897527 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

いじりの楽園

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール


八兵衛6953さん

BLEACH好きが高じてブロガーに。

フォローする

カレンダー

お気に入りブログ

蒼い空、藍い海 にゃんたまくらぶさん
non*non's diary _non*non_さん
帰ってきた二次元に… もるがんさん
おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
EVER GREEN 葉月せりあさん

コメント新着

八兵衛6953@ Re[1]:ブログ休止中・・(01/21) 藤子藤子さん いらっしゃいませ!! お久…
八兵衛6953@ Re[1]:ブログ休止中・・(01/21) miffyさん いらっしゃいませ!! >本番…
八兵衛6953@ Re[1]:ブログ休止中・・(01/21) おぼろ.さん いらっしゃいませ!! お返事…
藤子藤子@ Re:ブログ休止中・・(01/21) なつかしっ と思ったら、今度は、八兵衛…
miffy@ Re:ブログ休止中・・(01/21) 本番もうすぐっすねー。 がんばれぇ~。 …

フリーページ

ニューストピックス

全1700件 (1700件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2014年01月21日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今さらですが、あけましておめでとうございます。

色々と色々な感じですので、しばらくブログを休止いたします。

あ、恋次、新たな斬魄刀入手おめでとう~~。
とりあえず、一護以外の死神が滅却師一名をちゃんと倒せて良かった。

もうちょっと頑張れ。






最終更新日  2014年01月21日 23時32分51秒
2013年12月04日
テーマ:『BLEACH』(611)
カテゴリ:ジャンプの感想
拝見しました。←ちゃんと月曜日

今日は、新刊コミックスの発売日ですねえ。
本屋さんで解った人。

【送料無料】【予約同日発売】M1204BLEACH-ブリーチー(61) [ 久保帯人 ]


ジャンプも今週号からまた一号からのスタート。
一年早いものですなあ。

さて本編。

ハッシュヴァルトと春水の会話からスタートしてます。
状況を互いに拮抗していると把握し合ってます。
会話そのものは冷静そのもの。

ハッシュヴァルト君、拮抗している状況でなければ、自分が来る意味がないと御大層なことを言っております。
「拮抗したその天秤を傾けるのが私の役目です。」

七緒ちゃんの結界がいきなり破られちゃいました。
障壁の霊子を奪って薄くしたんだそうな。
予想外に時間がかかったと、七緒ちゃんの技を褒めてます。

「だってさ。」
「素直に光栄ですと言っておきましょう。ですが・・」

更に結界が現れましたぞ=。蜂の巣みたいな構造です。
壁削ってる時間にこっちも新しい壁作れるんじゃい!!という感じ?

「・・先ほどと随分型式の違う壁だ。」
「ええ、小さな六角形の板を組み合わせた障壁です。
一枚壁で内分、先ほどの壁より脆く見えますか?」
「ああ。霊子の結合を見ても明らかに先ほどより脆い。
だが、あからさまに脆いということは、その脆さに罠があるということだ。」

警戒心強いですねえ。
さすがは陛下の懐刀。

これ以上、付き合うのもなんだと考えたのか、荒っぽい手段を取ろうとした矢先、
ハッシュヴァルト君に、指令が下ります。
「銀架城へ帰投命令が出ました。失礼します。」

何ともあっさりと帰ろうとするハッシュ君。
陛下の命令は絶対なんだそうな。
お戻りも陛下の命令あれば、とのこと。

「そうかい。
次はとびっきりの茶を淹れて待つことにするよ。」

余裕かましてますが、春水だってカツカツだった筈。
一護の移動時間を考えると、ありがたいことですなあ・・って・・。

・・・また仕切り直しかい・・。(笑)

何のための狛ワンピコピコタイマーだったのか・・。

場面は変わって、一角、弓親、修兵のおなつかしい3人。
迷った挙句合流となったようです。
夜の間はむやみに動かないほうがいいという一角ですが、その背後にすでになんか飛び降りてきてるし!!

で、陛下のお城では・・。
負けた鉄仮面と、蒼都が柱に括り付けられてます。
あれ?どっかで見たと思ったら、進撃で評議所で括られてるエレンそのまんまだった。
しこたま蹴られるのかね!!(笑)←オイ

「これより敗北者の処断を行う。」と陛下。
任されたのは、ハッシュ君。

必死で弁明する鉄仮面。
機械のくせに、あきらめが悪いです。
蒼都は神妙な面持ち。
陛下は、一命をとりとめたのは幸運だった。その幸運には感謝せよ、なーんて言いながら、
「だが、戦いの天秤は公平でなければならない。
幸運によって救われた命は、同量の不運によって取り払われる。」

言ったのは、ハッシュ君。
どうやら陛下の受け売りのようですが、天秤にこだわってますねえ。
そして、蒼都に向かって剣を下ろしますが、跳ね返されてしまいました。
蒼都は鋼鉄(ジ・アイアン)の二つ名をもらってるようで、ハッシュ君如きの剣なんかじゃやられないもん!!僕を倒せるのは陛下だけだもん!みたいなことを言っております。
これには、カチンと来たかな?
「そうか、素晴らしいな。←これも陛下のまんま
二度目の幸運だ。
見えるか。天秤が傾くのが。」
ホンマに見えるらしいですけど、そのまんま切られてしまいました。
ようわからん能力ですなあ。


