1092184 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

いじりの楽園

琴冬さんからの頂き物

わ~~!学生さんにして小説書きさんの琴冬さんからも頂いてしましたよ~!夢系!!(笑)夢系だよ!

<ライバルはゾマリ?>


大丈夫かい?」

ドアをノック一つせずに入って来る男。
藍染惣右介。
ここ、虚圏の支配者であり、元・護廷十三隊、五番隊隊長であった人。(正しくは死神)
そして、私はそんなお方に付き添っているただの虚。……と言っても一応破面。しかも十刃落ち。
十刃落ちと言う所が痛いが、それでもなぜだか藍染様は凄く気に入ってくれる。
私を落としたのは馬鹿みたいに〃愛〃と叫び続けていた、ゾマリ・ルルー。
相当ムカついたがしかながない。
だが今はそれどころではない。
私はベタに風邪を引いてしまった。
与えられた部屋で寝ていると、藍染様がやって来た。

「あっ、藍染様!」
ガバッと飛び起きる。
しかし、頭がフラフラしベットから落ちた。
「いっー!」
頭を抱えて転げ回る私を愉快そうに笑う藍染様。
そして私の頭を見せろと言う。
私は恥ずかしくなった。
「だだだ大丈夫でつー!」
そう言い私は再びベットに潜り込んだ。
「本当に大丈夫かい?もし、痛みが激しいならばザエルアポロにでも頼んで薬でも作らせるが。」
それは冗談を言っているのか?と私は一瞬思ったが口には出さなかった。
しばらくするとまた、誰かがやって来た。
「藍染様、アーロニーロが殺られたようです。」
ゾマリ……!
それを聞いた藍染様は
「わかった。では、ゾマリ、君が行ってくれるかな?完全に息の根を止めに。」
そう言い藍染様は私とゾマリを置いて部屋を出ていった。
藍染様が居なくなるのを確認するとゾマリが言った。
「いつまで寝ているつもりですか?十刃落ちのハチベエ?」
カッチン。
やっぱり嫌いだ。
最後にゾマリが出ていくとき、ニヤリと笑いながら心の言葉が聞こえた。
(藍染様は俺のもの。)

●○●○その頃の藍染様○●○●「ヘクチョイ!」
「藍染はん、誰かに噂でもされたはりますのん?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
わははは!!オイラ十刃落ちになってる!!
楽しそう!!人生の機微を感じるところですよね!十刃落ちって!
ていうか、十刃落ちの所に惣さまが訪ねてくる時点で鼻がツーンと痛くなります!(笑)

ゾマリがライバル!!
わ~~!でもストーカー根性は絶対負ける自信アリ!!(笑)
あ、だから十刃落ちなのか!

琴冬さんありがとうございました~!


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.