294540 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

詩誌AVENUE【アヴェニュー】~大通りを歩こう~

2015年05月06日
XML
カテゴリ:象の椅子
火の酒

 きょう恋人からプレゼントしてもらったウォッカを飲んでいる。2杯目だ。大きなグ

 
ラスに。ウォッカって、たしか、火の酒と書いたかな。火が、ぼくの喉のなかを通る。
 
火が、ぼくの喉の道を焼きつくす。喉が、火の道を通ると言ってもよい。まるでダニエ
 
ル記に出てくる3人の証人のように。その3人の証人たちは、3つの喉だ。ぼくの3つ
 
の喉の道を炎が通り過ぎる。3つの喉が、ぼくを炎の道に歩ませる。ほら、偶然に擬態
 
したウォッカが、ぼくの言葉を火の色に染め上げる。さあ、ぼくである3人の証人たち
 
よ。火のなかをくぐれ。3つの喉が、炎のなかを通り過ぎる。ジリジリと喉の焼き焦げ
 
る音がする。ジリジリと魂の焼き焦げる音がする。ジリジリと喉の焼き焦げるにおいが
 
しないか。ジリジリと魂の焼き焦げるにおいがしないか。ジリジリと、ジリジリとしな
 
いか、魂は。恋人からのプレゼントが、炎の通る道を、ぼくの喉のなかに開いてくれた。
 
偶然のつくる火の道だ。魂のジリジリと焼き焦げる味がする。あまい酒だ。偶然がもた
 
らせた火の道だ。ほら、ジリジリと魂の焼き焦げるにおいがしないか。My Sweet Baby!
 
Love & Vodka! 「運命とは偶然に他ならないのではないか?」(フィリップ・ホセ・
 
ファーマー『飛翔せよ、遙かなる空へ』下・48、岡部宏之訳)「だれもが自分は自由だ
 
と思っとるかもしれん。しかし、だれの人生も、たまたま知りあった人たち、たまたま
 
居合わせた場所、たまたまでくわした仕事や趣味で作りあげられていく。」(コードウ
 
ェイナー・スミス『ノーストリリア』浅倉久志訳)「すべては同じようにはかなく移ろ
 
いやすいものだ。少なくともそのために、束の間のものを普遍化するために書く。たぶ
 
ん、それは愛。」(サバト『英雄たちと墓』第II部・四、安藤哲行訳)「ぼくにとって
 
これが人生のすべてだった。」(グレッグ・イーガン『ディアスポラ』第三部・8、山
 
岸 真訳)「なんのための芸術か?」(ホフマンスタール『一人の死者の影が……』川村
 
二郎訳)「作家は文学を破壊するためでなかったらいったい何のために奉仕するんだい?」
 
(コルターサル『石蹴り遊び』その他もろもろの側から・99、土岐恒二訳)「言葉以外
 
の何を使って、嫌悪する世界を消しさり、愛しうる世界を創りだせるというのか?」
 
(フエンテス『脱皮』第三部、内田吉彦訳)ウォッカ。火のようにあまくて、うまい酒
 
だ。喉が熱い。火のように熱い。真っ赤に焼けた火の道だ。ほら、ジリジリと魂の焼き
 
焦げるにおいがしないか。



TWZ150506-3(3) 41 Origines_Playing.jpg










最終更新日  2015年05月06日 21時59分34秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

カレンダー

サイド自由欄


  Art詩スライドショー

  作へ

  注目作へ
   紫苑1~水原紫苑の歌によせて
     新たなイラストの扉がいま開かれた!




    詩誌AVENUEの 掲示板

    詩誌AVENUEの 私書箱

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

塚元寛一のお部屋★


創刊に向けて


コラボ詩の心得


顔文字詩


『ふろいど』のために


311


オリジナル意訳詩


TITANのお部屋★


『ふろいど』


動物さんたち 1


動物さんたち 2


作家の部屋★


poet 塚元寛一さん


poet 田中宏輔さん


poet 香鳴裕人さん


artist 羊谷知嘉さん


poet samleさん


reviewer 澤あづささん


poet NORANEKOさん


poet 天野行雄さん


poet 黒木アンさん


poet はかいしさん


poet 紅魚。さん


poet しぇりーいすちゃん


poet 泡沫恋歌さん


e-shi トラ太郎さん


e-shi 黒沙鐶ミイカさん


e-shi コマさん


artist ホングウ セラさん


reviewer 藤一紀さん


reviewer 水野英一さん


poet メビウスリング詩人会勉強会


poet 僻猫さん


artist 美々婆々さん


poet カニエ・ナハさん


ミュージシャンのお部屋★


hiroyuki


森 ミキ


編集室★


ブックマーク★


Home


room 1 企画


room 2


box 1 ✔


box 2 ✔


box 3 ✔


box 4 ✔


box 5


pro1 陽気なこまどり


pro2 coffee


pro3 花のやうに


pro4


pro5 


PBook 1


PBook 2


PBook 3


PBook 4


PBook 5 ✔✔


PBook 6


PBook 7


PBook 8


PBook 9


PBook 10


PBook 11


PBook 12


PBook 13 ✔


PBook 14


PBook 15


長編詩投稿サイト


日本人 カモメ7440


水深九十八メートルの夜



月舞の宴 (コメント付)


1~71行詩


今日の写真詩:詩文by塚元寛一


No.1


作品


十一次元の詩人たちへ


青いレモン


『青いレモン』の前駆詩


古井戸の底に浮かぶ


オリジナル意訳1    by塚元寛一


オリジナル意訳2


オリジナル意訳3


オリジナル意訳4


オ意ロートレアモン1


オ意ロートレアモン2


オ意ロートレアモン3


オ意ロートレアモン4


オ意ロートレアモン5


写真詩詩文控え1   by 塚元寛一


写真詩詩文控え2


写真詩詩文控え3


写真詩詩文控え4


写真詩詩文控え5


写真詩詩文控え6


ひろやすさん写真詩詩文控え1 by 塚元寛一


ひろやすさん詩文控2


ひろやすさん詩文控3


ひろやすさん詩文控4


ひろやすさん詩文控5


wa!ひろさん写真詩詩文控え1 by 塚元寛一


wa!ひろさん詩文控2


wa!ひろさん詩文控3


wa!ひろさん詩文控4


イラスト詩文控え1  by 塚元寛一


イラスト詩詩文控2


イラスト詩詩文控3



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.