471806 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

詩誌AVENUE【アヴェニュー】~大通りを歩こう~

2015年05月05日
XML
カテゴリ:象の椅子
ブレッズ・プラス

 昼ご飯を食べに西院のブレッズ・プラスに行く途中、女性の二人組がぺちゃくちゃしゃ

 
べりながら、ぼくの前から近づいてきた。ぼくは、人の顔があまり記憶できない性質なの
 
で、もう覚えていないのだけれど、というのも、ちらりと見ただけで、もうケッコウとい
 
う感じだったからなんだけど、ぼくに近い方、道の真ん中を歩いてた方の女性が、ぼくの
 
出っ張ったお腹を見ながら、「やせなあかんわ。」と言いよったのだった。オドリャ、と
 
思ったのだけれど、まあ、ええわ。人間は他人を見て、自分のことを振り返るんやからと
 
思って、チェッと思いながらも、そのままやりすごしたのだけれど、ほんと、人間という
 
ものは、他人を見て、自分のことを思い出してしまうんやなあと、つくづく思った。パン
 
屋さんに入って、BLTサンドのランチ・セットを頼んでテーブルにつき、ルーズリーフ
 
を拡げると、つぎのような言葉がつぎつぎと目に飛び込んできた。「今、わたしの存在を
 
維持しているのはだれか?」(ジーン・ウルフ『新しい太陽のウールス』50、岡部宏之訳)
 
「人間がその死性を免れる道は、笑いと絆を通してでしかない。それら二つの大いなる慰
 
め。」(グレゴリイ・ベンフォード『輝く永遠への航海』下・第六部・5、冬川 亘訳)
 
「人生で起こる偶然はみな、われわれが自分の欲するものを作り出すための材料となる。
 
精神の豊かな人は、人生から多くのものを作り出す。まったく精神的な人にとっては、ど
 
んな知遇、どんな出来事も、無限級数の第一項となり、終わりなき小説の発端となるだろ
 
う。」(ノヴァーリス『花粉』 66、今泉文子訳)「人生を楽しむ秘訣は、細部に注意を
 
払うこと。」(シオドア・スタージョン『君微笑めば』大森 望訳)「細部こそが、すべ
 
て」(ブライアン・W・オールディス『三つの謎の物語のための略図』深町眞理子訳)
 
「本質的に小さなもの。それは芸術家の求めるものよ」(フランク・ハーバート『デュー
 
ン砂丘の大聖堂』第二巻、矢野 徹訳)「人生はほとんどいつもおもしろいものだ。」
 
(タビサ・キング『スモール・ワールド』5、みき 遥訳)「そうした幸せは、まさしく
 
小さなものであるからこそ存在しているのだ」(サバト『英雄たちと墓』第II部・4、
 
安藤哲行訳)「重要なのは経験だ。」(ミシェル・ジュリ『不安定な時間』鈴木 晶訳)
 
「人生のあらゆる瞬間はかならずなにかを物語っている、」(ジェイムズ・エルロイ『キ
 
ラー・オン・ザ・ロード』四・16、小林宏明訳)「経験は避けるのが困難なものである。」
 
(フィリップ・ホセ・ファーマー『飛翔せよ、遙かなる空へ』上・15、岡部宏之訳)
 
「すべての経験はわたしという存在の一部になるのだから」(ジーン・ウルフ『拷問者の
 
影』11、岡部宏之訳)「新しい関係のひとつひとつが新しい言葉だ。」(エマソン『詩人』
 
酒本雅之訳)「レサマは「覚えておくんだよ、わたしたちは言葉によってしか救われない
 
ってこと。書くんだ。」とぼくに言った。」(レイナルド・アレナス『夜になるまえに』
 
通りで、安藤哲行訳)「われわれのかかわりを持つものすべてが、すべてわれわれに向か
 
って道を説く。」(エマソン『自然』五、酒本雅之訳)「あらゆるものが、たとえどんな
 
につまらないものであろうと、あらゆるものへの入口だ。」(マイケル・マーシャル・ス
 
ミス『ワン・オヴ・アス』第3部・20、嶋田洋一訳)「創造者がどれだけ多くのものを被
 
造物と分かちもっているか、」(トマス・M・ディッシュ『M・D』下・第五部・67、松
 
本剛史訳)「作品と同時に自分を生みだす。というか、自分を生みだすために作品を書く
 
んだ」(オースン・スコット・カード『エンダーの子どもたち』上・4、田中一江訳)
 
