容室/耳たぶについた泡

 澄み渡っている、てらうもの、偽るものもなく、肩越しに追加ー。

  ( 少なくとも手が死亡している。- あなたが『ハムレット』、

 だからいまおれは何ものも愛さない、と誓えるのだ。けれどそれはー。

   もちろん言い訳にすぎず、 ときどきにはalcoholと、心臓をつつむcushion

  ・・・・・・・・・視力の夢が冷えてくる(「それ」というものは「それ」でなくなる

 そうとも、すでに次元捻転、あちこちがねじれて糞づまりを起こし

    超音波診断装置の普及。羊水に浮く胎児・・・


   ト ラ ウ マ ア ニ メ


裂け目のなかにおれはふかき蔭りをみむる

 良心の呵責。 良心。 ( まつげの先にそっと触れる 雪

  /くそうー。どうしてか、・・・炉ばたのにほひがする

 ああ、軋む音。網の引き揚げ。昼のらちもない光の破片が

あたりにこぼれて、惨たらしく醜い浮世・・・悪都の忍び泣き歔り欷き

  長くしなやかに伸びた二本の触角。-足を蹴り、音の暖かさと言った・・。

 おれはばんばんこわしながら男々しいスサノオである

  見そなわせ、照覧せよ、どことなくアアモンドの形をおもわせる中洲

      、ベルトのやうに交流する。-天国は完全な支配です・・。

 ・・・ところでおれはぎこちなく歩きすぎた.,ロールバックする.,

    ―――子供たちも来るがいい、妻も、妾も来るがいい、


   調 和 の あ る 恍 惚 よ


日が死ぬ。-北風が裸でおまえが寝て死ぬ

  ・・・おれはおまえの病を癒してほしいのだ。鏡の中の彼の顔を見ていないで

 # それは渦巻き かけずりまわっている生活 ( 永劫の責苦だ。

  ー誑かしこまれた『アアメン』を説き。・・・吉報をフラッシュする空気中のミラー

 それは歩廊、階段、そしてわれらを打ち滅ぼすであろう金の玉座

  ・・・そしてあれほど純粋だった魂は異形になり、そう、こんなに魂は

    ―――海鼠のようにちぢこまってしまった。未聞の大潮流に囲まれて。・・。

  炉ばたのにほひから、母性の輪郭を、かかる未知なる魂を導き出す。

    柔らかな指先に似た。-翅音。・・・寥しいなんて嘘だ。―嘘さ
 
  おれは朝、花籠の久遠、かすかなるこがね、ラジオ体操だ! 脱穀機のうなりだ

   やわらかき稲穂のように、そうとも、いっぱいにひらけた道をゆく。ー


   こ ろ び そ う な 口 笛 だ


樹や草はどんどんなくなっていくのに、沙漠化するのにー。この昧爽はなんだ、

 ・・・日々を葬ってゆく、狂気の一般的な麻痺は何だ。ああそれ天来の果実≪このみ≫・・・

   気がつくと、ぜんたいにすきとおった、本能の力学。道徳心の織りなす遊星の・・。

  -夢幻劇( 幾何学的パターン)―――噴水、愚鈍なはずの韻の裏側にひそむ

 鳥たちの大合唱。それ。-。それ。-。ペール・ホワイト・リリーの抒情・・。

  おれは指揮者きどりで両手いっぱいつかって、あおい磁器のボウルに、

 ・・・来てくれたんだ( あおいOneとスカイラインとのリング

  幾何学模様をえがく、しかし時折り、稜線が風になびくさまを鋲出する

 ああおれはきちんとした絵を描かない画家。ー歌をつくれない伝説の貧乏人や弱虫の

  -ごとくに。なんだろう、このなまめかしい心から弾んだ、アンコール!