そして、一角たちはプロレスラーの滅却師に3カウント取られてます(笑)。
一気に潰されてる感じ?
ちゃんとゴング係もいるし!!
ジェイムズくん、かわいいです。丸っこくって。

確認した隊長格はほぼ仕留めたということは、みんなこれ喰らったんかいな。
覆面レスラーはいたって明朗快活。
勝利しても誰もギャラリーがいないのは寂しいなどと言ってます。
ゴング係のジェイムズ君も同じ意見。

空からなんか降ってきましたよ~。
珍妙なマント姿の恋次とルキアです。

先の到着の予定ですがさてはて、てな感じでした。

蒼都たちがまだ生きてるとは思いませんでしたね~~。
どんだけの生命力やねん。

そして定例の仕切り直し発動。
そういや、9日間で世界を取り戻すってな予言でしたっけ。
このペースだと9日間持たないから、仕切り直しなんかしら。
何気にゲン担ぎだな・・。

帰投命令が出てたのはハッシュ君だけのようですね。
さすがに総隊長との戦いは後にしないといけない感じかしらん。

さて久しぶりのルキアに恋次。
王宮で特別に鍛えてきましたし、少しは捨て身じゃなくて、
見どころのある戦いが見れますように~~。






最終更新日  2013年12月04日 14時48分27秒
2013年11月28日
テーマ:『BLEACH』(611)
カテゴリ:ジャンプの感想
また遅くなっちゃいました。
拝見しました。52号。

センターカラ―は、真っ白な棺が並んでます。
その中から真っ白な一護がこんにちは~、で、先に出てきたらしいこれまた真っ白恋次が不機嫌そうに座ってます。
ガガ様のPVをちょっと思い出しちゃいました。

さて本編。

狛爺(たぶん狛村性だろうから、狛爺にした)が、狛ワンのことを褒めてます。
よくやった、それでこそわが一族。
今のおぬしを誇りに思うぞ。だそうな。

場所は変わって狛ワンの卍解巨人の一閃をくらったバンビエッタ。
爆弾で巨人の刃を退けようとしますが、弾ける前に喰らってしまいます。

バンビエッタを倒したと思われる巨人ですが、そのあと自然瓦解しかかってます。
イケメン狛ワン、もう少しもってくれ、と願っております。
ユーバッハを倒さにゃいけませんもんね~。
が、ピコピコタイマーは激しく点灯しているようで、どんどん毛が生えてきてます。

狛爺、そんな狛ワンの思いを感じ取ってるようです。
よいよい、とご満悦。
狛ワンの今のあがきこそが、東仙にやめろと説いていた、命を捨てた復讐そのもの。
けど、その復讐こそが狛村一族の真の姿。
つまり、復讐に命を懸けた今の狛ワンこそが狛村家に実にふさわしいものだというらしい。
我が一族のもとへ帰ってきた、とご満悦です。


手足がどんどん犬になっていってる狛ワン。
「これが代償か。」

狛ワンは人としての命が終わって、復讐のワンコの姿へ身を落とすそうな。
で、その怨念をすすって狛爺は命を伸ばしているらしい。
こええ~~。
狛ワンの心臓食ってるんかいな。

で、でかいワンコになった狛ワン。
倒れてます。
東仙に言った言葉を自分への戒めにしなかった報いだと忸怩たる思いのようで。

そんな狛ワンを射場が担いでます。
「隊長は間違うとりゃしません。何も間違うとりゃせんのです。
戦いましょう、隊長。倒しましょう、ユーバッハの野郎を。
山本元柳斎殿の為に。」
このまま、城に向かうみたいですね。
狛ワンもいい部下を持ってます。
ちょっと救われたような表情で。

そして、半死半生のバンビエッタ。
口は回るようで、散々ギャンギャン言ってます。
そんなバンビちゃんに4人の女友達がご登場。
「助けてあげる。ボクたち、バンビちゃんがいないと淋しいもんねーーーッ」

普通なら喜ぶところですが、何やら怖がってます。
やめてよ、ジジ、とか何される予定なの?ヒィ。

そして、恋次とルキアが天から降ってきます。
王宮から戻ってきたようですね。
一護が着くまでの時間、彼らが時間を稼げるんでしょうかさてはて。


てなところでした。

狛ワンの「我が人生に一片の悔いなし!!」なラストはなかったですね・・・。
代わりに怨念満載のワンワン生活・・・。
うわあ・・ひでえ・・。←密かに「狛わーーん!!!」と叫ぶ準備万端だっただけに(笑)

とはいえ。狛ワンはたとえ、このままワンコとして命長らえても、七番隊の愛玩犬として立派に生きていけると思います。←オイ
名前は「隊長。」←そのまんま
もちろん、お散歩だってつれてってもらいます。
春水とか、狛ワンをなでなでしに用もないのに寄りそうだなあ。

とにかく、バンビちゃんと同時に狛ワンご退場確定。
女友達たちは、まだまだ頑張るようですから、先は長そうですね・・。

ていうか、いつまで平子は寝てるんだ!!

