2020年05月02日

GW 1日目 マスク作り

(6)
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ローソン店内に設置されたマルチコピー機の
メニュー画面から、「ローソンプリント」を選択、
「ぬりえ/マスク型紙」のバナーをクリック
無料でマスクの型紙を印刷できます。

提供期間は、5月11日月曜日まで。

COTTON TIME とローソンのコラボ企画です。



展示会でメーカーさんからいただいたコットンのトートBAGを
リメイクしてマスクを作ります。



コピーした型紙を切り抜いて布にペンで型を引き、
裁断、写真上が縫い代付き、下がマスク本体の型紙



ネット注文した マスク用ゴムが届かないので
随分以前に買っておいた 赤白帽用の4mmの
ゴムひもを使います。

型紙は1mmのゴムを通す採寸サイズなので
縫った後では4mmのゴムは通らないので
あらかじめゴムを配置し、3つ折り部分を
手で押さえながら縫います。





ダッフィーにモデルになってもらいました♪










あっという間に 3枚縫えました。

もっと縫いたかったけど、手持ちの布が無くなりました。

大人の女性用マスクで、表布30×20cm
                                 裏布30×20cm
マスク用ゴムが50cm必要です。

布が手に入ったら量産します。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
マスクの歴史について調べてみました。

日本では、明治初期にマスクは誕生しました。
真ちゅうの金網を芯にして布地を取り付けたモノが
始まりでした。
その後、1923年に内山武商店から「壽マスク」が発売され
商標登録品第1号に認定されます。
1950年には布に代わるカーゼマスクが誕生します。
1973年不織布製プリーツマスクが日本で生産され、販売が開始されます。

ちなみに、マスク工業会の歴史は浅く、2005年3月発足です。










​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​





TWITTER

最終更新日  2020年05月09日 23時00分57秒
コメント(6) | コメントを書く
[わたしのひとりごと] カテゴリの最新記事