 すこしは気にしろよ。・・・心の中で殺める、こどもたちのクロック


   ス ト リ ー ム の ス ト リ ー ム


―――たまらなく書きたい空想でいっぱいになる(おれは黒板にかいてある

 どきどきするね? 自習ー次週・・。)おれはそよ風に充ち満ちた時間の嘘を証明する

  すなわち、・・・この瞬間も、あの瞬間も、死人の骨が記念碑となり、

 女の髪は解かれ、馥ひは古めかしくもあたらしく、模様や波、オーディオ・セット

  それパルチザン。だがまったくふわふわなの・・・。へへーん、ふ わふわな のお

 鼻腔をしきりにゆすり、混淆し、スピルバーグの『E.T.』ゆるんだネジだぜ

  おれのポリシーに反するよ!( でも、おれから平衡感覚をうばうころ合いなのだ。

 しかしおれはやはり歩いている、・・・歩くだけで優美なエトナ火山の道程、

   ―――すみれの咲き乱れた夕暮れ! やめてよ、よ して よ・・。

  息急いで彷徨っていてもふしぎと知的な紳士だ。うま面にならないのがふしぎだ、

    だが、おれは悶える。-欲情する。血統や種族に痙攣しながらゆく蹄の音


   無 限 の 成 功 は 恋 人 と い う こ と だ


しかし―――馬ではなく牛なのは明らかだ。

 (どうしてわたしは翼≪はね≫を 忘れたことを忘れられないの?

 黒人の腐敗肝臓にしびれながら、おれだってそうさ、心臓はイエローサブマリン

  ・・・ショパンの『練習曲 第?番 ハ短調作品?の?《革命》』

 のようなmelodious。一瞬きちがいかと、しかつめらしく眉をよせ、おしまいさ・・。

  槍で突き刺そうと思ったが、・・・気分がよいのだ『生めよ殖やせよ』

 (なるほど、そうとうなお転婆さんですな。相当無理な姿勢で性 器を舐めている

 猫みたいなものだ。―――街の様相にうけいれられないものを感じた時、栞がある

  折り畳まれた青春の残り香のする。諸国の空をおもえ、-おまえの風となれ)

 お嬢さん、さようなら、と別れ際にバッとおれはスカートを捲る、バッハ

    ちがうーそれはおれだ。人は己のなかに、崖っ縁の理性という呪いで自分を殺す


   白 昼 の 死 は 永 遠 の 屈 折 ?


旅先のホテルに置いてある聖書を読むように! 

 ちっ、白か、と唾をはきながらおれは歩く。それは夏の日の灼熱ーが見せた逃げ水・・。

  (おれは抱かなかった! ・・・あんなに好きなのにやらなかった!)

 するな、ということをー。・・やった! だからおれは斷頭臺にかけられるのだ

  決裂し、再度軽く酔っぱらった。 きよらか なー。おお、きよらか なー。

 それはほんとうに底冷えする塀裾や庭樹にー。しがみついていた根雪。

  とけて柔らかくなった土( 一歩々々踏締める音。陰森たる古柳疎槐。

    ―――森の芽吹きの匂いです。( でも ほんとうに見たいものは・・・、

  煌々としたシティ・ライトをうけた背中にうつった孤独なん で す。)
 
 壊したいと願うものードライアイスの死体。・・ライブラリの上昇

    おれは感じて る。-金属のサウンドを飛び越え る ビート


   恐 怖 の 大 宮 殿 / 洞 窟 に 等 し い


それにしてもまっくろな渦みたいにみえる、かたつむりの殻、( ぶつぶつ・・・。

  ストップ・ウォッチの効力。異次元の螺旋階段・・・、数百移動の高速ラッシュ

 嘴壺≪くちつぼ≫という宇宙のはげしい律動。ism。(しか し、想像力に強度はない。

  ・・・けれ どメタモルフォーゼ。-みな、自分と他者との間に金庫を震えさせ る

 (いや、こんにちは―――、RPGの寶匣≪たからばこ≫・・・ヴィクトリア王朝の

 H・G・ウェルズだ。-でも耳を澄ますと、撃鉄があがる、ピストルのカチンという音。

  自殺しようぜ/はとおいこだまのひびきとなる。ハード・ブレイク寸前の・・。

 テーブルの上で、タロット・カードの恋占いをしているように女々しい。

 (ふつうはきこえない・・・、でも“ここ”では聞こえる。It/is

   おれは正しい/こんにちは、・・・あの、いま、甲高い音ききませんでした?

