000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

詩誌AVENUE【アヴェニュー】~大通りを歩こう~

全1291件 (1291件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2017年09月22日
XML
isolated-2634692_1920-1.jpg

 

 レクトリックセッの宇宙、
 (実体を持たない観念はエクトプラズムのように空中に浮かび上がる―――。)
 君の免震が試される、
 アイリス
 虹彩・・。あるいは遠い―――銅版彫刻の横顔―――。
 ブレイクト、ブレイクト・・。
 
 珊瑚磁器的装甲夢想
 水星は公転周期が約八八日。
 亡父性記述的落下―――。
 芸術土星の公転周期は約二九年。
 媒介過剰波打幻聴・・。
 カロンは二四八年。
 、、、、、 、、、、、、、
 痛苦もあり、悲哀もあるなれ、

 「新しいサブプライムローン」
 階級的意識が、轡をつける、レジスタンスを産む、
 人の心に分裂を作り出す、

   りだす・・

 >>>コミンフォルムのユーゴスラヴィア除名。
 ・・・俺は昨日、街を歩いていたら久しぶりに、
 パラレルワールドの世界へ。
 前兆は頭痛、吐き気がする。
 夜の街を歩いて、うっ気持ち悪いと眼を瞑った瞬間に、
 「―――

 (―――どうせ誰も信じないから話す、
 最初は15歳の時だった、前兆の頭痛、吐き気の後、
 俺は―――俺は・・俺は・・俺は!

 レクトリックセッの宇宙、
 
 
 『大根にカッターナイフを入れた画期的な写真
 (ロードコーンと、便器のつまりとりが合体して、それが柱になってる)
 『一つの花の写真をミラー技術で左右対称にする

 『女の乳 房が砂によって隠れている
 (ロープが、蛇のように動いている・・。)
 『奈良の大仏に男 根が設置されている

 ―――写真の柔らかなボケ味のように、
 まったく感動的な、)」
 まったく感動的な、)」


 もい
 西暦三〇〇〇年に何が起こっているの。
 西暦四〇〇〇年に何が起こっているの。



 そのピクトラムへ、縦揺れする鼓動はサモトラケー
 周期―――サーベイ・・空調を始めよう、

 俺の喋っていることを一つも信用するな、
 でも幽―――なのかも知れない・・。
 あるいは、人 間 の 可 能 性 の 問 題 なのかも知れない―――。
 ある世界では、日本は隕石で滅亡していた。
 ある世界では、恐竜の顔をした奴がサッカーしていた。
 そうですそうです、自作自演です、と言っていればいいんだろ、
 だからしたくない・・。
 ―――俺は思ったね、自分の頭がおかしいんだって。
 実際、何かの副作用なのか、
 大抵頭の何処かに脱毛症みたいなのが出来ている。

 「でも俺はそれをパラレルワールドと分析しているわけじゃない・・
 つまり、こうだ―――ある種の補強妄想によって、
 世界が色を変えたのかも知れない・・」
 (無 茶 苦 茶 だ 、 出 鱈 目 だ 、 素 っ 頓 狂 だ ! 
 >>>でも、詩なんて書かなくちゃまともなふりもしていられない!
  
 エ コ ロ ケ ー シ ョ ン・・・・。

 孔雀羽根えるか、
    バッカス テルプシコラー
 死する酒神歌舞の神、
 マクドナルド
 麦唐納へようこそ―――。

 場・空・位が意味するもの、
 そのたくて確かな共鳴前進する力を与える、
 アラバスター リラ
 雪花石膏多絃琴・・。



 







最終更新日  2017年09月23日 06時15分21秒
コメント(1) | コメントを書く


 7587850-1.jpg




           翼えたってどんなじだろ―――・・。
     惚状態、排他的な頂天、天上的感嘆符のライマックス・・。
 
      か最上級で新鮮な処 女油みたいに、った、
    その―――艶っぽいで、
    影響され、左右されて・・発熱して伝染して・・して、
       運命憂慮心臓―――。
    、、、、、、、、、
    この空を見つけたい、と思った。

     ―――君くれ自由はばよ・・。


     4.jpg


       (フレームムーヴィングイメージ・・)
       、、、、、、、、、
       かたみやすくおして、

   延長部にある何オクターブにも音楽隙間戸惑い、
   世界は引きの構図で、進行方向をきく空けている―――。

     
    ソクラテスのをしてるからじゃない、   

  感光力のある細胞半透明琥珀を、

            精神毀損流動体にしてしまう

  