次はだれのターンかなあ。

ポストカードブック表紙・・。
なんか怖い(笑)。

BLEACH JCCOVER POSTCARD BOOK MAILS ジャンプコミックス / 久保帯人 クボタイト 【コミック】






最終更新日  2013年11月28日 14時49分04秒
2013年11月19日
カテゴリ:ジャンプの感想
一度書いた日記が消えた・・。うう・・。

拝見しました。
今週も進撃の狛ワン。
ホンマにピコピコタイマーが点灯しているようです。

さて本編。
新たな卍解の形状を見せられたバンビエッタ。
化け物の下にさらに犬がいるんじゃないかと爆撃食らわせますが、
進撃の巨人(笑)に手で防がれます。
けど、手にダメージがあるはずなんですが、あっという間に回復。
なんじゃこれー!

命を吹き込まれた鎧を脱ぎ捨てた今の卍解は霊圧だけ、力だけの存在なのでバンビエッタには倒せないらしいです。
けど、霊圧ってことは、自分の霊圧をぶつけたものすべてが爆弾となるバンビエッタからすると、弱点丸出しに近い筈なんですが、そうじゃないらしい。

爆弾となるのが怖いのはそこに命があるからで、命が無ければ別に怖くもなんともない。
天譴明王は鎧が命だけど、断鎧縄衣はその命を脱ぎ捨てた姿だそうです。

狼の爺さまの前には心臓が。
じっとそれをみつめてます。

しかし、バンビエッタは納得しておりません。
卍解に命が無いったって、卍解と狛ワンの肉体は繋がってるんだから卍解に攻撃受けたら狛ワンだって無事じゃないはず。
実際卍解への爆弾で、狛ワンのほうにも衝撃が。

と、狛ワンの心臓部分にぽっかり穴が開いてます。ひい~。

狛ワンの肉体ももう抜け殻。
敵を倒す為の器にすぎないそうです。
「人化の術」とは、心の臓を捧げることで、一時不死の肉体を手に入れる術。
人の姿で居るうちは狛ワンが死ぬことはないとのこと。

進撃の巨人から弾幕を張りつつ逃げるバンビエッタ。
死ぬのが嫌だから戦ってる筈なのに、死んじゃったら勝つ意味ないだろ!!ともっとものご指摘。

命を捨てたわけじゃない。かけたのだと狛ワン。
山爺がこの戦いに命かけたってのに、狛ワンが命かけないはずが無いとのことです。
ホンマに山爺、敬愛してたのね~~。

「この戦いに踏み入った時に、とうに命は置いてきた!!」


巨人の一閃がとらえたように見えますが~~。
てな感じでした。

ピコピコタイマーは、どうやら半分の時間が経過したようです。
巨人の両目の炎の片方が消えかかってますし、狛ワンのイケメン顔にうっすらとワンワンのシルエットも見えてきてます。
これでやれなかったら、バンビエッタと相討ちかな・・・。

どうせならお友達もバンビエッタが淋しくないように、一緒に送っていただきたいんだけどな~~。←オイ

最後の見せ場になるんですかね~~。
狛ワンが「我が人生に一片の悔いなし!!」と男前にお星さまになることに期待してます。
これから生き残るってのも・・どうも狛ワンらしくない気がするし・・。
好きなキャラだけど~~。


ともあれ、がんばれ進撃の狛ワン!!






最終更新日  2013年11月19日 14時50分56秒
2013年11月14日
テーマ:『BLEACH』(611)
カテゴリ:ジャンプの感想
わあ・・木曜日~~。(笑)

でも、今週号は動きがあったほうですよね~~。
なんといっても、今週号の見どころは。

進撃の狛ワン!!!(笑)

「心臓を捧げよ!!」←って狛ワンが言われてんだけど

「今度は、儂が進撃する番である!!」←いや、こんなことは言ってないけど

ハイ、こっそりと他雑誌の漫画に嵌ってるオイラです。
面白いよね。ちなみにそっちのお気に入りキャラは団長。(笑)←誰も聞いてない


狛ワンもなんとプリティ狼フェイスだったのが、人間になっちゃってます。
しかもものっそいカッチョエエ!!
オールバックはイカン!!オイラ的にイカンよ!!自動的に反応するから!!(笑)
人間のお耳がモフモフ残してる所も萌え系。
ガタイが良くて、アダルトでオールバック。
もともと狛ワン気に入っていただけに人気急上昇でございます。

えらい隠し玉ぶっこんで来ましたね~~。

さて本編。

バンビエッタの砲撃を受けた平子。
ぶっ飛ばされて、情けないことに即ダウンです。

上下左右が解んなくなるから何だって?
全部まとめてぶっ飛ばせばいいじゃないという、なんともわかりやすいバンビエッタでございます。
「爆撃(ジ・エクスプロード)」というのが彼女の武器のようですな。
何とも過激なお嬢さんです。
なおも平子に向かってドカドカ爆弾投下してますが、やったと思えば狛ワンが防いでいるではありませんか。