 くちなしの甘いかおりで眠れない・・・、シティー・ボーイになりきれないあなた田舎男)


   お 持 ち 歩 き の 時 間 は ど の く ら い ?

    で も 走 り ま す 。 だ か ら 


ふんふん、まあ―――ね、と男は、カーテンや、天井や、本棚や、冷蔵庫を

 凧がひきずられて川におちたような相槌を打った。( # 合唱やオーケストラ!

   家畜の鈴。-おれはそのひびきのなかに溺れたpainー。

 (それはたぶん―――寺院の千の甍≪いらか≫を落とす音でしょう。おききでしょう? 

 ・・・神様は寺にせよ、神社にせよ、ー開放する/解放する

  ああいう格式ばったものが嫌いなのですよ。ヒヤ)ー単純な答えほど正しい。

 オッカムのカミソリ。ありきたりの避 妊。抽象的なビデオフィルム・・。

  流星のようなリゾート・ダッシュの時代、ファースト・フードの氾濫、

 未曾有の激震! プラスチックの味気なさ、インスタントの素早さ・・・、すばらしさ!

  ・・・ヒヤ、と言った時、オヤ、とおれは応じた。ヒヤ/オヤ ひや/お

や。- β≪ベータ≫,Pater、とくに意味はないくせにげにおこなはるもの。


   北 極 の し ゆ う し ゆ く す る 心 臓 の 弁


大規模な炉鋼燃焼沸騰。-(知恵の樹・・・禁断の実、ヒヤ

  乾反葉≪ひそりば≫のうわあゆみ。キャベツ。しかめつら、クラゲ死に・・・)

