483223 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

詩誌AVENUE【アヴェニュー】~大通りを歩こう~

2012年03月14日
XML
カテゴリ:宣伝
今回紹介するのは、謎の福島さん(^◇^)

この謎が、はとなのだよ。はとには謎なので、KAMOME教授にお任せします。

あばれる~(=。◇°;=)~

 以下KAMOME教授喋る。

 「インディペンデントな模索、・・文中を読む限りでは、福島氏はマイナス面を強く説かれ

ているが、こういう生き方はX感覚・・既存のものの見方から離脱し、状況を一変させる革命

的な思考の顕れです。もちろん、リスクはありますが、たびたび詩誌AVENUEで紹介さ

れる大衆文藝ムジカの主催者である葛原氏(文明開化、より集合的な知によるサブカルチャ

ーを表舞台へと引っ張り出すところの前衛、また葛原氏の構想によれば、アマゾンに似た販

売スペースを作るなど、独力での全拡大、いままで市場に分化していたものを一つにまとめ

るところの発想→消費に対する強力な需要を生むシステムの開発)、あるいは若手芸術家集

団イーゼル
竹下氏(ビジネスと音楽の融合。地域密着型の構想はとても先鋭的。既存の枠組

みから、お金を得る方法はない、――これはCDが売れなくなり、you tube、あるいはMD

、CD/Rなどによって売上がどんどん減っていく現象から、ライブパフォーマンス型のアー

ティストが増加していくのに似ています。)・・と同じく、この意識というのは、ダダイズム

の影響をうけたマルセル・デュシャンは、便器を逆さに展示して“噴水”と名付けるような

ものです。・・これはフルタイムで働き、隙間時間に勉強!勉強!忙しい生き方、息継

ぎせずに潜水、といったことに対する疑問から出発していると思います。人類というのは、

よりよい生き方、生活をするために絶えず模索する生き物です。・・集合的な芸術は体制と闘

う最も有効的な手段です。何故なら、体制というのは、たとえば映画がいくつもの段階を経

て、映画を観る、という言葉になっているように、そこに制約なり、金銭的な問題、また労

力が必要になるからです。そこで、才能は、ジャンルを統合します。あるいは、今までの状

況を見直します。そしてそれを、トフラーの造語であるテクノレベルズ・・日本語に訳

すなら、技術に対する反逆者たち、とするのなら、そうでしょう。ただもちろん、そ

れに対するリスクは、すべて自分たちが行わなければならず、失敗すれば目も当てられない

ことを意味します。正常な社会参加型意欲を、いままでにない新しい発想、創造的分野に託

するということは、滑稽でもあります。ここが三者に見られる否定的な意見でもあります。

わたしKAMOME教授としても、同じ意見です。餅は餅屋です。ですが、それなら

今までの在り方を変えようと言う時、彼等はそのプログラムされた機能を再び作りかえ、新

しい状況に参加できるかといえば、彼等には出来ません。彼等には生活があるからです。つ

まり、湧きあがるような情熱がありません。ここにおいて彼等はブランドの別の見方を知ら

ず、ある計算された設計のもと、堕落している、と言えます。この堕落がもたらすものは、

職業としての洗練化です。同時に、打たれ弱く、既存のものに甘えようとする負け犬根性の

なせるわざであり、これは新しい物事を始められない才覚のなさ、臆病さによって自分の可

能性を潰している、とも言えるでしょう。名門大学を出ながら、アルコール中毒ジャンキ

になるとでも言えばよいのでしょうか。我が国の文化がいかに低レベルかということを、

福島氏のような方は、身を持って証明されることになるでしょう。後は、これでイーゼルの

竹下氏のように飯を食っていれば・・いろいろ課題はあるようですが、誰にも文句は言われな

い、ということです。組織に歯向かうのは古代の神秘思想、キリスト教が潰していった様々

新興宗教さながらとも言えるでしょう。これにおいては、エジソンを紹介してもよいでし

ょう。ともあれ、時代が殺伐とすればするほど、こういう人達が増加し、より活性化してい

くことは時代に新しいエネルギーを作るという意味での、まだ小さな、しかしもっとも勇気

のある決断であるとわたしは思います。」

 

