253905 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

阿部清人のオフエアブログ

PR

X

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >

宮城県沖地震に備えた減災対策

2011年11月08日
XML
河北新報社が運営する「オピのおび ふらっと弁論部」に原稿が掲載されました。
「オピニオン(主張)の帯(おび)」という意味。
執筆を担当することになりました。

今回は「命をつなぐ防災教育を」のテーマで書いています。
是非、ご覧ください。
コチラからどうぞ→「オピのおび ふらっと弁論部」






最終更新日  2011年11月08日 17時24分24秒


2011年08月09日
8月7日(日)、兵庫県加古川市での「加古川夏まつり」。
絆つばがれ!東日本大震災復興支援がテーマ。

BANBANテレビさんがチャリティステージで特別番組を組み、
出演のご依頼をいただきました。(ラジオ生・テレビ収録)
被災地の現状や今後の課題をお話しました。

さとう宗幸さんや、民謡の庄司恵子さん、イケメンズ、太鼓の族(やから)、水戸真奈美さんらも加古川入りし、商店街では仙台七夕飾り、百貨店では東北物産展。
加古川市の東北に対する気持ちを、ひしと感じた1日。

加古川在住のシンガーソングライター、コトリ木さんご夫妻に「かつメシ」もご案内いただきました。おいしかった。

BANBANテレビの皆さんはじめ、加古川市民の皆様、ありがとうございます!!






最終更新日  2011年08月09日 21時46分10秒
2011年04月28日
明日、防災セミナーで講師をします。
防災に関する科学実験もしますよ。
入場無料です。是非、おこしください。

ミヤギテレビ 河北新報社共催
ハウスメーカー11社協賛
第15回錦ケ丘住宅祭 春のイエコレ!
「暮らしの防災セミナー」
4月29日(金)11:00~、14:00~
講師/防災キャスター 阿部清人
会場/錦ケ丘「春のイエ・コレ」会場
   (仙台市青葉区錦ケ岡 アディダススポーツパーク近く)






最終更新日  2011年04月28日 08時35分18秒
2011年04月22日
震災後1ケ月を過ぎましたが、目まぐるしい日々が続いています。
fmいずみのスタジオから大阪のテレビ局へ生中継があって、宮城の現状を伝えたり
大阪TV.jpg
被災地の調査にまわったり
石巻.jpg
東京からの防災の専門家調査チームの現地コーディネートをしたり
消防.jpg
事務局補佐役をしている仙台市PTA協議会の支援物資の仕分けボランティは述べ1,000名に(ダンボール8千箱!)
物資.jpg
いろいろなところからお電話やメールをいただき、ありがたいことです。
早速、防災教室のご依頼も数件いただいております。
来週も東京からタレントさんが被災地にきてくれるので、児童センターや保育所をまわる予定です。

復興の道のりは長いですが、ひとつずつあきらめないで、つくり・積み上げていくものだと思っています。すべての心や行動を積み上げていくしかないですよね!






最終更新日  2011年04月22日 20時18分22秒
2011年04月02日
スタジオに復帰しました!

震災後、泉区役所、みやぎ仙台商工会にお世話になった臨時スタジオからの放送を終えて、機器の修理・復旧工事が急ピッチに進み、4月1日から、泉中央駅ビルのスウィングスタジオからの放送を再開しました。

科学実験の機材は、奇跡的に被害なし!
倉庫に隙間なくびっしり詰め込んでいたのが幸いしました。

災害の取材をすすめつつ、防災・減災のための教訓を検証しています。
1000人を超える避難所、津波の被災地、復旧に懸命なライフライン関係者・・・。

実は、3月11日の地震のときは、消防署からの依頼で「防災エンスショー」の企画書を作成中だったのです。防災のことをわかりやすく学べるサイエンスショーです。

ほとんど完成したタイミングでしたが、保存前に停電しパソコンはダウン。
しかし、パソコンを3週間ぶりに起動したところ、データはしっかり回復してくれました!