        強いられた悲劇殉教者になることを―――。

     3.jpg

      たとトロの胸壁・・サロメの路―――。
               でも、どうして―――どう・・。
         人形をした洞穴を、
           林檎のような光沢感触の中で思い描くのだろう・・。

 

        ・・・・・・もっと、避けがたく、破滅論者

      

       天使たちは万人ルシファーの手先その

             あなたをえた、苦をしえてこその
      私はった、記憶消さ―――れ・・

     時間中にふたたび降りも、
             あ・・。

   この奮闘、明るみ、いわば、人間の解放、
        愚かでもいい、手痛いしっぺ返しが来てもいい、

       手の中には、泡立つ酸の入った水差し・・。
     それが、翼をが来たとしても―――。
     それが、大きな黒い爪を残す唯一の生存の証でも・・。

           この循環する競走用回路
      ―――著しく電気抵抗える、

 あなたはふわりと宙に浮く、ジャックナイフのように身を折り曲げながら、
 情熱を意力で無理に型へ籠め固めた貪欲と遊戯心との交錯を、

       ―――あらかことのように。
   


           あなたは、
         この世界の何処かに、あなたが
      私はそうでなくては、好奇心探索心こせない、
          どうしてそうでないとえるだろう、

      何千年もの時間が、

     どうして一瞬のうちに舞い戻らないなんて言えるだろう、
         たとえそうでなくても、そうであったとしても、

         こるものはい―――。


      ずっあなたにをつけてほしいとってい
                   あなたは、
 あなたは、いつも、気まぐれで、かがれることもできなくて。
  
               ―――いつえる・・・

        魂を悪魔に堕とすだけの敏感な楽器

      であってほしいもの・・・。

    1-1.jpg
 
       ―――それはお伽噺かもれないけれど、
        にはまだ、翼があった記憶がある。
 
 そして、山の稜線でも愛撫するようになぞってくれたあなたの指・・。
 
          教育、訓練、囀鳥と同じと教えてくれた・・。
      世界最高水準無学でもいい、目視しよう、盲目しよう

 

             笑ってほし―――・・。
       いまは、あなたにって欲し―――・・・。               

            16.png











最終更新日  2017年09月23日 06時11分30秒
コメント(0) | コメントを書く
 
AVE写真illus.詩N1381 1507 No.5



ジャガイモの泥を落とし、
ビニール袋いっぱいに詰めるような生活。

エスプレッソと、
グレープフルーツを混ぜながら、

スマートフォンを叩き壊したくなる衝動。

照明に反射するアクセサリー、
サブリミナルの広告、逃走するリズム、

何処みてやがるんだ。
何を考えてるんだ。
わかっている。
排水溝に水が流れてゆく音がすること。
ロールケーキとキャベツを混ぜ合わせたら、
ロールキャベツ。

それは違う、
それは、絶対に違う。
でも、何が違うっていうんだろう。
作られた世界で。
シャンパンの泡、きつい香水。
平和な世界、何も起こらない日常。
ディジタルの世界。
快楽は紫陽花のように移り変わる。

表情にまた一歩近づく。
鏡を見ることはできない。
そのクエスチョンに近づく。

Snapographic×KAMOME STUDIO









原画サイズ/特大サイズ

詩とArt_Works: 塚元寛一さん &KAMOME_STUDIO
画像素材: Snapographic


AVENUEロゴs10







最終更新日  2017年09月22日 21時41分54秒
コメント(0) | コメントを書く
 
AVE写真illus.詩N1380 1507 No.4



□僕はタイミングをずらしたような具合の悪さで
zoom-up

トマトは赤い トマトは赤い トマトは赤い

停止線で信号待ちする 1・2・3 
川の濁流のように一斉に様々な格好のひと
僕はミネラルウォーターを口のなかに含む
化粧品の匂いがして噎せ返る
歩道に二三人の人が歩いてくる

