589294 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

テレビは使えなくなる!



テレビ関係の仕事をしてると、ときどき業界への質問・疑問を投げかけられる。その中で最近ちらほらだけど目立つのは「テレビが見れなくなるってホント?」という質問。

知ってる人には必要ないけど、知らない人に向けて改めて言うと、

「2011年7月24日に、今使っているテレビは、すべて、もれなく、使えなくなります!」

テレビが「見れなくなる」のではなく、テレビが「使えなくなる」のだ。結果は同じだけど。

現在のテレビはアナログ放送。それが上記の日にデジタル放送だけに切り替わる。だから、前の日まで使えたテレビは同日をもってタダの重たい箱に成り果てる。飛んでくる電波をつかまえられないのだから、どうしようもない。

「デジタル放送を見なゃいいんでしょ。ワタシ、今まで通りでいいから」

という言葉も聞いた。そう。美しさだけしか取り柄のないデジタル放送なんて、見たいヤツだけ見ればいい。私はこれまでのテレビでいいからと言える。それが本当だ。

しかし、そうはいかない。日本国内に1億台以上あると言われるすべてのテレビは、あまねく使えなくなる。見ようにも、映らなくなるのだからどうしようもない。

国会で審議され、可決されたこの“国策”。知らない人の方がまだ多いのじゃなかろうか? 「デジタル化って時々聞くけど、うちには関係ないわね」、じゃないのである。頼んでもないのに飛んできて受信料を徴収するNHKの電波の如く、「あたしンちだけ」と我が道を行くことをデジタル化は許さない。「あたしンちだけ」がんばろうにも、これまでのアナログ電波は飛んでこなくなるのだから、手も足も出ないのだ。

2011年7月24日までに、ぼくらはテレビを買い換えるか、デジタル放送対応のチューナーを買うかしないとテレビを見ることができなくなる。イヤだとか今さら言ってもダメ。なんせ“国策”なのだから。身銭を切ってテレビ環境を一新しないと、これまで通りにテレビを楽しむことすらできなくなる。

かと言って、デジタル化で番組が抜群におもしろくなるかというとそんなことはない。これまで通りの番組が、そのまま放送されるだけ。局からの飛んで来る方法はデジタルだけど、画面に映れば今まで通りの内容だ。金は取っておいて、詐欺じゃないのか、これ? そう言って暴動でも起こることを期待したい。


デジタル化に伴い、ダビングにも規制がかかる。ダビングができるのは、一回こっきり。それも、デジタル機器の場合は、同一機器内でだけ。ハードディスクに録画した番組は、同じ機器内のDVDには「移し換え(ムーブ)」はできるが「コピー」はできない。録画した番組はDVDに「移動」し、ハードディスク内にあったものは「消去」される。

同一機器でない場合は移動もできない。例えばハードディスクに録画した番組を、ケーブル等でつないだDVDレコーダーに移すことは不可。要するに「一回こっきり」なのだ。

だから、気に入った番組をダビングして友だちなどに手渡すなんてことができなくなる。どうしてもそれをやりたかったら、アナログ化するしかない。なんとまぁ不便なこと!!!


と、消費者・視聴者が怒り出すのを恐れたのか、「一回こっきり」を見なおす動きが出始めた。

 記事はこちら → 「 デジタル放送の「コピーワンス」が運用見直しへ 」

「視聴者の不満を放置すれば、2011年に向けた受信機の普及にとって大きな障害があるおそれがある」

これが、総務省が「一回こっきり」を見なおそうと考えた理由である。お役所の顔はどこを向いているのやら。

やはり何が何でも2011年7月24日に今の放送を停止したいのだ。


利用者を議論の席にも着かせず、知らぬ間に決めた“国策”。

それに泣き泣き従い、高いお金を出してテレビを買い換えるか。

それとも、テレビ視聴をさらりと捨てるか。


二者択一しかないのだな。

さて、どうしようか・・・・。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.