この被災経験を、これからの減災に活かしたいのです。
ようやく、サイエンスショーの活動をできるまでになりました。
それが、自分にとっての復興です。
全国、どこへでも。是非、お声掛けください~!!

防災エンスショーのお問い合わせは→コチラ






最終更新日  2011年04月02日 09時48分27秒
2011年03月16日
お見舞いを申し上げます。

fmいずみは、地震で放送機器に被害を受け、翌日にイベント用の機材を泉区役所3Fの会議室に移し、放送を再開しています。10時から17時まで災害情報を放送しています。
スタッフたちが献身的に動いてくれて、ありがたい。
避難所からから通っているパーソナリティもいます。

リスナーからの「お店があいている」「給水できる」などの細かな情報や、県外の方からも応援、励ましのメールをいただいていて、心より感謝です。

自宅は、幸い被害なし。停電、水道も復旧。ガスはかなりかかる見込み。
食料、ガソリンが手に入らず、動きがとれません。

市内でも、沿岸部は津波の被害を受けて、多くの方が犠牲になっており、言葉もありません。
消息がわからない人が数多くいます。

ラジオの役割を認識しながら、きっとやってくる明るい未来を信じて、がんばります!!









最終更新日  2011年03月16日 19時51分28秒
2009年01月16日
地域防災リーダー養成研修会が山元町であり、防災士として「地震に備えた防災手法」の講師を担当しました。それぞれの地域のリーダーの方々が参加。とっても熱心に聴いていただきました。
宮城県では、「宮城県防災指導員」を養成するために、今後も各地で研修会を行っていくそうです。
ところで、世界一である宮城県沖地震の発生確率がさらに上がりました。10年以内はこれまで「60%程度」でしたが、今年(2009年)1月1日から「70%程度」になったんです。30年以内は99%のままですが・・・。さらに備えねば!






最終更新日  2009年01月16日 21時00分24秒
2008年11月12日
アークライト.jpg

夜間の震災時に、ヘリコプターへ「ここに助けに来て!」と居場所を知らせる「移動式耐震型アークライト」。「ここが避難場所だよ」の避難誘導にも。津波警報時も「こっちへ逃げてきて」と。

先日、仙台で開催された震災対策技術展で展示されていました。確かに、ヘリコプターは有視界飛行が条件なので、照明設備が整ったところ出ないと飛べません。このアーク灯の光柱距離はは、5000m!大きな威力を発揮しそうです。

ネーミングもいいですよ→「稲むらの火」

「アーク灯」はいつも鉛筆の芯で放電させて理科実験をしていますが、本物に出会えてぐっときました。

製造販売元 アークコーポレーション






最終更新日  2008年11月12日 08時46分44秒
2008年06月12日
みやぎラジオプロジェクトの防災特番内で、地震の際におきる「液状化」の実験をしました。
ゲスト出演した大桃美代子さんは、新潟県の出身。新潟中越地震を仕事で訪れていた新潟市で体験していて、経験談に説得力がありました。その大桃さんにお手伝いいただいての実験でした。ラジオで実験を伝えるのは難しかったですが、東北大学の今村先生のわかりやすいコメントと、スタジオの観覧者のみなさんの反応に助けていただきました。
液状実験B.jpg






最終更新日  2008年06月12日 19時40分35秒
2008年06月04日
宮城県内ラジオ8社による「みやぎラジオプロジェクト」。
防災特番「宮城県沖地震から30年」を共同制作します。
PRのためNHKテレビに出演しました。
右からDATEFMの板橋恵子さん、TBCの藤沢智子さん、私の左はNHKの津田喜章さん、そして番組(情報テラス)の赤間裕子さん。NHKと民放各社の「顔」といえる面々。私の大きな顔が小さく見えます・・・。
防災特番の放送は6月8日(日)NHKと県内コミュニィ放送局は14時から2時間、NHK仙台ロビースタジオでの公開生放送です。
宮城県沖地震に備えて、宮城の共通の課題に各局が力をあわせて取り組みます!!






最終更新日  2008年06月10日 20時37分22秒

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.