528801 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

詩誌AVENUE【アヴェニュー】~大通りを歩こう~

2017年04月29日
XML
カテゴリ:JOKER color
 

詩:kaz.さん
ツイッター:
kaz. @yuichiminami





タイトル:この物語は終焉していません

なぜならこれはタイトルだからです

なぜならこれは私だからです もしくは小さな木漏れ日

あるいは水煙草の香り マロン酸の風紀委員

そしてドラッグアンドドロップ

ドム百周年記念特集

 

 

あ、

 

 

な、

 

 

         な、 な、    な、  NA、   nA,   N a     かす

 

 

 

たの間にはんいがいますか? いますか? いますかマスカレード

 

何がいますか? 何がいますか?

 

都市は芸術の作物だ

雨風はタイポグラフィーの集合住宅だ

 

そして月日は流れ、あと残り時間は

 

(        機械的な無次元性        もしくは       若輩もののの通り魔的要素      ソチオリンピックの措置入院した亜季 の色は白く、       行間をはみ出して都立に向かい

 

(        

 

 

あ     あ

                 どうか、どうかネット詩を嫌いにならないでね

    

 

                   どうか、ネット詩を嫌いにならないでね

 

 

                      もう大嫌いだ!  大嫌いだ!

 

       あ、 雨

 

 

 

め、   め 、  ええ  わた    し    は    遭遇者    一種の       ないしは   風通し  の   悪い  天戸    そして   ユリイカ   に     送られた    時の  すさぶ   諏訪部   バルブオイル     みたいな    カジキマグロ   そして!!!

 

 

 

              自爆テロ    地縛霊     あるいは  

  どちらも自分を縛っている    鎖のような   文法        大

 

      肉親    そして憎しみ     抱擁される評論家   あるいは

 

     途轍もない轍   を何度も踏み    粗足   荒らし   そして

 

相互文法と掃除貧乏

             不信感を抱いた私はとたんに駆け出した  屋根の上を   ミッションコンプリート

 

ガイドブックに載っていない場所へ

 

     そして    そして    いつからか私句   リウマチ  関節炎   文ン芸   何んぞ   そまほーく  トマホーク   クオーク

    支流なき夜に歩かされたアルカロイド   応援は彼女なのか  U..オーエンは 彼女なのか 本当に彼女なのか   あるいは彼女なのか    あるいは   もしくは文体の    独白    ――、

――、ミジンコ狩りの

 

時を経て今

 

 

読み返す、大手の求人

「時短あり!」

                           も     しくは   落差   なのだろうか    

 

              台地の           けけろっと

      ひび割れた          めぐる様          バケラッタ     ×

 

XYZドラゴンキャノン

 

                 などという羅漢      いえ ラカン    と      いうやつは      波状攻撃を仕掛けた   ラディカント

 

マルクス・ガブリエル・ミストラルのホームページにアクセスしたときにはもう歴程が終わっていた  あるいは最初から物語などなかったのかもしれない  天地が割れ血が割れ  教訓は掘り返される   あるいは最初からそんなことなどなかったのかもしれない  傷口が抉り出されるような狂気   ナシゴレンにぶっかけられた水玉   ●  ●    それを留めるようなものは何一つ なく   あるいは 最初から狂気しかなかったのかもしれない   あり得ることはただ一つ   最初から私しかいない   情報の伝達に齟齬が発生するかもしれない  でも  聞いて  それが私がここにいる理由  あなたがここにいる理由  信じて

●   ●    ●   ●         ●    ●      ●     ●     ●     ●       ●          ●              ●    ●    ●         ●   踏破上測定機 を 破壊   し        ●    ●   ●    ●   ●    ●    せ        ●   世    ●  ●    ●   玖珠    玖珠   クス   ●  ●  玖珠   ● 区巣   ● 玖珠  ● クルス   ●  ホムンクルス    ●  ●   ●  ●  

無絵

1

 

あなたはただ立ち止まっている   郵便広告の前で  ただ一人座っている少年が立ち上がる  その姿が広告の前に映るのだ   郵便広告は 郵便会社が出したもの   郵便を届けようとする人が誰もいないのだ   なぜならもはや粒子加速器が一般家庭に普及し  一切の事物は世界を跨いで一瞬にしてテレポートできるから   粒子加速器はあなたのもとへ誕生花を届けようとする  あなたのもとへあなたのもとへ   そして一枚の細胞片を転送しそびれる    あなたの手元にあったポータブル式粒子加速器が反応する  「Hello, world」   こんにちは世界   ありがとう世界   さようなら   また方向音痴になりましょう  人々はもはや歩くすべを知らない   自らを粒子加速器の中へ投入しオフィスへと 向かう  あるいはそうしなくとも  オフィスそのものを 粒子加速器へと入れる   そうすることで   自宅で作業する   のだ   そして   Hello, world   が繰り返   され   Hello,   world    He  llo    wo    rl     d     he    ll     o     !!!!!!!!!