お?と思ったバンビエッタの上空を取ったのはお久しぶりの雛森。
「どっちの副隊長?ワンちゃん?
それともあっちで死んでる奴?」

雛森、飛梅の始解をかます気のようですが、その雛森を抱えて飛び去る狛ワン。
「迂闊だ、雛森副隊長!
奴の爆撃は飛梅の爆撃で相殺できるようなものではない!
まして楯も鎧も無しでは防ぐことすらできぬ!」
お説教してます。

「防ぐことすらできぬ?
まるでそのバケツなら喰らっても防げるみたいな言い方じゃない。」
バンビエッタ、なおもバンバン投下してきます。
喰らうんじゃなくて、受け流しているようです。
着弾から破裂までは一瞬の間があるので、衝撃を打ち消す鎧と、爆弾を薙ぎ払えるガタイがあれば、爆撃を弾くことが出来るんだそうな。

狛ワンも案外器用ですな。

尚も投下される爆弾ですが、少々様子がおかしいです。

「あたしの爆撃は防げないのよ。
霊子の爆弾を撃ち込んでんじゃないのよ。
あたしの霊子を撃ち込んだものが全部、爆弾になるの。」

なんの魔法じゃソレ。(笑)

更に投下の爆弾。
狛ワンは、平子と雛森を庇ってます。

「鎧が壊れたぐらいで死んでないでしょ?バケツの中身、みーちゃおっと。」
のノリノリでしたが、次の瞬間ビックリです。

なんじゃ、このイケメン(笑)。

「なにそれ・・ワンちゃんじゃなくなってるじゃん・・・。」


『人化の術』というのが、狛ワン一族にはあるそうな。
なんでも狛ワン一族は、生前の罪咎によって畜生道に堕ち、それでも死にきれずに尸魂界に舞い戻った一族だそうで、その罪咎の鎖を一時期絶って、本来の姿に立ち戻って絶大な力を得ることが出来るんだとか。

で、老犬に心臓を捧げよ!になるわけ。

リアル心臓なので、さすがに躊躇する狛ワンですが、こっそり穴倉生活に耐えきれずに、一族を捨てて逃げた狛ワンを拾ってくれた山爺のために、やらねばならぬと頑張ったようです。

「卍解。黒縄天譴明王『断鎧縄衣(だんがいじょうえ)』
鎧を脱ぎ捨てた大魔神が登場してます。
中身は結構ガリガリだったんだ・・。(笑)
縄巻いてます。年末に向けてしめ縄仕様かな。

久しぶりの卍解キターー!
と景気が良くなったところで終了でございました。


随分景気が良くなってきたじゃありませんか。結構結構!!
狛ワンなので、このままバブルが続くのかは少々・・いや、大分心配ですが、
ていうか、狛ワンにピコピコタイマーが見えるのはオイラだけかね。
どう見てもタイマー終了とともにお星さまフラグなんですけど!!
そんなことよりも、是非ともイケメン(笑)にぶちかましていただきたいですねえ~。

がんばれ、狛ワン~~!



・・いや、ここでバンビエッタが、「ねえ、その顔気に入ったから、ちょっとお互いスッキリした後にしない?」」とか言い出したら、ある意味拍手もんだが・・。


BLEACH JCCOVER POSTCARD BOOK MAILS ジャンプコミックス / 久保帯人 クボタイト 【コミック】
今までの単行本の表紙がポストカードになるそうな。






最終更新日  2013年11月19日 14時33分08秒
2013年11月02日
テーマ:『BLEACH』(611)
カテゴリ:ジャンプの感想
わあ、また2週空いちゃったよ!!

とりあえず、先週号ではシロちゃんと砕蜂勝ったようです。
バズビー君が、「やられてやんの。」とか言ってますのでやられたことにしたい(笑)。

狛ワンの卍解を奪った、バンビエッタですが、卍解が戻って良かったと言っております。
どうやら狛ワンは来たときには不在だったようですが、戻ってきました。
なんか鉄のバケツみたいな仮面を新調してます。(笑)
またカオ隠すようになったんかいな!!
そしてもう一人平子がヘルプに来てます。
早速、平子の斬魄刀「逆撫(さかなで)」で、前後上下左右の感覚をおかしくさせてますが、
バンビエッタはその程度でどうこうするタイプではありません。
滅却師完聖体(クインシー・フォルシュテンディッヒ)という変身で更にパワーアップしてノリノリです。
なんでも卍解を奪った状態だと滅却師の変身は出来なかったようで。

陛下は卍解を取り戻してくることを予想していたようですが、滅却師の完聖体のほうが強力なようで、今からが本当の恐怖だと余裕綽々でございます。

で、今週はというと、懐かしの一護から。
王宮に居ます。
恰好がなんか遊牧民みたいですねえ。
両刀使いになりましたが、一本は今までのように背中に。もう一本は右の腰に差してます。
一気に二本抜くと顔の前で十字になりますが、滅却師の名残かね。