 ・・・おれはいかれていると思われてる。-空白の病気だ。-炎 の緻密な抽象絵画

  -あくまでも 止まり木から降りて飛び乗ったエネルギーの成長

 ちっとも話が進捗しないので、おれは、おほくちなわになるほかないとしても、だ。-

  無駄な法律! 無駄な処理!( 烈しい震動、虫共の蠢動。ガラスが割れたような音、

 壁が軋んだかとおもうとザザーッと砂袋がやぶけるように崩れおち、箪笥がたおれ、

   ついでとばかりヒビをいれてしまった壷も割り、四角いマス目の衝動的なコース。-

  飛び散る火花おしえてくれ、突如としてヒヨコをかえしてくれ、

 わすれ鳥は歌う。おお、わすれ鳥は春のしらべ( おお!と。わすれ ものに捧ぐ。

    おお、わすれ鳥は我等が春のなか・・・・・・・・・・・・。


   使 用 済 み ロ ケ ッ ト / 火 星 の 欠 片


時間がもう描くべき対象をもっていない時でさえ、おれの意識がつぶやく

  次元はおびただしいドア。模様はー。空とぶマグマ。・・しかし不壊のしずけ さ

 ( ああ、なるほど、林檎でしょう! LOVEうるさいわ魔女裁判

 らいくでぃす・・・! ラッキーデイズ・・。)こ の、この唐器に。-容ぼう に・・

  どこからともなく、さっきの女が戻ってきて、精神安定剤をがぶがぶのんで、

 はるかに正常。-解体されてしまった正常を湛へたそぶりでやってきた。

  電話番号をぴ・ぽ・ぱ。ロンリー・カナリア? イエー、ロン毛まくわうり

 あなたは段々ねむたくなアーる! RRR・・・、LLL・・・。薄鐡葉っき、ー猿である。

  モンキースパナー、アブラハムの親戚。ウイルス感染の危険性という観点から

 (ああなるほど、死の・・・絶望の・・・混沌の―――類似した秩序.,事物の模倣.,

    その幻視を破るのは。-暗闇の中でおれは狂乱のさなか黒豹を撮影した瞬間だ


   自 分 自 身 の う め き 声 が 

    色 と 香 り と を お ぎ な う


/どこまでが現実かという問いは、おそらくどこまでが真実かに置き換えられる

  ・・・それにしても咽喉がかわいたな、シェークスピア喜劇に触発され、

 オードリー・ヘップバーンの少女時代をおもわせる可憐な少女。

  勇壮な軍楽。-でなければ暗殺者という絹・・。はいどうぞ、といきなりおれの頭に

 蛇口をのせて、きゅっきゅっ、つまり親しい人の前以外では気難しいにちがいない、

   というおれの思い込みを余所に、群青いろの水を迸らせた、ガウンの緩やかな襞

 いや、―――爆発させた! も っ と ひ ろ い と こ ろ へ

  この、狭さに堪えかねて。すこしずつ、すこしずつ、そわそわ押し出され、

 ・・・あたりは、ねうねうと水蚯蚓、水蜈蚣うねうね、われをおののかしむる。

  美しい渓谷に。-高速波を切断 したがってバベルの塔はくずれたような騒ぎ

 カッター・シャツから、ホワイト・クリスマスを想起。


   感 覚 は い つ も 正 し い


おれはシンクロ/ こ の悲しい行列こそが既に愚鈍なるつぼなのだ。-

 (おお、うつくしい花の精よ・・・・・・・・・。わたくしめに、どうか、微笑んでおくれ。)

 そう言ったかとおもうと、バッと塩を投げ掛けられた。おれはこんな・・・。

  照れ屋の婿にはゆけぬ。ホウレン草叱りつけるほど蓬≪よもぎ≫たべ肉より美味い。

 (ねえ、はやく、後生だからあたいの口を割ってみせてよ。ー方言がつくられ る

  気恥ずかしさと、時間の経過と。-環境と。在りし日の存在がそれをうむ。-

 なんのための拷問器具。なんのためのうつくしい脚)そいつはいけねえ、―――

  世をはかなみ、尼寺ではなかみする女。-いささか、おきのどくなかんじの

 口をわって水のませて、おれのキツツキをくわえこませたい。いまじゃあもう・・・!

  日向くさき蜂の巣女・・・! ズダダ・・・。続いてる―――続いてるよ神様・・・!

 ああ、こいつはもうまったくたまらない。/出さ ないで ね


   規 則 的 な ハ ー モ ニ ー の 反 復


それは試みの信号燈≪シグナル≫! Life jacket(Lonely Lilly・・・!)

 墓に入る糊付けをおそれた、かくもあきらかな蜘蛛の脱出。迷路のなかの狢。ー

  しかして砂の穴から必死に脱出を目論む。( 季節がながれ、血がしたた る。・・

 風に舞い狂う埃でさえ、浮動性を滞び、事態は羽根のように空転。するーのに・・。

  カシオペヤ座のW字形から点線の辿って・・・、北極星を・・。みつー。ける・・。

 (いいから、妾をいじめてよ。いぢめてよ。ぐすんぐすん・・。

  ふんじばっておくれよ。)フェニキア王の娘エウロパなんだろ・・・

スキャンダラスな牡≪おっと≫の嫉妬、とおれはおもった。海の中へ潜水し・・、

 やがて陸地がみえてくる。ヨーロッパだ・・・!(いけません、いけません―――

亀甲縛りは得意ですが、お茶の子さいさい、茶柱たてて咽喉につきささる

 ・・・うんめいの女よ、いじめてなんてカジキマグロ、


  な に を ふ ざけ て お  る の だ 

   ア ル マ ジ ロ !


女はおれの言葉をきくやいなや、蹲り、下腹部をくるしそうにおさえ、

 背中をふくらませて亀の甲羅。まるで悔いや呪いの摂理。そういうわけで、おれ。-

  アンドロメダ姫を救うペルセウス王子。―――きらびやかな、ロココ調装飾美。

 シャンデリア、皿、洋燈、硝子などが割れる音のそとでは、倉庫のなかのような。-

  沈黙がおおう・・・、エドヴァルト・ムンク。 (あたち、・・・死ぬの?)

