067723 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

とりあえずの備忘録

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

ニューストピックス

April 11, 2007
XML
カテゴリ:邦画-さ行
 最初に“Cinema Poetry”と字幕が出るが、「なるほど」である。観ると言うよりは浸るような感覚である。8mmカメラで撮られたという柔らかな映像とモノローグで綴られる5篇の物語。

 松田美由紀、柄本明、片山瞳、松田龍平・浅見れいな、 市川実日子。優しい絵の中でとても素敵に映っている。自販機前に佇む片山瞳の青いワンピース。浅見れいなに見送られロープウェーに向かう途中で振り返る松田龍平はとても格好良い。
 ゆったりとした日常。たおやかな日々。揺らめく想い。

 何度か繰り返しその中に漂えば、その度に新しい感覚があるのではないか、内に醸造されてくる情緒があるのではないか、と思わされる映画である。ほんと、何度か観たいなあ、とじわじわ来る映画である。
 御法川修監督。次はどんな作品を見せてくれるのだろう。

(ただし、喫煙場面が多いのは映画にはありがちで、まあ、やむを得ないにしても、運転前の飲酒場面は、一応の気遣いはあるにしてもちょっといただけなく、残念なところである。)






最終更新日  April 11, 2007 09:15:16 PM
コメント(0) | コメントを書く
[邦画-さ行] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.