リヒャルト・ワーグナー
R&Bが爆音,R&Bが爆音,R&Bが爆音

乱暴な響きが雨を連れてくる
乱暴な響きが都市のエレベーターを開く 目ー的ー地
乱暴な響きがカポネのキャデラックを濡らす

パネル式の検索機   レシート  ポイントカード


写真サイト:Stocka









原画サイズ/特大サイズ

詩とArt_Works: 塚元寛一さん &KAMOME_STUDIO
画像素材: Stocka


AVENUEロゴs10







最終更新日  2017年09月22日 20時32分30秒
コメント(0) | コメントを書く
 
AVE写真illus.詩N1379 1507 No.3



EYE
Stocka×kamome Studio









原画サイズ/特大サイズ

詩とArt_Works: 塚元寛一さん &KAMOME_STUDIO
画像素材: Stocka


AVENUEロゴs10







最終更新日  2017年09月22日 20時06分09秒
コメント(0) | コメントを書く
 
AVE写真illus.詩N1378 1507 No.2



おや、雨が降ってきたな、
と、そのとき、
犬が一声吠えた途端、真白い部屋。
(拍子ぬけするほど、突然、)
いくら考えてもぽかんとして、
いくら思い出そうとしても、
ブブブ・・・Excuse me...
こんな部屋どこにあった、
晴れもなく雨もない、風も空も、
都市も、何もない。
「そうか、みんな死んでしまったのか。」
そう思った。手の感覚も、
足の感覚も失われて、いる。
しかしなお、
かき消されて、白く、
白い景色はひろがりつづける、
ソフトクリームのらせん階段を、
すべりつづける。
「どうして?」
部屋の窓が見えた。
凍った虫が、
ぷちゅん、と潰された。
(やめろ、それは僕だぞ。)
息苦しくて、胸が張り裂けそう。
(で、も、でもさ、
変にうじうじ悩むところが大嫌い。)
三回、四回――。
ティッシュでくるまれながら、
(くるまれながら、まきちらしながら、)
その中で丁寧につぶされながら、
ブブブ・・・Excuse me...
ブブブ・・・Excuse me...
ブブブ・・・Excuse me...

Splitshire×KAMOME STUDIO









原画サイズ/特大サイズ

詩とArt_Works: 塚元寛一さん &KAMOME_STUDIO
画像素材: Splitshire


AVENUEロゴs10







最終更新日  2017年09月22日 19時34分41秒
コメント(0) | コメントを書く
 
AVE写真illus.詩N1378 1507 No.2



おや、雨が降ってきたな、
と、そのとき、
犬が一声吠えた途端、真白い部屋。
(拍子ぬけするほど、突然、)
いくら考えてもぽかんとして、
いくら思い出そうとしても、
ブブブ・・・Excuse me...
こんな部屋どこにあった、
晴れもなく雨もない、風も空も、
都市も、何もない。
「そうか、みんな死んでしまったのか。」
そう思った。手の感覚も、
足の感覚も失われて、いる。
しかしなお、
かき消されて、白く、
白い景色はひろがりつづける、
ソフトクリームのらせん階段を、
すべりつづける。
「どうして?」
部屋の窓が見えた。
凍った虫が、
ぷちゅん、と潰された。
(やめろ、それは僕だぞ。)
息苦しくて、胸が張り裂けそう。
(で、も、でもさ、
変にうじうじ悩むところが大嫌い。)
三回、四回――。
ティッシュでくるまれながら、
(くるまれながら、まきちらしながら、)
その中で丁寧につぶされながら、
ブブブ・・・Excuse me...
ブブブ・・・Excuse me...
ブブブ・・・Excuse me...

Splitshire×KAMOME STUDIO









原画サイズ/特大サイズ

詩とArt_Works: 塚元寛一さん &KAMOME_STUDIO
画像素材: Splitshire


AVENUEロゴs10







最終更新日  2017年09月22日 18時21分06秒
コメント(0) | コメントを書く
 
AVE写真illus.詩N1377 1507 No.1



治験をするべきか
アダルト ビデオに出るべきか考える夕暮れは五時
ノイズの思考は形而上学を奏でる
メモランダムそれは残酷な夕暮れいまゆうぐうれは誤字
来たるべき蜂起よりさみしい結末
いま誰にも会いたくないと思う夕暮れは五時
ゆうぐれゆうぐれゆうぐれ誤字
アキレス腱断裂
ウツで引きこもりでニートでいる君のゆうぐれは誤字

Splitshire×KAMOME STUDIO









原画サイズ/特大サイズ

詩とArt_Works: 塚元寛一さん &KAMOME_STUDIO
画像素材: Splitshire


AVENUEロゴs10







最終更新日  2017年09月22日 16時22分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年09月21日
 
AVE写真illus.詩N1376 1506-4 No.25



きれいな、東洋が水で、積み重なる肉を洗えば、
燃料のとぼしい、叫びの、断末魔。
瞳の奥に陶酔などない、儀礼もない、
去勢コンプレックスのようなさみしさ。
硫酸を浴びるリアリスティックな描法。
そいつらが水銀状に固まったスクリーンで、
近代の超克。前の時代を野暮だと言い募る。
収縮する停滞と再生、さらなる拡大。
さかんなスローガンは、複雑な工学的発想。
けれども頽廃。吹けば散る記号。球根。
ちんぴらにやくざにさけべ、沈黙せよ、
まがいものが流出する、それは、
古い、いたんだように、見せかけた、
インディアン・ペエパアの花。
――ユートピアさえも管理社会。
ああそして俺達は何て鈍い、
なんて嫌な生き物なんだ。
内部の方位の感覚を研ぎ澄ましながら、
俺は蒼白く渇いてる。砂の膨張性に。
因習の靴に、眼鏡蛇に。