 そうこうしている内におれの身体は、やさしいメルヘン。-白きくちぶえの序曲を聴け、

  ―――解体されてゆく、おれ。・・・無数のスケッチブックは忘れられてゆく

 偶然えがかれた楽譜も忘れられてゆく。・・・エキサイティングな勇気に愛さ

  名前をつけるのに精一杯で、気がつけば( 水溜まりを踏んで、

 いくつもに分かれるように。三角、四角、五画―――火花のようにふれ合った

     自由が欲しかった。-ねえ、と一回いっても、君はいない・・・。


  き っ と 何 万 回 言 っ た と し て も


さあみろ、おれのからだは遥か向こうへと逃げてしまった。鼻水を垂らして。-

 顔を洗って髭を剃る。-うじやうじやわいてくる。くぐりぬけても、くぐりぬけても、

  それはなんというかずのおびただしさ。(本当に、ごくまれに君を思い出す。・・

 ・・・暗緑色にいっぴきいる!またいっぴきいる!ひとむれでもいる!

 (あ、どうしてスライムち、てるの?)限られたフィールドガウル。ー

 えんえん泣いていた少女は、せせら笑い、・・・水の音に似てると、おれに思わせる。

  いち万回LOVEとなえおわらぬうちにでてくる、ー美意識の強さ。

 そ れ は ゆれてもとどまれない、珈琲とミルクの接触。-のんでいたと思う

  -飲んでいた気がする。・・・それ は かおってもきえない。

 このゆったりとした呼吸には、きっと、あるものとないものとが、

    ―――からみあっていく接点。足音を立てることもなく


   時 代 は 嵐 の 朝 を 教 え た


蝋燭のともしびだ。蝋のなみだだ。―――なんて淡くてはかないんだ!

 (ところで、くちなしの甘いかおりで眠れない・・・、シティー・ボーイになりきれない

   -あなた田舎男よ。・・・踏みゃにゃいで! この人を、踏みゃにゃいで。

 わるいわるい、ぱちゃんぱちゃん、縄飛びでもするようだ。寒いですね、影

  三重跳び、四重跳び。ああ、こういう無神経さや残酷さがおれたちの”残響”だ

爪を立てていることを知らない。ーでも、おさへなくてはなりません二重跳び

 (あにゃた、―――この犬に何をしたんだニャお)それにしても、おれはなにも

 しゃべれずじまいの思考千手観音の傍観者ー。おれは、悲しい、暗い目乱れ

  ・・・イソギンチャクのような耳や眼や口になったもので、おれがしゃべれば、

 聞き取れないので、あとは、さよならをうつくしく、しゃれにならないしゃれこうべ

  地下資源に値段がつけられる滑稽のもとつぶやく。・・・でも、


   自 分 が い な い な ん て み ん な そ う さ


にっこりピースサイン。たしかにおれはもう歩けない・・・、

 -走れない・・・、むやみに増えた水滴、(そろそろ帰るべきなのだ。-

  、それはもう、涙や唾液や小便やくう気で補給するしかないのだ、

 しほつからい肉体の名前は # マーガレット・オブライエンの孤独な瞳・・・・・・・・・。

  やがてふたりは口喧嘩のうちに去っていく、いや、・・・いつのまにか人がいる。

 -だがみんな家路をたどる。・・・手を動かして。-足を動かし て

  弾んだ調子には滑稽の実がある。酒の味をたしかめて舌つづみを打ったり、

 飲むほどに酔うほどにしだいにヘベれけになってくる。-にゃんにゃん・・・・・・。

  その時おれは磔刑のキリスト、アメーバー状的宇宙感覚で、

  アンネ・フランクの「アンネの日記」―――ずずず、と指をうごかしている。

 走れ!走れ!走れ!(誰だ、姿形のないおれに命令するのは・・・?


   神 は 自 ら の 命 を 絶 っ た 意 識 の

    総 称 な の で は な い か ?