尸魂界に帰ろうとしてますが、徒歩で帰らないといけないらしい。
瞬歩で一週間かかるそう。
一護は急げば半日で行けると言ってます。
さあ、帰ろうとする一護に、和尚、3時間前に滅却師が攻めてきてると告げると、いきなりダッシュ。
「早く言え、馬鹿野郎!!!」
3時間前は修業中だったので、和尚は言わなかったらしい。

曳舟さんからは握り飯をもらってました。すっかり母ちゃんですなあ。

急ぐ一護の顔は、驚くほどすっきりとしたいい顔してます。
そんな一護の様子を見て、成長と強くなったことを自覚する零番隊のみなさんでした。

一護は喜助に電話してます。
危なくなってても、一護がいくまでなんとか持たせてくれと、偉そうなことを言ってます。
必ず何とかするから。
その言葉を聞いた喜助の顔がいいですねえ。
喜助も一護の成長を悟ったようです。

でも・・あと何時間もなんとかなるもんかね・・。

喜助が状況を伝えなかったことに、かなりの危機を悟った一護、飛ばしてます。

場面は変わって変身したバンビエッタ。
いきなり、平子にどきついのかましてます。

バンビエッタのお友達たちは、態とバンビエッタを一人ぼっちにしたようですねえ。
バンビエッタが変身したのを感じ取ってるようです。
「だめだよ、あの子みたいなのに一番使わせちゃ。
あの子バカだから、ホントにこの戦いすぐ終わっちゃうよォ。」
と言われてます。

まどろっこしいことはせず、さっさとやっちゃうタイプみたいですねえ。
バンビエッタは。

平子と狛ワンの二人係で頑張ってますが、さてどうなるやら。

とりあえず、次週はバンビエッタのターンですかね~~。






最終更新日  2013年11月03日 00時09分44秒
2013年10月22日
テーマ:『BLEACH』(611)
カテゴリ:ジャンプの感想
わあ・・2週間空いちゃった。
ま、いっかと思い始めてるところがマジでヤベえ。(笑)

ええと、先週号は喜助がドラえもんのポッケから、取られた卍解を取り戻す方法を出してきました。
なんでも滅却師には虚の気とどうも相性が最悪らしく、ちょっとでも虚の気が体の中に入っちゃうと変調をきたすんだそうな。
で、取られた卍解の中にちょびっと虚を入れるべく、卍解を取られちゃった隊長さんたちに虚の気をアップロード、繋がってる卍解にも虚の気を送っちゃえー!てな感じの様でした。

まずは、シロちゃんに虚の気がアップロード。
で、今週はシロちゃんの卍解を取った蒼都。
纏っていた氷輪丸の氷の翼が左側崩れおちちゃいました。
「何だ?どうなってる?」と不思議がる蒼都ですが、なんとシロちゃんの背中に氷の翼が半分ついてることに気が付きます。
メダリオンに異常がないのになんで、卍解が戻り始めてんの?何した?な蒼都。←いや、もっと坊ちゃんな感じだけど

「さあな、氷輪丸が戻りたいって言ってんじゃねえのか。」
何気にヤンキー座りなシロちゃん。天才児もやさぐれてきましたねえ。←

そして、一方の鉄仮面VS砕蜂。
砕蜂、ずたぼろにされてます。なんかいっぱい突き刺さってる。うわあ・・。
大前田の気を感じて砕蜂から遠ざかる鉄仮面。
隊長をやられてまだ抵抗する気力があったのか。データ採取したかったのに。と不満そうな鉄仮面。ていうか、機械なんだっけ?

大前田は、砕蜂にドラ喜助のアイテムの錠剤を手渡します。
「これで卍解を使えるようになるハズです。ちょっと説明はややしくてよく分かんなかったんスけど・・。」

鉄仮面、「何をコソコソ喋っている。」とこれまた不満げ。
至近爆撃の後は集音機の感度が自動低下するんだそうな。

が、こちらにも変調が。
接続が鈍くなってるんだそうで。
「・・虚化した卍解が・・・・。お前の体の機能を阻害しているのだ・・・。」
隊長意識あったー!な大前田。
「バカめ・・奴の不快な声で・・目が覚めぬ訳がないだろう・・。」
ボロボロですが、なんとーーー。
「・・・卍解。←いきなり卍解!!?
『雀蜂雷公鞭(じゃくほうらいこうべん)』」

「何・・ッ?!
何故卍解がお前の所へ・・・。」
「・・・何故だろうな。
自分で喰らって分析でもしろ。
・・いくぞ、踏ん張れよ大前田。」
「はい!!!」←ようやく役割が!!!( ;∀;)

ちゅどーーん!とやっておりました。

一方、蒼都のほうは。
まだ半分は翼が残ってます。

半分の力でも、「僕たちがそれを制御する鍛錬をしてこなかったと思うのか?」と、遣おうとしますが、簡単に弾かれちゃいます。
「無茶させんじゃねえよ・・・。
自分で自分を攻撃できる訳ねえだろ。」

