451524 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

詩誌AVENUE【アヴェニュー】~大通りを歩こう~

2012年03月26日
XML
カテゴリ:朗読



椅子はプリーマ・バレリーナ


ーRole Playing Gameは
スウィミング・プール
と語感が似ていたなんて
最初からどうでもいいことだった

ここはリヴィング・ルームか
プレアーか

ブレーキンアップ・イズ・ハード・トウ・ドウ 
ブレーキンアップ・イズ・ハード・トウ・ドウ 
ブレーキンアップ・イズ・ハード・トウ・ドウ 

  素晴らしき日常

彼女はジャンプしてる ステッピングストーンみたいに
彼はフライングフィッシュ

ブレーキンアップ・イズ・ハード・トウ・ドウ 
ブレーキンアップ・イズ・ハード・トウ・ドウ 
ブレーキンアップ・イズ・ハード・トウ・ドウ 


[ド Die Leiden des jungen Werthers]ゲーテの長編,1774年作.
親友の婚約者ロッテに恋し,苦悩のはてに自殺する純情多感な青年ウェ
ルテルが主人公.★本邦初訳,明治26年(1893)緑堂野史「若き
ヱルテルがわづらひ」





  573 パンドラの箱


 (五百年後)

 ――暮らしている――

 はて、・・五百年後、一体何と暮らしているのだろう?

 読者は考える、視線の先に・・あたかもSF映画のワンシーンが、

 じわじわ甦ってくるようだ。――最後の行は始めから決まっている。

 ・・「お気に召しましたか、パンドラの箱?」





  地平線にしずむ太陽


あかい鼻のトナカイになりながら
サンタクロースの贈り物が
とうとうやってこなかったらしい
かなり冗長な表現の女の子は
きっとじぶんに酔いながら
ぼろぼろと涙をこぼしていた
想ったことをいうと
やっぱりぱちんと平手打ちをくらい
なんてデリカシーがないのと
あかい眼でキッと睨まれた
でもお嬢さん?
わたしの経験上そんなに悲しいことは
ひとつとしてなくて
まして海辺というお約束をして
挙げ句が学生服で
ぼろぼろ泣いているのは
どこからどうみても青春ドラマだ
はつ恋だったのと彼女はいう
聴きちがえたスンバラシイ耳は
初コメディーか
おめでとうと言って
やっぱりぶん殴られる役どころで
でもねお嬢さん?
君はとても大いなる真実を学んだ
というのも死を悼むのではなく
じつは淋しいから人は泣き
思い通りにならないから泣くのだ
いまそれ言うとき?
それは思う
わたし達は何だかわからないまま
砂浜によっこらせとすわり
クリスマスツリーのことを考えていた









朗読と詩 by 塚元寛一さん  サウンド by hiroyukiさん


AVENUEロゴs10






最終更新日  2015年08月04日 12時06分54秒
コメント(3) | コメントを書く

PR

カレンダー

サイド自由欄


  Art詩スライドショー

  作へ

  注目作へ
   紫苑1~水原紫苑の歌によせて
     新たなイラストの扉がいま開かれた!




    詩誌AVENUEの 掲示板

    詩誌AVENUEの 私書箱

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

塚元寛一のお部屋★


創刊に向けて


コラボ詩の心得


顔文字詩


『ふろいど』のために


311


オリジナル意訳詩


TITANのお部屋★


『ふろいど』


動物さんたち 1


動物さんたち 2


作家の部屋★


poet 塚元寛一さん


poet 田中宏輔さん


poet 香鳴裕人さん


artist 羊谷知嘉さん


poet samleさん


reviewer 澤あづささん


poet NORANEKOさん


poet 天野行雄さん


poet 黒木アンさん


poet はかいしさん


poet 紅魚。さん


poet しぇりーいすちゃん


poet 泡沫恋歌さん


e-shi トラ太郎さん


e-shi 黒沙鐶ミイカさん


e-shi コマさん


artist ホングウ セラさん


reviewer 藤一紀さん


reviewer 水野英一さん


poet メビウスリング詩人会勉強会


poet 僻猫さん


artist 美々婆々さん


poet カニエ・ナハさん


ミュージシャンのお部屋★


hiroyuki


森 ミキ


編集室★


ブックマーク★


Home


room 1 企画


room 2


box 1 ✔


box 2 ✔


box 3 ✔


box 4 ✔


box 5


pro1 陽気なこまどり


pro2 coffee


pro3 花のやうに


pro4


pro5 


PBook 1


PBook 2


PBook 3


PBook 4


PBook 5 ✔✔


PBook 6


PBook 7


PBook 8


PBook 9


PBook 10


PBook 11


PBook 12


PBook 13 ✔


PBook 14


PBook 15


長編詩投稿サイト


日本人 カモメ7440


水深九十八メートルの夜



月舞の宴 (コメント付)


1~71行詩


今日の写真詩:詩文by塚元寛一


No.1


作品


十一次元の詩人たちへ


青いレモン


『青いレモン』の前駆詩


古井戸の底に浮かぶ


オリジナル意訳1    by塚元寛一


オリジナル意訳2


オリジナル意訳3


オリジナル意訳4


オ意ロートレアモン1


オ意ロートレアモン2


オ意ロートレアモン3


オ意ロートレアモン4


オ意ロートレアモン5


写真詩詩文控え1   by 塚元寛一


写真詩詩文控え2


写真詩詩文控え3


写真詩詩文控え4


写真詩詩文控え5


写真詩詩文控え6


ひろやすさん写真詩詩文控え1 by 塚元寛一


ひろやすさん詩文控2


ひろやすさん詩文控3


ひろやすさん詩文控4


ひろやすさん詩文控5


wa!ひろさん写真詩詩文控え1 by 塚元寛一


wa!ひろさん詩文控2


wa!ひろさん詩文控3


wa!ひろさん詩文控4


イラスト詩文控え1  by 塚元寛一


イラスト詩詩文控2


イラスト詩詩文控3



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.