280787 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

詩誌AVENUE【アヴェニュー】~大通りを歩こう~

2015年05月04日
XML
カテゴリ:象の椅子
                 詩:田中宏輔さん
                 ツイッター:田中宏輔 @atsusuketanaka

                 フォト・アート:羊谷知嘉さん
                 ツイッター:羊谷知嘉 Chika Hitujiya @hail2you_cameo
                 ツイッター:Engineerism @Engineerism








TWZ1504-3(1) 34  Origines_Grooming.jpg

TWZ1504-(2) 39 Origines_Barking.jpg


UNCOUNTABLE/COUNTABLE PAINKILLER ――― 『テラの時代』より






偶然


 あさ、仕事に行くために駅に向かう途中、目の隅で、何か動くものがあった。歩く速さ

 
を落として目をやると、飲食店の店先で、電信柱の横に廃棄されたゴミ袋の、結ばれてい
 
たはずの結び目がゆっくりとほどけていくところだった。思わず、ぼくは足をとめた。
 
 手が現われ、頭が現われ、肩が現われ、偶然が姿をすっかり現わしたのだった。偶然も
 
齢をとったのだろう。ぼくが疲れた中年男になったように、偶然のほうでも疲れた偶然に
 
なったのだろう。若いころに出合った偶然は、ぼくのほうから気がつくやいなや、たちま
 
ち姿を消すことがあったのだから。いまでは、偶然のほうが、ぼくが気がつかないうちに、
 
ぼくに目をとめていて、ぼくのことをじっくりと眺めていることさえあるのだった。
 
 齢をとっていいことの一つに、ぼくが偶然をじっくりと見つめることができるように、
 
偶然のほうでも、ぼくの目にとまりやすいように、足をとめてしばらく動かずにいてくれ
 
るようになったことがあげられる。
 





仕事から帰る途中、坂道を歩いて下りていると、

 
後ろから男女の学生カップルの笑いをまじえた
 
楽しそうな話し声が聞こえてきた。
 
彼らの若い声が近づいてきた。
 
彼らの影が、ぼくの足もとにきた。
 
彼らの影は、はねるようにして、
 
いかにも楽しそうだった。
 
ぼくは、彼らの影が、
 
つねに自分の目の前にくるように
 
歩調を合わせて歩いた。
 
彼らは、その影までもが若かった。
 
ぼくの影は、いかにも疲れた中年男の影だった。
 
二人は、これから楽しい時間を持つのだろう。
 
しかし、ぼくは? ぼくは一人、部屋で
 
読書の時間を持つのだろう。
 
もはや、驚きも少し、喜びも少しになった読書の時間を。
 
それも悪くはない。けっして悪くはない。
 
けれど、一人というのは、なぜか堪えた。
 
そうだ、帰りに、いつもの居酒屋に行こう。
 
日知庵にいる、えいちゃんの顔と声が思い出された。
 
ただ、とりとめのない会話を交わすだけだけど。
 
ぼくは横にのいて、若い二人の影から離れた。
 



セッ クス


 ぼくの理想は、言葉と直接セッ クスすることである。言葉とのセッ クスで、いちば

 
ん頭を使うのは、体位のことである。
 



フェ ラチオ


 二人の青年を好きだなって思っていたのだけれど、その二人の青年が同一人物だと、き

 
ょうわかって、びっくりした。数か月に一度くらいしか会っていなかったからかもしれな
 
いけれど、髪形がぜんぜん違っていて、違う人物だと思っていたのだった。太めの童顔の
 
体育会系の青年だった。彼は立ち上がって、トランクスと作業ズボンをいっしょに引き上
 
げると、ファスナーを上げ、ベルトを締めて、ふたたび腰掛けた。「なかなか時間が合わ
 
なくて。」「えっ?」「たくさん出た。」「えっ?」「たくさん出た。」「えっ? ああ。
 
うん。」たしかに量が多かった。「また連絡ください。」「えっ?」思いっきりはげしい
 
オーラ ルセッ クスをしたあとで、びっくりするようなことを聞かされて、ダブルで、
 
頭がくらくらして、でも、二人の顔がようやく一つになって、「またメールしてもいい
 