また繰り出しますが、やっぱり届かず。
「さっきといい、今といい、卍解に心があるような物言いはやめてくれないか。
汎神論は肌に合わない。」
汎神論というのは、まあなんというか全ての世の中の事象に神様は関わってるというようなもんです。すげえざっくりだけど。

「卍解に心が無いって、そんなこと本気で言ってんのか?」
『ああ、どうやらそのようだ。』←あっ
「・・久しぶりに声を聞くな・・・。
・・よく帰ってきた。氷輪丸。」

シロちゃん、完全に卍解が返ってきたようです。立派な両方の翼が。
蒼都のほうは完全に消えました。

「・・カオがジャマくせえと思ったら、そういや卍解を一瞬虚化させるとか言ってたな・・。」
焦った蒼都、自分の技を繰り出そうとしますが~~~。

「仕方ねえ、今はこのままいくか。」
巨大な氷の十字架が蒼都を包んでおりましたー、な感じでした。

十字の華は氷輪丸の紋章だそうで、五芒星にしてやれなくてすまなかったな、と謝っておりました。

って、ものっそいカッコつけてますが、もう一人フィンガーファイブ(違)のバズビーくんがいますので、シロちゃん油断しないでほしいところ。

ていうか、これでまた鉄仮面と蒼都がこんにちわ~~とか出てきたらマジで引くのでこれで幕引きしてほしい・・・。

・・まずは二体片づけたということで・・いいんですよね・・?
なんせ、AからZまでいるからな・・・。
何回も出てこられるとマジで困る。


とりあえず、卍解が使えるようになってるので、ほっとしました。
やっぱり隊長さんに卍解がないとねえ。

煽りでは、次週からは卍解を取り戻した隊長さんたちがブンブン言わせるようですが、ぜひとも言わせてほしいところです。

景気よく!!是非とも景気よく!!






最終更新日  2013年10月22日 14時56分15秒
2013年10月08日
テーマ:『BLEACH』(611)
カテゴリ:ジャンプの感想
拝見しました。

ざっくりいうと、星十字騎士団となんとか対抗しようと、
小ネタを披露する七緒とシロちゃんだけど、あっさり破られ、
もうこれ・・・どうするよ?な時にお約束のドラえもん喜助が、なんかポケットから
出すみたいですよー!な展開です。(笑)

さて本編。
一番隊にいるハッシュヴァルトから。
なんか春水と七緒ちゃんとの間に壁ができてます。
向うが見えるけどごっつそう。

ハッシュ君(長いので約した)入れません。
力が弾かれてるのか、吸収されてるのかはわかりませんが、
剣先が弾かれてます。

「白断結壁(はくだんけっぺき)。
滅却師の力の侵入を一時的にですが、完全に絶つ防壁です。」←七緒ちゃん

「一番隊副隊長補佐、伊勢七緒か。
君の作った鬼道か?」
「私のことをご存じの様ですね。
私は鬼道の才のみで副隊長に任ぜられた身。
このくらいの鬼道を作ることは訳もありません。」
「淋しいコト、言わないでよォ。
鬼道の才でけで任命したわけじゃないよォ、ボクは。」
「隊長は黙っててください。←ポジは変わってねえな・・」

前回の進行で、瀞霊廷中に残された滅却師の霊圧の痕跡から、七緒ちゃん頑張ったようです。

「・・そうか。ではもう一つ質問しよう。
高度な鬼道の才を持つ君が開発したこの術を、他の隊長たちは使えるのか?」
思わぬ質問に狼狽える七緒ちゃん。
答えは「いいえ。」

「そうか。」って、言った瞬間壁を吹っ飛ばしたーー!!
「君は術を完成させて終わるのではなく、それを誰もが使えるものになるまで洗練させるべきだった。
そうすればせめて隊長たちは、この一方的な処刑ではなく、戦いの中で死ねただろう。」

わ~~、嫌なセリフですなあ~~。

で、一方シロちゃん。
先週末で一発くらってますが、なんとか逃げてます。
「オイオイオイオイ!!逃げんじゃねーよ!隊長だろが!!」
追いかけっこを楽しんでるバズビー。

逃げながらのシロちゃんの小細工も届かず。
と思いきや、氷の霧で目くらましです。
「今度は氷の霧かよ・・。
つくづく小細工の好きなヤローだ。こんなもん・・。
『バーニング・ストンプ!』」

地面への蹴り一発で巨大な炎を生み出して霧を吹き飛ばしましたー。
「・・何だよ。目の前につッ立ってんじゃねーよ。
何考えてんだ。霧張ってる間に、隠れて作戦でも立ててろよ。←何気に小細工気に入ってんじゃねーか。」

「・・・そうだな。作戦を立てる暇は無かった。
だが、罠なら仕掛けたぜ。」
すると、バズビーを中心に地面から氷が立上ったと思いきや~~。
「六衣氷結陣(ろくいひょうけつじん)」
千年氷牢のプチバージョンみたいな感じ?