Stokpic×kamome studio









原画サイズ/特大サイズ

詩とArt_Works: 塚元寛一さん &KAMOME_STUDIO
画像素材: Stokpic


AVENUEロゴs10







最終更新日  2017年09月21日 18時14分28秒
コメント(0) | コメントを書く
 
AVE写真illus.詩N1375 1506-4 No.24a



お 腹 が 減 っ た な
す げ え 減 っ た
す げ え す げ え 減 っ た
あ あ 木 が
ビ ー フ ジ ャ ー キ ー に
見 え て く る
眼 が ま わ っ て く る
嘘 だ け ど 


Stokpic×kamome studio
 








原画サイズ/特大サイズ

詩とArt_Works: 塚元寛一さん &KAMOME_STUDIO
画像素材: Stokpic


AVENUEロゴs10







最終更新日  2017年09月21日 17時30分41秒
コメント(0) | コメントを書く

全1291件 (1291件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

カレンダー

サイド自由欄


  Art詩スライドショー

  作へ

  注目作へ
   紫苑1~水原紫苑の歌によせて
     新たなイラストの扉がいま開かれた!




    詩誌AVENUEの 掲示板

    詩誌AVENUEの 私書箱

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

塚元寛一のお部屋★


創刊に向けて


コラボ詩の心得


顔文字詩


『ふろいど』のために


311


オリジナル意訳詩


TITANのお部屋★


『ふろいど』


動物さんたち 1


動物さんたち 2


作家の部屋★


poet 塚元寛一さん


poet 田中宏輔さん


poet 香鳴裕人さん


artist 羊谷知嘉さん


poet samleさん


reviewer 澤あづささん


poet NORANEKOさん


poet 天野行雄さん


poet 黒木アンさん


poet はかいしさん


poet 紅魚。さん


poet しぇりーいすちゃん


poet 泡沫恋歌さん


e-shi トラ太郎さん


e-shi 黒沙鐶ミイカさん


e-shi コマさん


artist ホングウ セラさん


reviewer 藤一紀さん


reviewer 水野英一さん


poet メビウスリング詩人会勉強会


poet 僻猫さん


artist 美々婆々さん


poet カニエ・ナハさん


ミュージシャンのお部屋★


hiroyuki


森 ミキ


編集室★


ブックマーク★


Home


room 1 企画


room 2


box 1 ✔


box 2 ✔


box 3 ✔


box 4 ✔


box 5


pro1 陽気なこまどり


pro2 coffee


pro3 花のやうに


pro4


pro5 


PBook 1


PBook 2


PBook 3


PBook 4


PBook 5 ✔✔


PBook 6


PBook 7


PBook 8


PBook 9


PBook 10


PBook 11


PBook 12


PBook 13 ✔


PBook 14


PBook 15


長編詩投稿サイト


日本人 カモメ7440


水深九十八メートルの夜



月舞の宴 (コメント付)


1~71行詩


今日の写真詩:詩文by塚元寛一


No.1


作品


十一次元の詩人たちへ


青いレモン


『青いレモン』の前駆詩


古井戸の底に浮かぶ


オリジナル意訳1    by塚元寛一


オリジナル意訳2


オリジナル意訳3


オリジナル意訳4


オ意ロートレアモン1


オ意ロートレアモン2


オ意ロートレアモン3


オ意ロートレアモン4


オ意ロートレアモン5


写真詩詩文控え1   by 塚元寛一


写真詩詩文控え2


写真詩詩文控え3


写真詩詩文控え4


写真詩詩文控え5


写真詩詩文控え6


ひろやすさん写真詩詩文控え1 by 塚元寛一


ひろやすさん詩文控2


ひろやすさん詩文控3


ひろやすさん詩文控4


ひろやすさん詩文控5


wa!ひろさん写真詩詩文控え1 by 塚元寛一


wa!ひろさん詩文控2


wa!ひろさん詩文控3


wa!ひろさん詩文控4


イラスト詩文控え1  by 塚元寛一


イラスト詩詩文控2


イラスト詩詩文控3



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.