おれは神を知っている。-いや、ずっと見てきた。(・・・小鳥のひしゃげそうな

 愛はちょうど、眼の眩んだ朝のみずいろを想わせた。おまえのことが好きだった。-

  ・・・きっと、おれが夢見がちで思い込みが強すぎるのがいけないんだろう。

 桜の実の熟れるころ、女は花売りや踊り子になっていった。フ ェラチオしていた。

  セ ックスをがんがんしていた。そして男は、政治や、経済について語り、花札をし、

 ―――もうあの頃のきずつきやすい、とげとげしい、扁桃腺の腫れたような、

  ・・・あのさまざまな視点は( 放蕩息子の帰宅のように、うしなわれていた。

 いったいどれくらいの時が流れ、-交差する権利を主張したのだろう。-おれはきっと、

  ものすごいふぶきか、疾風になってしまうのだ。支那の女も。-アルプスの少女も

 いや、あらゆる芸術の女が。-神話となり、しかしそこにおれの愛する女も、

  いやそれを総べているところの女の名も、意識も徐々に、遠ざかる。-とおざか る


   で も み ん な 靴 を 履 い た


/だが、その頃おれは巨大な轍なのだ。もう冗談ではなく、

 ・・・掃除機のような引力に、ひゅうと吸い込まれ、

  (どうしてわたしは翼≪はね≫を忘れたことを忘れられないの?)

    かわいそうに、屈折してしまった美にさえも、( 冷たい脹脛がある。-

 おれのことを思いながら、そっと花束を置く、美しい女よ。

  ひびのはいったコルネット・・・。わざと言い間違えたコルセットよ!

 プレリュード、煙草の煙よ。・・・おれは馳せ行く、みんな鼻をおさえる。

  いま、がたつくタイヤ、華麗な序の舞、( 繊細な羽衣にこそばゆくあてられて、

 眠りを誘うリズムを刻んでいる。たん・たん・たん。/止まらない。-終わらな い

  かよわくないインテリぶりに、またきりりとした船酔いのようなきもちよさに、

 おれは神になった。-いや、誰もが到達でき る、ひとつの次元だったの だ


   そ し て そ れ は 声 の イ メ ー ジ だ っ た


おおくのところ、勇ましいというだけで中身がない、三文芝居劇場に。

 ・・・おれがつくりえたもの。-おれが存在していたという、逆説に。・・・紙がいた

  (どうしてわたしは翼≪はね≫を 忘れたことを忘れられないの?)

 そしておれは無性に悲しかった。みんな飛び散った。-ちりぢりになった

  ―――けれ どもう知っているのだペペロンチーノといっても、玉ねぎといっても、

 ごらんなさい、・・・そこに風がある。景色がある。そしておれが、-い る。・・。

 (雲が、どうして水の上に象の鼻のようにのびちぢみするか、人なら。ー

記号的数字的概念の情報吸収によって資本主義経済におちていく。そのようにして、

 最後には皆、見事に完全無欠なロボットになって、涙さえ流さなくなる。が・・・

  雲は人にあらず、人は雲にあらず、されどヴェールを一枚々々剥いでいけば、

  ・・・それはナイーブな視点をまろくつつむもの。オペラグラス・・・、


   日 々 の 疲 れ に 対 す る 

    な ぐ さ め が お ち て い る


おれはすっかり、ひかりのめまぐるしい嘘言の織りなす八方の涙をながす。

 だが。-睦言だ。( 死にたいと叫んでも。・・・食べたいという

  がたんごとん、と眠りを誘う無重力の世界に住むバスの妖精のリズムで。

  (都会はみんな、焼け野原だったんだ―――再生の記憶。くるる くる る・・。

 時間なんてそんなものだ。思い出なんてそんなものだ/歴史も、お前自身も、

  ―――焼け野原にせわしく、せくぐまったようにきこえてくる、ヘルプ・ミイ

 でさえ、ふしぎとやわらかい植物の絹のようなうつくしい声となるだろう。

  おれは知った。-ステップアップのはて に。・・シャドウの貌を

 (きっと・・・おれは傲慢すぎたんだ。恍惚によってどんな実が結びつくかを、
 
すこしも考えず、ただ、相次ぐことばに溺れた・・・、知らなかったんだ、

    ―――雨のように、雪のように消えていく類の消費になることを。-噤みを)