けど、通用せず。これにはさすがにシロちゃん。
「・・・・・嘘だろ・・。」
うわあ~~!!!懐かしい!!懐かしいよ、このセリフ!!!(笑)

「嘘だろは、こっちのセリフだぜ・・。
てめえの氷なんか指一本だって何回言や解んだよ?!
それとも俺を怒らせて二本目を使わせてえのかよ?」

で、来ました。バーナーフィンガー二本目~~~。

さすがにシロちゃん地面とお友達に。
そんな調子に乗ってるバズビーに声をかけてる来る人が。

「そこまでにしろよ、バズビー。
卍解を奪われた隊長は、奪った本人に任せる約束だった筈だ。
とどめは僕が差す。」
蒼都(ツァン・トゥ)のお出ましです。
意外にお坊ちゃん系?


そして、マユリ様。
霊圧が二つ消えたことを感じ取ってます。
砕蜂とシロちゃん。

「やはり・・・卍解無しで戦えるとすれば、私くらいになるかネ・・」
ものすごい出番に期待をしている・・のか?(笑)

がしかし。
「もしもォーし!!
あ、繋がった繋がった!」
「・・・・貴様・・・!」
「どォーもォ!アタシですよ、浦原です。
”卍解を取り戻す方法”が完成しました。」


BLEACHのドラえもん、喜助がポッケからなんか出す予告キター!!
な感じでした。


・・・やっぱり、お前が来たか、ドラ喜助・・。(笑)

なんでもいいから、もう少し見ごたえのある状態にしてほしいわ~~。
ポッケから何でも出したって~~!

景気が良くなるものを出してよーー!どらえもーーん!!

ま、今の状況は一方的過ぎて面白くないので、ホンマに何とかしてほしいな~~。






最終更新日  2013年10月08日 14時19分19秒
2013年09月30日
テーマ:『BLEACH』(611)
カテゴリ:ジャンプの感想
拝見しました。

う~~ん、景気の悪いお得意の展開が続いております。
アベノミクスによる経済効果が、所得に未だはっきりと影響が出ていないように、死神たちも相変わらずの劣性のようで。


では、本編。
マユリ様とナックルヴァールのほうからスタート。

ナックルヴァール、マユリ様をよく観察してますが、
「ん~~~~~、ダメだァ。
やっぱり、アンタは時間がかかりそうだわ。やめとこ、やめとこ。」
と、意外なセリフ。

「時間がかかるとは、どういう意味かネ?」
「あんたを死なせるのには、試すパターンが多くなりそうだって事。
俺、そういう狛回の致命的に苦手なんだよね、パーッっとやって、お終いがいい。
あんたは別の奴とやってくれ。そんじゃ。」
と立ち去ろうとします。
が、止めないマユリ様。

「・・・追っかけてこねえのかよ?」
「別に。どこへなりと行きたまえ。←あっさり
こちらも君の霊圧の解析に時間がほしい。
それとも何かネ?君の領域に踏み込んでほしくて、態と煽っているのかネ?」
「・・・怖ェーなァ。
やっぱりうかつに能力見せなくて良かったぜ。」

どうやら、間合いに引き込みたかったようですねえ。
そこへ、振動が。
「・・この霊圧は・・砕蜂かネ。」
「そのようです!卍解なしで敵を倒されたようです!」

その報告にナックルヴァール。
「・・やっぱりかァ。
卍解を奪われた隊長たちは、短期間の間に卍解なしでも戦う術を見つけてくるだろう・・・。
陛下の予想通りだ。
・・あんたなら、言葉の意味が解るだろ?
予想通りって事は・・・あんたらそれでも、致命的ってことだぜ。」

意味深な言葉を言っております。
そして、シロちゃんと対峙しているモヒカン野郎のバズビー。

衣装は切られたものの、本体は無傷のようです。ていうか、マントだけが被害。

勝利を確信して、立ち去ろうとしていた砕蜂にも背後から攻撃。
いつもは、これを食らうところですが、さすがに今回は避けた上に敵を投げ飛ばしてます。

「・・まだ息があったか、化け物め。」
「息など、元よりありはしない。」←えー?
「機械人形か。涅の喜びそうな話だ。」

と、ここで鉄仮面、体からミサイル噴出孔みたいなのを、いっぱい出してます。
「無窮瞬閧。非常に有意義なデータとして受け取った。
だが、同時に落胆もした。この程度ならば、お前から奪った卍解を遣うまでも無い。」

多数のミサイルが発射されますが、砕蜂かわしてます。
「こんなもので私を葬れると思ったか!甘い!」
と反撃しようとしますが、その右手を触手かなんかで貫かれてます。
気が付けば後ろに鉄仮面。
「言った筈だ。無窮瞬閧は、有意義なデータとして受け取ったと。」

で、ちゅどーん!です。やれやれ~~。

一方シロちゃん。
バズビー曰く、山爺の炎で焼かれた星十字騎士団の皆さんですが、全員生きてるんだそうです。
直撃で焼かれたにも関わらず生きているそうな。

で、その理由はというと、バズビーの炎で山爺の炎を相殺していたからなんだそうです。

「・・・てめえに今卍解が無くて残念だぜ。
てめえの卍解の氷くらい、指だけで十分だってことをみせてやれたのによォ。」
シロちゃん、とっさに一撃の食らわせますが、届かず。

