301717 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

詩誌AVENUE【アヴェニュー】~大通りを歩こう~

2017年09月23日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
554466-1.jpg


    
 しろ
 
 戸せば
         たたず
 霊性頽廃断崖

 、、、、、、、、、
 画布にむかひたれば
 物より
 乱雑画室のものしさよ
           すさま   くさだち
 地平は紫に暮れ いと凄惨じきその艸本かな
 ふる
 風呂にただよふれぬほのかな
            
 あらゆる没落ずべき
 君のあたりには何物みたりき
    びょうろう  とけう
 されど白蝋のごとくに溶解失せなむ
 
 ―――夕立
 ろ姿がなぜかしょんぼりかか

 
 「わがればとまし・・・」


 風はれて
 木の葉がちる
 顫へたるらへぬ
 月えれば滅入
 夜の
 三歩距離たむのみ
 やはらかい
 琥珀の様な栗の実
 ころころげたり
 日ちて
 ぱ世界くなれば・・・・・・

 いくりさり
       しろがね
 薄暮街路 ひか

 来 ―――

 しづや しと
 
 為すき事な
 ふらんねるよ
 ピアノ鍵盤腰掛けた騒音
 
 水にうつつた
 夜
  むねふくら
 小膨張
 色ざめてひはにがい
 自分のな噛む
 大穴を穿ちは
 青い けうとい ものものし
 うろん臭なうす笑ひ
 電流に似たるやるせな衝動
 めくりのさびしさよ
 然れに
 然れに

 甘りでは退屈
 粗ざはりしかつ
 夏夕風の赴くなべに
         すばる
 あわただしきの跫音をきく
 かなしみ よろこび くわんくわい
 哀楚幽欣歓会
 ちらと心のすみに散りしくは
 髪
 、、、、、
 髪さよ
 
 おとめ
 少女
 私
 わ
 わが邪悪さ
 さあ何といひま
 波の砕けあのい自棄の
 その畸形にうごめく純白な無数のあしの影
 そして何が流れる眼を
        ささや
 肩のうしろより低語
 太陽
くちなは
 蛇
   りんくわく 
 人輪郭
マザーズ
 火永遠つ ら な ら せ ・・・・・・












最終更新日  2017年09月23日 21時59分20秒
コメント(1) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。

コメントに関しては、こちらをご確認ください。


Re:イラスト+詩「朱夏」(09/23)   AVENUE2010 さん
これでイラスト+詩はおしまいである。
あ、もちろん、カモメである。

いずちゃんに事前通知もなく、
今週はAVENUEで遊ぼうと決めていて、
(驚かしたかった? それ。)

ずいぶん、力のはいった遊びをしていた。
まあ、イラストが秀麗であり、
これを見つけるのにどれぐらい時間がかかったか、
と言いたい((+_+))

僕はせめて、死ぬまでに、
イラストと詩をむすびつけたいと思う所存である。
絵師の方のやさしさに甘えつつ、


―――まあ、ひとつよろしくな、と言うカッコつけをいれつつ、
猫したり、犬したりする。

まあ、冗談はともかく、
九十パーセントはイラストの手柄であり、
残り十パーセントが僕の力。
(これは、別に謙遜ではなく、)

いや、ただ書くだけでうまい詩なら、
本当に飽きる。
ライトノベルなんて、イラストがうまくなかったら、
絶対あれ買わないだろ。
僕なんかイラストにつられて、買ったぞ(オイ)
稀に面白いのもあるけど、
ひどいの多すぎるぞ、みたいな。

たとえば、あれだ、氷室冴子の海がきこえるを、
僕はイラストで一目ぼれしたクチである。
図書館で見つけて、
ずいぶん、いいなあ、と思った。
あんなの、文章じゃ絶対に書けないものな。

(だからというわけじゃないけど、)
テンションはいつも下がっていく。
それを小説詩とか、ある種の企画とか、そろそろあれやるか的なね、
そういうのでボルテージ上げたりする。

32にもなると、もう、詩人として、
一種の限界をかんじはじめる。
(え、本当に?)