   可 能 性 と は 巨 大 な 視 野 で は な い


おれだってそうさ、誰にも、真剣に怒れないような時代の空虚しさを感じている。

 そしてそれはいつも思い出せない種類の、いびつな結晶。

  “シャルダンの喫煙道具”という作品のリアリティー。でもそれは見えな い。-

 (ところで神さま、きょうもおシノギ、お疲れ様でやす。・・・竜二が網走から

  出てきやした。きょうは宴でござんす。)ハーイ、キューリなダーリン、

 いま、アラスカの深い森のリスいりますかマラカスからっかす。あほーなからす。

  ** せんきゅーべりーまっち。せんきゅーべりーまっち。

 おれは痛覚遮断―――それでも、痛みをこらえながら身をよじるなりするが、

  もう無駄だ。-感覚の到達点をえた。そし て 。-地球が表示される

 舞えよ魂、あ・わ・せ・か・が・み。O・N・L・Y・T・I・M・E そう、

  一滴のこらず、吸い込まれちま う。・・・そうです、花の神フローラ、


   気 付 き ま し た 。

    神 は 初 め か ら い な い の で す ね


おれは、なんていう天才なんだろう。-頭がおかしくなりそうだった・・。

 狂っているかも知れない。-でも答えなんてそんなものだ。詩なんてそんなものだ。

  -おれは傲岸だった。・・・壁には罅欠がはいるのを、幸運の当選者だと思っていた。

 だが違うのだ。・・・魂が神になるために。ーいや神が存在するということを否定し。

  また、おれ自身が魂の神を受け入れ( おびただしい量の文献/記憶と同化し、

 おれがかなしみにみちている。-しかし、・・・そっとおまえがやさしくささやく

  (どうしてわたしは翼≪はね≫を 忘れたことを忘れられないの?)

 それにしてもまったく霙や、雹だのにやられそうな凍瘡≪しもやけ≫ぐあいだ。

  すべての声を聞くこと・・・。それが。-人としての最大の可能性なのだ

 忽≪ゆるが≫せにしては何の甲斐もない、―――しかしたとえマリファナを喫い、

  ギャンブルをやらなかったことを嘆く日が来るとしても、( 人生は答えられる


   そ し て あ な た は 必 ず そ れ に 

    勝 利 す る


ああー。だというのに、なんだ、大きな失望のこのかなしい胸。

 はにかみにみちた点滅をくりかえす、うらさびれたまちの街灯のように、

いつ消え果ててもおかしくない輝き・・・・・・。カラダ、に、ちくり、と着地した。

 (姐御≪ねえ≫さん、あちきはケチな博打打ちでやんす・・・、)

-もし、おれが何者でもなかったら、・・人も何者でもないだろう。-神でさえ、

 いや・・・神という不条理名こそが、為す術もなく、チャコールグレー、パープル、

  というこまやかな色変化までも吸い込まれる。( それは空のよう に。・・。

 まったく天空の青にあやされている、亡骸たちがうらやましい。-赤ン坊どもめ

  そこは沙漠のオアシスだろう、亜熱帯地方の苛烈な精をのむものたちよ

 ああ・・・どんどん息がくるしくなる、真空だ。鉄だ。咽喉が灼きつくようだ。

  でもおれは完成していない/ おれは死ななければいけな い


   そ の 前 に 半 身 を 

    殺 さ な け れ ば い け な い


―――ああ。・・・何処に行けば上昇気流をつかまえられるのか、魂の飛翔が叶うのか。

 でもそれらはおおくのものを宥し、なだめ、わがままとなれあう感受・・・・・・・・・。

  (ウーイ、酔っ払ってしまいたい。ーひっくひっく、泣き上戸みたいにきこえるな。)

