588910 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

PR

Profile


izumatsu

Freepage List

2017.05.14
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
母は、医師会病院のパジャマのまま救急病院に運ばれ、そのまま入院した。救急車で運ばれる前、身の回りのものをまとめていると、看護師長が、

「こんな時になんですが、落ちつかれたらパジャマをご返却ください」

と言った。

入院した翌日の午後、借りていたパジャマの返却を兼ねて医師会病院へ挨拶に行く。

「まだ目は覚めていませんが、容態は落ちついてきたみたいです」

看護師長は残念そうに、気の毒そうに、ぼくの話を聞いてくれていた。

若い担当医にも報告。

「先生のお見たての通り、脳の中央部分の出血でした。出血した部位からみて、手術はできないし、回復は難しいかもしれないとのことです」

ぼくの言葉を聞いた若い担当医は、

「肺炎は治ってきていたのに、残念です。お力になれずに申しわけありません」

そう言って頭を下げてくれた。

自宅に戻りながら、ふと思った。

高い熱が10日間以上続き、軽い誤嚥性肺炎と診断され、入院。その治療中に脳卒中で倒れた。

夕食後、看護師や介護士の歓談に混じっているとき、急に血圧が上がり、ゆっくりと意識が薄れていった。

病院側が、治療中の患者である母のそんな変調に気づかなかったのは、医療過誤になるのかな?

ちらりと思った。

患部に既に動脈瘤があり、血圧の上昇がきっかけでそれが破裂した可能性がある。救急病院の担当医はMRIの画像を見ながらそう説明した。

脳のMRIは、最初に入院した病院でも撮っていたはず。そこで異変を発見出来なかったのは、医療過誤になるのかな?

ちらりと思った。

でも、その思いは頭をかすめただけで、ぼくの考えの中心には降りてこなかった。

運命なのかな。

その思いが、ぼくの頭の中を占めていた。






Last updated  2017.05.14 19:28:22
コメント(0) | コメントを書く

Calendar

Recent Posts

Archives

・2019.10
・2019.09
・2019.08
・2019.07
・2019.06

Category

Comments

うるとびーず@ Re:ゆるゆる、老い。(05/19) izumatsu先輩、お久しぶりです。相当なご…
chappi-chappi@ Re:ゆるゆる、老い。(05/19) おひさです。 ずいぶん長いことお休みでし…
izumatsu@ Re[1]:再開。(04/20) 幻泉館主人さま おひさでございます。 弟…
幻泉館 主人@ Re:再開。(04/20) こんばんは♪ 大変ですね。 確かに細かい…
マイコ3703@ コメント失礼します(* >ω<) ブログの隅から隅まで読んでしまいました(…

Favorite Blog

それでもOK!! New! Judy My Loveさん

Travelin' Thru, 196… New! 幻泉館 主人さん

ドフエフスキー体験 New! ジョンリーフッカーさん

てんげんつう 夏見還さん

うるとびーずの ♪MY … うるとびーずさん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.