 今日のはとの一言「はとは愛されているので、平和です」


  馬鹿は死ね、というKAMOME教授ありがとうございました。

  おかげさまで、はとは、塚元さんと、いずちゃんから豆を貰えます。


    ・・・はと、馬鹿だから難しいことはわからないよ。


  (^◇^)



【雑記の雑記】 by Kaoru Fukushima 福島 馨

初めてこういうのを書きます。

ものを作るときにどんなことを考えるか、みたいなことも書くけれど
まず最初にちゃんと言っておかないといけませんが
ぼくは有名人でもなければ、業界人でもありません。

でも夢やぶれた人でもないです。
そういうのになるつもりがなかったので、そういう努力をしなかったのです。
理由は仕事にすると大変そうだからです。
あと、好きなことを好きなように1から10までやりたいからです。

仕事にしたことはありますが、
やっぱり好きになれなくて辞めてしまいました。

というわけで、あくまでも趣味でやっているので
あまりぼくから得られるものはないかもですが、
そういう人もいるんだなって思って読んでもらったらいいのかと思います。

それで
ぼくは文章も書くし、音楽も作って、絵も描いて、演劇もやってて
写真撮ってデザインもしますし、映像も撮影・編集、
最近では脚本を書いて映画にも挑戦し始めています。
全部自己流なので、専門語とか機材のことは一切知りません。

それでもやれば誰でもそういうものはできる、ということですが
ぼくにとってはスノボできる人の方がよっぽどすごいと思うのですが
そういう人も同じように「やればできる」と言うので
同じような感じと思います。

いろいろ作るぼくですが、
作品にするときは、自分の中にテーマがありまして
たとえば「新緑」とか「切ない」とかなんでもいいのですけれど
それを文字なのか写真なのか音楽なのか、いろいろと
どのやり方にしてそのテーマを外に出すかを考えます。

写真なら新緑の木を撮るとそのままですが
音にしようと思うと、表現がすっかり変わります。
「新緑」ぽい音なんてよくわからないからです。
でもあえてそれでも曲にしようと突き詰めれば
なんだか普通じゃない音楽ができるときがあって、

逆に「切ない」のは言葉や音楽でやると簡単だけれど
それが他の別な表現やると、
(まだ作ったことはないけど)彫刻とかでやったとしたら
これで切なさをどう伝えるか…

なので、そうしたテーマに最適なものを選んでるうちに
使うメディアや手法も増えてしまったのです。

だから、もし仕事にしてしまうと、
もっといろんなやり方ができるのに
映像作家だとしたなら、
どれのこれのテーマでも全部映像でやらないといけなくって

デザイナーだと
どんなテーマでも一瞬で伝わらないといけないものにしないといけなく
ぜったいお金になるほどの出来でないとだめなわけです。

あと、限定職業になると
プロジェクトの一部しかできないのもぼくは消化不良で
写真家になって写真撮るだけでは、
あとは別のデザイナーに修正したりされて

要は自分の思い入れのないものを作ってしまうのがいやで
その時間がもったいなく感じてしまう、などというわがままさなので
お給料にすることはあきらめて好きなことをしよう、と思ったのですね。

とはいえ、
プロになる根性やねばりがなかった自分を肯定することはできませんので
自分にはひとつの方法で貫く力量もプライドもなかった
というのが実際のところです。

そういう雑記でした。
クリエイターの方々はぼくを「フーン」と思って、
(でも時々ぼくが作ったものも見たり聞いたりしてくれるとありがたいですが)
ぜひこれからも自分の道をがんばってほしいと思います。

おわり


[Poetry Reading Music]
"今はもう聞こえない君の言葉は、笑い声だけ残して、色あせた"
『IHONO|ジカンヒョウ (Jikanhyo)』
http://www.myspace.com/ihono/music/songs/jikanhyou-28465463
詩/斉木直樹 音楽/福島 馨




【福島 馨さんのプロフィール】 ツウィッターより引用

IHONOというグループで自由なアート活動してます。オリジナルで『詩の朗読』の音楽を作ってます。音楽担当。/劇団顔交換にも所属。 I create Art & Music in the indies group named IHONO. Original Works【Poetry Reading Music】. http://www.interq.or.jp/japan/ihono/