部屋のドア。二度三度四度五度六度しち八度ノックする。・・・たしかにおれは

 相当まいっている。窶れてる。なにを考えているのか、ナニがしたいのか・・。

  さっぱりわからん。おれはけちな博打うち。おれはけちな博打うち。

(イエス、カマオーン。それはおおくの雨のひと粒。欺き了≪おお≫した心臓の顫え。)

 そうだーすべての自分自身を愛するということだ。-まったくの真実だ。・・。

―――いずれはみんな溶けてしまう、小さい裂け目から、にがみばしった色、

 おづおづとうごきだしていくものがみえる。そ れ は、街にゆっくりと

  かけられたカーテン・・・夜の霧。( そしておまえにオヤスミと言おう


   愛 の 喜 び を 


剥製だらけの、蝋人形だらけの地球最後の日にみる夕陽( それすらも、

 パフォーマンスにすぎない。/トリップと降圧自身のボウルにブラシ

  ・・・おれは説明できる。じわり、と絶望・死・不安の三重奏がひろがりながら。

 寡黙で烱々≪けいけい≫とした眼をして、おれは肉体をうしなう。

空想スケッチおれはけちな博打うち・・・!( 人生の警告者・・・!

 (どうしてわたしは翼≪はね≫を  忘れたことを忘れられないの?)

そうだ、いいことだ、ちぢこまっていたおれ、ひからびていたおれも、

 まっさおな、碧瑠璃、チャペルの鐘、みずいろのワンピース。

・・・そしてそれら、イメエジの密着による、とびきりおおきな皿の磨きのなかに、

 くもりのなかに、星が美しく燦めく、おれは夜の醜いケロイドなのだ。

  戯奴≪ジョーカー≫たるおれが接吻をして、みんなゲロを吐く。嘔吐する。


   脱 糞 す る / 排 尿 す る


おれの目の端、そこに爬虫類の背でつめたくこすられる。

 ああ、それやこれやのこと・・・、ほんの数十秒の走馬灯。( ・・・おれはごみだった。

また屑かごだった。おれはどんどん洗われて、つまらなかったもの、

  先へとゆけなかったものに、まばたきをする。―――で も水が欲しい。おれは、

 つややかな骨なのだ。ああ、宇宙の翳りがほしい、ー問うても問うても解けぬ痛みなら、

  それは肉感的なものの佯り。-亡羊。・・・けれど冗談半分で指さしたらきっと見える

―――永久凍土の固い氷を破って突き上げてくるもの( 声なき声の。真実を。- 

 薬品試作品欠陥品、エクソシストから、エキゾチックへ、

  (くだらないね、太陽が空をまっくらにするんだ。銀河みたいに、

 どこかのこどくな惑星みたいに、ずうっと打ちしおれて、時を刻み続けて。ー)

  そしておれはしろい生き物になる。-すべての神の光となる・・・。


   も う 魂 の ダ イ ヤ ル の 時 代 だ


総体の本質とは何ですか、いま、犬死にしていくような、

 ・・・物侘しい無名。ーけれど、そこに難解電車がはしり、創樹があり、

  かと思えば軍艦の進水式のような気持ちがあります。おれはー。おれの道だ。

 神はおれの名を知らない。・・・何故なら神は支援することのみの不確実な停止だ。・・。

  そしてそこでおれが神になる。神は支援しない/神が実行する・・・!

 芝生の上でビニール・シートも敷かず、春の声に耳をかたむけるカナリアの声よ。

  ああ、それでいい―――、それだけでいい

(どうしてわたしは翼≪はね≫を 忘れたことを忘れられないの?)

  ―――そし ておれは涙を呑んで、神の偽造となる。ものみな神の恵みなれば、

 とおい日の王国でー。みな、幸せに暮らしたことを忘れるだろう

  ・・・忘れた時のよろこびをおれは見る。/おまえも神だからだ






Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.