479303 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

いずみのほとり

PR

Freepage List

Favorite Blog

静岡しぶてぇ kibi1965さん

炎に包まれたノート… たんたん4531さん

『33』の扉  tomoko*6*さん
ツタエの宇宙集会 ツタエ2007さん
「 開かれし扉 」 ルイ ブランさん

Category

2006年11月03日
XML
カテゴリ:夢のこと
ついでなので、忘れられないデトックス夢を一つ・・・。


オーラソーマのレベル1を受講してしばらく経った頃、
私はペンダントで「パラスアテナとアイオロス」というボトルを身につけていました。

このボトルは、上層部が薄いピンクのエッセンシャルオイル、下層部が薄いブルーの
ハーブ水・・というような2層のカラーに分かれている液体のボトルで、
色々な大きさがありますが、小さいペンダント状のものもあるのです。

このボトルのエネルギーは、夢のメッセージを意識に呼び込むことができる・・と
言われています。

そのペンダントを身につけていた頃は、本当によく様々な不思議な夢を見ました。

その頃の夢です。
パワーを持たせたくない言葉は和らげるために平仮名にしてみます。


川原のような緑の土手を下から(川側から)眺めていました。
上は道になって続いています。
そこをバスが通り過ぎました。

フト見ると、バスと同じくらい大きな、水牛のような四足のケダモノがいます。
角が生えていて、顔は人のようですが薄緑色で、目が「じゃあく」でした。

ものすごい「さつい」をみなぎらせて遠ざかるバスを見ています。

「みなごろし!!!」という決意が見えました。

そしてバスを追って走り始めたのです。

私はそれを見て、「バスの人々が大変!!みんなしんじゃう!!」と
きょうふに震えました。

するとそこに、そのケダモノと同じ姿のもう一頭のおおきなケモノが現れました。
でも顔には「じゃあく」なものがありません。
同じようにこわい顔なのですが、「きょうき」や「あく」は感じないのです。

私はとっさに、「あ!アトラスが来てくれた!!」
と思いました。

見るとその「アトラス」は、じゃあくなケダモノを追いかけ、
すぐに追いつくと体当たりして転ばせ、
ずし~~~んと、倒れたそいつの上に馬乗りになって
どこからか出した大きなナイフでケダモノの額をぐさ~~~っと突き刺したのです!

すると額からぶしゅ~~~っと、緑のゲル状の体液が噴水のように噴き出しました。

「じゃあく」なケダモノは「アトラス」のお陰で果てました。

そこで目が覚めたのです。



こわいものが出たなぁ!(こわかったけど、「アトラス」が助けてくれて良かった!)
でも私からあんなこわいものが出るなんて、本当に衝撃的だなぁ・・と、
心が乱れまくりでした。

落ち着こうと、自分で作っている「サンクチュアリ」の前に行きました。
水晶の丸玉とか、天使とかを飾って神聖な場所と定めているドレッサーです。
そこには、その頃浄化の為にとよく焚いていたアロマキャンドルが点いていました。
ちょっと危ないけど、その頃はよく一晩中点けていたりしてたのです。

それを何気なくフッと吹き消しました。

そうしたら、その時のキャンドルは薄い緑のキャンドルだったのですが、
なんと、溶けたロウがバシャ~~ッ!!と、びっくりするような激しさで
そこいらじゅうに飛び散ったのです。

それはまるっきり、夢で見たあのケダモノの体液の飛び散り具合を彷彿とさせました。

私のガラスの天使達や、さまざまな色の水晶達が
薄緑のロウでドロドロです・・。
そしてすぐさま固まってしまい、後で綺麗にするのに相当苦労しました。

夢で出た毒の気配が、現実にもまだ漂っていたんだなぁ・・・と感じたのでした。


「アトラス」なんて知らなかったのですが、調べてみると、ギリシャ神話に
アトラスという名前の神様が出てきます。

何かの罰で天を支えるという大役に耐えた神様みたいでした。

そこからきているのか、頭を支えている首の骨の
一番上の小さな一つを「アトラス」と呼んでいるようです。
全身の骨格の均衡に欠かせない役目を持つ、大切な骨だそうです。


デトックス夢は不思議だし、私には意味深いものがあるので
どうしても記しておきたかったのですが、
出た毒がこわいものが多いので、もうあまり書かないでおこうかなとも思います。
読んでくださった方、シンクロしないでくださいね♪
面白がってくださったら嬉しいです。









Last updated  2006年11月03日 18時55分01秒
[夢のこと] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.