「人生の目的は事物を理解することではない。(……)できるだけよく生きることである。」
 
(ウィリアム・エンプソン『曖昧の七つの型』下・8、岩崎宗治訳)「生きること、生き
 
つづけることであり、幸せに生きることである。」(フランシス・ポンジュ『プロエーム
 
(抄)』VII、平岡篤頼訳)。






最終更新日  2015年05月06日 21時55分50秒
コメント(0) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

カレンダー

サイド自由欄


  Art詩スライドショー

  作へ

  注目作へ
   紫苑1~水原紫苑の歌によせて
     新たなイラストの扉がいま開かれた!




    詩誌AVENUEの 掲示板

    詩誌AVENUEの 私書箱

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

塚元寛一のお部屋★


創刊に向けて


コラボ詩の心得


顔文字詩


『ふろいど』のために


311


オリジナル意訳詩


TITANのお部屋★


『ふろいど』


動物さんたち 1


動物さんたち 2


作家の部屋★


poet 塚元寛一さん


poet 田中宏輔さん


poet 香鳴裕人さん


artist 羊谷知嘉さん


poet samleさん


reviewer 澤あづささん


poet NORANEKOさん


poet 天野行雄さん


poet 黒木アンさん


poet はかいしさん


poet 紅魚。さん


poet しぇりーいすちゃん


poet 泡沫恋歌さん


e-shi トラ太郎さん


e-shi 黒沙鐶ミイカさん


e-shi コマさん


artist ホングウ セラさん


reviewer 藤一紀さん


reviewer 水野英一さん


poet メビウスリング詩人会勉強会


poet 僻猫さん


artist 美々婆々さん


poet カニエ・ナハさん


ミュージシャンのお部屋★


hiroyuki


森 ミキ


編集室★


ブックマーク★


Home


room 1 企画


room 2


box 1 ✔


box 2 ✔


box 3 ✔


box 4 ✔


box 5


pro1 陽気なこまどり


pro2 coffee


pro3 花のやうに


pro4


pro5 


PBook 1


PBook 2


PBook 3


PBook 4


PBook 5 ✔✔


PBook 6


PBook 7


PBook 8


PBook 9


PBook 10


PBook 11


PBook 12


PBook 13 ✔


PBook 14


PBook 15


長編詩投稿サイト


日本人 カモメ7440


水深九十八メートルの夜



月舞の宴 (コメント付)


1~71行詩


今日の写真詩:詩文by塚元寛一


No.1


作品


十一次元の詩人たちへ


青いレモン


『青いレモン』の前駆詩


古井戸の底に浮かぶ


オリジナル意訳1    by塚元寛一


オリジナル意訳2


オリジナル意訳3


オリジナル意訳4


オ意ロートレアモン1


オ意ロートレアモン2


オ意ロートレアモン3


オ意ロートレアモン4


オ意ロートレアモン5


写真詩詩文控え1   by 塚元寛一


写真詩詩文控え2


写真詩詩文控え3


写真詩詩文控え4


写真詩詩文控え5


写真詩詩文控え6


ひろやすさん写真詩詩文控え1 by 塚元寛一


ひろやすさん詩文控2


ひろやすさん詩文控3


ひろやすさん詩文控4


ひろやすさん詩文控5


wa!ひろさん写真詩詩文控え1 by 塚元寛一


wa!ひろさん詩文控2


wa!ひろさん詩文控3


wa!ひろさん詩文控4


イラスト詩文控え1  by 塚元寛一


イラスト詩詩文控2


イラスト詩詩文控3



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.