とでも言っておけば、若い詩人が、
そろそろ真面目にやってくれるんじゃないか、と思う。
けれど、僕だって、
何か同じようなことを書いてるんじゃねえべかな、と訛る。
時折は、視線を逸らす(?)

まあ、そういう時に、
なれあいじゃなくて、本当の詩の友達がいて、
あるいは尊敬できる人がいたらいいな、と思う。

いつかはAVENUEでみんなが好き勝手に詩を書けるような、
(本当のところ、僕はそうだったらいいな、と思う。)
あるいは違う場所で、そういうことができるような、
ことになっていけばいいな、と思う。

もちろん、たくさんの人を集めて、
自分の好きな詩の仕事に取り組んだらなあ、と。

まあ、世界中、いついかなる時代も、
「技術」これである。

ちゃんと努力していたら、
毎日がんばって詩人やっていたら、
新しい成功や、
本人にしか見えない地平というのも見えてくる。

とでも言っておこう、終わりである。
(2017年09月23日 22時21分48秒)

PR

カレンダー

サイド自由欄


  Art詩スライドショー

  作へ

  注目作へ
   紫苑1~水原紫苑の歌によせて
     新たなイラストの扉がいま開かれた!




    詩誌AVENUEの 掲示板

    詩誌AVENUEの 私書箱

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

塚元寛一のお部屋★


創刊に向けて


コラボ詩の心得


顔文字詩


『ふろいど』のために


311


オリジナル意訳詩


TITANのお部屋★


『ふろいど』


動物さんたち 1


動物さんたち 2


作家の部屋★


poet 塚元寛一さん


poet 田中宏輔さん


poet 香鳴裕人さん


artist 羊谷知嘉さん


poet samleさん


reviewer 澤あづささん


poet NORANEKOさん


poet 天野行雄さん


poet 黒木アンさん


poet はかいしさん


poet 紅魚。さん


poet しぇりーいすちゃん


poet 泡沫恋歌さん


e-shi トラ太郎さん


e-shi 黒沙鐶ミイカさん


e-shi コマさん


artist ホングウ セラさん


reviewer 藤一紀さん


reviewer 水野英一さん


poet メビウスリング詩人会勉強会


poet 僻猫さん


artist 美々婆々さん


poet カニエ・ナハさん


ミュージシャンのお部屋★


hiroyuki


森 ミキ


編集室★


ブックマーク★


Home


room 1 企画


room 2


box 1 ✔


box 2 ✔


box 3 ✔


box 4 ✔


box 5


pro1 陽気なこまどり


pro2 coffee


pro3 花のやうに


pro4


pro5 


PBook 1


PBook 2


PBook 3


PBook 4


PBook 5 ✔✔


PBook 6


PBook 7


PBook 8


PBook 9


PBook 10


PBook 11


PBook 12


PBook 13 ✔


PBook 14


PBook 15


長編詩投稿サイト


日本人 カモメ7440


水深九十八メートルの夜



月舞の宴 (コメント付)


1~71行詩


今日の写真詩:詩文by塚元寛一


No.1


作品


十一次元の詩人たちへ


青いレモン


『青いレモン』の前駆詩


古井戸の底に浮かぶ


オリジナル意訳1    by塚元寛一


オリジナル意訳2


オリジナル意訳3


オリジナル意訳4


オ意ロートレアモン1


オ意ロートレアモン2


オ意ロートレアモン3


オ意ロートレアモン4


オ意ロートレアモン5


写真詩詩文控え1   by 塚元寛一


写真詩詩文控え2


写真詩詩文控え3


写真詩詩文控え4


写真詩詩文控え5


写真詩詩文控え6


ひろやすさん写真詩詩文控え1 by 塚元寛一


ひろやすさん詩文控2


ひろやすさん詩文控3


ひろやすさん詩文控4


ひろやすさん詩文控5


wa!ひろさん写真詩詩文控え1 by 塚元寛一


wa!ひろさん詩文控2


wa!ひろさん詩文控3


wa!ひろさん詩文控4


イラスト詩文控え1  by 塚元寛一


イラスト詩詩文控2


イラスト詩詩文控3



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.