AVENUEロゴs10






最終更新日  2015年08月04日 12時42分06秒
コメント(1) | コメントを書く
[宣伝] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:宣伝 4 ♪(03/14)   AVENUE2010 さん

福島 馨さま


雑記ありがとうございました!
天才KAMOME教授と可愛いハトさんのお仕事


   A子「えっ、塚元さんのお仕事でしょ?」

   B子「えっ、ほんと?」

   A子「うん、ツウィッター情報。」

   ハト「ハートだよ(^◇^)」


楽しんでいただけたみたいで、嬉しいです♪

ツイート読ませていただいていました。
雑記を書くに当たって
真摯に取り組んでくださってるご様子に
感謝いたしておりました^^

「ジカンヒョウ」という作品のリンク
まるでAVENUE読者へのプレゼントみたいですよ~♪
謝謝^^

これからもヨロシクお願い致します<(_ _)>


              いずちゃん@AVENUE編集室
(2012年03月15日 15時21分30秒)

PR

カレンダー

サイド自由欄


  Art詩スライドショー

  作へ

  注目作へ
   紫苑1~水原紫苑の歌によせて
     新たなイラストの扉がいま開かれた!




    詩誌AVENUEの 掲示板

    詩誌AVENUEの 私書箱

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

塚元寛一のお部屋★


創刊に向けて


コラボ詩の心得


顔文字詩


『ふろいど』のために


311


オリジナル意訳詩


TITANのお部屋★


『ふろいど』


動物さんたち 1


動物さんたち 2


作家の部屋★


poet 塚元寛一さん


poet 田中宏輔さん


poet 香鳴裕人さん


artist 羊谷知嘉さん


poet samleさん


reviewer 澤あづささん


poet NORANEKOさん


poet 天野行雄さん


poet 黒木アンさん


poet はかいしさん


poet 紅魚。さん


poet しぇりーいすちゃん


poet 泡沫恋歌さん


e-shi トラ太郎さん


e-shi 黒沙鐶ミイカさん


e-shi コマさん


artist ホングウ セラさん


reviewer 藤一紀さん


reviewer 水野英一さん


poet メビウスリング詩人会勉強会


poet 僻猫さん


artist 美々婆々さん


poet カニエ・ナハさん


ミュージシャンのお部屋★


hiroyuki


森 ミキ


編集室★


ブックマーク★


Home


room 1 企画


room 2


box 1 ✔


box 2 ✔


box 3 ✔


box 4 ✔


box 5


pro1 陽気なこまどり


pro2 coffee


pro3 花のやうに


pro4


pro5 


PBook 1


PBook 2


PBook 3


PBook 4


PBook 5 ✔✔


PBook 6


PBook 7


PBook 8


PBook 9


PBook 10


PBook 11


PBook 12


PBook 13 ✔


PBook 14


PBook 15


長編詩投稿サイト


日本人 カモメ7440


水深九十八メートルの夜



月舞の宴 (コメント付)


1~71行詩


今日の写真詩:詩文by塚元寛一


No.1


作品


十一次元の詩人たちへ


青いレモン


『青いレモン』の前駆詩


古井戸の底に浮かぶ


オリジナル意訳1    by塚元寛一


オリジナル意訳2


オリジナル意訳3


オリジナル意訳4


オ意ロートレアモン1


オ意ロートレアモン2


オ意ロートレアモン3


オ意ロートレアモン4


オ意ロートレアモン5


写真詩詩文控え1   by 塚元寛一


写真詩詩文控え2


写真詩詩文控え3


写真詩詩文控え4


写真詩詩文控え5


写真詩詩文控え6


ひろやすさん写真詩詩文控え1 by 塚元寛一


ひろやすさん詩文控2


ひろやすさん詩文控3


ひろやすさん詩文控4


ひろやすさん詩文控5


wa!ひろさん写真詩詩文控え1 by 塚元寛一


wa!ひろさん詩文控2


wa!ひろさん詩文控3


wa!ひろさん詩文控4


イラスト詩文控え1  by 塚元寛一


イラスト詩詩文控2


イラスト詩詩文控3



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.