 

 

13

 

私の耳の中にはある音楽が鳴り響いている   それはうまく説明することができないが    ELPのライブ音源だ   という言い方が正しいか  それともニコ動に上がっていた音源だというのが正しいか   それはわからない  しかしあの荒れ狂るようなギターサウンド  キーボード  破壊的なタイピング速度のキーボード入力   それがもはや会場を席巻し  あらゆる音楽という音楽を破壊してみせる   のを   感受する  ないしは   時の声   バラード   バラッド   バラバラバラバラバラバラバラード    あるいは  愛してる  もしくは  時を  時を   くるえ  来るへ   狂え   犬よ  ほえろ   ばらーっど  薔薇―っ   薔薇―っ!!!

 

88歳

 

老年期の終わりに差し掛かった私はふとした瞬間からテレポーテーションを繰り返し続けることをやめてしまった代わりに郵便局に行って誕生花を受け取った後でついにはその花を捨ててしまったなぜならそれはもはや萎びて干からびてしまった物体だったからだ   花の写真が欲しい   何にしても時はいつか朽ち果てるのだから   は!

 

10923098

 

sふぁおいじゃpをえりじゃを;いjf;sdjb;zd;lじゃあね、 と言ったあなたはここに来てあsf;djs;ふぁskj;っを理解し、わおぴj;うぃj;gwじ;おを理解しなかった、という不器用なあなたのことですから、ね、あなたね、街がおいじょいwじぇおいあwじぇ;おいjwってるよ、と言いたくても、言えない、癒えない傷のように、複雑に裂けた傷のような顔を私は器用に覆い隠す

 

 

色彩のルッコラ 

踊り出す

サンバでバッチグ

 

 

 









最終更新日  2017年05月04日 17時16分12秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

カレンダー

サイド自由欄


  Art詩スライドショー

  作へ

  注目作へ
   紫苑1~水原紫苑の歌によせて
     新たなイラストの扉がいま開かれた!




    詩誌AVENUEの 掲示板

    詩誌AVENUEの 私書箱

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

塚元寛一のお部屋★


創刊に向けて


コラボ詩の心得


顔文字詩


『ふろいど』のために


311


オリジナル意訳詩


TITANのお部屋★


『ふろいど』


動物さんたち 1


動物さんたち 2


作家の部屋★


poet 塚元寛一さん


poet 田中宏輔さん


poet 香鳴裕人さん


artist 羊谷知嘉さん


poet samleさん


reviewer 澤あづささん


poet NORANEKOさん


poet 天野行雄さん


poet 黒木アンさん


poet はかいしさん


poet 紅魚。さん


poet しぇりーいすちゃん


poet 泡沫恋歌さん


e-shi トラ太郎さん


e-shi 黒沙鐶ミイカさん


e-shi コマさん


artist ホングウ セラさん


reviewer 藤一紀さん


reviewer 水野英一さん


poet メビウスリング詩人会勉強会


poet 僻猫さん


artist 美々婆々さん


poet カニエ・ナハさん


ミュージシャンのお部屋★


hiroyuki


森 ミキ


編集室★


ブックマーク★


Home


room 1 企画


room 2


box 1 ✔


box 2 ✔


box 3 ✔


box 4 ✔


box 5


pro1 陽気なこまどり


pro2 coffee


pro3 花のやうに


pro4


pro5 


PBook 1


PBook 2


PBook 3


PBook 4


PBook 5 ✔✔


PBook 6


PBook 7


PBook 8


PBook 9


PBook 10


PBook 11


PBook 12


PBook 13 ✔


PBook 14


PBook 15


長編詩投稿サイト


日本人 カモメ7440


水深九十八メートルの夜



月舞の宴 (コメント付)


1~71行詩


今日の写真詩:詩文by塚元寛一


No.1


作品


十一次元の詩人たちへ


青いレモン


『青いレモン』の前駆詩


古井戸の底に浮かぶ


オリジナル意訳1    by塚元寛一


オリジナル意訳2


オリジナル意訳3


オリジナル意訳4


オ意ロートレアモン1


オ意ロートレアモン2


オ意ロートレアモン3


オ意ロートレアモン4


オ意ロートレアモン5


写真詩詩文控え1   by 塚元寛一


写真詩詩文控え2


写真詩詩文控え3


写真詩詩文控え4


写真詩詩文控え5


写真詩詩文控え6


ひろやすさん写真詩詩文控え1 by 塚元寛一


ひろやすさん詩文控2


ひろやすさん詩文控3


ひろやすさん詩文控4


ひろやすさん詩文控5


wa!ひろさん写真詩詩文控え1 by 塚元寛一


wa!ひろさん詩文控2


wa!ひろさん詩文控3


wa!ひろさん詩文控4


イラスト詩文控え1  by 塚元寛一


イラスト詩詩文控2


イラスト詩詩文控3



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.