の?」かろうじて、こう訊くことが、ぼくができる精いっぱいのことだった。「嫁がメー
 
ル見よるんで、すぐに消しますけど。」「えっ?」呆然としながら、しばらくのあいだ、
 
彼の顔を見つめていた。一つの顔が二人の顔に見えて、二つの顔が一人の顔に見えてって
 
いう、顔の輪郭と表情の往還というか、消失と出現の繰り返しに、ぼくは顔を上げて、目
 
を瞬かせていた。彼の膝を両手でつかまえて、彼の膝と膝とのあいだにはさまれる形で跪
 
きながら。






最終更新日  2016年01月24日 18時29分14秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

カレンダー

サイド自由欄


  Art詩スライドショー

  作へ

  注目作へ
   紫苑1~水原紫苑の歌によせて
     新たなイラストの扉がいま開かれた!




    詩誌AVENUEの 掲示板

    詩誌AVENUEの 私書箱

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

塚元寛一のお部屋★


創刊に向けて


コラボ詩の心得


顔文字詩


『ふろいど』のために


311


オリジナル意訳詩


TITANのお部屋★


『ふろいど』


動物さんたち 1


動物さんたち 2


作家の部屋★


poet 塚元寛一さん


poet 田中宏輔さん


poet 香鳴裕人さん


artist 羊谷知嘉さん


poet samleさん


reviewer 澤あづささん


poet NORANEKOさん


poet 天野行雄さん


poet 黒木アンさん


poet はかいしさん


poet 紅魚。さん


poet しぇりーいすちゃん


poet 泡沫恋歌さん


e-shi トラ太郎さん


e-shi 黒沙鐶ミイカさん


e-shi コマさん


artist ホングウ セラさん


reviewer 藤一紀さん


reviewer 水野英一さん


poet メビウスリング詩人会勉強会


poet 僻猫さん


artist 美々婆々さん


poet カニエ・ナハさん


ミュージシャンのお部屋★


hiroyuki


森 ミキ


編集室★


ブックマーク★


Home


room 1 企画


room 2


box 1 ✔


box 2 ✔


box 3 ✔


box 4 ✔


box 5


pro1 陽気なこまどり


pro2 coffee


pro3 花のやうに


pro4


pro5 


PBook 1


PBook 2


PBook 3


PBook 4


PBook 5 ✔✔


PBook 6


PBook 7


PBook 8


PBook 9


PBook 10


PBook 11


PBook 12


PBook 13 ✔


PBook 14


PBook 15


長編詩投稿サイト


日本人 カモメ7440


水深九十八メートルの夜



月舞の宴 (コメント付)


1~71行詩


今日の写真詩:詩文by塚元寛一


No.1


作品


十一次元の詩人たちへ


青いレモン


『青いレモン』の前駆詩


古井戸の底に浮かぶ


オリジナル意訳1    by塚元寛一


オリジナル意訳2


オリジナル意訳3


オリジナル意訳4


オ意ロートレアモン1


オ意ロートレアモン2


オ意ロートレアモン3


オ意ロートレアモン4


オ意ロートレアモン5


写真詩詩文控え1   by 塚元寛一


写真詩詩文控え2


写真詩詩文控え3


写真詩詩文控え4


写真詩詩文控え5


写真詩詩文控え6


ひろやすさん写真詩詩文控え1 by 塚元寛一


ひろやすさん詩文控2


ひろやすさん詩文控3


ひろやすさん詩文控4


ひろやすさん詩文控5


wa!ひろさん写真詩詩文控え1 by 塚元寛一


wa!ひろさん詩文控2


wa!ひろさん詩文控3


wa!ひろさん詩文控4


イラスト詩文控え1  by 塚元寛一


イラスト詩詩文控2


イラスト詩詩文控3



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.