仙台市泉パークタウン在住の2ch愛好者が生活と政治を考えるブログ

フリーページ

2018.05.18
XML
カテゴリ:政治・社会
 以下は角野達也宮城県議(共産党)FACEBOOKコメント欄からの引用で、鈴木康は当ブログ運営者仙台金四郎の実名です。
 有権者と対話する政治家が増えてほしいと思います。角野達也宮城県議(共産党)の犯罪者に優しい姿勢は到底承服しかねるものの、ほかに有権者と対話する候補者がいなければ投票します。

鈴木 康
宮城県内の県立高校の職員による494万円の着服事件に関して朝日新聞は、「7日までに全額が弁済されたため、刑事告訴は見送るという」と報じています。金額を考えればこれはとんでもない話です。しかも刑事訴訟法第239条は「官吏又は公吏は、その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは、告発をしなければならない。」と規定しています。村井知事は宮城県を、数百万の金を公務員が着服しても刑事訴追を免れるという無法県にしたいのでしょうか?県議が見過ごすようなら「穀潰し議員」と呼ばざるを得ません。

角野 達也
詳しいことは報道でしかわかりません。
ただ、何でもかんでも刑事告訴すればいいというものではありません。刑事罰は、あくまで社会的制裁の一つであり、本人の反省を促し、立ち直りを促すものです。
今回は、本人が認め、全額返済し、さらには懲戒免職という県としての最大の処分を科したわけですから、十分社会的制裁を受けているといえます。...

鈴木 康
「官吏又は公吏は、その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは、告発をしなければならない。」という刑事訴訟法第239条の規定を県職員が無視するのを角野達也県議は容認するってことですか?

角野 達也
たぶん、法による制裁が必要だということをおっしゃってるのだと思いますが、それはそれとして鈴木さんの考えだと思います。
僕は、どういう形で罪を償わせるのかを考えるのかが大事だと考えるので、今回の場合は、妥当じゃないかなと思うのです。
なにも彼の行為を容認するものではありません。

鈴木 康
「どういう形で罪を償わせるのかを考える」のは裁判所の仕事でしょうが?法に従い告発して裁判所の判断を仰ごうとしないのは宮城県の職務怠慢もしくは身の程知らずです。そんなことでは窃盗、横領等で告発されて前科がついた犯罪者との公平性を保てません。

角野 達也
いいえ、何でもかんでも裁判とは思いません。民間でも裁判によらず終わってる事例はありますよ。問題は時と場合によるということだと僕は思っています。
ともあれ、今回の件は21日の議会で報告されるので、詳しく確認してみます。

鈴木 康
宮城県が法に従って告発しても裁判所が「可罰的違法性はない」と判断すれば起訴されないでしょうけど、500万近い金を着服してそれは考えられません。「官吏又は公吏は、その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは、告発をしなければならない。」という刑事訴訟法第239条の規定がなぜあるか考えたことがありますか?民間よりもきびしく対処して公務員の犯罪を防止するためでしょう。繰り返しますが、公務員には職務上の犯罪告発義務があり勝手な裁量で告発を見送るのは許されません。






最終更新日  2018.05.18 21:22:39
コメント(0) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


仙台金四郎

楽天カード

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

大好き仙台メンバー@ Re:FACEBOOKでのタバコ談義、無煙社会まであと一息だ(06/30) Facebookのコピぺ貼るのやめなさい。
匿名death@ Re:クソの役にも立たない鎌田さゆりよりましな大久保三代(06/21) 大久保の旦那のツイッターアカウントフォ…
仙台金四郎@ Re[1]:大久保三代が仙台市議選で1772票も獲得できたわけ(08/22) ごもっともと思います。しかし、クソの役…
仙台金四郎@ Re[1]:政治家HP・ブログ探訪記(37)おのでら健仙台市議(民主クラブ・泉区)(08/27) 「仙台市議会の民進党系会派『市民フォー…

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.