一旦引くべく足止めとして「綾陣氷壁(りょうじんひょうへき)」という技を出します。
氷を細かく編み込んだ氷壁なんだそうな。
いろいろ頑張って技造ってきてます。

「だが、教えとくぜ。
てめえの氷じゃ何をどうしようが・・・指一本てとこだ。
『バーナーフィンガー、1(ワン)』

なんか炎の槍がシロちゃんを貫いておりました。


てな感じでございました。
ま、要するに卍解が奪えるんだから、フツーのこねくり回した技くらい、あっさり吸収できるんですけど?と、言いたいわけですかね~~~。

ていうか、山爺の炎を相殺できるくらいの実力があるのが”H”なんて低い称号張るくらいなら、一気に戦力差で押し切れるだろうに、なんでわざわざ卍解を奪うだなんて小技きかしてるんでしょうかねえ。
闘いを完全に有利に進めるため?
それとも、卍解も小技も吸収されて、丸裸になっちゃった死神たちを自分たちの奴隷にでもしたいんですかね。自分たちの辛酸を味あわせたいとか。
いや、陛下のあの様子じゃ皆殺しが目的みたいですけど。

とりあえず、モヒカン君の指が一本炸裂してますが、両手で指は10本ありますから、バズビーの全力が出るだけでも、あと1年くらい続きそうな勢いですねえ~~~。

・・・こりゃ・・陛下が地べたに沈むには、長くなりそうだな・・・。


卍解を奪われた隊長さんの小技と、まだ奪われてない隊長さんの卍解のセットで戦うとかも出てくるのかしらん。

ていうか、滅却師さんたち、狛ワンのワンワン技まで吸収するつもりなんかいな・・。
いや、さすがにワンワンにはなれんやろ・・、ワンワンには・・。(笑)


とにかく景気のいい内容に期待~~。






最終更新日  2013年09月30日 23時46分19秒
2013年09月25日
テーマ:『BLEACH』(611)
カテゴリ:ジャンプの感想
いやあ~~、書いてたと思ったら書いていなかった感想。(笑)

連休恐ろしい。

ええと、いまさら感満載なのでさくっと。

シロちゃんと乱菊の協力スーパープレイで勝ったんじゃね?と大騒ぎになる十番隊。
一方、大前田は、砕蜂の卍解を奪った鉄仮面滅却師に、メタクソにされてます。(笑)

砕蜂は何処かと問われてますが、本当に解らないので答えられない大前田。
で、逆切れしてますが、鉄仮面には通じておりません。
鉄仮面、三回も訊いていたようですが、思うような返答が得られず、別の行動に。
って、大前田の妹を攻撃!!
腹刺さってる!!出た!!リョナ!!

霊圧の適合率が高いことで、肉親と判断し、見せしめに攻撃したらしい。
近くにまだ三人いるので、次も答えないと全部殺すとのたまいましたよ。

怒る大前田ですが、実力差はかけ離れてて反撃もかなわず。
15秒の死の宣告を受けてしまいましたが、かわいい妹に攻撃した怒りは、だからといって大人しくするには無理というもの。
とどめをさそうと、ガトリングガンみたいなのを取り出す鉄仮面ですが、その時何かの衝撃をうけて、ガトリングガンが壊れちゃった。

で、砕蜂登場~~~。
滅却師は弓矢を使うと思ってたんだけど、随分と文明的なものを使うもんだなと言ってます。
霊圧センサーに反応がなかったという鉄仮面。

隠密機動が霊圧を消せないとでも?と調子に乗る砕蜂。
瞬閧状態で攻撃した模様です。
未完成でしたが、今の砕蜂はそれを完成させてさらにパワーアップしたらしい。
”風”がポイントだそうですが、そんなんペラペラ喋っていいのかしらん。
卍解を奪われたからこそだと言ってます。

そして新技『無窮瞬閧』炸裂。
強烈な打撃技が、鉄仮面をとらえております。
やったー!!てなところでしょうかね~~。

近くにいたらしい、乱菊とシロちゃん。
幸先いい出だしに、他の隊長の加勢に回ろうかなどと言ってますが、異を唱える人が。

「・・・オイオイ、淋しいこと言うじゃねーか。
小手調べの途中で俺を置いてヨソへ行くってのか?
こっちはまだ戦ってもいねえッてのによ!」
ほぼノーダメージのバズビー。

一方、砕蜂が倒したはずの鉄仮面も無傷っぽいです。

で、ハイ再試合~~なところでした。

うん、あまりにも予想通りの展開なので、つい感想を書いたつもりになってました。


は~~~~・・・・・・・。

せめてお互い最大戦力のガチンコ勝負!
正々堂々やりあおうぜ!!みたいにならんもんかな~~~。


卍解とられてない隊長の卍解を犠牲に一人ひとり滅却師を倒していくとかの展開は見たくないなあ~~。
だって、卍解は華ですからねえ~~。
最後なんだし、ドッカンドッカン打ち上げてほしいな~~。






最終更新日  2013年09月25日 23時15分30秒

全1700件 (1700件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.